【鬼滅の刃】無限城編で愈史郎(ゆしろう)が大活躍!ゆしろうがいなければ鬼殺隊の勝利は有り得なかった!?

本記事では無限城編における愈史郎の活躍をピックアップしますが、まず「無限城編の陰の最大の功労者は愈史郎であった」と声を大にしてお伝えしたいと思います!

愈史郎がいなければ鬼殺隊の戦いは全く違うものになっていたでしょう。

それでは鬼である愈史郎がいかにして鬼殺隊に貢献していたのか、無限城編での愈史郎の動きを徹底的に解説していきます

 

【鬼滅の刃】無限城編のあらすじ

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

ある夜、産屋敷邸に鬼舞辻無惨が襲来

無惨は鬼殺隊の当主である産屋敷耀哉を殺めるつもりでやってきましたが、しかし逆に襲来を予期していた耀哉によって一世一代の罠が仕掛けられていました。

まず耀哉の家族と屋敷を巻き込んだ自爆。

そして浅草男性の血鬼術による拘束と、愈史郎の血鬼術で接近してきた珠世による「鬼を人間に戻す薬」の投与

そこへ岩柱・悲鳴嶼行冥が畳みかけ、他の柱たちも続々と駆け付けてきたのです。

あとは無惨を日の出まで拘束し続けるのみ…かと思われましたが、なんとそこで鬼殺隊が一斉に地中に落下。

鬼殺隊は鬼の根城「無限城」に誘われてしまったのでした

果たして待ち受ける上弦の鬼たちとの戦いを乗り越え、無惨を斃すことはできるでしょうか!?

 

【鬼滅の刃】無限城編は何巻?

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

無限城編はコミックス16~23巻(最終巻)

鬼舞辻無惨との最終決戦であり鬼滅の刃の最終エピソードですので、最後の最後まで目が離せない内容となっています。

 

【鬼滅の刃】無限城編でのゆしろうの役割とは?

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

無限城編での愈史郎の役割は鬼殺隊の援護と救護でした。

まず大きいのが血鬼術での援護

愈史郎の血鬼術:紙眼(しがん)は、眼のようなものが描かれた札を貼ることによって「視覚」に作用する血鬼術です

札を貼った者同士の視覚を共有できるため、無限城編では産屋敷と鎹鴉に眼(札)を貸すことで、刻一刻と変わる戦場においてスピーディーな情報伝達を実現させました。

札を無限城中にばら撒きまくることによって正確な戦況把握も行っています。

また、札を貼ったものを視界から隠す“目くらまし”の能力も備えており、それも後述の鬼舞辻無惨との戦いに大きく貢献しました

血鬼術だけでもかなり重要な役割を果たしていますが、さらに愈史郎本人が鬼殺隊士として紛れ込み、前線での救護役としても活躍。

珠世に与えられた「血鬼止め」や止血剤や血清などの治療薬、そして冷静な状況判断力と手際の良さをもって、激闘で負傷した隊士たちを救っていきました

しかし珠世から言いつけられたとはいえ、無限城編での愈史郎はなんと珠世と別行動。

片時も珠世から離れたくない愈史郎としてはかなり不満だったようですが、やはり愛する人の頼みは断れなかったのです。

 

【鬼滅の刃】善逸を助けたのはゆしろう?

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

村田のいる隊に紛れ込んでいた愈史郎は、さっそく上弦の陸・獪岳との激闘を終えた我妻善逸を救護。

敗北した獪岳に「一人で死ぬのは惨めだな」と冷ややかに告げ、激闘で力尽き無限城を落下していった善逸を救い上げました

獪岳の雷の呼吸・陸ノ型「電轟雷轟」を食らった善逸は、戦いが終わった後も斬撃の影響で体がひび割れ続け死の淵を彷徨っていましたが、愈史郎が珠世の開発した「血鬼止め」を用いて治療したおかげですぐに戦線復帰できました

 

【鬼滅の刃】珠世の死

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

無限城編では愈史郎にとってあってはならない出来事が起こりました。

それは珠世の死

珠世は産屋敷耀哉と謀った作戦により「鬼を人間に戻す薬」を自分の腕ごと鬼舞辻無惨に注入したのですが、無限城で薬の分解に専念した無惨によってそのまま体内に取り込まれてしまったのです。

愈史郎は怒りに震え、血が出るほど歯を食いしばりました

 

【鬼滅の刃】ゆしろうVS鳴女

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

珠世の死の事実に堪えながら愈史郎が向かったのは、無限城を自在に操り戦場を翻弄している上弦の肆・鳴女のところ

これは愈史郎の能力が鳴女との戦いに適していると分析した産屋敷先代当主・耀哉の采配でした。

愈史郎は鳴女と蛇柱・伊黒小芭内&恋柱・甘露寺蜜璃が戦う戦場に着くと、2人を囮としながら“目くらまし”の術で姿を消しながら鳴女に接近します。

そして鳴女の視覚を乗っ取り、脳内へ侵入し、伊黒と甘露寺を倒したという誤情報を無惨に伝達

それにより柱2人が死亡したと思い込んだ無惨の元に、伊黒と甘露寺を奇襲させたのでした。

伊黒と甘露寺が到着したことによって、先に無惨と戦闘していた富岡義勇と竈門炭治郎の窮地を救うことにもなりました。

 

【鬼滅の刃】ゆしろうが鬼舞辻無惨を地上へ出す?

