【鬼滅の刃】矢琶羽(やはば)の矢印には逆らえない!?炭治郎を翻弄した青年鬼!矢琶羽の強さとは?

スポンサーリンク

大人気コミック「鬼滅の刃」

作中にはたくさんの鬼が登場しますが、その中の1人である矢琶羽という鬼をご存知でしょうか?

今回は炭治郎が重傷を負ってしまう程強い力を持っている矢琶羽について紹介します。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】朱紗丸と共に登場した矢琶羽

黒髪のおかっぱ頭で毛先がオレンジ色をしている可愛らしい鬼が朱紗丸です。

そんな朱紗丸と共に炭治郎の命を狙う青年こそ、今回紹介する鬼・矢琶羽です。

矢琶羽は、黒い短髪で首に大きな数珠を身に着けています。

常に目を閉じているのが特徴で、一人称は「儂」です。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】矢琶羽は潔癖症?

矢琶羽は潔癖症だと思われます。

朱紗丸と共に炭治郎を攻撃する際、朱紗丸の破壊行動で周囲に埃が立つ度に小言を言う程です。

また着物が汚れることもとても嫌っています。

行動は共にしていますが、朱紗丸の破壊行動は気に入っていないようです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】矢琶羽は盲目ではない?

矢琶羽は常に目を閉じていていますが盲目ではないようです。

しかし見えていないというわけではなく、手の拳に眼が付いていてそこから見えているようです。

拳の眼の瞳には矢印があり、矢琶羽はこれを使って血鬼術を使います。

矢琶羽が顔の目を常に閉じているのは見えないからではなく、拳の眼で見た方が便利だからこちらをメインとしているようです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】矢琶羽の血鬼術は?

矢琶羽の血鬼術は「紅潔の矢」といいます。

拳の眼を開閉させることで瞳の矢印の向きを変えることができます。

それによって力のベクトルを自由に操ることができるのです。

つまり矢印の方向に、相手を押したり引っ張ったり、空中に浮かすこともできるのです。

この力を朱紗丸の手毬に使用し、手毬を自由自在に操って攻撃していました。

また矢琶羽の血鬼術は目には見えず、炭治郎が攻撃しても空中に飛ばされたり、刀の向きをずらされたり、とても苦戦しますが愈史郎の血鬼術によって矢印の方向を見ることができるようになります。

また拳の眼を使って足跡を見ることができ、追跡をすることも可能なようです。

この力で矢琶羽と朱紗丸は炭治郎を探し、最終的に愈史郎の血鬼術で隠されていた珠世の診療所も見つかってしまうのです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】無惨の命令で炭治郎を狙う

矢琶羽と朱紗丸は、無惨に直接呼び出されます。

そこで、耳に花札のような飾りをつけている鬼狩りの首を持ってくるよう、無惨から命令され炭治郎を探します。

その際、無惨から血を分け与えられ、さらに強力な力を持つことのなったのです。

直接呼び出され、血を分け与えられる程、無惨から気に入られていたのだと思われます。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】苦戦する炭治郎の元へ禰豆子が参戦

朱紗丸が珠世の診療所を攻撃した際、矢琶羽は木の上に隠れていました。

炭治郎が愈史郎の血鬼術を借りたことで、矢印がどこから出ているのかを見つけることができ、禰豆子が矢琶羽を攻撃しようとします。

しかし矢琶羽の力は強く、逆に跳ね返されてしまうのです。

炭治郎は厄介な矢印を使う、矢琶羽をまず退治しようと挑みます。

その間に禰豆子は愈史郎と珠世と共に朱紗丸の攻撃を食い止めます。

しかし朱紗丸の投げた手毬の力は強大で、手毬を蹴り返そうとした禰豆子の足はちぎれてしまいます

鬼の体質と珠世の薬によって足はすぐに元通りになりますが禰豆子の体に変化が起きます。

なんと朱紗丸の投げる手毬を蹴り返せるようになったのです。

珠世が与えた薬は回復薬であって、体を強化する作用はないので、禰豆子は自分の力で急速に強くなったのだと思われます。

炭治郎を守りたいという気持ちの現れなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】頚を斬られた矢琶羽

はじめは苦戦していた炭治郎ですが、徐々に矢琶羽との距離を詰めていき、矢琶羽の首を斬ることに成功します。

矢琶羽は死に際にひたすら恨み言を叫んで死んでいくのです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】矢琶羽は炭治郎を道連れにしようとした?

矢琶羽は死ぬ直前、「お前も道連れじゃ!!!」と言い放ち、炭治郎に向けて自身の血鬼術である「紅潔の矢」を何本も打ち込みます。

炭治郎はある限りの技を使い、攻撃を食い止めることに成功しますが、肋と脚の骨を折る重傷を負います

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】矢琶羽は十二鬼月ではなかった?

結論から言うと、矢琶羽は十二鬼月ではありません

作中、矢琶羽本人は自身が十二鬼月であるとは発言していません。

珠世も矢琶羽は弱すぎるため十二鬼月ではないと言っています

しかし、無惨に嘘をつかれ自身が十二鬼月であると信じていた朱紗丸と行動を共にしていた点から、矢琶羽も自身が十二鬼月であると思い込んでいた可能性はありますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

矢琶羽についてまとめると、

  • 大きな数珠を身に着けている潔癖症の青年風の鬼
  • 常に目を閉じているが、拳の眼から見ることができる。
  • 血鬼術は「紅潔の矢」といい、様々な方向に飛ばす力を操ることができる
  • 首を斬られ、炭治郎を道連れにしようと血鬼術を使うが失敗
  • 十二鬼月ではないが無惨に直接呼び出されるほどのお気に入り

ということが分かります。

矢琶羽について、いかがでしたでしょうか?

炭治郎が重傷を負ってしまう程、手こずる強さを持っている矢琶羽

登場するシーンは少ないですが、矢琶羽について知るともう一度コミックを読み返したくなってしまいますね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です