スポンサーリンク

【鬼滅の刃】無限城編で栗花落カナヲの感情が溢れ出す?カナヲにとって胡蝶しのぶの存在とは!?

スポンサーリンク

栗花落カナヲは炭治郎の同期の女の子

すでに最終選別や蝶屋敷などで度々作中に登場してはいますが、自分の意思を表すことが苦手で感情が乏しいためミステリアスな印象がありますよね

しかし無限城編ではこれまでに見せなかった怒りや涙を見せ、読者の心を震わせました

それでは何があったのか無限城編での栗花落カナヲの活躍をご紹介していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】無限城編のあらすじ

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

ある夜、鬼舞辻無惨が産屋敷邸を急襲

ただし産屋敷耀哉はそれを予期しており、屋敷ごと家族と自爆して無惨にダメージを与えました。

産屋敷の命で作られたチャンスで、すかさず珠世が浅草で鬼になった男性と愈史郎の血鬼術を活用しながら無惨に「鬼を人間に戻す薬」を投与

それを見計らい、岩柱・悲鳴嶼行冥が無惨の頚を粉砕しました。

無惨は頚の切断を克服していましたが、続々と柱たちが集結して無惨を包囲。

ところが次の瞬間、地面に鬼の根城「無限城」に繋がる空間が現れ、鳴女に補足されていた鬼殺隊士たちはもれなく上弦の鬼が待つ無限城に落とされてしまったのでした。

複雑に入り組む城内で、鬼殺隊はそれぞれ上弦との戦いを強いられることに。

果たして解毒されるより早く無惨を倒すことが出来るのか、鬼殺隊と鬼が互いの総力を注ぐ一世一代の大決戦が始まったのでした。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】無限城編は何巻?

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

無限城編は16~23巻で読むことが出来ます

刀鍛冶の里・柱稽古編の次に描かれる「鬼滅の刃」の最終エピソードであり、まさに総力戦となっており最後まで目が離せない内容となっています。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】胡蝶しのぶの死

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

栗花落カナヲは無限城に落ちてから、上弦の弐・童磨に奮戦する胡蝶しのぶの元に駆けつけました。

ところが一歩間に合わず、到着した時にはなんとしのぶが童磨に抱きしめられる格好で全身の骨を砕かれたところでした

さらに童磨は動揺するカナヲに対し、自身の体にしのぶを吸収する様を見せつけて挑発してきたのでした。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】カナヲにとって胡蝶しのぶの存在とは?

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

栗花落カナヲは胡蝶しのぶの継子(つぐこ)であり、しのぶのことを「師範」と呼んでいます

ただしそれは鬼殺隊の剣士としての関係であって、プライベートでは「しのぶ姉さん」と呼ぶ妹分。

カナヲは幼い頃に身を売られかけたところをカナエとしのぶに保護されたという過去があり、以来蝶屋敷で一緒に暮らしてきたため、師弟以前に「姉妹」「家族」という深い絆があるのです。

そのためしのぶの死後には、カナヲの口から激しい憎悪と共に「私は胡蝶カナエと胡蝶しのぶの妹だ」「よくも私の肉親を」と、その関係性・存在の大きさを表す言葉が出ていました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】カナヲVS童磨

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

大切な肉親・胡蝶しのぶの無情な死を見届けることになった栗花落カナヲ。

童磨はしのぶだけでなく、カナヲにとってのもう1人の姉・胡蝶カナエの仇でもありますので、カナヲは眩暈がするほどの激しい憎悪に駆られました。

しかしカナヲは滾る怒りに身を任せることはしませんでした。

それは死の間際のしのぶから、童磨の血鬼術「粉凍り」の特徴を聞いていたからです。

カナヲは心に感覚が無い童磨の本質を見抜き「何のために生まれてきたの?」と挑発して平静を奪いながら、持ち前の身体能力と視力で「粉凍り」を食らわないよう慎重に立ち回り、鍛え上げた剣技で善戦していきました

その戦いぶりは童磨をして「しのぶより実力があるのかもしれない」と評されたほど。

しかしやはり上弦相手に1対1は分が悪く、次から次へ繰り出される血鬼術に圧倒されていき、ついには日輪刀を奪われてしまったのでした

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】カナヲの能力・強さとは?

