【鬼滅の刃】我妻善逸はただのヘタレじゃない!泣き虫でも強くなれた理由は?読者を虜にする善逸の魅力とは?

スポンサーリンク

もちろんメインのストーリーも面白いのですが、セリフ回しが面白くて定評がある鬼滅の刃。

中でも、一二を争う名言(迷言!?)メーカーが我妻善逸です!

びっくりするほどヘタレで泣き虫。

それを隠しもしない、剣士らしくないその人物が…どんどん強くなっている!?

なんだか可愛くて不思議に虜になってしまう、我妻善逸の魅力に迫ります。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】最終選別で生き残った一人

繰り返しになりますが、我妻善逸はヘタレです!

でも、肉体的に劣っているかというと、まったくそうではありません。

なんと我妻善逸は鬼殺隊の最終選別に残ったたった5人のうちのひとりなんです。

鬼殺隊の最終選別は、まさに命がけ。

選別に落ちると、死にます。

たった5人の「生き残り」なんですね、凄いことです!

…と素直に褒めたいところですが、死ぬかもしれない選別試験に行きたくなすぎてゴネたところ師匠にビンタされてしぶしぶ参加したとか…

そんなところがとっても、我妻善逸なんです。

 

【鬼滅の刃】善逸は小心者で優しい性格

ヘタレというと、他人を犠牲にしても自分を守ったりとか嘘を吐いたりとか…、そういった性格なんでしょうか?

いいえ、我妻善逸は実はとても優しい男なんです。

たとえば、鬼を前にして子供を守ったり、身を挺して禰豆子を庇うなど…ただそのときとんでもなくヘタレなセリフを吐きながら泣き叫んでいるだけで。

小心者だけど、とても優しい。

ただのヘタレじゃこんなに愛されません!

 

【鬼滅の刃】何でも聞き取れる異常な聴覚

我妻善逸には、特異体質ともいえる武器があります。

それは、彼の異常なほど発達した「聴覚」。

彼は、周囲の状況を音だけで察知できるほど、聴覚が優れているんです。

たとえば、大勢の人間の中に鬼が紛れこんでいても、鬼独特の音を聞き分けることにより、ある程度近くに行けば選別することができます。

相手の呼吸音などから心理状態などもはかれるなど、使途はいくらでもありそうですね!

が、彼の独特なパーソナリティにより、うまくいかないことも…

 

【鬼滅の刃】「雷の呼吸」を使った技とは?

我妻善逸は「雷の呼吸」を体得した、居合の達人です、寝ているときは。

…実は彼は、生来のヘタレにより、起きている間は戦闘能力が発揮できません

ではどんなときに彼の戦闘能力が発揮されるのか?

それは、鬼と相対し恐怖が極限に達しとうとう失神してしまったとき…寝ているときだけなんですね。

その強さは、味方をして「お前はずっと寝てた方がいいんじゃねえか……」と言わしめるほど。

「雷の呼吸」を使った技は全部で六つの型存在していますが、その中で我妻善逸が体得したのは「壱の型」のみとなります。

ですが、あなどるなかれ。

我妻善逸はそのひとつの型を鍛錬し、複数の派生技を生み出しているんです。

それらは、極限まで速度を高めた「壱ノ型 霹靂一閃」を基本形とした、神速の踏み込みからの居合斬りの技です。

壱ノ型 霹靂一閃 六連

壱ノ型 霹靂一閃 八連

壱ノ型 霹靂一閃 神速

戦いを重ね、自らの弱点を克服するための特訓の積み重ねで、自ら編み出した技たちです。

ま、使用するシーンでは本人失神しているわけですが…

極限まで速さを追求し鍛錬していった結果、善逸の切り札「神速」が生まれましたが、まさにそれは「諸刃の剣」。

たびたび使用すると脚が変形する重度の骨折を引き起こしてしまうほど、身体に負担のかかる技となってしまいました。

 

【鬼滅の刃】金髪になってしまった理由は?

我妻善逸の容姿と言えば、特徴的なボサボサ眉毛とばらばらになったザンギリ頭、加えてこの時代設定に合わない見事な金髪!

怖がりの善逸が、なぜそんな目立ちそうな髪色…

実はハーフ?

モテたいから染めたとか?

いえいえ、実はこの金髪、落雷に直撃されて黒髪から金髪になってしまったそうなんです。

しかも、剣士になる厳しい修行が耐えきれず木に登って泣き喚いていたら、ちょうど落雷に合ったとか…

この金髪も、情けなすぎるエピソードの末の産物なんですね!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】先生にビンタされた?

