【鬼滅の刃】朱紗丸(すさまる)も無惨の被害者!?手毬遊びが好きな少女を襲った悲劇!朱紗丸の最期とは?

スポンサーリンク

大人気コミック「鬼滅の刃」に登場する鬼の一人である朱紗丸。

人間を殺す鬼であるにも関わらずネット上では、朱紗丸が可愛いとの声が上がるほど人気があります

今回はそんな朱紗丸について調べてみました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】矢琶羽と共に登場した少女

矢琶羽とは、首に数珠を身に着けている盲目の青年風の鬼です。

矢琶羽と共に登場した少女こそ、今回紹介する鬼・朱紗丸です。

見た目はおかっぱ頭の黒髪で毛先がオレンジ色がかっています。

朱紗丸と矢琶羽は無惨に直接呼び出され、耳に花札のような飾りをつけている鬼狩り(炭治郎)の首を持ってくるよう命令され、矢琶羽と共に炭治郎を探します

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】朱紗丸は十二鬼月ではない?

結論から言うと、朱紗丸は十二鬼月ではありません

しかし普通の鬼より遥かに強い力を持っています

炭治郎は二人を退治するのにとても手こずってしまいます。

それではなぜ朱紗丸は十二鬼月だと思われたのでしょうか?

実は作中で朱紗丸本人が、自分が十二鬼月であると言っていたのです。

しかし、十二鬼月の眼には数字があります。

その数字が朱紗丸にはありませんでした。

珠世が朱紗丸の眼球を見て十二鬼月ではないことに気が付きますが、炭治郎はこの強さで十二鬼月ではないことに驚きを隠せません。そのくらいの強さを持っている鬼なのです。

しかし朱紗丸が、自身が十二鬼月であると言ったのには理由があります。

実は十二鬼月の称号を与えると無惨に嘘を吹き込まれ、それを信じてしまったのです。

十二鬼月の眼に数字があることを知らなかった朱紗丸は十二鬼月に会ったことすらないことが分かります。

十二鬼月でないとはいえ、無惨に直接呼び出されるということは余程無惨に気に入られていたのだと思います。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】朱紗丸の性格は?

キャハハ」とよく笑い、無邪気そうに見えますが、毬を投げて相手を虐殺する残忍な性格です。

古風な口調で話す特徴から、作中の時代である大正時代より遥かに前に鬼になったと思われます。

一人称は「私」です。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】朱紗丸の血鬼術は?

朱紗丸の血鬼術は「毬召喚」といいます。

手毬を投げて攻撃するというもので、その破壊力は尋常ではありません

建物の壁をぶち抜いたり、愈史郎の頭を砕き散らしてしまう程の破壊力です。

血鬼術を使う前は可愛らしい華奢な見た目ですが、血鬼術を使う際は太い腕を6本生やし、手毬は無数に作り出すことが可能なようです。

矢琶羽の血鬼術と合わせることで手毬の軌道を自由自在に操ることができます。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】無惨の名を口にした朱紗丸の最期は?

無惨の手によって全ての鬼には呪いがかけられています。

人間の前で無惨の名を口にすると死んでしまうという呪いです。

珠世は自身の血鬼術である「白日の魔香」を使い、朱紗丸に無惨の正体を知っているのか問いただし、朱紗丸は激しく動揺してしまいます。

「白日の魔香」は白日薬のような効果があり、脳の機能を低下させ頭がぼーっとしてしまうので秘密を守ることが困難になってしまいます

そしてその血鬼術により、朱紗丸は無惨の名を口にしてしまいます。

無惨の名を口にしてしまった朱紗丸は、必死に慈悲を願いますがその甲斐なく、無惨の呪いが発動します。

朱紗丸の口と腹部から巨大な手が出現し、容赦なく朱紗丸を潰し朱紗丸は死亡します。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】実は矢琶羽とは初対面だった?

作中には矢琶羽と初対面であるという描写はありません。

しかしアニメの次回予告時に流れる「大正コソコソ噂話」のコーナーで、矢琶羽とは初対面であるというということが発覚しました

珠世宅を襲撃する前に仲良くなったようです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】鬼になる前の朱紗丸は普通の少女だった?

朱紗丸が鬼になる前の描写は作中にはありません

しかし死に際に「ま…り ま…り」と可愛い声で手毬を求める朱紗丸に炭治郎が手毬を渡すと、「あそ…ぼ あそ…ぼ」と小さな子どものような声を残します。

鬼になる前は、手毬遊びが大好きな普通の女の子だったのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】朱紗丸の最期をみた炭治郎の反応は?

手毬を求め、遊びたがる子どものような朱紗丸の最期を見た炭治郎は、たくさん人を殺してきたことも頭をよぎりますが憐れむような表情をします

そして無惨に従ってきた朱紗丸を容赦なく殺す無惨に怒りを覚えるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

まとめると

  • 無惨から、炭治郎を殺すよう命令され矢琶羽と共に炭治郎を探す
  • 朱紗丸自身は自分を十二鬼月だと信じているが実は十二鬼月ではない
  • 血鬼術は「毬召喚」といい、手毬を投げて攻撃するというもの。
  • 無惨の名を口にしてしまい、呪いによって死亡

ということが分かります。

朱紗丸について、いかがでしたでしょうか?

残忍な鬼であるにも関わらず、最期は幼い子どものような面影を残して死んでしまうことや、無邪気に笑う性格が人気の理由のようですね!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒矢琶羽(やはば)の矢印には逆らえない!?炭治郎を翻弄した・・

⇒お館様の早すぎる死!鬼殺隊のためなら手段を選ばない!?・・

⇒堕姫(だき)はお兄ちゃんが大好き!百年以上生きても性格が・・

⇒狂気に満ちた童磨の最期!鬼殺隊との決着は?しのぶを通し・・

⇒響凱(きょうがい)の溢れる涙!本当は認めて欲しかっただけ・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です