【鬼滅の刃】宇髄天元(うずいてんげん)のプロフィールと魅力とは?イケメン柱としての能力を徹底解説!遊郭編!

スポンサーリンク

宇随天元は、鬼滅の刃に登場する鬼狩りの一人であり、また鬼殺隊の最強剣士である7人の柱のうちの一人です。

嫁が3人もいるイケメンの音柱で、髪下ろし姿もイケています。

派手なものが好きで口癖は「派手」です。

自称「祭りの神」である宇随天元を徹底解説いたします。

宇髄天元の素顔や日輪刀、強さは柱の中で強いのか弱いのかについても紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】宇髄天元のプロフィール

宇随天元は、鬼滅の刃に登場する鬼狩りの一人であり、また鬼殺隊の最強剣士である7人の柱のうちの一人、音柱です。

生年月日は、10月31日、23歳で嫁が三人います。

身長は198cm、体重95㎏と柱の中では、岩柱・悲鳴嶼行冥の次に続く二番目に体が大きいとされています。

元忍びでありながら、派手なものが好きで口癖は「派手」です。

多くの装飾品を身にまとっており、化粧をしておりますが、遊郭潜入の際に化粧を落とし、髪を下した素顔に遊郭の女将たちは顔を赤くし、それに善逸は嫉妬するほどの美しい顔立ちをしております。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】宇髄天元の素顔はイケメン!髪下ろしがかっこいい?

宇髄天元は髪を下ろしてもイケメンです!

髪をほどき目の周りの化粧をとった素顔はとっても男前です。

カッコいい面とマッチョな体で非の打ち所がないくらいかっこいいです。

初めて髪下ろしで登場するのは遊郭でかまぼこ隊の3人をお勧めのお店に紹介する時です!

ときと屋のおばちゃんもイケメンの天元から頼まれては、不細工なかまぼこ隊の体験入店を断れずにいましたね。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】宇髄天元の性格とは?

元忍びとして地味に生きてきた反動からか、宇随天元はとにかく派手なものを好みます

自信満々で堂々とした立ち振る舞いからは、男らしさが感じられる一方で、上弦の鬼だと分かった途端、炭治郎達に巻き込んだこと謝罪し帰るように命令したりなど、嫁に対する姿からは優しさを感じられます。

男らしく、思いやりに溢れた優しい性格の持ち主です。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】宇髄天元の能力とは?

音柱の宇随天元は二刀流の使い手で、炎・風・岩・水・雷の呼吸のうち、雷の呼吸の派生であると言われている音の呼吸を使用します

遊郭編で使われた呼吸の型は、この3つです。

呼吸の型
  • 音の呼吸・一ノ型「轟」 刃を叩きつけて爆発させ、地中深くまで穴を開けることができます。
  • 音の呼吸・肆ノ型「響斬無間」 刃を高速に回転させ爆発しながら相手に向かいます。
  • 音の呼吸・伍の方「鳴弦奏々」 刃を振り回しながら突進し、斬撃と爆発で相手に攻撃します。

宇随天元の「譜面」という独自の戦闘計算式を完成させたことも最大の能力と言えます。

この能力は、完成させるのに時間がかかってしまうというデメリットもありますが、相手の攻撃動作をを音として変換し、音の隙間を攻撃すれば相手に打撃を与えることができます。

遊郭編では、譜面を完成させたことにより妓夫太郎を追い詰めることが出来ました。

また、聴覚が異常に優れており音の反響を聞いただけで、何があるのか把握することが出来ます

元忍びである宇随天元は、忍び時代に鍛えられていたので他の剣士よりも毒に耐性がありました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】宇髄天元の日輪刀とは?

宇随天元は、伊之助と同様二刀流の剣士です。

背中に背負っている日輪刀ですが、宇随天元の身長が約2m近くあるのに対し、背中から飛び出しています。

なので、かなり大きな日輪刀と言えるでしょう。

宇随天元は、この二本の日輪刀を鎖のようなもので繋いでおり、この日輪刀には特殊な加工がされており、桁違いの威力で爆発を引き起こします

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】宇髄天元の強さとは?柱の中では弱いの?

宇随天元は、柱の中でも悲鳴嶼行冥の次に力が強く、元忍びなので忍術を使うことができます

また今回の戦いで宇随天元は、毒を喰らい、左腕を失い、片目を失いました。

ですが、怯まずに戦いに挑みます。

耐久力の高さも宇随天元の強さであると思います。

しかしネット上では柱の中で最弱キャラだとウワサされています。

その理由は次の3つが考えられています。

  1. 上弦の陸との闘いに苦戦
  2. 己が弱いことを自覚した発言
  3. 他の柱が強すぎる描写が多い

他の柱は上弦の鬼の頸を切るシーンなど単独の強さを見せたため、天元が柱の中では弱いのではというイメージが出てきたのかもしれません。

しかしそれはあくまでイメージであり天元は決して柱の中で弱いわけではありません。

公式ファンブックでは、

「宇髄天元は柱の中で移動速度は最速」

「腕相撲ランキングでは岩柱についで2位の実力」

「猛毒に対する耐性を獲得している」

など柱の中でも身体能力や危険な状態を回避できる能力の持ち主です。

伊之助曰く、上弦の陸の妓夫太郎の毒はかすったら死ぬレベルのため、他の柱だったらもっと苦戦を強いられていたかもしれません。

そんなわけで、宇髄天元は、比較はできませんがかなり強い柱だと言えることは確かですね。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】宇髄天元の過去とは?