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

童磨に認められた栗花落カナヲの強みは「花の呼吸」と「視力」です

  • 【花の呼吸】

カナヲは元花柱・胡蝶カナエと同じ花の呼吸の使い手。

花の呼吸は水の呼吸から派生した、花のように見える美しい斬撃エフェクトが特徴の流派です

可憐な太刀筋とは対照的に使いこなすには高い身体能力が必要であり、連続技も多いため呼吸鍛錬も欠かせません

  • 【視力】

炭治郎が嗅覚、善逸が聴覚、伊之助が触覚に優れているのと同様にカナヲは視力に優れており、相手の肉体や視線の機微から次の動作を予測することが出来ます

れは幼少期の命懸けの環境から生まれた悲しき特性(暴力が悪い所に当たらないように)ではありますが、カナヲ独自の終の呼吸を生むなカナヲの大きな強みとなっています。

花の呼吸については無限城編で以下の技を使用しました。

  • 弐ノ型 御影梅(みかげうめ)

球体を描くかのような連撃技で、攻撃としてはもちろん、相手の攻撃を受け流す防御としても有効な万能技です。(第158話)

  • 肆ノ型 紅花衣(べにはなころも)

鋭く踏み込み円状の斬撃で斬りつける技で、童磨戦では天井にいる相手に飛びかかりながら繰り出していました。(第143話、第190話)

  • 伍ノ型 徒の芍薬(あだのしゃくやく)

上下左右から敵を取り囲む斬撃が芍薬の花弁のように見える可憐な連撃技で、童磨戦では一呼吸の間に9連撃も叩き込みました。(第158話)

  • 陸ノ型 渦桃(うずもも)

相手の攻撃を回避しつつ、体を反転させながら斬りつける攻防一体の大技で、鍛え上げられた優れた体幹によって繰り出されます。(第158話)

  • 終ノ型 彼岸朱眼(ひがんしゅがん)

全神経を眼球に集中し動体視力を極限まで高める、優れた視力を持ったカナヲ独自の大技。(第162話、第202話)

周囲の動きが鈍く遅く見えるようになりますが、眼球への圧力で出血し強膜が赤く染まります。

失明の危険も伴う最終奥義であり、童磨戦で右目をほぼ失明していました

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】無限城編で童磨は死亡した?

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

日輪刀を奪われ窮地に陥ったカナヲの元に現れたのは嘴平伊之助でした。

カナヲは日輪刀を取り返してくれた伊之助と共闘して童磨に挑むも、童磨の血鬼術が悉く強力すぎて2人がかりでも全く歯が立ちません。

しかし元よりカナヲの目的は、勝利よりもまず時間稼ぎにありました

何故なら決戦前にしのぶの壮絶な仇討ち計画を聞いていたからです。

それは姉・カナエの仇である童磨に対し、しのぶ自らが毒そのものとなり童磨に喰われるという覚悟の計画。

しのぶは童磨に喰われることを想定し、1年以上かけて藤の花の毒を摂取し続けて全身に高濃度の毒を回しており、そして狙い通り童磨に吸収されたのです

しのぶの覚悟を受け止めることしか出来なかったカナヲは、毒の効果を待ち、必ず童磨の頚を斬らなければなりませんでした。

そしてついに童磨の身体が腐り落ち始めたため、カナヲは伊之助と攻撃を畳みかけます。

大技「霧氷・睡蓮菩薩」で反撃されるも、それが苦し紛れの技だと気づいたカナヲは満を持して「彼岸朱眼」を発動し、伊之助と共についに童磨の頚を斬り落としました

辛勝ではありましたが、カナヲはしのぶに託された想いを果たし、愛する姉たちの仇・童磨をきっちり討ったのです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】カナヲの涙とは?

