【鬼滅の刃 遊郭編】堕姫(だき)とは?能力や兄妹の過去を徹底解説!

スポンサーリンク

きれいな美貌を持ち、遊郭を支配していた堕姫ですが堕姫にも壮絶な過去がありました

堕姫と妓夫太郎の過去や、堕姫について徹底解説します。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】堕姫(だき)とは?

堕姫とは、鬼滅の刃に登場する鬼です。

鬼舞辻無惨が選別した、12体の鬼、十二鬼月の中でも上弦と下弦があり、上弦は下弦よりも強いです。

上弦の中でも、位があり堕姫は一番低い上弦の陸の鬼でした。

堕姫と妓夫太郎で一体の鬼であり、二体の首を同時に切り落とさなければならないタイプの珍しい鬼です。

堕姫は長年、吉原遊郭に蕨姫花魁として人間のふりをして住み着いておりました。

容姿はきれいだったのですが、吉原遊郭で起こる足抜けや転落死など不可解な出来事は堕姫による仕業でした。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】堕姫(だき)の性格とは?

堕姫の性格は、子供っぽくわがままで、醜悪な性格です。

遊郭を支配していた堕姫は、自分の思い通りにいかないとすぐに怒り、また自分は美しいから何をしてもいいという考えを持っておりました。

また、自分より醜い人間は食わないとも言います。

また、子供っぽい一面として甘えん坊というところがあります

堕姫は、首を斬られた時にお兄ちゃん(妓夫太郎)を泣きながら呼びました。

戦いながらも、堕姫からはお兄ちゃんが大好きだということが伝わってきます。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】堕姫(だき)の能力とは?

堕姫は帯を武器として戦います

堕姫の血鬼術で操られる帯は、鋭利なものとなっており「八重帯斬り」という大技も見せました

この大技は、無数の帯を交差し相手の逃げ場を塞いで斬撃します。

堕姫の体は分裂することもでき、一体になったときはより強力な力を発揮することができます

また、堕姫はこの帯に人を捕らえておくことができ、食糧庫としておりました。

この分裂した帯には、目や口が出現し話すことが出来ました。

堕姫の首は帯のように柔らかくなっており、切ろうとするも伸びるので炭治郎達は苦戦します。

堕姫の首を斬るには、相当な速度で切るか複数の方向から切らなければなりませんでした。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】堕姫(だき)と妓夫太郎(ぎゅうたろう)との関係性は?

堕姫と妓夫太郎の関係性は兄妹です。

妓夫太郎が兄で、堕姫が妹です。

堕姫の体に、妓夫太郎が住み着いており戦闘中に登場します。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】兄妹の過去とは?

