【鬼滅の刃】ファンは炭カナ希望!?栗花落カナヲと竈門炭治郎の恋愛はありえる?2人が絡むエピソードをご紹介!

スポンサーリンク

最近イラストなどでもよく目にする炭カナ、ファンも多そうですね。

入隊したのも同期で、カナヲの気持ちに変化をもたらしたのも炭治郎だと思います。

これからどんな風になっていくのでしょうか。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】なぜ炭カナが人気?

カナヲは何においても自らの意思で決めたりすることはありませんでした

物事を決定するときはコイントスで決めていたのです。

誰かと話をするかどうかも、カナヲ自身で決めることはありませんでした。

それで他の人と話をしたりすることもありませんでした。

炭治郎とも、炭治郎が挨拶をしても、話しかけても、褒めても返事をせずにただ微笑むだけです。

そしてコインを取り出しコイントスをして炭治郎と話すかどうかを決めるのです。

なぜ自分で話すかどうか決めないのかと炭治郎が聞いても、カナヲは全てどうでもいいことだから自分では決められないと話すのです。

それがカナヲの価値観でした。

炭治郎は、この世にどうでもいいなんて言うことは一つもない、たぶんカナヲは心の声が小さいのではないかと言いました。

そう言ってからコインを貸してくれないかお願いします。

驚いているカナヲを気にせず、投げて決めようと告げます。

カナヲがこれから自分の心の声を聴くことと言ってコインをキャッチしました。

カナヲの手を取って炭治郎は励ましました。

そのコインを握りしめてから、少しずつカナヲはかわいらしい人に変わっていきます

主人公・炭治郎に出会ったことによって成長できるヒロインという事で、炭カナが人気なのだと思います。

 

【鬼滅の刃】栗花落カナヲのプロフィール

栗花落カナヲは炭治郎や善逸といっしょに最終選別を通った同期です。

胡蝶しのぶの継子を務めていますが、しのぶと一緒の蟲の呼吸を使うのではなく、しのぶの姉のカナエが使っていた花の呼吸を継いでいます

子供のころに、人買いに連れられていたのを胡蝶カナエ・しのぶ姉妹に助けられました。

カナヲという名前も、カナエがつけてくれました。

鬼を討伐するために、しのぶの継子となり、呼吸法や技を覚えました

 

【鬼滅の刃】竈門炭治郎のプロフィール

無惨に襲われ、鬼になってしまった妹を人間に戻すために鬼殺隊に入隊した竃門炭治郎。

自分を殺そうとする鬼に対しても、どこまでも優しい。

匂いに敏感で、鬼や急所などの匂いをかぎ分けることもできます。

水の呼吸の使い手で、ヒノカミ神楽も父から受け継いでいます。

日輪刀は持ち主によって変わりますが、竃門炭治郎はです。

 

【鬼滅の刃】最終選別では炭治郎に興味がないカナヲ

最終選別が終わった後、炭治郎は、先に下山した一名を除く同期隊士三名とともに、説明会に集められます

その時、炭治郎は不死川玄弥とも問題を起こしますが、カナヲはその場にいたのに、興味を示さず、蝶と戯れているだけでした

 

【鬼滅の刃】カナヲは禰豆子を滅殺しようとした?

那田蜘蛛山に戦いの応援に来たカナヲは、禰豆子を発見し鬼であるため滅殺しようとします

なんとか止めようと炭治郎は頑張りますが、攻撃を加えられて気絶してしまいます。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】カナヲを上回る炭治郎の成長

現在、炭治郎の能力は鬼殺隊の中で、評価はとても高いです。

身体的強化・周りとの共鳴効果をもたらす痣の発現は世代唯一である事から今後何か特別な待遇を受けるのは間違いないなさそうです。

また、日の呼吸(全呼吸の原点)を使いこなすことにより鬼の滅殺は大幅に上がりそうです。

鬼殺隊の若手達がなかなか育たない中で、炭治郎たちが上弦の鬼を倒した時に蛇柱・伊黒が驚くシーンもあります。

機能回復訓練として、蝶屋敷の人々と炭治郎は訓練を重ねます。

懸命に修行をするうちに、全集中の呼吸を覚え、自分よりもずいぶん強かったカナヲとの勝負で勝てるようになります

 

【鬼滅の刃】銅貨で行動を決めるカナヲに炭治郎がした事は?

自分の心をよく聞くことを銅貨を投げさせて決めると言い投げました。

表が出たらカナヲは心のままに生きると言い、表を出します

そしてカナヲの手を握って「頑張れ、人はこころが原動力だから」と言いました。

 

【鬼滅の刃】昏睡状態の炭治郎にカナヲは?

2か月間昏睡状態だった炭治郎が目覚めた時、ちょうどカナヲがいたのです。

目を覚ました炭治郎を見て「目が覚めてよかった・・・」と言います。

ただ微笑んでいるだけで、何も話さなかったカナヲが自分の気持ちを言葉で表すようになっていたのです。

それはとても大きな変化でした。

 

【鬼滅の刃】カナヲは炭治郎に会って変わった?

カナヲは何においても自らの意思で決めたりすることはありませんでした。

物事を決定するときはコイントスで決めていたのです。

誰かと話をするかどうかも、カナヲ自身で決めることはありませんでした。

それで他の人と話をしたりすることもありませんでした。

しかし炭治郎と出会って、炭治郎から、この世にどうでもいいなんて言うことは一つもない、たぶんカナヲは心の声が小さいのではないかと言われます。

そう言ってからコインを貸してくれないかお願いします。

驚いているカナヲを気にせず、投げて決めようと告げます。

カナヲがこれから自分の心の声を聴くことと言ってコインをキャッチしました。

カナヲの手を取って炭治郎は励まされ、その頃からカナヲは少しずつ変わってきたのです。

昏睡状態の炭治郎が目覚めた時、みんなが集まって騒ぎ出すと、カナヲは一生懸命静かにしてと注意をするまでになりました。

自分の意思を主張することができるようになったのです。

 

【鬼滅の刃】2人が結ばれる日はくる?

たぶんカナヲは炭治郎のことが好きなのかなと思います。

しかし炭治郎はまだいっぱいいっぱいなのだと思います。

訓練や戦いを通じて、お互い切磋琢磨しているうちに大切な存在になるかもしれません

 

まとめ

炭治郎に「表が出たらカナヲは心のままに生きる」と言われたカナヲ。

その後のカナヲは違うカナヲになっていました。

だんだん自分の気持ちを表すこともできるようになり、見る見るうちに変わっていきました

これからも同期で、助け合い励ましあって強くなっていくのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です