【鬼滅の刃】産屋敷あまねはどんな人物?呪われた家系の夫を懸命に支える妻の過去や二人の出会いとは?

スポンサーリンク

産屋敷あまねは「お館様」である産屋敷耀哉の妻です。

全体的に色素が薄く、あまりに美しいことから無一郎が「白樺の木の精」だと思ったほどです。

神職の一族の生まれであることから耀哉と出会いました。

あまねは最後まで耀哉の側を離れず、深い絆で結ばれていました。

時には耀哉に代わり柱合会議に参加することも。

あまねと耀哉の出会いとは?

結婚を決意した理由とは?

儚くも美しい産屋敷あまねについてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】産屋敷あまねのプロフィール!

産屋敷あまねは鬼殺隊最高管理者である産屋敷耀哉の妻です。

耀哉より4歳年上の27歳であり、所謂姉さん女房ですね。

色白で白髪、クリクリした目をした美女です。

無一郎は初めてあまねを見た時、あまりの美しさから「白樺の木の精」と思ったほど。

神職の家系出身で、旧姓は神籬(ひもろぎ)あまねです。

落ち着いた性格の持ち主で、感情が揺れているところを見た事がありません。

無惨が屋敷にやって来た時でさえ、顔色ひとつ変わりませんでした。

(無惨にも恐怖の気持ちを悟られていませんので、耀哉の側にいれば本当に怖くなかったのかもしれません)

最後の瞬間まで自分を律し、耀哉に尽くしたあまねは鬼殺隊の母と言うに相応しい人物なのです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】呪われた家系の夫「耀哉」を懸命に支える妻!

産屋敷一族は、一族から無惨を輩出してしまったために呪いがかけられ誰一人として30歳まで生きられません

あまねが耀哉と出会ったのは17歳で当時13歳の耀哉はまだとてもキレイな顔をしていました。

しかし、耀哉も呪いからは逃れられません。

耀哉は徐々に皮膚がただれるような症状が顔に出始め、視力を失ってしまいます。

最終的にはそのただれが全身に広がり、体を動かすことすら難しくなってしまいました。

あまねは耀哉が歩けるうちは支えとなり、共に歩きました。

耀哉が寝たきりになれば、側を離れず体を清め、包帯を変え、懸命に支えました

“産屋敷の妻だから”そのようにしているわけではなく”耀哉の支えになりたい”という純粋な想いが伝わってきます。

あまねは最期の一瞬まで耀哉の側を離れませんでした。

耀哉が無惨が屋敷にやってくることを予測し、自分を囮として利用した時…あまねと娘2人も共に残りました。

耀哉は無惨を倒す為に自爆、共に残ったあまねと娘たちも…一緒に亡くなりました

耀哉は当然、あまねや娘たちを自爆に巻き込むつもりはなかったでしょう。

これは”最期まで耀哉を支えたい”というあまね自身の気持ちだと考えられます。

あまねがここまでできたのは耀哉の人徳も大きかったのでしょう。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】産屋敷あまねの仕事ぶりは!?

あまねは耀哉の体のケアをするだけではなく、鬼殺隊最高管理者としての耀哉の立場もきちんと理解していました。

耀哉の病気が進行して耀哉自身の動ける範囲が狭まれば、自ら耀哉の手となり足となり、鬼殺隊を支える仕事もこなしました

耀哉に代わり、始まりの剣士の子孫である無一郎たちを訪ねたり、お墓参りや隊士の看病に…どんな時でも顔色を変えることなく気丈に鬼殺隊を支え続けました

それでも、耀哉の病状悪化により、代わりに柱合会議に参加した時はどこか不安そうな様子も見られました。

あまね様も御心強く持たれますよう…

それを悟った悲鳴嶼に声をかけられると、一瞬ではありますが感情が揺れたようにも見えました。

あまねにとっても、やはり耀哉の存在は非常に大きいのでしょう…。

あまねの献身的な姿勢は柱たちにも伝わっています。

耀哉同様、あまねも柱たちから大きな尊敬を得ているのです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】あまねと耀哉との子どもたち!

あまねは耀哉との間には5人の子供がいます

子供たちは五つ子です。(男の子1人、女の子4人)

