【鬼滅の刃】那田蜘蛛山編に登場する蜘蛛の鬼とは!?下弦の伍「累」の使う術や強さは?

スポンサーリンク

蜘蛛の鬼とは、下弦の伍・累を筆頭に那田蜘蛛山で暮らす鬼の一家のことです。

鬼の一家といっても本当の家族ではなく、鬼殺隊から逃れるために集まっただけの鬼の寄せ集めです。

累は人間だった頃の記憶を失っていますが、本物の家族の絆に強い執着を持っており、鬼たちを自分そっくりの姿に作り替え、恐怖で支配していました。

蜘蛛の鬼というだけあって、累を含め那田蜘蛛山の鬼たちは糸や繭、毒など蜘蛛にちなんだ血鬼術を使います。

中でも累はやはり別格な強さを誇り、炭治郎たちを苦しめました。

十二鬼月として初めて登場し、物語序盤を大いに盛り上げた累についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】蜘蛛の鬼の概要!

蜘蛛の鬼とは累を筆頭に那田蜘蛛山で暮らす鬼の一家のことです。

鬼の”家族”として暮らしてはいますが、血の繋がった家族ではありません。

累が家族の絆を求めて作った寄せ集め、ニセモノの家族です。

家族構成は巨大な体に複数の目を持つ父蜘蛛、妖艶な外見をした母蜘蛛、蜘蛛の体に顔のみ鬼の姿をした兄蜘蛛、累と外見が似ている姉蜘蛛、末っ子役の累の5人です。

鬼の家族は累の能力により、累に外見を似せ、累と同じように蜘蛛を連想させる血鬼術が使えるようになっています。

アニメ版では脱走を試みた家族の1人が日に焼かれ消滅するシーンがあります。

累は言う通りにしない家族を恐怖でねじ伏せ、見せしめに殺すなどして支配していました。

父蜘蛛は義勇が、母蜘蛛は炭治郎が、兄蜘蛛は善逸が、姉蜘蛛はしのぶがそれぞれ倒しており、累も義勇にとどめを刺されて消滅しました。

残党の鬼蜘蛛も残っていましたが、累という頭をなくした鬼たちに勝ち目はなく、那田蜘蛛山の鬼は全滅したと思われます。

那田蜘蛛山での戦いはサイコロステーキ先輩含め、多くの犠牲者を出しましたが、鬼殺隊の勝利で幕を下ろしました

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】蜘蛛の鬼!下弦の伍「累」とは!?

累は下弦の伍に位置する鬼です。

左目に十二鬼月である証”下伍”の数字が刻まれているのが特徴。

見た目は小柄な少年で、白髪に赤い目、顔には独特の紋様があります。

累は家族の絆に強い執着を持っていました。

累は人間だった頃、病弱な体で生まれ、外を走ることもできないような子供でした。

人間の頃の名前は「綾木」と言いました。

無惨は体の弱い累を救うべく、鬼へと誘ったのです。

無惨も幼少期から病弱であり、同じ境遇の累に感情移入していたのか累がお気に入りで、何かと気にかけていました。

鬼となった累は健康な体を手に入れたものの日に当たれず、人間を食べなければならなくなります。

母親は累のために泣き、父親は累を殺して共に死のうとしました。

累はこの時、父親の本当の気持ちに気づくことができませんでした。

父親なのに、守るべき子供を殺そうとするなんて…。

累は与えられた”役割”を大切にしていました。

役割を果たさない父親を返り討ちにし、泣き続けるばかりで庇ってくれない母親も殺してしまいます。

鬼として生きるうちに記憶は薄れ、累に残ったのは失った”家族の絆が欲しい”という願望だけ

累が鬼を集めて「家族ごっこ」をしているのも、そのためなのです。

義勇にとどめを刺され消滅する時に、累は炭治郎の手の温かさに触れました。

炭治郎の優しさは、忘れていたはずの父親と母親の最期を思い出させてくれました

『大丈夫だ累 一緒に死んでやるから』

父親が本当は泣きながら共に罪を背負って死のうとしてくれていたこと、母親が死ぬ間際まで『丈夫な体に産んであげられなくてごめんね』と謝っていたこと…。

本物の家族の絆はちゃんとあったのです。

累は死を前にしてようやく気づきました。

絆は自分で断ち切ってしまったのだと…。

『累は何がしたいの?』

かつて、蜘蛛の家族に聞かれたことがありました。

その時には答えられなかった問いかけです。

累はその答えを思い出しました。

“謝りたかった”