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

童磨との決着の後、カナヲはカナエの形見の髪飾りとしのぶの髪飾りを抱きしめます

するとカナエとしのぶが「頑張ったねカナヲ」と頭を撫でてくれた気がしました。

顔を上げてももちろん2人の姿はなく、カナヲは2人を失った悲しみで溢れ出る涙を抑えられませんでした

実はカナヲは虐待されていた幼少期に泣かないようにして生きていたため、カナエが亡くなった時にも泣くことが出来ませんでした。

しかし炭治郎と出会いを経て、徐々に感情を表せるようになっていたカナヲ。

今回の涙は、その大きな変化を表すカナヲの初めての涙でした

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】カナヲVS鬼舞辻無惨

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

童磨を倒した後、カナヲは伊之助&善逸と共に、地上に舞台を移した鬼舞辻無惨との戦いに参戦。

愈史郎の血鬼術「紙眼」によって姿を隠しながら駆けつけ、伊黒小芭内の窮地を救いました

しかしすぐに見破られ、無惨の強烈な全方位攻撃が炸裂。

仲間たちが戦闘不能になってしまう中カナヲは運よく直撃を避けましたが、無惨が容赦なくとどめを刺しに来ました。

そして無惨の攻撃がカナヲに襲いかかろうとした時、間一髪で炭治郎に救われ、隠に預けられたのでした

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】カナヲVS炭治郎

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

総力戦の末に見事無惨を消滅させた鬼殺隊でしたが、なんと炭治郎が無惨の執念により鬼になってしまいました

太陽も克服した鬼の王になり、仲間や禰豆子さえ襲い始める炭治郎。

そこで動いたのが、万が一のためにしのぶから「鬼を人間に戻す薬」を預かっていたカナヲでした。

カナヲは視力を失うことも厭わず残った左目で「彼岸朱眼」を使い、攻撃を掻い潜りながら炭治郎に薬を注入

「禰豆子ちゃんを泣かせたらだめだよ」というカナヲの言葉が、炭治郎を呼び戻すきっかけとなりました

そして仲間たちの声により正気を取り戻した炭治郎の姿に、カナヲはまた大粒の涙を流したのでした。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】無限城編の結末

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

鬼舞辻無惨を倒したことでついに鬼のいない世界を実現させた鬼殺隊は、死闘から三か月後に解散を迎え、それぞれが新しい人生を歩み始めました。

カナヲは蝶屋敷にて、初代・花の呼吸の剣士が植えた桜「必勝」に勝利を報告

視力を殆ど失ってしまうも、自分で物事を決められなかったかつての彼女とは違い、とても豊かな感情を見せていました。

また不死川実弥から伊黒小芭内の友人・鏑丸を託されていました。

そして月日が流れた後、カナヲは炭治郎と結婚したようです

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】カナヲの存在が無ければ鬼殺隊は負けていた?

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

無限城編でカナヲは上弦の弐・童磨との戦いと鬼化した炭治郎との戦いにおけるキーマンとなっていました

童磨との戦いでは、事情を知るカナヲが足止めをしていなければ、童磨が弱体化したとしても回復の時間を与えてしまい、しのぶの命も覚悟も無駄になっていたかもしれません。

鬼化した炭治郎との戦いでは、しのぶから薬を預かっていたカナヲがいなければ、カナヲが攻撃を掻い潜る実力を持っていなければ、炭治郎は人間に戻ることが出来なかったかもしれません

無限城編は鬼殺隊の誰が掛けても負けだったかもしれない紙一重の戦いでしたが、カナヲはやはりヒロインだなと感じさせる特別な活躍をしていたように思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

鬼滅の刃/@吾峠呼世晴

栗花落カナヲはこれまでも蝶屋敷などでたびたび登場していましたが、カナヲの心情がメインに描かれるのは無限城編が初めて

そもそもカナヲは感情や意志に関する表現が乏しかったので、無限城編で見せる表情の1つ1つに成長を感じます

栗花落カナヲという人気キャラクターの集大成として無限城編は本当に見どころが詰まっているので是非注目してくださいね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA