【鬼滅の刃】玄弥よ撃て!弱さは時に最強!不死川玄弥の兄への想いとは?黒死牟との戦いの結末は?

スポンサーリンク

炭治郎の同期の不死川玄弥は、鬼殺隊には珍しく銃を活用して戦います。

風柱である不死川実弥の弟ですが、玄弥に対して突き放した態度を取っています。

上弦の壱・黒死牟との戦いは兄の不死川実也、悲鳴嶼行冥、時透無一郎と総力戦になっています。

その戦いはどのような戦いになるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】玄弥のプロフィール

不死川玄弥

風柱・不死川実弥の弟

隊内ではあまり目にしない、銃を活用して戦う炭治郎の同期

剣士となる才に恵まれず、代わりに鬼を喰らうことで戦闘能力を取得する。

プロフィール
  • 生年月日:1月7日生まれ
  • 年齢:16才
  • 身長:180㎝
  • 体重:76キロ
  • 出身地:東京府京橋
  • 趣味:盆栽
  • 好きなもの:スイカ

 

【鬼滅の刃】玄弥は才能がない自分が嫌だった?

剣士としての才能がないため、行動に焦りが生じてしまいます。

精神的に追い詰められて鬼を食べてしまいました

 

【鬼滅の刃】玄弥特有の変わった体質とは?

鬼を喰らうことで、鬼の能力を得ることができます。

鬼を喰らったため、特異体質としての自分の能力に気づいたようです。

 

【鬼滅の刃】和解できない兄との関係

実の兄である風柱・実弥から突き放した態度を取られていますが、兄のことは常に心にとめています

 

【鬼滅の刃】黒死牟に胴体を斬られた玄弥

無一郎が黒死牟に腕を切られ、失血死しないように斬り落とされた右腕の手当てをしている時、それまで鬼にならないかと言っていた黒死牟がそのまま失血死したとしても、その死はその者にとって宿命であり、それまでの男であると話している時のこと。

不死川玄弥は隙を伺って黒死牟を銃で撃ちました

しかしその瞬間、背後に回られてしまい、一瞬のうちに銃を持った左腕を斬り落とされてしまいます。

なんとか反撃しようと右手で刀を抜く玄弥ですが、右腕までも斬り落とされてしまいます。

玄弥が鬼喰いしている剣士なので、生命力が強いことも見破られてしまってさらに胴体を斬られ上半身と下半身に斬られてしまいました。

黒死牟は300年以上前に玄弥と同じように鬼食いをしていた剣士を知っていました

その剣士は胴体を切断され絶命しましたが、玄弥がまだ亡くならないことに感心していました

 

【鬼滅の刃】実弥の本心とは?

黒死牟に頸を斬られそうになっている玄弥のところに実弥が現れます

間一髪のところで黒死牟から助け出し、本当にどうしようもない弟だと言いました。

実弥は玄弥を弟と呼んでいました。

何のために俺が母親を殺してまでお前を守ったと思ってるんだ

その時玄弥は炭治郎の言葉を思い出しました。「実弥さんは鬼殺隊に入ったことはすごく怒っていたけど、憎しみの匂いはしなかった、玄弥のことがずっと変わらず大好きだから

その言葉の通りに実弥は黒死牟に斬りかかります

実弥は玄弥がどこかで結婚しておじいさんになるまで生きていて欲しかったのです。

母親にも、弟や妹にしてあげることができなかった分も、玄弥が自分の家族を幸せにすればよかった、そこには絶対鬼なんかこさせないから…玄弥は実弥に謝るのでした。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】時透と交わした約束

玄弥は無一郎と作戦を立てていました。

無一郎が上弦の壱の動きを止めたら、無一郎ごと撃っていいから。

絶対に躊躇しないようにと伝えていました。

黒死牟の刀を喰らったので、玄弥の銃も変化しています。

腕と銃が一体となり、模様まで黒死牟と同じになって強化されています。

無一郎との約束通りに玄弥は銃弾を放ちました

 

【鬼滅の刃】玄弥を突き動かす炭次郎の言葉

玄弥は以前炭治郎が話していたことを思い出しました。

炭治郎が上弦の陸と闘った時、炭治郎が弱かったからこそ、その時の状況を変えられたのだと言いました。

敵が警戒できる人数は決まっていて、その集中できる率は強い人ほど多くなるため、弱い人には警戒の壁も薄くなると言いました。

だからこそ弱い人の動き一つで壁を破ることができると、風向きも変わっていく。

一番弱い人が、一番可能性を持っているんだよ、玄弥。

玄弥は心の中で炭治郎に問いかけました。

本当に俺にできると思うかと思って答えてくれる炭治郎の顔は玄弥の心の中では笑顔でした。

 

【鬼滅の刃】上弦の壱へ向けた銃弾の結末は?