そんなヘタレな性格の我妻善逸、剣士になる修行もなかなか大変だったようです。

そもそもなぜ剣士になったかというと、借金の肩代わりをしてくれた人が、たまたま育手(剣士の育成者)だったから

正義に目覚めたとかじゃないんかーいっ!

しかもその借金は、女にダマされて作ってしまったもの…というからふるってます。

修行のきっかけから我妻善逸すぎてお腹いっぱいなところですが、修行の区切りである「選別試験」にもやはり行きたがらなかったようで…

結局、師匠にビンタされてしぶしぶ参加したそうです。

最終選別時の我妻善逸は、「死ぬ死ぬ」と超ネガティブ。

冗談抜きで失敗=死の最終選別に無理くり参加させるほどのビンタ…恐ろしいですね!

 

【鬼滅の刃】みんなが呆れるほど女好き?

我妻善逸を語る上で欠かせないのが、彼がとんでもない美人好き、女好きであること!

剣士になるきっかけも女がらみの失敗からなのに…何一つ懲りていない、ここだけはポジティブバカな女好きです。

女の子が絡めば肉体的な痛みなどは超越してしまうらしく、そのあたりは歴戦の強者の柱もかないません

かないたいとも思っていません(呆れています)。

たとえばキツいで有名な胡蝶しのぶの「蝶屋敷」にて、戦闘後の機能回復訓練のとき。

炭治郎たちがやつれるほどの激痛のリハビリを、「女の子がマッサージしてくれる」という理由だけで、ニコニコで受けていました

どうして女の子がかかわるとこんなにポジティブで積極的なのか…いつものヘタレはどこ吹く風の、女の子大好きキャラなんです。

 

【鬼滅の刃】禰豆子に淡い恋心?

そんな女大好きおちゃらけた我妻善逸にも、「本命」?女子がいます。

それは炭治郎の妹、禰豆子

最初こそ禰豆子の美しい容姿にのみ夢中だったようですが、心のつながりを感じることも…

花を贈ったり、禰豆子とデートをする夢を見たり、その淡くほんのりした恋心についニヤニヤしてしまいます。

近頃は「禰豆子ちゃんは俺が守る」みたいな発言も(夢のなかだけど)…!

禰豆子の気持ちはわかりませんし鬼である禰豆子との恋には様々な障害があるでしょうが、なんだか応援したくなる可愛いふたりなのでした。

 

【鬼滅の刃】善逸のヘタレ名言は?

我妻善逸には名言がたくさんあります

かっこいい名言もあるんですが、やはりここでは彼ならではのヘタレ名言をご紹介させていただきます!

はあああ!!膝にきてる、恐怖が八割膝に!!

※鬼から逃げたいとき

女の子一人につき、おっぱい二つ、お尻二つ、太もも二つついてんだよ、すれ違えばいい匂いがするし、見てるだけでも楽しいじゃろがい!!

※女の子と訓練できるすばらしさについて語るとき

いちいち面白いです…。

 

【鬼滅の刃】寝ていなくても強さを発揮!?

基本的に我妻善逸が「強い」のは、恐怖で失神…というか寝ているときだけに、これまでは限られていました。

が、任務を重ね精神的な成長が見られるこの頃、ヘタレながらおびえながらも、鬼から人々を守る鬼殺隊剣士としてのふるまいが増えてきたように思います。

今後も善逸は、心の成長を遂げていくことが予想されます

元々、炭治郎をしのぐほどの優れた身体能力を持つ善逸、ヘタレな心さえなんとかなれば…

彼が寝ていなくても強さを発揮する日は、そう遠くないかもしれませんね!

 

まとめ

優しさとヘタレが共存した心、それでいて身体的ポテンシャルは無限大。

とんでもない伸びしろがありそうな我妻善逸、知れば知るほど成長を見届けたくなる魅力的な人物です。

願わくば、名言・迷言メーカーの素晴らしい素質は、どうぞそのままで…(笑)

 

スポンサーリンク

関連記事



1 個のコメント

  • 初めまして!!

    ワタクシ自身、善逸推しなんですが、さすがに藤襲山での最終選別だけは「よく突破できたよな…」と、今更ながらに思いますねww
    一晩だけならまだしも、七日間という長丁場なのに…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です