【鬼滅の刃】竈門炭治郎の技がカッコイイ!炭治郎だけが使えるヒノカミ神楽とは?登場した技を一挙にご紹介!

スポンサーリンク

ヒノカミ神楽とは、炭治郎が亡き父丹十郎から耳飾りとともに受け継いだ、ヒノカミ様のための厄払いの舞でした。

身体の弱い父なのにどうして長く舞っていられるのかと幼い炭治郎が尋ねた時、どれだけ動いても疲れない息の仕方があると父は言いました。

正しい呼吸ができれはずっと舞えるというヒノカミ神楽

耳飾りとともに途切れずに継承させることと父に言い遺されています。

無惨との戦いの中でも重要なカギとなってくるヒノカミ神楽・・・その技について紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】炭治郎は水の呼吸を習得済み

炭治郎は「育手」の鱗滝左近次の住む狭霧山にて約二年間修行を積み、水の呼吸を会得しました。

水の呼吸は容れ物によって形を自在に変える水の如く、相手の攻撃を利用したりいなしたりと、あらゆる状況に対応できる呼吸法です。

型の種類が拾もある水の呼吸の柔軟さを学びました。

各流派の中で唯一鬼に苦痛を与えず安らかに死なせるわざが存在しているのも大きな特徴です。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】ヒノカミ神楽とは?

竈門家の長男・炭治郎が父・丹十郎から耳飾りとともに受け継いだ、竈門家に代々伝わる厄払いの神楽とそれを舞うための呼吸法

新年の始まりに、雪の降り積もった山頂で一晩奉納することで、一年間の無病息災を祈ります。

炭治郎は火を扱う炭焼きの家系として、ヒノカミ様に奉納するための舞と認識して習得していましたが、日輪刀と組み合わせて振ることにより、全集中の呼吸による技以上の威力を引き出せることが判明しました。

一緒に継承されている耳飾りは、最強の「日の呼吸」の剣士でもある縁壱がつけていたものと同じものです。

ヒノカミ神楽がこの耳飾りと一緒に継承されているということは、日の呼吸と関係あることが予想できます。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】円舞(エンブ)

日輪の輪郭のように円を描き刃を振るいます。

鬼の巨大な頸の骨を一撃で断つほどの威力を持っています

下弦の壱・魘夢との戦いで使用しました。

伊之助に肉を斬らせて、この技で骨を両断しました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】碧羅の天(ヘキラノテン)

日輪の輪郭のように円を描き刃を振るいます。

鬼の巨大な頸の骨を一撃で断つほどの威力を持っています。

下弦の壱・魘夢との戦いで使用しました。

伊之助に肉を斬らせて、この技で骨を両断しました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】烈日紅鏡(レツジツコウキョウ)

∞を描くように左右対称の鋭い斬撃を放つ。

左右両方から斬りつける水平斬りで、ほぼ360度をカバーできます

上弦の陸である堕姫や、上弦の参である猗窩座に対して使用しました。

高速で襲い掛かる上弦の鬼が操る帯の群れを、すべて切断しました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】炎舞(エンブ)

大きな半円を描く斬撃を二度入れる連続技。

一撃を躱されてももう一度狙うことが可能になる

上弦の陸である太堕姫との戦いでは一刀目をさけられたところで反撃に遭い、そこで技が終了してしまった

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】斜陽転身(シャヨウテンシン)

逆さに宙返りしながら放つ横薙ぎの一閃。

上弦の参である猗窩座との戦いで使用しました。

炭治郎は不意打ちができず、攻撃する前に猗窩座の名前を呼んで正面からこの技を繰り出しましたが、それでも猗窩座はこの技に反応することができず、頚を斬り落とされました

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】幻日虹(ゲンニチコウ)

上弦の陸である堕姫や、上弦の参である猗窩座に対して使用しました。

ヒノカミ神楽唯一の回避技

高速で行われる捻りと回転による回避。

目が良いほど残像をとらえることになります。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】灼骨炎陽(シャッコウエンヨウ)

