【鬼滅の刃】恋柱「甘露寺蜜璃」の強さや過去について解説!特異体質を背負って生きてきた彼女に何があった?

スポンサーリンク

甘露寺蜜璃は柱の1人で「恋柱」の称号を与えられた美女です。

特徴的なピンクと黄緑の髪色は、大好物の桜餅を大量に食べすぎたために変化したもの。

蜜璃は筋肉の密度が常人の8倍ある特異体質の持ち主です。

あの細腕で鬼を倒せるのはこの特異体質のおかげ!

蜜璃が使う刀はどんなものなのでしょうか?

恋の呼吸にはどんな技があるのでしょうか?

蜜璃はなぜ鬼殺隊に入ったのでしょうか?

読者の間でも人気が高い甘露寺蜜璃についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】甘露寺蜜璃の概要!

甘露寺蜜璃は鬼殺隊の頂点に立つ柱の1人。

19歳。

「恋柱」の称号を与えられた美女です。

日本人なのに髪色がピンクで毛先だけが黄緑という奇抜な色合いをしていますが、これにはわけがあります。

蜜璃の大好物は桜餅!

大量の桜餅を食べ続けた結果…髪の毛の色が桜餅色に変わってしまいました

(善逸の雷に打たれて金髪に…っていうのと似てますね)

スタイルも良く167センチの身長に大きな胸をしています。

隊服は同じ女性の柱であるしのぶとは違い、胸を強調する特注品となっています。

これもわけがあり、縫製係の前田まさお(あだ名:ゲスメガネ)が蜜璃を騙して着させたものですw

騙されたと知ってからも着続けている蜜璃は優しいですねw

(ちなみにしのぶは油やかけて燃やしてしまいました…)

誰にでもキュンとしやすく、炭治郎や禰豆子に対しても最初から優しさを見せるなど温厚で天真爛漫な性格をしています

小芭内とは文通をする間柄で、蜜璃の履いている縞々の靴下も小芭内からのプレゼントです。

小芭内も、底抜けに明るい蜜璃に魅せられた1人なのです。

その可愛さから、蜜璃は読者にも大人気!

炭治郎も蜜璃に内緒話をされた時は鼻血を出していましたねw

強いのに可愛くてセクシーで優しい蜜璃は、鬼殺隊の癒しなのです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】甘露寺蜜璃が使う「恋の呼吸」とは!?

蜜璃が使うのは「恋の呼吸」です。

炎の呼吸からの派生で、作中では蜜璃しか使わないオリジナルです。

煉獄の継子だった蜜璃は、もともとは炎の呼吸を使っていたと思われますが、なかなか鬼に通用しない日々が続いていました。

そんな中、鬼に襲われた人を守り抜いた瞬間に生まれた胸の高鳴り…それが恋の呼吸の誕生につながりました

恋の呼吸は以下に記載した通り、陸の型まであります。

 

壱ノ型:初恋のわななき(はつこいのわななき)

蜜璃が使う独特の薄くしなる刃により、一瞬で複数個所を切り刻む攻撃です。

初恋を知った時の興奮を表現しているのか、一瞬のインパクトの大きい技です。

 

弐ノ型:懊悩巡る恋(おうのうめぐるこい)

高速で流れるように相手を切り刻む攻撃です。

技の名前からして、恋に迷える気持ちが溢れた時の激情を攻撃にぶつけているかのような高速技です。

 

参ノ型:恋猫しぐれ(こいねこしぐれ)

猫のように素早くステップし、敵の攻撃自体を切る事ができるほどの速さと強さを兼ね備えた攻撃です。

蜜璃は猫を4匹飼っており、猫が大好き!

“好き”という気持ちが恋の呼吸としての技に繋がったのかもしれませんね!

 

伍ノ型 揺らめく恋情・乱れ爪(ゆらめくれんじょう・みだれづめ)

空中で体を捻って生み出す攻撃と防御を兼ねた広範囲の斬撃です。

蜜璃の関節の柔らかさを利用した技です。

 

陸ノ型:猫足恋風(ねこあしこいかぜ)

体を捻り広範囲を突風のようなスピードで斬撃を繰り出す技です。

ちなみに恋の呼吸で斬られると鬼も「ときめいた」り「ドキドキした」したりするようですw

 

恋の呼吸には肆ノ型が登場していません

技の名前も可愛いので見てみたかったですね〜!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】甘露寺蜜璃が使う武器について!

蜜璃が使う刀は”極めて薄く柔い”のが特徴です。

普通の刀と違い、鞭のような形状をした刀で、技の速度は忍である音柱・宇髄天元をも上回っています。

鞭のような形をした刀ゆえに強力な”しなり”が生まれ、そこに女体特有の筋肉の柔さと関節の可動域の広さが加わって技の速度を限界まで高めているのです。

下手をすれば自分自身をも切り刻むような扱いの難しい刀であり、蜜璃のために作られた蜜璃だけが使える刀なのです。

この刀を作ったのは刀鍛冶の里長・鉄地河原鉄珍です。

鉄珍は蜜璃の刀の他にしのぶの刀も作っており、特殊な形の刀鍛冶としては相当な実力の持ち主のようですね!

