【鬼滅の刃】可愛くて強い!真菰が炭治郎を指導した理由とは?鱗滝への想いとは?

スポンサーリンク

鬼滅の刃に登場する多くのキャラクターの中でも、ひときわ可憐な少女「真菰(まこも)」。

真菰は、主人公である竈門炭治郎の、剣士としての成長に大きく関わった人物です。

真菰がどうして炭治郎を指導したのか、どんな思いを抱いていたのか…?

考察も交えながらじっくりご紹介いたします!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】錆兎と共に現れた真菰

家族の皆殺し、唯一の生き残りの妹は鬼に…突然訪れたあまりにも無残な運命を受け入れがたい炭治郎。

仇討ちと妹を救うために鬼殺隊の入隊を志し、「育手」の鱗滝左近次の指導を仰ぎます。

とはいえ、炭焼きの少年がそんな簡単に剣士になれるでしょうか?

鱗滝左近次による炭治郎への指導・鍛錬は、1年も続きました。

鱗滝の指導は厳しく、命の危険を感じるようなことも…

もう教えることはない」と、最後に鱗滝左近次から与えられた試練は、「自分の背丈よりも高い岩を切る」というもの。

手助けが望めないこの「最終試練」に、炭治郎は手も足も出ず、半年もの時間が流れてしまいます。

そこに現れたのが、真菰錆兎のふたりです。

 

【鬼滅の刃】炭治郎が最終選別に残れるように指導

真菰と錆兎は、同じく鱗滝左近次の弟子です。

炭治郎より先に入門しているので、真菰は姉弟子にあたる立場なわけですね。

炭治郎にとっては、まずは鱗滝左近次が出した「最終試練」をクリアすることが当面の目標でしたが、真菰と錆兎がにらんでいたのは、その先にある鬼殺隊入隊のための「最終選別」でしょう。

失敗すれば命を落とす苛烈な最終選別を、ふたりとも経験しています。

炭治郎が最終選別で生き残れるようにとても熱心に指導したのは、その経験を生かして、なのでしょう。

錆兎は戦いの実践

真菰は技や呼吸の理論炭治郎の無駄な動きの修正

それぞれの持ち味を生かし、試練に挑む炭治郎を指導しました。

真菰はその見た目通りかなり非力で、実践よりも鋭い観察眼や理論的な思考力が武器でした。

無駄のない動きや効率的な指導は、のちの炭治郎に大きな影響を与えたと思われます。

 

【鬼滅の刃】「水の呼吸」の使い手

真菰も、炭治郎と同じく「水の呼吸」の使い手です。

というのも、師匠である鱗滝左近次が、かつて鬼殺隊「水柱」であったほどの水の呼吸の使い手だったからです。

「水の呼吸」は、「水」の特性を生かした変幻自在な戦法を取ることができる技です。

その現れ方は、それぞれの剣士の思想や戦闘スタイルを反映したものになりやすく、実際炭治郎も様々なアレンジ技を生み出しています。

それだけに「基本」の部分が大切で、狭霧山での修行は炭治郎のその後の戦いに大きく貢献していると思われます。

 

【鬼滅の刃】鱗滝左近次の弟子の一人

DSC_1712

先ほども述べたように、真菰は鱗滝左近次の弟子のひとりです。

鱗滝左近次はかつて鬼殺隊で「水柱」を務めたほどの剣士ですが、現在は老体。

鬼殺隊を引退して、「育手」となり後進の剣士を育てています。

言葉も内容も大変厳しい修行を課す翁ですが、13人もの大所帯を「最終選別」に送り込むなど、その指導力は確かです。

真菰は弟子のひとりとして、さらに弟弟子の炭治郎を助ける立場に、現在はなっているようなのですが…?