この二人は、遊郭の最下層で生まれ大変貧しい暮らしをしておりました

貧困な家庭に生まれた妓夫太郎は、飯代がかかるだけで邪魔だと邪魔者扱いされて何度も殺されそうになりましたが、必死で生き延びました。

お腹がすけば、ネズミや虫を食べ、遊び道具は客が忘れて帰った鎌でした。

恐らく、妓夫太郎の血鬼術の血鎌はこの鎌がきっかけだと思われます。

また、妓夫太郎の容姿は醜く、フケや垢まみれ、蚤がつき酷い臭いで美貌が全ての遊郭では怪物のように嫌われておりました。

そんな妓夫太郎に、妹の梅が生まれて妓夫太郎の中の何かが変化します。

堕姫の人間の頃の名前は「梅」といい、梅毒で死んだ母親の病気の名前からつけられた名前でした。

梅は、年端もいかない頃から大人がたじろぐほどの美貌を持っており、のちに遊女となりました。

妓夫太郎は自分が喧嘩に強いということに気づき、取り立ての仕事を始めます。

梅の持つ美貌が、妓夫太郎の劣等感を吹き飛ばし、妓夫太郎はこれからの人生がいい方向に回っていくのではないかと思っておりましたが、ある事件が起こりました。

梅が13歳になった頃、客の目玉を簪で刺し失明させます。

その報復として、梅は縛り上げられて生きたまま焼かれてしまいました

妓夫太郎が仕事から戻ると丸焦げになり、かろうじて生きている梅がおりました。

妓夫太郎が、梅を抱きかかえ泣きながら「元に戻せ俺の妹を!!でなけりゃ神も仏もみんな殺してやる」と叫びます。

すると背後から、梅を焼いた侍が妓夫太郎の背中を刀で切りつけました。

妓夫太郎は反撃し、手に持っていた鎌で侍を殺し、焼かれた梅を抱きかかえ逃亡します。

雪が降る中、絶望し、力尽きて倒れこむ妓夫太郎の前に、当時上弦の陸であった童磨が現れ二人に血を分け鬼にしました

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】堕姫(だき)VS炭治郎・禰豆子

遊郭で女装しそれぞれの場所で潜入任務にあたる炭治郎達ですが、善逸は堕姫の帯の中に捕らわれてしまいました

夜になれば伊之助の店に行くと約束した炭治郎は、お世話になったときと屋の鯉夏花魁に挨拶をして店を出ます。

炭治郎が店を出た後、鯉夏花魁は堕姫に狙われてしまいました。

炭治郎が駆け付け、離すように言いますが癪に触った堕姫は炭治郎に攻撃しました。

飛ばされた炭治郎は、背中から落ちてしまった為、背負っていた禰豆子の入った箱の肩紐が千切れてしまいました。

炭治郎は、箱に入った禰豆子に「箱から出るな。自分の命が危ないとき以外は。」と言い、箱を置いて再び堕姫の元へと挑みにいきます。

堕姫が鯉夏花魁を帯に捕らえたところを、うまく切り落とせた炭治郎でしたが炭治郎の日輪刀は刃毀れしてしまいます。

刃毀れしたのは、碌な刀鍛冶じゃないからと堕姫に指摘されますが、炭治郎は使い手が悪いからだ、自分の体に水の呼吸が合っていないからだと痛感します。

自分の体には、ヒノカミ神楽があっているが威力が強すぎて連発できないと後ろ向きな炭治郎は、煉獄杏寿郎の言葉を胸に、消耗の激しいヒノカミ神楽を連発し、死闘を繰り広げました。