でもたくさん人を殺した自分は地獄にいくだろう、両親とは同じところに行けないだろう…。

累は崩れ落ちながらそう感じていました。

ひとりぼっちで寂しそうにしている累の背中に優しく触れてくれたのは…殺したはずの両親でした

「一緒に行くよ 地獄でも」

累はその言葉で人間の頃の姿を取り戻しました。

「ごめんなさい」

両親の腕に抱かれ、累は炎の中で消えていくのでした…。

累は炭治郎たちの前に初めて現れた十二鬼月であり、圧倒的な力で物語序盤の中心的な鬼といえるでしょう。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】累が使う術や強さは!?

累は下弦の伍であり、普通の鬼殺隊員が敵う相手ではありません。

最終的には義勇としのぶの2人の柱が派遣されており、当時の炭治郎たちだけでは到底勝てない強さを誇っていました

(炭治郎たちはまだ全集中の呼吸も習得する前)

また、累は自分の能力を別の鬼に与えることもできました。

累が使う血鬼術は蜘蛛の鬼らしく”糸”に絡む技が中心です。

手から自在に糸を出すことができ、人気キャラとなったサイコロステーキ先輩を始末した時のように、鋭い刃にすることも可能。

この糸の強度は調整可能で、鋼鉄並みの硬度にまで高めることができます。

ちなみに、全力ではない糸でさえ、炭治郎の日輪刀を切断する強度を持っており、この時点で柱抜きで勝つことは困難であることがわかる描写になっています

累が実際に使用した技は以下の通り。

  • 刻糸牢(こくしろう)→糸で蜘蛛の巣を作り、相手を囲み刻む技です。
  • 殺目篭(あやめかご)→刻糸牢よりさらに狭い篭状の空間を糸で作り、相手を逃さず確実にとどめを刺すための技です。
  • 刻糸輪転(こくしりんてん)→ 最高硬度の糸を竜巻のように動かし、相手をバラバラに切り刻む技です。

累の最強の技でしたが、義勇の凪に敗れました

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】累が行う家族ごっことは?

累は無惨のように自身の血を分け与えることで他の鬼を強化したり、能力を一部与える事ができました

累は無惨のお気に入りだった為、家族を作るという行動を容認されていたようです。

力を与えれば与えるほど、自分の強さは薄まるのに累が力を与え続けるのをやめなかったのは、彼が”家族の絆”に執着していたからに尽きます

累は力を与える代わりに、元の鬼の顔を引き剥がし、自分と似た外見に作り替えています。

(気を抜くと鬼の特性である修復能力で元の顔に戻ってしまいますが、累はそれを嫌っており、顔が戻った鬼には罰を与えていました。)

こうして累と似た外見をした鬼の家族が完成しました。

累が家族に執着するのには理由があります。

鬼になったばかりの頃、守ってくれるはずの父親に殺されかけ、母親はそれを庇ってもくれなかった

そう勘違いした累は両親を殺しています。

でも本当は全く違っていました。

死の間際、両親の本当の愛に気づきますが、時すでに遅し。

自分で断ち切ってしまった絆を取り戻す為、累は無意識のうちに家族の絆を求めて家族ごっこを繰り返していたのです。

累の望む家族とは”与えられた役割を果たすことが最重要事項”です。

累の中では”父母、兄姉は末っ子である自分を守る”べき存在でなければなりません。

でも、どんなに家族のフリをして取り繕っても、累の願う理想の”家族”は手に入りません。

累は日々、寂しさと苛立ちを抱えることになります。

その1番の原因は、累が強すぎることにありました

累は下弦の伍であり、那田蜘蛛山にいるどの鬼より強いのは明白です。

故に家族に「守られたい」という願いが叶うことはありませんでした。

累は満たされない想いを抱えながら家族の絆に飢え続けてきたのです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】蜘蛛の鬼「累」vs炭治郎!

炭治郎は累と遭遇し戦闘になります。

ピンチに陥った炭治郎を身を挺して守った禰豆子の姿に、累は本物の絆を感じ、感動を隠しきれません。

本物の絆が欲しい累は、禰豆子を自分の妹にしようとしました

禰豆子は当然拒否しますが、累の方が実力は上。

反抗した禰豆子は累の糸で吊るされてしまいます。

累の糸は鋼鉄並みの強度がある為、禰豆子の足や腕からは締め付けられたことによる出血が見られます…。

炭治郎はその姿を見て怒りを抑えるのに必死です。

糸を生生流転の回転の力で切りながら距離を詰める炭治郎でしたが、累の糸の強さはこれが限界ではありませんでした…。

累の血鬼術・刻糸牢は炭治郎を捕らえます。

生生流転の回転はまだ足りず、この糸を切ることはできません。

死を覚悟した炭治郎は走馬灯を見るのです。

走馬灯の中で、父・炭十郎は「息を整えて ヒノカミ様になりきるんだ」と教えてくれました。

アニメ版の神回として有名な『ヒノカミ』はこの戦いを描いています。

俺と禰豆子の絆は誰にも引き裂けない!!

炭治郎は走馬灯で得た起死回生のヒノカミ神楽”円舞”で累を追い詰め、禰豆子の血鬼術”爆血”により、累の頚を刎ねたかに思われました。

…しかし、累は炭治郎の斬撃が首を刎ねるより前に自分自身の糸で先に首を切っていました

力を使い果たした炭治郎に累の次なる攻撃を避ける力は残っていませんでした。

絶体絶命のピンチに現れたのは水柱・冨岡義勇でした。

義勇独自の水の呼吸・拾壱ノ型”凪”で累の攻撃を無力化し、累すら気づかないうちに首を切り落としました

累は消えゆく意識の中で、重症の炭治郎が禰豆子を庇うように倒れているのを見ました。

累は最期に何かを求めるように手を伸ばしました。

見つけられなかった本物の絆を探して…。

炭治郎は累から発せられる大きな悲しみに同情し、彼の背中にそっと手を乗せました。

炭治郎が触れた手は温かく、累はその温かさの中に両親を思い出し、人間だった頃の記憶を取り戻したのです。

多くの人間の命を奪った累ですが、共に地獄を歩んでくれる両親の本当の愛を取り戻し、家族で炎の中に消えていきました。

鬼の悲しさ、炭治郎の優しさが印象的な切ない最期となりました。

 

スポンサーリンク

まとめ

累は下弦の伍に位置する鬼で、那田蜘蛛山に寄せ集めの家族を作って暮らしていました。

家族構成は父蜘蛛、母蜘蛛、兄蜘蛛、姉蜘蛛、そして末っ子の累です。

累は末っ子らしく幼い少年のような姿の鬼で、白髪に赤い目、顔には特徴的な紋様を持っています。

累は自らの力を鬼に与えることができ、見た目も能力も自分に似せた家族を作り、恐怖で支配していました。

累が家族にこだわるのは鬼になったばかりに起きた悲劇が影響していました。

病弱だった累は、無惨に鬼にしてもらうことで健康な体を手に入れますが、代わりに日に当たれず人を喰わなければならなくなりました。

両親は累に刃を向けます。

しかし累は子を守るはずの”親”という枠割を放棄した両親を殺してしまうのです。

本当は深い愛を持って共に死のうとしてくれていたことを知りますが、時すでに遅し…。

累は自分の手で家族の本物の絆を断ち切ってしまったのでした。

累は失った絆を求めて家族を作りますが、誰よりも強い自分が守られる存在になることはありません。

虚しさと寂しさばかりが募ります。

そこに現れた炭治郎と禰豆子に累は夢中になります。

本物の兄妹の絆がそこにはありました。

禰豆子を奪った累に、炭治郎は猛攻を仕掛けます。

一度は首を刎ねられたかに思われた累ですが、実際は自分の糸で先に首を切っていただけでした。

今の炭治郎に累を倒す実力はありません。

遅れて登場した義勇の手で累はとどめを刺されました。

最期まで手に入れることができなかった家族の絆を求め手を伸ばす累…。

炭治郎はその悲しみを感じ取り、そっと累の背中に手を置きました。

その手の温かさに触れた瞬間、累は人間だった頃の記憶を取り戻しました。

両親は今でも累を想い、共に歩いてくれようとしていました。

本当の絆を取り戻した累は、両親に抱かれながら炎の中に消えていくのでした。

アニメ版のラスボス的位置に立ち、初めて登場した十二鬼月でもある累。

鬼にさえならなければ優しく家族思いの少年のままでいられたでしょう。

地獄に向かった累が少しでも救われることを願ってしまいますね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です