前方広範囲を炎が渦を巻くように斬りつけます。

範囲が広く、攻防を同時に行えます

上弦の陸である堕姫との戦いで使用しました。

堕姫は8本の帯による逃げ場のない攻撃を繰り出しますが、灼骨炎陽によって帯を切り裂きました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】陽華突(ヨウカトツ)

ヒノカミ神楽唯一の突き技

上弦の肆である半天狗に対して使用しました。

天井裏へ逃げた半天狗をこの技で追い打ちしました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】火車(カシャ)

全宙しながら敵を飛び越え攻撃を避け、その勢いのまま敵を斬りつけます

上弦の陸である堕姫や、上弦の参である猗窩座に対して使用しました。

猗窩座との戦いでは、左腕を切り落としました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】飛輪陽炎(ヒリンカゲロウ)

斬りつける瞬間、刀の刃先が陽炎のように揺らぎます。

それにより敵の目算を狂わせ、避けるのが困難になります

上弦の参である猗窩座との戦いで使用しました。

猗窩座は避けたと思っていましたが、頸に傷を負っていて「面白い技だ」と言っていました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】日暈の龍 頭舞い(ニチウンノリュウ カブリマイ)

龍がうねるように移動し、すれ違いざまに斬りつけます

上弦の肆である半天狗との戦いで使用しました。

炭治郎と禰豆子が追い詰められた時、炭治郎は「日暈の龍 頭舞い」を繰り出しました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】無惨退治に必要な十三番目の型とは?

縁壱が「透き通る世界」を通して無惨の身体を透かして見た時に考え付いて完成した型

刀を両手で持ち、前方に円を連なるように振るいました。

すれ違いざまに反応の暇も与えずに幾太刀もの斬撃を浴びせる技。

まだ詳細は明らかになっていませんが、無惨の特殊な7つの心臓と5つの脳を同時に斬るための技だと思われます。

縁壱に斬られた後、無惨は自分で破裂して、千八百の肉片になり逃げようとしましたが、縁一はその千五百と少しを切り刻みました。

しかし残りの脳くらいの大きさの肉片が逃げていき、無惨は復活したのです。

無惨にも大きなダメージを与え、耳飾りの剣士としていまだなお記憶に残っています。

 

スポンサーリンク

まとめ

ヒノカミ神楽というと継国縁壱は欠かせない人物だと思います。

すさまじい才能の持ち主で、兄が上弦の壱になってしまったのも縁壱への嫉妬が大部分を占めていたのではないでしょうか。

鬼の首魁である鬼舞辻無惨を追い詰めたのも彼なのです。

炭治郎の祖先に「ヒノカミ神楽」が伝わったものも彼からなのだと思います

刀鍛冶の里に縁壱をモデルにした絡繰り人形「縁壱零式」がつくられました。

その際日本の腕では縁壱の強さを再現することができずに6本腕になっています

このことも十三番目の型のヒントになっているのではないでしょうか。

ヒノカミ神楽から繰り出される技は鬼の再生能力をも阻害するらしく、普通なら手足の欠損ですら瞬時に再生する上弦の鬼であっても激しい痛みを伴い、再生速度も著しく落ちます。

さらに赫刀と合わせるとその効果は増大し、上弦の肆・半天狗の分身体でさえ大声でわめいて激痛を訴えていました。

再生しないかと思うくらい再生も遅かったのです。

無惨を倒すためには縁壱が無惨に対して考案した、十三の型かそれ以上のものが必要です。

無惨の体内の5つの脳と7つの心臓・・・これらを分断しようと縁一は考えたのだと思います。

現在の無惨は斬られても斬られたことがわからないくらい瞬時に再生されています。

しかし一度分断されると再生能力も下がるのではないかと思われます。

縁壱の刀は赫刀だったので無惨の再生能力はずいぶん低下していたようです。

炭治郎が赫刀にできるとすれば、禰豆子の血鬼術爆血が必要です。

兄妹力を合わせて無惨を倒してほしいと思います。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です