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

鳴女を支配し、「今からお前(無惨)を地上へ叩きだしてやる!!」と涙で怒りを見せる愈史郎

愈史郎から珠世を奪った罪は、この世で最も重いのです。

一方で無惨も苛立ち、鳴女の支配を奪還して愈史郎の細胞までも吸収し始めました。

鳴女を介して愈史郎と無惨の力がせめぎ合い、激しく動き出す無限城。

すると無惨は伊黒・甘露寺・富岡に集中を削がれたこともあり、容赦なく鳴女を殺害・消滅させてしまいました

鳴女が消滅したことで無限城は崩壊を始めてしまいますが、愈史郎は鳴女の細胞が死滅しきるまでの僅かな時間で鬼殺隊士と無惨を地上に排出してみせたのでした。

ギリギリでしたがこの愈史郎の功績により、無惨との戦いが太陽光の届く地上に移ることになりました

 

【鬼滅の刃】炭治郎を助けたのはゆしろう?

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

戦場を地上へ戻したものの、無惨の力は圧倒的!

伊黒・甘露寺・富岡が総攻撃を仕掛けても歯が立たず、その中で炭治郎が無惨の攻撃を受けて瀕死になってしまいます

無惨の攻撃は猛毒と等しい無惨の血が混ぜられているため、傷をつけられてしまえば細胞が破壊され、間もなく死亡してしまうのです。

それを救ったのはやはり愈史郎でした。

愈史郎は珠世の開発した血清を炭治郎にたっぷりと投与

この迅速な処置により炭治郎は醜い姿ながらも復活を遂げたのでした。

 

【鬼滅の刃】悲鳴嶼行冥を助けたのはゆしろう?

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

岩柱・悲鳴嶼行冥と風柱・不死川実弥、さらには嘴平伊之助・我妻善逸・栗花落カナヲも合流し一斉攻撃が繰り広げられますが、無惨の一撃により一瞬で形勢が覆されてしまいます。

鬼殺隊が壊滅状態に陥る中、愈史郎が向かったのは悲鳴嶼の元でした。

最強剣士が脱落すれば、鬼殺隊の勝ち目も大幅に無くなるからです。

愈史郎は懸命に適切な処置を施しますが、しかし悲鳴嶼は片足を失ってしまっており戦線復帰が厳しい状態

愈史郎は必死に「(現在1人で無惨と戦っている)炭治郎を守ってください」と珠世にお願いしました

 

【鬼滅の刃】ゆしろうの能力が鬼殺隊を守った?

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

愈史郎の血鬼術が無限城編において重要な役割を果たしているということは最初にお話ししましたが、無惨との最終決戦でも大きく貢献しています。

具体的にはまず伊之助・善逸・カナヲが“目くらまし”の力を利用することで無惨への接近に成功。

これにより伊黒の命を救ったほか、無惨の隙を作り、柱たちが赫刀を発現する時間を生み出しました

そして彼らが持ってきていた愈史郎の“札”を実弥が拾い、攻撃に変化を生じさせています。

また、珠世が鬼にした猫・茶々丸が“目くらまし”で血清を運び、柱たちを回復させていました。

さらには“視覚共有”によって、鏑丸の視界が両目の視力を失った伊黒の新たな視界となり、伊黒も最期まで戦い抜くことが出来ました

要所要所で愈史郎の血鬼術が鬼殺隊の戦いを支えていたのです。

 

【鬼滅の刃】無限城編の結末

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

鬼殺隊一丸となって鬼舞辻無惨を撃破し、ついに鬼のいない世界を実現!

後日、炭治郎の見舞に訪れた愈史郎は、憎まれ口を叩きながも「本当によく頑張った。えらい」と炭治郎に労いの言葉をかけたのでした。

しかし立ち去る愈史郎の後ろ姿は寂しく、炭治郎は「珠世さんのことをずっと覚えていられるのは愈史郎さんだけだから死なないでください」と伝えました

その後愈史郎は姿を見せなかったため炭治郎は心配していましたが、医者になったカナヲの相談の手紙にすぐに返事を書いてくれていた様子。

そして時が経ち、炭治郎たちの子孫が暮らす平和な時代に、山本愈史郎という謎の画家の姿がありました。

その画家は珠世という女性だけを描き続けており、近年世界的に高く評価され注目され始めたそう

愈史郎は炭治郎の言葉を受け止め、珠世との思い出と共に生き続けていたのです。

 

【鬼滅の刃】ゆしろうの存在が無ければ鬼殺隊は負けていた?

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

最後に改めて言いますが、無限城編の陰の立役者は愈史郎であり、愈史郎の存在が無ければ鬼殺隊が負けていた可能性が高いです。

ここまでまとめてきたように情報伝達、治療・救護、戦闘支援とあらゆる面で愈史郎の力が発揮されており、正直それらがなければ鬼殺隊は夜明けまで戦えていなかったでしょう。

そして一番の活躍と言えばやはり鳴女の撃破

鳴女は無限城の操作を行っている重要な鬼であり、彼女を倒さねば鬼殺隊は無限城に閉じ込められてしまう、あるいは倒し方によっては無限城崩壊と共に全員死んでしまうなどの可能性がありました。

そもそも鳴女は伊黒と甘露寺の柱2人を足止めしていた厄介な相手。

考えれば考えるほど愈史郎しか対応できない相手であり、愈史郎のおかげでようやく勝ち目の見える“太陽光の届く地上”へ無惨を引きずり出せたのだと分かります

つまり鬼殺隊に潜り込むことを言いつけた珠世と、鳴女に対し愈史郎を配置した産屋敷耀哉が見事だったということですね。

 

まとめ

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

無限城編は愈史郎も鬼殺隊の一員として参加しています。

あらゆる面に愈史郎の血鬼術が活用されており、それらがなければ鬼殺隊の勝利もあり得なかったと言えるほど大大大活躍しているのでその貢献ぶりをお見逃しなく。

珠世を失いながらも最後まで鬼殺隊を支える姿や、最終決戦後の生き様も必見です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA