【鬼滅の刃】瓜二つ!時透無一郎と兄の有一郎はどうやって見分ける?二人の過去についても解説!

スポンサーリンク

「鬼殺隊」で最年少の柱である時透無一郎は「霞の呼吸」を使う剣士です。

人にあまり関心を見せない無一郎ですが、いつも無表情なのが特徴でいつも上の空のような感じなのには理由がありました。

それは無一郎には双子の兄・有一郎と出来事が原因とされています

瓜二つと言われる無一郎と有一郎の2人に一体、何があったのかを詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】時透無一郎のプロフィール!

「鬼殺隊」で最年少の柱である時透無一郎は霞柱で「霞の呼吸」の使い手の剣士です。

いつも無表情で人との関わりには興味がないようにしています。

また、いつも上の空ですがこれは幼少期の記憶が欠落しているからだと言われています。

そんな無一郎ですが産屋敷耀哉だけは特別なようで、柱合会議で炭治郎が耀哉の話を遮ったときは「お館様の話を遮ったら駄目だよ」と静かな怒りを見せており、忠誠を誓っているのが分かります。

同じく「鬼殺隊」音柱である宇髄天元は刀を握って数ヶ月で柱になった者もいると無一郎の事を言っており、実際、「鬼殺隊」に入隊し2ヶ月で柱になっている無一郎は天才剣士だと言えます

無一郎は炭治郎と出会い、記憶を取り戻してから徐々に変化の兆しを見せています。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】時透有一郎のプロフィール!

無一郎と見分けがつかないくらい似ている有一郎は無一郎と同様に腰まである長髪が特徴的です。

冷酷と言えるくらいに厳しい性格であり、正論ながら何かと厳しい物言いが目立っています

ですがこの言動は全て家族や弟を思っての事で人の為に身を削りがちな家族を守りたいと思いからつい厳しい物言いになっています

これには本人も気にしている様子があり、心根が優しいのが垣間見えます。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】瓜二つな二人は双子!?

見分けがつかない程にそっくりな無一郎と有一郎ですが、実は双子の兄弟になります。

有一郎が兄であり、弟の無一郎を必死に守ろうとしている為につい厳しい口調になっているようです。

記憶喪失だった無一郎は有一郎と同様に「概ね正しくも残酷」と炭治郎に評されている事から無意識に言動や態度を似せていた可能性があります

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】無一郎と有一郎はどうやって見分ける?

瓜二つの双子である無一郎と有一郎ですが、2人とも小柄で腰まで髪を伸ばしています。

髪色も黒から毛先にかけて青のグラデーションになっており、全くと言っていいほど見分けがつきません。

強いて挙げるとすれば、同じ瞳で淡い青で虹彩

ですが無一郎はぼんやりしており、有一郎はキツ目のハッキリした目です。

それでもほぼ見分けがつきませんので、言動と行動で判断する他ないと思われます

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】二人の辛い過去!

「鬼殺隊」最年少の柱であり天才剣士の時透無一郎ですが、木こりで生計を立てている両親と兄・有一郎と山中でごく普通の暮らしをしていました。

ですが無一郎と有一郎が10歳の時、母親を肺炎で亡くし、父は母の肺炎に効く薬草を取りに行って崖から足を滑らせて死亡してしまいます

その後、無一郎と有一郎は2人で暮らす事になります。

有一郎は両親を亡くした事から無一郎を案ずる事に拍車がかかり、「情けは人の為ならず、誰かのために何かしても、ろくなことにならない」と言い聞かせようとします。

無一郎は「違うよ、人のためにすることは巡り巡って自分のためになるって意味だよ、父さんが言ってた」と反論しますが、有一郎は「人のために何かしようとして死んだ人間の言うことなんてあてにならない」と言いきります。