かなりそっくりなため、髪が黒い輝利哉以外を顔で見分けるのは至難の業ですw

5人の特徴について簡単にまとめましたので、見分けがつかないときは参考にしてみてくださいね。

長女・ひなきは頭部に赤い紐の髪飾りをつけているのが特徴

ひなきは炭治郎が柱合会議に呼ばれた時に、鱗滝からの手紙を読み上げた子です。

父と母とともに無惨を道連れにした自爆で死亡しました。

次女・にちかは頭部に黄色い紐の髪飾りをつけているのが特徴

にちかはひなきとともに柱合会議の際に耀哉を支えていた子です。

ひなき同様、父と母とともに無惨を道連れにした自爆で死亡。

2人とも、死ぬことが分かっていながら、いつも通りに遊んで過ごした精神力は尋常ではありません…。

長男・輝利哉は唯一の男の子で後継。

髪の毛が黒いのが特徴です。

初登場となった鬼殺隊の最終選別の時は女装をしていますが、これは産屋敷家では厄除けのために13歳までは女の子として育てる風習があるためです。

耀哉が死亡した後は13歳前ですが当主となり、男装に戻りました。

無惨との最終決戦では残った妹2人と戦いの指揮を取り、幼いながらもしっかりと鬼殺隊を支えました。

無惨討伐後は呪いから解放され、天寿を全うしました。

三女・くいなは頭に菊の髪飾りをつけているのが特徴

ただし、無限城の戦いの時はつけていません。

運動神経が良く、気が強い子で最終決戦で迷いを見せた輝利哉にビンタしたのがくいなです。

四女・かなたは頭に菊の髪飾りをつけているのが特徴

ただし、無限城の戦いの時はつけていません。

輝利哉とともに最終選別に登場したのがかなたです。

玄弥に髪を掴まれたのがかなただったわけですが、その後、思春期を迎えた玄弥にちゃんと謝罪してもらってます。

くいなに比べると運動神経はイマイチでおっとりした性格をしています。

5人とも顔はあまねにそっくりですね。

落ち着いたところも受け継いでいます。

(くいなは唯一おてんばなタイプですが)

短命である故に父にも母にも厳しく育てられた5人ですが、一緒に過ごした期間に優しさも愛も与えられていました。

残された輝利哉たちが産屋敷一族として立派に戦い抜いたことをきっと耀哉とあまねも褒めてくれるでしょう。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】産屋敷あまねの過去について!

あまねの過去については多くは描かれていません。

耀哉と結婚した後、無一郎たちを訪ねていったシーンくらいでしょうか。

体が不自由になりつつあった耀哉の代わりに、始まりの呼吸の剣士の子孫である有一郎と無一郎を鬼殺隊の剣士にスカウトするために出向いています。

無一郎たちは山奥に暮らしていますから、道中も大変だったと想像できます。

でもあまねは最初はたった1人で訪ねています

耀哉同様、過剰な護衛も負荷も与えないよう配慮していたのかもしれませんね。

有一郎に冷たくあしらわれても、あまねは2人の元に通うのをやめなかったようです。

そのおかげで、鬼に襲われた2人を発見することが出来たのでしょう。

すでに亡くなった有一郎の側で、瀕死状態に陥っていた無一郎を救ったのはあまねだったのです。

あまねが時透兄弟を諦めていたら、無一郎の命もこの世にはなかったでしょう。

必死で手当てした甲斐あって、無一郎はなんとか命を取り留め、霞柱へと成長するのです。

あまねは手が血や蛆で汚れるのも構わず、文句ひとつ言わず、ひたすら鬼殺隊員のことだけを考えて行動できる強さと優しさを持っているのです!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】あまねと耀哉の出会い!

あまねが耀哉と出会ったのは17歳の時です。

この時、耀哉は13歳。

産屋敷一族は皆、体が弱く長く生きることはできない呪いがあるため、当主であった耀哉は早くに結婚する必要があったのでしょう。

少しでも子供達の寿命を長くするため、産屋敷一族は代々神職の一族から妻をもらうことにしていました

あまねは神職の家系の娘であった為、耀哉と出会ったというわけですね。

あまねはこの結婚に対し、迷いがありました。

あまねもまだ17歳、それは当然のことでしょう。

迷うあまねが結婚を決めたのは、耀哉のこの一言でした。

貴方が嫌なら私からこの話は断ります

産屋敷一族は位の高い一族であり、事実上、あまねは拒否する立場にありません。

耀哉はそんなあまねの立場を思いやり、あまねが責めを受けることのないように”自分から断る”と言ってくれたのです。

耀哉に残された時間は少なく、耀哉自身の立場を考えればすぐにでも後継を考えなければなりません。

それでも耀哉はあまねの気持ちを第一に思いやる優しさを見せました。

あまねはそんな耀哉に惹かれたのです。

2人が結婚したのはそれからすぐのこと…。

あまねはそれ以来、死ぬまで耀哉の側を離れることはありませんでした

 

スポンサーリンク

まとめ

産屋敷あまねは「お館様」である耀哉の妻です。

「白樺の木の精」と思われるほどの美しさを持っています。

あまねは神職の家系出身で、その為に耀哉と出会いました。

耀哉の「貴方が嫌なら私からこの話は断ります」というあまねを思いやる言葉を聞いて結婚を決意しました。

あまねは耀哉との間に5人の子供がいます。

白い髪の4人は女の子、黒い髪の子は唯一の男の子である輝利哉です。

短命故に厳しく育てた子供たちでしたが、それぞれが自分に与えられた役割をしっかりやり遂げました。

それはあまねも同じです。

病が進行した耀哉の為に尽くし、鬼殺隊の母としてできることをやり続けました。

最期は耀哉と共に無惨を迎え、臆することなく死んでいきました…。

耀哉と強い絆で結ばれたあまねは、短くも自分で選んだ人生を全うしたと言えるのではないでしょうか。

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒呪われた家系「産屋敷一族」とは?長生きできない?一族に何・・

⇒跡取り「産屋敷輝利哉」とは?父「耀哉」との関係は?輝利哉・・

⇒鬼舞辻無惨との因縁とは?産屋敷一族に受け継がれる呪いと病・・

⇒冨岡義勇はイケメンで強いのに天然!?無表情の裏に隠された・・

⇒主人公「竈門炭治郎」はどれくらい強い!?使う呼吸や必殺技・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です