【鬼滅の刃】鬼殺隊に欠かせない日輪刀!色が変化する意味は?流派によって刀の色が違う?

スポンサーリンク

鬼滅の刃の中で、不死身の鬼を倒すには日の光を浴びさせることがあげられますが、それ以外の唯一の方法が日輪刀で頸を斬ること。

鬼殺隊にとって日輪刀は欠かせないものです。

今回は日輪刀についてまとめました。

日輪刀の材料と作り方、カナエやしのぶたち鬼殺隊の日輪刀の色、刀鍛冶の鋼鐡塚さん、黒い日輪刀やその持ち主、赫刀、黒死牟の刀の色、本物の日輪刀を作った実在の人を詳しく解説します。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】鬼を倒すことができる唯一の武器 日輪刀

太陽の光以外で鬼を倒せる唯一の武器であり、鬼殺隊隊士の基本の装備です。

日輪刀で鬼の首を切ることで、鬼を倒すことができます。

隊服や鎹カラスと同じく、最終選別を生き抜いた者に支給されるものです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】日輪刀の材料と作り方は?

日輪刀の材料は「猩々緋砂鉄(しょうじょうひさてつ)」「猩々緋鉱石(しょうじょうひこうせき)」という特殊なものです。

これらの材料は「太陽に一番近く、一日中陽がさす」と言われる陽光山でのみ採掘されます。

炭治郎たちは鬼殺隊の最終選別を勝ち残ると鉱石を選ぶよう指示を受けました。

このようにして選んだ鉱石が刀匠の里に送られ、刀鍛冶(刀匠)によって作成されるのです。

 

その作り方について詳しい描写はありませんが、刀鍛冶による専門的な技術で鉱物が鍛えられ、何十にも研いで仕上げられるものと思われます。

それぞれの剣士の特徴に合わせて形などを仕上げているため、恋柱・甘露寺蜜璃の日輪刀のような変わったものもあるのです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】使い手によって変化する日輪刀の色の種類は?

日輪刀は「色変わりの刀」とも呼ばれ、使い手によって色が変わります。

最初は普通の金属の色なのですが、色が変わることで呼吸の適性がわかるのです。

呼吸への適性の強さは、色の濃さに現れます。

刀の色の種類
  • 日の呼吸 継国 縁壱   日輪刀の色は黒色
  • 炎の呼吸 煉獄 杏寿郎  日輪刀の色は赤色
  • 水の呼吸 冨岡 義勇   日輪刀の色は青色
  • 雷の呼吸 我妻 善逸   日輪刀の色は黄色
  • 風の呼吸 不死川 実弥  日輪刀の色は緑色
  • 岩の呼吸 悲鳴嶼 行冥  日輪刀の色は灰色
  • 恋の呼吸 甘露寺 蜜璃  日輪刀の色は桜色
  • 蛇の呼吸 伊黒 小芭内  日輪刀の色は紫色
  • 花の呼吸 栗花落 カナヲ 日輪刀の色は桃色
  • 蟲の呼吸 胡蝶 しのぶ  日輪刀の色は不明
  • 音の呼吸 宇髄 天元   日輪刀の色は不明
  • 霞の呼吸 時透 無一郎  日輪刀の色は白色
  • 獣の呼吸 嘴平 伊之助  日輪刀の色は藍鼠色

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】持ち主が変わっても日輪刀の色は変わらない?

すでに色が変わってしまっている日輪刀の色は、他の人が持ってもそれ以上変わることはありません

炭治郎が最終選別のために鱗滝さんに借りた日輪刀の色は水色のままでした。

 

また、呼吸の適性がない場合にも日輪刀の色は変わりません。

炎柱・煉獄杏寿郎の弟である煉獄千寿郎や、不死川玄弥の日輪刀も呼吸の適性がないため色は変わらなかったのです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】日輪刀が折れると刀鍛冶の鋼鐵塚蛍が面倒くさい?