黒死牟の刀の刃先を喰らったため、玄弥の銃は腕と一体化していて、模様も黒死牟のものとなっていました。

無一郎との約束を守り、玄弥は銃を放ちました。

すると黒死牟の身体に玄弥の銃弾が命中しました。

しかし黒死牟はその銃弾を刀で弾いていたのです。

それなのに玄弥の銃弾はまるで生きているかのように黒死牟の身体に命中します。

そして体の中にめり込んでいきました。

まるで黒死牟の身体なのかに、木の種子が埋め込まれて、それが発芽して木が生えてきたかのようです。

木といえば半天狗のイメージです。

玄弥は鬼を喰らって、その鬼の血気術を使えるようになっていたのでしょう。

鬼よりも、複数の血気術を使うことができるのですね。

黒死牟に倒されながらも玄弥は、黒死牟の中に自分の放った弾が残っていることを感じていました。

残っている力を振り絞り、血気術を発動させます。

玄弥の血気術は黒死牟を襲って、黒死牟の背中から音を立てて大きな木が生えてきます。

黒死牟は背中を木に固定されてしまいます。

そのためなのか、技がでなく黒死牟は理解が追い付きません。

黒死牟の背中の木はたくさんの血を吸っていて、木の枝を伸ばしています。

黒死牟は400年振りに生命が脅かされているという焦りを感じるのでした。

 

まとめ

不死川玄弥は、風柱である不死川玄弥の弟です。

兄の助けになるために鬼殺隊に入隊しましたが、弟ではないと突き放されています。

鬼殺隊では珍しい銃の使い手ですが、それは呼吸法が使えないからでした。

鬼殺隊としての才能がないため、焦りもあり始めは粗暴な面もありました。

しかし半天狗との戦いの後は、炭治郎とも親しくなりたくさん話もするようになりました。

鬼を喰らうことで鬼の能力を得られるようになりますが、鬼になっているときは理性を失くしてしまうこともあるので気を付けなければいけません。

上弦の壱との戦いになり、鬼化して様子を伺っていましたが、左腕を斬り落とされ、胴体も二つに斬られてしまいます。

そこに兄の実也が現れ、玄弥に対して取っていた態度に隠されていた実弥の本当の気持ちを聞くことになります。

本当にどうしようもない弟だと言いながら玄弥を助け出し、何のために母親を殺してまで助けたのだと思うのかと言われます。

実弥は、黒死牟に斬りかかりながら、鬼殺隊に入らずに、どこかで結婚しておじいさんになるまで生きていて欲しかったのです。

玄弥には自分の家族を幸せにしてほしかったと。

そこには絶対鬼を近づかせなかったと気持ちを初めて吐露したのです。

玄弥は実弥に謝りました。

無一郎と立てていた作戦で、無一郎が上弦の壱を動けなくしたら、無一郎と一緒でも銃で撃って欲しいと言われていました。

玄弥はその勇気が出ず躊躇していた時、炭治郎の話していたことを思い出しました。

炭治郎が上弦の陸と闘った時、炭治郎が弱かったから、その時の状況を変えることができたと言いました。

敵が警戒できる数は決まっていて、それも強い人の方に多く振り分けられるから、弱いものには警戒の壁が薄くなるのです。

だから弱いものの働きで壁を壊すこともできるのです。

一番弱い人が一番可能性を持っていると話していた炭治郎の言葉に勇気をもらい、玄弥は上弦の壱を銃で狙い撃ちました。

その銃も今までの銃とは違い、上弦の壱の刀の刃先を食べたため、玄弥の腕と一体になって模様も上弦の壱の刀と同じものに変わっています。

撃った弾は一度上弦の壱の刀に弾かれましたが、上弦の壱の身体にめり込んでいきました。

そして上弦の壱の身体に木の種でも植え付けたかのように、体から木が生えてきました。

その木はだんだん大きくなり、上弦の壱の背中も固定し、技を出すこともできなきなりました。

黒死牟には何とか勝つことができましたが、無一郎と玄弥は身体をまっ二つにされこの世を去りました

玄弥は鬼のように体が崩れて行ってしまいました。

実弥は悲しんでいますが、無惨を倒すまでは終わりではありません。

戦いはまだ続くのです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です