【鬼滅の刃】鬼殺隊に欠かせない日輪刀!色が変化する意味は?流派によって刀の色が違う?

スポンサーリンク

鬼殺隊にとっての日輪刀は欠かせないもので、人によってそれぞれ違うものでもあります。

不死身の鬼を倒すには日の光を浴びることしかありませんが、日輪刀で鬼の頸を斬ることにより、不死身の鬼を殺すことができる唯一の武器です。

持ち主の呼吸法によって刃の色が変わり、その特性も異なると言われている日輪刀について紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】鬼を倒すことができる唯一の武器 日輪刀

太陽の光以外で鬼を倒せる唯一の武器であり、鬼殺隊隊士の基本の装備です。

隊服や鎹カラスのように最終選別を生き抜いた者に支給されます。

 

【鬼滅の刃】日輪刀の材料とつくり方は?

太陽に最も近いと言われている陽光山で採掘される「猩々緋砂鉄」「猩々緋鉱石」という特殊な材料で作られます

刀匠の里の刀鍛冶によって作られています。

 

【鬼滅の刃】使い手によって変化する刀の色の種類は?

日輪刀は「色変わりの刀」とも呼ばれ、使い手によって色が変わって特性も異なります。

刀の色の種類
  • 炎の呼吸 輪刀は赤色
  • 水の呼吸 輪刀は青色
  • 蟲の呼吸 輪刀は青色
  • 風の呼吸 輪刀は緑色
  • 岩の呼吸 輪刀は灰色
  • 音の呼吸 輪刀は黄色
  • 恋の呼吸 輪刀は不明
  • 霞の呼吸 輪刀は白色
  • 蛇の呼吸 輪刀は青色

 

【鬼滅の刃】持ち主が変わっても刀の色は変わらない?

すでに色が変わってしまっている刀の色は他の人が持ってもそれ以上変わることはありません

炭治郎が最終選別のために鱗滝さんに借りた日輪刀の色は水色のままでした。

 

【鬼滅の刃】刀が折れると刀鍛冶の鋼鐵塚蛍が面倒くさい?

炭治郎は鋼鐡塚さんに「折ったら殺す」と念じられているため、自分の刀を打ってくれたと感謝はしていますがと同時に怖いとも思っています。

炭治郎は今までに3度刀を折っていますが、1度目の時は泣きながら包丁を持って炭治郎に対して殺すのも致し方なしと襲い掛かりました。

2度目は怒るあまり4本の包丁を持ち、万死に値すると叫びながら夜明けまで炭治郎を追い回しました。

3度目の時は、2か月間も昏睡状態であった炭治郎に、「お前にやる刀はない」「ゆるさない、呪う」「憎い、呪ってやる」と書いた手紙を送りつけています。

 

【鬼滅の刃】黒色の日輪刀を持っているのは炭治郎だけ?

日の呼吸の使い手継国縁壱の黒い刀を使っていました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】刀が黒色なのは「日の呼吸」の証?

黒い色の刀を使う剣士はほとんどいないと言われていました。

黒い色の刀は日の呼吸の使い手であるからです。

日の呼吸の使い手継国縁壱は漆黒の刀を使っていました

黒い色の深さが炭治郎のものとは全然違っていたようです。

黒はたくさんの色を混ぜた最後の色です。

呼吸によって日輪刀はいろいろな色に変化しますが、適した呼吸の系統で色が変わります

日の呼吸はいろいろな呼吸を混ぜ合わせることによって辿り着くようなので、いろいろな色を混ぜ合わせた色が黒になるように、日の呼吸の色も黒になるのではないでしょうか

 

【鬼滅の刃】「日の呼吸」は戦闘中に刀が赫くなる?

時透無一郎は日の呼吸の剣士の末裔であると言われています。

産屋敷あまねが自ら鬼殺隊にスカウトしに赴いたほどです。

無一郎はその期待に応えるように、短い期間で柱にまで登りつめました。

上弦の壱も無一郎と闘いながら自分の子孫であると断言しました。

産屋敷あまねの時透家が日の呼吸の剣士の末裔だと話していたことも間違いではなかったのです。

無一郎がその若さで柱になれたのは、血筋であったかもしれませんが、無一郎の環境と性格・責任感が強く真面目だということも関係あるのではないでしょうか。

しかも自分を犠牲にしても他人を…と思うところがあります。

炭治郎もよく似た性格だと思います。

炭治郎の家系も日の呼吸と関係あるヒノカミ神楽を伝えていく家系です。

無一郎が自分の命を失くしても悲鳴嶼と藤川を生き残らせて無惨と闘ってもらえるようにと、上弦の壱の身体に日輪刀を突きさすと、上弦の壱の身体を貫いたまま日輪刀の色が赤く変化します。

そして上弦の壱の体の内部から焼き始めるのです。

日輪刀は普通の刀ではなく、一人一人違う刀です。

どんどん変わっていくものでもあり、持ち主の気持ちや命にもかかわりがありそうです。

無一郎は足や腕を失い、とっくに失血死してもおかしくない状態です。

しかしどんなことをしても自分が上弦の壱を倒さなくてはいけないという使命に燃えています。

その使命が日輪刀を赤く変化させたのではないかと思います。

 

まとめ

鬼殺隊にとって欠かせない日輪刀は日の光以外で倒すことのできない鬼を日輪刀で頸を斬ることで殺すために必要な大切な武器です。

刀鍛冶の里で刀匠が作っているものです。

一人一人違うもので、呼吸法によって色も違います

始めは同じように見えても、持ち手の呼吸法などによって変化します。

色が変化するのは、剣士としてある一定の力を持った持ち主の手に渡った最初の一回限りで、他の人の使った日輪刀を所有したとしても変化はありません。

炭治郎は、刀匠の鋼鐡塚さんに、鮮やかな赤い刀になると期待されていたにもかかわらず黒い刀になってしまったため怒鳴られてしまいました。

しかも黒い刀はあまり前例がなく出世できないと言われています。

しかし黒の日輪刀を使っていたのは他にもいたのでした。

それは上弦の壱の双子の弟の継国縁壱でした。

縁壱は無惨をも追い詰めたことがある鬼殺隊の隊員でした。

縁壱もまた日の呼吸の使い手でした。

炭治郎よりも深い漆黒だったということで、炭治郎の刃もこれからまた色が変わっていくのでしょうか。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です