 

【鬼滅の刃】孤児だった真菰を助けた鱗滝

花柄の着物を着、ふんわりとした話し方をする真菰。

およそ戦いと縁遠そうな姿です。

年齢については言及されていませんが、まだあどけない顔と短い前髪から察すると、どう見ても十代半ばといったところではないでしょうか。

お守りである「狐の厄除けの面」でさえ花に彩られた真菰を見ると、どうしてそもそも鬼との戦いという修羅の道に入ってしまったのか…と思ってしまいますね。

その理由は、真菰の生い立ちに深くかかわっています

真菰をはじめとする弟子たちはそもそも孤児で、明日もわからぬ状況でした。

彼女らを拾って助けてくれたのが、鱗滝左近次だったのです。

鱗滝左近次の指導はとても厳しいものでしたが、門下生はみな彼を慕っていました。

鱗滝は自ら厄除けの面を彫り弟子に与えるなど、愛情深く弟子たちを見守る人物だったのです(実はその面が、…これはとても残酷なエピソードだと思います)。

真菰ももちろん例外でなく、「私たち鱗滝さんが大好きなんだ」とたびたび口にしています。

 

【鬼滅の刃】鱗滝の弟子の中でも強い方だった?

鱗滝左近寺に師事し、剣士としての才能を開花させていく弟子たち。

真菰はあどけない少女の風貌をしていますが、実はなかなかの強者だったようです。

外観のとおり実際非力なのですが、その弱点をカバーすべく「スピード」と「全集中の呼吸」をものにしており、「最終選別」の際にもかなり善戦したようです。

そう、実は真菰は「最終選別」の際に命を落としています

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】炭治郎が会っていた真菰は霊だった?

では、炭治郎に丹念な指導を施してくれたあの真菰は、何だったのでしょうか?

はっきりとは語られていませんが、真菰が死亡していることを考えると、炭治郎が会っていたのは真菰の霊だったのでは?と考えられます。

錆兎も同様です。

真菰が命を落とした「最終選別」の際には、鱗滝左近次の弟子たちが実に13人も死亡しています。

その中でも特に真菰と錆兎のふたりが炭治郎の前に現れたのは、ふたりの実力が高かったことと、無念が強く弟弟子に同じ思いをさせたくなかったから…そう考えることができますね。

 

【鬼滅の刃】鱗滝を悪く言った鬼が許せなかった真菰

確かに「最終選別」は厳しい試練です。

鬼殺隊に捕らえられた鬼が閉じ込められた山をさまよう、失敗は確実に死につながる試練…

とはいえ、非力ながらも大変聡明で、「全集中の呼吸」を身に着けた真菰が、そんなに簡単に命を落とすことがあるのでしょうか?

実は、真菰は大好きな鱗滝左近次翁の悪口を言われ、怒りのあまり「全集中の呼吸」を乱してしまったのです。

その鬼は、当時鬼殺隊の隊士であった鱗滝左近次に退治され、藤の牢獄に閉じ込められている「手鬼」でした。

逆恨みから、「狐の厄除けの面」を身に着ける鱗滝左近次の弟子ばかりを狙い喰らっていたのです。

その事実に怒り震える真菰は、「全集中の呼吸」の乱れを狙われ、手足を引きちぎられて絶命するという壮絶な最期を遂げています

真菰を捕らえた手鬼は、同様に錆兎も殺しています

 

【鬼滅の刃】最後は鱗滝が待つ故郷へ

真菰と錆兎の助けを得て鱗滝左近次の最終試練を乗り越えた炭治郎は、鬼殺隊入隊の最終選別にチャレンジします。

炭治郎を含め、後に仲間となる我妻善逸ら5人が生き残ることができましたが、やはり最終選別は過酷なものでした。

その中で、鱗滝門下である炭治郎は、やはり手鬼と出会います。

巨大な身体に無数の腕。

完全な異形である手鬼との対決は、辛くも炭治郎が勝利します。

懐に飛び込むことで頸を切ることができたのです。

憎き仇の鬼が消滅ののち…ようやく、真菰と錆兎をはじめとする13人の喰われた弟子たちは、鱗滝が待つ故郷に帰ることができました

故郷と慕うあの思い出の狭霧山に、「たとえ魂だけになろうと、帰る」という約束をしていたから…

 

まとめ

今はもういない、真菰と錆兎。

しかし、彼らが炭治郎とこの物語に与えた影響は、とてつもなく大きいということがおわかりいただけたと思います。

うら若い可憐な容姿に強く優しい心を持ち、死してなお善に向かおうとする真菰の魂が、どうか狭霧山で安らいでいるように、願わずにおれません。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です