宇随天元の過去は、第87話「集結」で描かれています

宇随天元は、忍びの家系として生まれました。

姉弟が9人おりましたが、15歳になるまでに7人が亡くなってしまい、生き残ったのは宇随天元とその2歳下の弟のみでした。

一族が衰退していく焦りで、宇随天元の父は取り憑かれたように厳しい訓練を二人に強いました。

宇随天元の父と弟の思考は同じで、部下の事を駒としか思わず、妻は子供を産むためなら死んでもいいと思います

本人の意思を尊重することなく、ひたすら無機質な二人に対し宇随天元は「あんな人間になりたくない」と思い、忍びをやめました

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】宇髄天元の嫁とは?

宇随天元にはくノ一の、まきを、須磨、雛鶴の三人の嫁がいます

遊郭編では炭治郎達が向かう前に、まきをは荻本屋、須磨はときと屋、雛鶴は京極屋に先に潜入しておりました

まきをと、須磨は堕姫の帯に捕まっていました。

雛鶴というと、客がつかなくなったり病気になった遊女がおくられる場所、切見世で身動きが取れなくなっておりました。

蕨姫花魁(堕姫)が鬼だと気づいたため、京極屋から出ようとする為に毒を飲み病にかかったふりをしておりましたが、蕨姫花魁も雛鶴のことを怪しんでおり、何か起こった場合にすぐに雛鶴を始末できるようにと、帯を渡されていたのです。

京極屋で情報を聞いた、宇随天元が助けに現れ解毒薬を飲ませ大事には至りませんでした。

この、三人の嫁にも過去があります。

女忍者であった3人は、男の忍びには力が劣る為、命を懸けることが最低限の努力であるといった教育を受けておりました。

ですが、そのような考えを持たなかった宇随天元に「自分の命の事だけを考えろ」と言われます。

忍びという生業にもかかわらず、宇随天元は命の順序をまず嫁の三人、その次に堅気の人間、そして自分だと伝えておりました

女忍者であるうえ、自分たちの命を最優先にされたことにまきをは、驚いておりました。

父親や、弟のような考えを持ちたくなかった宇随天元の、相手を思いやる優しさが感じられます。

3人の性格ですが、まきをは姉御肌です。

堕姫に捕らわれていながらも睨みつけながら、情報を宇随天元に伝えなくては、と怯えずにじっと耐えるところから気の強さも感じられました。

須磨は、まきをとは正反対の末っ子タイプで、泣き虫です。

気が弱く、まきをとはよく喧嘩をしています。

雛鶴は、三人の中でも一番しっかりしている印象が見受けられました

まきをと須磨の仲裁に入ったり、また炭治郎達がピンチの時もクナイを妓夫太郎に投げるなどしてピンチを救いました。

一夫多妻制の宇随天元の嫁たちですが、それぞれ個性がはっきり分かれています。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】宇髄天元の遊郭編での活躍とは?

宇随天元の活躍は、炭治郎が苦戦していた堕姫の首をあっさりと切り落してしまいます

妓夫太郎が現れてからの戦いに、苦戦しますが炭治郎達と協力し合いながら戦い、最後には譜面を完成させ妓夫太郎の首をとることに成功しました。

柱としての戦闘能力はもちろんですがこの遊郭編では、指揮官をとったリーダシップある行動も一つの活躍だと思われます

炭治郎達事を「優秀な俺の継子だ」と言いました。

この言葉で妓夫太郎に恐怖を感じた炭治郎は、恐怖心を取り除かれ、伊之助はやる気を出します。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】宇髄天元の名言集

恥じるな。生きている奴が勝ちなんだ

善逸が死んでいるかもしれないと判断し、危険な場所に炭治郎達を連れていくわけにはいかないという柱としての責任感が感じられます。

 

こっからはド派手にいくぜ!

派手を好み、派手が口癖な宇随天元が善逸、伊之助、須磨、まきをのピンチに駆け付けた時の一言で、有名セリフです。

ピンチに駆け付けた後の男らしいセリフからは、安心感も感じられました。

 

俺は派手にハッキリと命の順序を決めている。まずお前ら三人、次に堅気の人間たち、そして俺だ

忍びとして育った宇随天元の嫁に、宇随天元が命の優先順位を言うセリフです。

女は子供を産むためのものとして扱われていた、嫁の3人にとってこの言葉はとても響いたんではないでしょうか。

 

こいつら三人共優秀な俺の継子だ

この言葉で、炭治郎達は前向きになれます

また、無限列車編で煉獄杏寿郎に継子にしてやると言われていた為、この言葉の裏に煉獄杏寿郎の姿が思い浮かびます。

 

俺に才能なんてもんがあるようにみえるか?俺程度でそう見えるならテメェの人生幸せだな

派手で、自信に満ち溢れている宇随天元ですがその一方で、自分の力量を分かっています。

また「俺は煉獄のようにはできねぇ」と心の中で煉獄杏寿郎を思い浮かべます。

煉獄杏寿郎は無限列車編で乗客全員の命を守り切りました。

この遊郭編では、命を落とした人もおり自分の力不足を痛感しているという、派手な印象とは違う顔を見せました

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃 遊郭編】アニメ宇髄天元の声優は誰?

宇随天元の声優は、小西克幸(1973年4月21日生まれ)が演じます

小西克幸は、過去に「ぐらんぶる」寿竜次郎、「キャプテン翼」ロベルト本郷、「べるぜバブ」男鹿辰巳、「東京喰種 トーキョーグール」亜門鋼太郎、などを演じています。

 

スポンサーリンク

まとめ

派手なものを好み、嫁を3人持ち、自ら祭りの神だと名乗るほど派手に生き自信に満ち溢れている宇随天元ですが、その一方で忍び時代の苦い記憶や、相手を思いやる優しさ、自信満々に見えて自分の力量など把握しています。

遊郭編を進んでいくにつれて、読み終わったころには宇随天元の印象が最初とは違ってくるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です