(単に若い女性が好き…という理由もあるかもw)

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】甘露寺蜜璃の柱としての強さは?

柱の中において、蜜璃の実力はどの程度なのでしょうか?

実は蜜璃が戦うシーンはそれほど多くはありません。

刀鍛冶の里で上弦の肆・半天狗の最終形態である憎珀天と戦った時には恋の呼吸を連発して炭治郎たちを救いました。

特に捌倍娘の強さを発揮したのは憎珀天の「狂圧鳴波」をモロに喰らった時でしょう。

普通の人なら肉体が壊れるほどの衝撃なのですが、筋肉に守られている蜜璃は失神しただけ

これには憎珀天自身も驚いていました。

また、この戦いで蜜璃はハート型の痣を出現させます

痣は柱でも出現していない人もいます。

蜜璃の強さはこの痣の出現とともに格段に上がりました。

無限城で半天狗と入れ替わった上弦の肆・鳴女と戦った時には後先考えず突っ込んだ末、小芭内に救われていますw

蜜璃は得意体質と体の柔らかさに恵まれた天賦の才の持ち主ではありますが、ちょっとおバカなのが玉にキズなのですw

最終決戦である無惨との戦いでは攻撃を喰らい戦線離脱しますが、最後に炭治郎を守るために復活!

「もういい加減にしてよぉ!!馬鹿ァ!!」

怒りと共に無惨の腕を切り落とす活躍を見せました。

蜜璃は作戦を立てたり深く考えることは苦手ですが、戦闘能力は間違い無く高く、誰かのために立ち上がる優しさと勇気も持ち合わせています。

柱としての実力はもちろん、共に戦う剣士の癒しとしても大活躍しました

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】甘露寺蜜璃が生まれ持った特異体質?

蜜璃は見た目は華奢な普通の女性ですが、筋肉の密度が常人の8倍ある特異体質の持ち主です。

その名も捌倍娘(はちばいむすめ)

か弱い女性の如くの細腕も…筋肉的にはめちゃくちゃムキムキなのです。

それがどのくらいの強さかと言うと…1歳2ヶ月の頃には15kgの漬物石を軽々と持ち上げてみせました…。

これには肝が座っていると噂の蜜璃の母も腰を抜かしたそうですw

蜜璃は筋肉以外にも大食いという特徴がありました

相撲取り3人分よりまだ食べたということなので、これは相当でしょう…。

刀鍛冶の里で玄弥に無視されて落ち込んでいた時も、ご飯の話をすればご機嫌になりましたし、単に食べる事が好きな食いしん坊でもあるのですw

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】特異体質のせいで背負った悲しい過去!

君と結婚できるのなんて熊か猪か牛くらいでしょう

これは蜜璃が17歳の時にお見合い相手に言われた一言です。

ものすごく食べること、ものすごく力が強いこと、髪の毛と目がピンクと黄緑なこと…。

確かに蜜璃は普通の日本人女性とは違いました。

蜜璃はお見合いが破談になった時、悟りました。

このままでは結婚できない!

髪は黒く染め、食べたいのを我慢し、弱いふりをしました

そうしたら蜜璃と結婚してもいいと言う男が現れます。

結婚を望んでいたはずなのに、蜜璃の心は迷い始めます。

(私のまま私が居られる場所ってないの?)

(私を好きになってくれる人はいないの?)

…結局、蜜璃はこの時の縁談を断り、自分らしく生きることを決意します

そして自分の力を必要としてくれた鬼殺隊に入ることになるのです。

鬼殺隊に入った理由は「添い遂げる殿方を見つけるため」と言っていましたが、ちゃんと小芭内に告白したので…目的は果たせのかも?

悲しい過去はありましたが、現代編では小芭内と夫婦になっていますし蜜璃が幸せそうでよかったですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

甘露寺蜜璃は柱の1人、恋柱の称号を与えられた美女です。

桜餅が好きで食べ過ぎてピンクと黄緑の髪に変わってしまうというハプニングを経験済。

さらに特異体質である捌倍娘のせいで人より相当力が強く、ものすごくご飯を食べるため、お見合いに失敗するという悲しい過去を持っています。

蜜璃はこの失敗を経て、ありのままの自分を受け入れてくれる鬼殺隊に入ることになります。

もともとあった才能が開花し、蜜璃は柱にまで昇り詰めるのです。

蜜璃は極めて薄く柔い刀を使い、自分が生み出した恋の呼吸の技の数々で戦い抜きました。

小芭内との可愛い恋も見逃せませんよ!

誰にでもキュンとする優しくて可愛い恋柱・甘露寺蜜璃の大活躍をぜひ見てみてください。

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒鬼殺隊で死亡したのはだれ!?涙が止まらない最期!命を落と・・

⇒可愛い女の子ランキングTOP10!独断と偏見で勝手に順位をつ・・

⇒柱を演じる声優さんが豪華すぎ!柱担当の声優さん9名をご紹・・

⇒一途に想う伊黒小芭内!甘露寺蜜璃の返事とは?おばみつが本・・

⇒死なないで兄貴!カッコよすぎる煉獄杏寿郎の最期とは?家族・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です