【鬼滅の刃】忍装束を着た三人組「沼鬼」とは!?強さや炭治郎との戦いの勝敗は!?

スポンサーリンク

「鬼殺隊」の隊士としてスタートを切った炭治郎は初任務として浅草の町に向います。

そして、その街に巣組んでいたのが「沼鬼」です。

炭治郎にとり「鬼殺隊」の剣士になってから初めて戦う「沼鬼」とは一体どんな鬼なのか、そして炭治郎はどう立ち向かったのか見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】沼鬼の概要!

額から短い角を生やし、忍装束を思わせる黒い服を着た三人組が「沼鬼」になります。

街に潜み夜な夜な16歳の少女を攫って喰っています。

炭治郎にとっては初任務で対峙する鬼になりますが「沼鬼」は血気術を使う初めての鬼です。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】三人組の沼鬼は兄弟!?

街の夜に潜み少女を狙う「沼鬼」ですが忍装束のような黒い服を着た三人組です。

ですが、兄弟でも影武者だという事でもなく1人の鬼が分裂している存在です。

その為にお互いを「俺」と呼び合っています。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】なぜ16歳の少女ばかり襲うのか!?

夜の町に潜み少女ばかりを狙う「沼鬼」ですが狙う少女は16歳ばかりと偏っています。

これには訳がある様子で「沼鬼」は偏執的な思考と偏食の持ち主だからでした。

「沼鬼」曰く「女は16歳が最高で、それ以降は刻一刻と鮮度が落ちていく」。

また、「沼鬼」の着ている上着の裏には16歳の犠牲者のかんざしやリボンなどをコレクションしています

炭治郎が町で出会った青年も急に居なくなった婚約者であるさとこを探していました。

ですが現れた「沼鬼」のコレクションを見せられ「里子は既に喰われた」と分かります。

この里子も青年の婚約者ながら16歳の少女でした。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】沼鬼は異能の鬼!?

「沼鬼」ですが血気術を使う「異能の鬼」でやしかも珍しく2つの異能力を持つ鬼となります。

「沼鬼」はあらゆる壁や障壁を無視できる沼のような異空間を作る能力である血気術「沼」

そして、もう一つは3体の鬼に分裂する事ができる血気術「分裂」です。

血気術「沼」はあらゆる壁や障壁を無視できる沼のような異空間を作る能力です。

この「沼」を使い「沼鬼」は普段は沼の中に潜んでいました

そして、「沼鬼」は夜になると壁や地面に出入口となる水面を発生させて少女を引きずり込んでいた様子です。

この「沼」に引きずりこまれた者は体に纏わりついて身動きをとれなくなった所で喰われています。

もう一つが血鬼術「分裂」です。

この「分裂」はその名の通り3体の鬼に分裂する事ができる能力です。

一本角の鬼は冷静なリーダー格の鬼。

二本角は感情的で口数が多い鬼、

三本角は常に憤怒の表情で苛立ったように歯軋りをして一切言葉を発しない鬼。

「沼鬼」はこの二つを使う珍しい鬼だとこの事から分かります。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】沼鬼vs炭治郎!勝敗は!?

初めて異能の鬼と対峙した炭治郎は血気術「分裂」の3体の鬼ともうひとつの血気術「沼」に苦戦します

この戦いに異変を察知した禰豆子も参戦し、炭治郎は一本角と三本角の鬼と。

禰豆子は二本角の鬼との戦いになります。

「沼鬼」はこの戦いの中、炭治郎を沼の中に引き込んで決着をつけようとしました。

ですが炭治郎は「水の呼吸」を会得しています。

この「沼鬼」の引き込まれた水中だからこそ本領を発揮できる水の呼吸の陸ノ型・ねじれ渦を繰り出しました

そして2体まとめて頚を斬る事に成功します

その後、禰豆子と戦う二本角の鬼の前に現れた炭治郎は「沼鬼」の両腕を切断します。

この「沼鬼」の両腕を切断し追い詰めていく炭治郎は鬼舞辻無惨の事について尋問しました。

これを聞いた「沼鬼」は恐怖から殆ど錯乱状態になります。

そして、その錯乱したまま襲い掛かっていく「沼鬼」は炭治郎に頚を斬られ絶命します

 

スポンサーリンク

まとめ

最終選別を突破し「鬼殺隊」の剣士となった炭治郎が初めて任務し、戦う事になる鬼が「沼鬼」になります

「沼鬼」は更に二つの血気術を使う珍しい「異能の鬼」です。

忍のような格好をしており3体に分裂し、更に沼に引きずりこむ血気術を使います。

この「沼鬼」ですが町の夜に潜み16歳の少女ばかり狙っている、偏執的な思考と偏食の持ち主です。

炭治郎が町で出会った青年の婚約者も「沼鬼」の犠牲者の1人でした。

そして、炭治郎と青年は「沼鬼」を見つけた事で戦闘になります。

青年を守りながら戦う炭治郎を察知した禰豆子も参戦した事で「沼鬼」を追い詰めていきます。

戦いの中、「沼鬼」は何とか沼に引きずり込みますが「水の呼吸」を会得していた炭治郎の陸ノ型・ねじれ渦で2体の頸を斬られます。

そして、最後の1体も無惨の事を聞かれた事で錯乱しながら炭治郎に襲いかかり頸を斬られ絶命します。

炭治郎は初任務ながら「異能の鬼」を倒す事が出来ました。

そして、絶望する青年に「失っても失っても 生きていくしかないんです どんなに打ちのめされようと」と言います。

炭治郎にとっては「沼鬼」は初めて戦う異能の鬼でしたが無惨に対する怒りを改めて抱く、キーポイントになったと感じますね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です