堕姫との死闘を繰り広げられる中、町は壊滅状態になり堕姫により人の命も奪われてしまいました。

炭治郎は、憤怒し目から血を流しながら戦い続けますが炭治郎は命の限界すらも超えようとしていて動けなくなってしまいました。

動けなくなった炭治郎の首を堕姫は狙おうとしますが、その瞬間禰豆子が現れ堕姫の頭を蹴りました

堕姫が上弦の鬼だったため、鬼舞辻無惨の血が濃く禰豆子の記憶は、家族が殺された時の情景を思い出します。

怒りに我を忘れた禰豆子は堕姫に攻撃を喰らわせようとしますが、堕姫からの攻撃をくらい体をバラバラにされ瓦礫に埋もれてしまいました。

堕姫は、禰豆子が人を食べていないので弱いと思いますが、禰豆子の体は上弦に匹敵する速さで回復し、禰豆子の体は大きくなり口元の竹を引きちぎります

体には、ツタのような模様が浮き出ました

禰豆子が再び蹴りを喰らわせようとしますが、堕姫に足を切断されます。

ですが、禰豆子の再生能力は堕姫を上回り、驚異の再生スピードで回復し堕姫の背中に蹴りを入れ貫通させました。

堕姫も負けずと禰豆子に攻撃し、禰豆子の体をバラバラにしたように見えましたが禰豆子の体は血で固まり、すぐに繋がりました。

禰豆子は血気術の「爆血」で堕姫の体を燃やし吹き飛ばしました

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】堕姫(だき)VS天元

禰豆子が怪我をした遊女を襲いかかろうとした時、間一髪のところで炭治郎の意識が戻り炭治郎は禰豆子を抑制しようとします。

ですが、禰豆子の理性が失われ鬼化が進み、なかなか元の姿に戻らず炭治郎は苦戦します

必死に止めようとする炭治郎ですが、禰豆子の力で天井を破り二階まで突き抜けてしまいます。

二階には、遊女たちがおりました。

そこに、堕姫が現れます。

炭治郎は堕姫から人々を守らなければならない、でも禰豆子を離すわけにはいかないと急いで決めないといけない判断に悩んでしまいます。

そのピンチに宇随天元が現れ、堕姫に向かって「お前は上弦の鬼じゃねぇだろ」と即座に判断し一瞬にして堕姫の首を切り落としました。

宇随天元は鬼化が進み、抑制するのに苦労する炭治郎に対し禰豆子に「子守歌でもうたってやれや」といい、禰豆子の力で炭治郎と禰豆子は窓から、地面へ落下しました。

宇随天元に言われたとおりに炭治郎は、禰豆子に子守歌を歌うと禰豆子は大泣きし元の姿に戻ることが出来ました

堕姫の首を切った宇随天元に対し、堕姫は上弦の鬼でないと言われたことに腹を立て、自分は上弦の鬼だと宇随天元に文句を言います。

普通の鬼であれば、日輪等で首を切られれば消えるはずですが堕姫の体は崩れ落ちず、それどころか大泣きしお兄ちゃんと叫びました。

すると、堕姫の体からもう一体の鬼、妓夫太郎が出てきます

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】堕姫(だき)VS善逸・伊之助

この2体の鬼を倒すには、堕姫と妓夫太郎の首を同時に切る必要がありました

宇随天元と、炭治郎が妓夫太郎の首を狙い、善逸と伊之助で堕姫の首を狙いました。

妓夫太郎が目覚めた為、堕姫の額にはもう一つの目が現れ、2体の鬼の連携が強くなり堕姫はさらに力を増しました。

善逸と伊之助は攻撃をかわすだけで中々堕姫に攻撃を喰らわせることが出来ず苦戦します。

伊之助は同時に首を切らなければならないという考えにとらわれてしまい焦ってしまいます。

焦りを隠せない伊之助に対し、善逸が「二人の首が繋がっていない状態にすればいい。向こうが首を切った後でも諦めずに攻撃に行こう」と冷静に言います。

一方炭治郎は、宇随天元と共に妓夫太郎の首を狙っていましたが宇随天元は妓夫太郎と共に飛んで行ってしまいます。

善逸と伊之助の判断により、炭治郎との三人で先に堕姫の首を斬ることに作戦変更します

堕姫の首は柔らかすぎるので、複数の方向から切るかもしくは、相当な速度で切る必要がありました。

二刀流の伊之助は、複数の方向から切ることが出来るため伊之助が首を狙い、炭治郎と善逸が援護し見事、堕姫の首を切り落とすことに成功しました。

宇随天元が、妓夫太郎の首をまだ切っていなかったため、堕姫に首をくっつけられないように伊之助は堕姫の首を持ちできるだけ遠くに走りました。

ですが、宇随天元と戦っていたはずの妓夫太郎が背後から現れ伊之助の胸を血鎌で刺し、堕姫の首を奪ってしまいました。

炭治郎は、横を見ると宇随天元が倒れておりこの一連の出来事に気を取られた瞬間、妓夫太郎からの攻撃を喰らってしまいます。

伊之助は、胸を突かれたので動けなくなってしまい善逸は瓦礫に埋もれてしまいました。

唯一意識がはっきりしていた炭治郎は妓夫太郎のスキを突き首を斬りにかかります。

妓夫太郎のピンチに堕姫は助けに行こうとしますが、瓦礫から何とか抜け出した善逸に首を切られそうになりました。

それぞれの鬼に苦戦しあう中、炭治郎のところには宇随天元が加勢し善逸のところには伊之助が加勢し、共に首を取ることに成功しました

伊之助は、山育ちなので毒に耐性があり、驚異の内臓の柔らかさで内臓の位置をずらし致命傷を避けることが出来ました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】堕姫(だき)の最期

首だけになってしまった堕姫ですが、堕姫の目の前には妓夫太郎の首がありました。

二人共の体は段々崩れ落ちながらも、二人は言い争っておりました。

堕姫は、妓夫太郎に「なんで助けてくれなかったの?」と責めていました。

二人の言い争いがだんだんヒートアップし、妓夫太郎の容姿を罵倒し妓夫太郎は堕姫に向かって「お前なんか生まれてこなけりゃ良かっ・・・」と言ってしまいます。

炭治郎が、妓夫太郎の口を塞ぎ仲裁に入ると堕姫は「死にたくないよォ」と大泣きしながら、肉体は崩れていきました。

堕姫が次に目を覚ましたのは、真っ暗な暗闇でした。

この時の堕姫は、堕姫ではなく梅の時の姿をしておりました

妓夫太郎についていこうとする堕姫ですが、妓夫太郎は「ついて来んじゃねぇ!!」といい、堕姫を追い払おうとしました。

この言動は、堕姫の事を嫌がっていたわけではなく、自分が育てた為にこうなったと思い堕姫には自分とは違う道、明るい方へ行ってほしいという思いからの言動でした。

堕姫は、妓夫太郎がさっきの言葉に怒っているのだと思い、泣きながら謝りますが妓夫太郎は背を向けたままです。

堕姫は、走って妓夫太郎の背中に飛びつき「離れない!!絶対離れないから。ずっと一緒にいるんだから!!」「忘れちゃったのォ!!」と言いました。

妓夫太郎は、凍える寒さの中でずっと一緒にいると約束したことを思い出します。

大泣きする堕姫を、妓夫太郎はおぶって二人で暗闇へ消えていきました

 

スポンサーリンク

まとめ

遊郭で人々を支配し、言葉使いなどから悪い印象を持ってしまいそうな堕姫ですが、堕姫の過去を知るとまた違った印象を持てます

こんな悲しい二人の過去があることに、結末を知れば涙してしまいます。

過去に、こういう町が実際に存在したこと、裕福で暮らす人々の裏に実際にもこうやって飢えしのいで暮らしてきた人々もいるかもしれません。

遊郭編が炎上する一方、こういう色んな方面からの価値観を持てるという意見もありました。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です