炭治郎は刀鍛冶の鋼鐡塚さんに「折ったら殺す」と念じられているため、自分の刀を打ってくれたと感謝はしていますが同時に怖いとも思っています。

炭治郎は今までに4度刀を戦闘不能にしています。

1度目の時は泣きながら包丁を持って炭治郎に対して殺すのもいたし方なしと襲い掛かりました。

2度目は怒るあまり4本の包丁を持ち、万死に値すると叫びながら夜明けまで炭治郎を追い回しました。

3度目の時は、2か月間も昏睡状態であった炭治郎に

お前にやる刀はない」「ゆるさない、呪う」「憎い、呪ってやる

と書いた手紙を送りつけています。

4度目の後は描写がありません。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】黒色の日輪刀を持っているのは炭治郎だけ?

作中に登場する人物で、黒色の日輪刀を持っているのは炭治郎の他に一人いました。

継国縁壱もまた黒い刀を使っていたのです。

刀鍛冶の里で登場したからくり人形「縁壱零式」で修行した際に、縁壱零式が壊れて中から出てきた刀も黒い刀です。

縁壱零式の中に隠されていた刀はとても来い漆黒色をしていることから相当の剣士が持っていたものと推察されており、おそらく縁壱が使っていたものとされています。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】日輪刀が黒色なのは「日の呼吸」の証?

黒い色の刀を使う剣士はほとんどいません。

そのことから、黒い刀を使う剣士は出世しないといわれてきました。

ところがのちに黒い色の刀は日の呼吸の使い手のものとわかります

漆黒の刀を使っていた継国縁壱が呼吸の創始者で、日の呼吸の使い手でもあったのです

 

ここからは推測ですが、黒はたくさんの色を混ぜた最後の色です。

日の呼吸はいろいろな呼吸の元祖・始まりであり、そこから派生して数々の呼吸が成り立っています。

いろいろな色を混ぜ合わせた色が黒になるように、数々の呼吸の可能性を持つ日の呼吸の適性色も黒となったのではないでしょうか

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】赫刀について・「日の呼吸」は戦闘中に日輪刀が赫くなる?

赫刀(しゃくとう、かくとう)とは、日輪刀が赤くなった状態のことを指します。

この状態になると鬼に与えるダメージが増大し、赫刀による切り口の回復も遅くなる、いわば日輪刀のハイパー状態です。

 

赫刀が初めて話に出てきたのは13巻112話です。

戦闘中の炭治郎の中で再生された先祖の記憶。

炭治郎の先祖で炭吉の妻すやこは、縁壱の剣が黒い色をしており、戦闘状態の間は赤かったと話します。

日の呼吸を扱う縁壱にしか、赫刀は扱えないのでしょうか?

 

そんなことはなく、次のどれかの条件となったときに日輪刀を赫刀にすることが可能です。

赫刀にする条件
  • 日輪刀の温度を上げること
  • すでに赫刀化した日輪刀をぶつけ合うこと
  • 万力の握力で日輪刀を握ること

最初に赫刀化したのは13巻112話の炭治郎の半天狗戦で、禰豆子が燃える血を日輪刀にまとわせた際に起こっています。

その際は「爆血刀」と名付けられていました。

 

また、別のエピソードもあります。

上弦の壱・黒死牟との戦闘での無一郎の日輪刀に起こりました。

無一郎が自分の命を失くしても悲鳴嶼と不死川を生き残らせて無惨と闘ってもらえるようにと、黒死牟の身体に日輪刀を突き刺したとき、日輪刀の色が赤く変化したのです。

そして上弦の壱の体の内部から焼き始めました。

この戦闘での無一郎はすでに足や腕を失い、とっくに失血死してもおかしくない状態です。

しかしどんなことをしても自分が黒死牟を倒さなくてはいけないという使命に燃えていました。

その使命に燃えた握力が日輪刀を赤く変化させたのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】黒死牟の刀は日輪刀?その色は?