そして「無一郎の無は無能の”無、無一郎の無は無意味の無」といって無一郎を愚弄する発言をしてしまいます。

その後、産屋敷耀哉の妻である産屋敷あまねが訪ねて来て無一郎と有一郎の二人が始まりの剣士の子孫だと教え「鬼殺隊」に入るよう勧誘しにきます。

それを聞いた無一郎は「剣士になって鬼から人を守ろう」と有一郎に提案します。

すると有一郎は血相を変え、「お前に何ができるって言うんだよ!米も一人で炊けないような奴が剣士になる」

「馬鹿も休み休み言えよ!本当にお前は父さんと母さんそっくりだな!楽観的すぎるんだよ!どういう頭してるんだ!」

「具合が悪いのを言わないで働いて体を壊した母さんも、嵐の中薬草なんか取りに行った父さんも!あんなに止めたのに!母さんにも休んでって何度も言ったのに!」

「人を助けるなんてことはな、選ばれた人間にしかできないんだ!先祖が剣士だったからって子供の俺たちに何ができる?教えてやろうか?」

「俺たちにできること。犬死にと無駄死にだよ!父さんと母さんの子供だからな!」と突っぱね、それから2人は口を利かなくなってしまいます。

それから少し経ったある寝苦しい熱帯夜の夜、戸を開けて寝ていると突然、鬼が現れ有一郎に襲いかかります

致命傷を負った有一郎に鬼は「どうせお前らみたいな貧乏な木こりはなんの役にも立たねぇだろ、いてもいなくても変わらないようなつまらねぇ命なんだからよ」と言います。

それを聞いた無一郎はあまりの怒りに我を忘れ鬼に向かって行きました。

そして、何とか鬼を倒し這いつくばりながら家に戻ると意識が朦朧としながら何とか息をしていた有一郎が何かを呟いていました。

「神様、仏、様、どうか、どうか、弟だけは、助けてください」

「弟は、俺と、違う、心の優しい、子です」

「人の、役に、立ちたいと、いうのを、俺が、邪魔した」

「悪いのは、俺だけ、です。バチを当てるなら、俺だけに、してください」

「わかって、いたんだ、本当は、無一郎の無は…”無限”の”無”なんだ。」

有一郎の本音である気持ちを聞いた無一郎

その後、有一郎は力つきます。

そして、無一郎は目の前で有一郎が蛆が湧き腐っていく様子を自分の体も蛆にたかられながら死の淵で見続けます

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】二人が使う「始まりの呼吸」とは!?先祖と関係が?

産屋敷家からスカウトされるという非常に珍しい行動を起こさせた無一郎と有一郎ですが、2人は「始まりの呼吸」の剣士の血を引いている家系である事が分かっています

「始まりの呼吸」の剣士である継国緑壱は最愛の妻である「うた」とお腹の中にいた子供を鬼に殺され、その当時の炎柱に諭され供養して上げると共に「鬼殺隊」に入隊します。

この始まりの剣士である継国緑壱には双子の兄である継国厳勝がいました

幼少期に跡取り問題から武士として名家であった継国家を継いだのは厳勝でしたが剣士としての才能を見せていたのは緑壱です。

母が死んだ後、家を出た緑壱はうたと出会いそして「鬼殺隊」に入隊します。

緑壱が始まりの剣士と言われているのは「日の呼吸」の使い手であり、「鬼殺隊」の柱にその呼吸法を教え様々な呼吸を派生させます。

厳勝も緑壱と再会した事で妻や子供を捨て「鬼殺隊」に入隊しましたが、「日の呼吸」は使えず、自ら名付けた「月の呼吸」を派生させるのが精一杯でした。

その後、自らの限界を知り鬼無辻無惨の配下になり、「上弦」の壱である黒死牟になりますが、無限城での最終決戦で「鬼殺隊」の柱として対峙した無一郎を自身の子孫と見破っています

この事から無一郎は厳勝が捨てた家族の末裔だという事が分かります

そして、黒死牟が無一郎に直ぐにトドメを刺さず、無惨の血を分け与えて貰おうと言ったのは自身の子孫が生き残っていたのを喜び、自身と同じだと考えたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

「鬼殺隊」の最年少で霞柱を務める時透無一郎ですが、その無表情や無関心には双子の兄・有一郎を鬼に殺された過去が原因であった事が分かりました

有一郎は言動や態度からは想像出来ない程に弟の無一郎を案じており、無一郎はその悲しい記憶を消失していました。

その後、産屋敷家に助けられた無一郎は「鬼殺隊」に入隊し2ヶ月で柱になるという快挙を成し遂げます。

無一郎と有一郎は始まりの剣士である継国緑壱の血を引いており、産屋敷耀哉が妻のあまねを無一郎のスカウトに行かせる程の潜在能力があった事がわかります。

無限城の戦いにて緑壱の双子の兄である厳勝こと「上弦」の壱・黒死牟が自ら子孫だと言っていますので間違いはないようです

有一郎を殺された事から記憶を失っていた無一郎でしたが、炭治郎と出会い記憶を取り戻してからは徐々に変化を見せます。

「鬼殺隊」最年少の霞柱・時透無一郎。

柱の中でも1番の潜在能力があったとされていますのでもう少し、炭治郎と共に成長する姿を見てみたかった気がします。

その後、最終話では無一郎の子孫か残っているのが分かりました。

始まりの剣士の血がまだ残っている事、そして無一郎の血が残っているのは嬉しく感じますね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です