上弦の壱・黒死牟は月の呼吸を用いる元鬼殺隊の剣士です。

その黒死牟の用いる刀は日輪刀なのでしょうか?

 

実は黒死牟の刀は日輪刀ではなく、自分の血肉から血気術で作られたものです。

名前を「嘘哭神去(きょこくかむさり)」といい、刀の色は黒がベース、目や血管が浮き出た刀身をしています。

鬼の体から作られたものなので日輪刀には弱いのですが、体から何本でも作り出せるとのこと。

 

最初に登場するときは日本刀の形をしているのですが、戦闘の中で刀の形が変わり、最終形態は恐ろしい長さと複数の刃先を持つものに変化しました。

この最終形態の刀の形は、「七支刀(しちしとう)」という古くからある祭具や、「六叉鉾(ろくさのほこ)」という神事に用いられる道具から来ているのではないかと言われています。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】本物の日輪刀?日輪刀を再現した刀鍛冶の方の話

日輪刀を段ボールや100均の材料で作る動画などがある中、本物の日本刀で日輪刀を再現した方がいるのはご存じでしょうか?

その方は50年もの間刀匠(刀鍛冶職人)を勤めており、息子であるHoyKey(ホイキー)さんがYouTubeチャンネル「一刀両断TV」で日本刀真剣として日輪刀を作成し再現した動画を配信したことで話題になりました。

「一刀両断TV」では冨岡義勇の日輪刀の作成を皮切りに、刀鍛冶職人から見た各キャラクターの日輪刀の分析なども行い、配信しています。

 

HoyKey(ホイキー)さんが冨岡義勇の日輪刀が、父の作る日本刀と作風が似ていることに気づき、ダメもとで父にお願いして作成してもらったのがきっかけです。

HoyKeyさんのお父さんから見て、アニメ鬼滅の刃に登場する刀は日本刀の特徴がとらえられており、作者の吾峠呼世晴先生やアニメ関係者が日本刀の知識をかなりつけて作品に臨んでいることがプロの目からわかるとのこと。

 

HoyKeyさんのお父さんは、HoyKeyさんの動画をきっかけに若い人たちが日本刀への興味を持ってくれることを望んでいるそうです。

本物の日本刀での日輪刀再現、動画を見て知識を深めてみるとまた鬼滅の刃が楽しくなるかもしれません。

動画名:#3【鬼滅の刃】ホンモノの刀鍛冶が日輪刀作成開始!!





 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】日輪刀・まとめ

鬼殺隊にとって欠かせない日輪刀は、日の光以外で鬼を殺すことのできる大切な武器です。

刀鍛冶の里で刀鍛冶が作っているもので、呼吸法によって色も違います。

色が変化するのは、剣士としてある一定の力のある持ち主の手に渡った一回限りで、他の人の使った日輪刀を所有したとしても変化はありません。

出世できないといわれた炭治郎の黒い日輪刀の色は、呼吸の始祖で日の呼吸の使い手継国縁壱と同じでした。

日輪刀には赫刀という状態があり、鬼へのダメージを増大させ、回復を遅らせることができます。

無限城での無惨へ向かう鬼殺隊戦士たちは日輪刀を赫刀にして死闘を繰り広げていました。

日輪刀のまとめ、いかがでしたでしょうか?

知識を深めて、より鬼滅の刃を楽しみましょう。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒笑顔の裏に隠された過去!胡蝶しのぶは死んでない!?吸収し・・

⇒死なないで兄貴!カッコよすぎる煉獄杏寿郎の最期とは?家族・・

⇒冨岡義勇はイケメンで強いのに天然!?無表情の裏に隠された・・

⇒竈門炭治郎の技がカッコイイ!炭治郎だけが使えるヒノカミ神・・

⇒我妻善逸はただのヘタレじゃない!泣き虫でも強くなれた理由・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です