【鬼滅の刃】ついに終結した鬼舞辻無惨戦まとめ!生きることへの執着が異常?無惨の最期とは?

スポンサーリンク

ついに、205話にして完結を迎えた鬼滅の刃

憎き宿敵、鬼舞辻無惨もようやく討ち取られ、みんなが心から望む、鬼のいない世界が訪れました。

何度も鬼狩りに命を狙われながら、その圧倒的な強さと執念により、生き延びてきた無惨。

その執念も、鬼殺隊たちが紡いできた「想いの強さ」には打ち勝つことができませんでした。

この記事では、生に執着し平安時代から生き続けた無惨と鬼殺隊の、戦いの軌跡を辿っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】縁壱が逃がしてしまった鬼舞辻無惨

不死の肉体に、七つの心臓と五つの脳を持ち、すべての鬼の生死を意のままにする無惨。

自らを「大災」と称する無惨は、まるで神がごとき振る舞いで、長い間、人の命を弄び続けていました。

しかし過去に、そんな無惨の頸を斬り落とし、死の直前まで追い詰めた男がいました。

日の呼吸の剣士、継国縁壱です。

縁壱は、人の領域を外れるほどの圧倒的な力を持ち、この世に生を受けました。

無惨と縁壱が初めて対峙したときのことを、無惨は「弱く見えた。」「覇気も闘気も憎しみも殺意もない。」と振り返っています。

しかし、縁壱は、一撃で無惨の体を切り刻み、頸を落としました

死の危機を感じた無惨は、即座に自身の体を千八百の欠片に分け、弾け飛んで逃げ切ろうとします。

縁壱は千五百と少しをその場で斬り捨てますが、残りの肉片を捕らえることは出来ませんでした。

無惨は、残った肉片をつなぎ合わせ、縁壱の寿命が尽きるまで雲隠れしてしまいます

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】珠世の願い虚しく無惨が完全復活

縁壱の寿命が尽きると、無惨は再び活動を始めました。

鬼殺隊は、常に無惨の足跡を追い続けていましたが、無惨は巧妙に自分の痕跡を隠しながら、生き続けました。

そして、時代は大正に移ります。

炭治郎たちが鬼殺隊に入隊し、ほどなくして転機は訪れました。

炭治郎達の手により、100年ぶりに上弦の陸が倒されたのです。

歯車がはまったかのように、鬼殺隊は続けて上弦の肆、伍を撃破します。

無惨は怒り、ついに鬼殺隊党首、産屋敷輝哉の前に現しました。

しかし産屋敷は、自分の妻子共々屋敷を爆破します

無惨は爆発に巻き込まれ、その体は焼けただれました。

即座に回復する無惨でしたが、待ち構えていた珠世が、無惨の体に「人間化薬」を投与しました

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】最初に駆けつけた柱は?

初めに無惨の元に駆けつけたのは、悲鳴嶼行冥でした。

こうなることを予測していた産屋敷は、柱の中で唯一悲鳴嶼に連絡を取り、産屋敷邸に待機させていたのです。

無惨の頸を破壊する悲鳴嶼でしたが、無惨は即座に頸を回復してしまいます。

無惨を倒すためには、このまま陽光が射すまで、無惨を固定し続けなければいけません

鎹烏が鬼殺隊に緊急招集をかけ、即座に残りの柱たちも集結します。

駆けつけた隊士の中には、炭治郎の姿もありました。

しかし、新上弦の肆、鳴女の血鬼術により、駆けつけた隊士達は、変形自在の城「無限城」の中に落とされてしまいます

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】愈史郎の活躍で無限城の外へ

無限城での戦いは、壮絶なものでした。

鬼殺隊は、たくさんの犠牲を出しながらも、上弦の参、弐、壱を撃破します

共に行動していた炭治郎と冨岡義勇は、無限城の中で、無惨を発見します。

無惨は、珠世を殺して人間化薬を克服し、その身の回復のために、近くにいた沢山の隊士達を食い散らかしていました。

無惨に立ち向かい、夜明けまでの時間稼ぎをしようとする二人に、無惨は言い放ちます。

時間稼ぎ…夜明けまでか?光届かぬこの城の中、柱三人でそれは可能なのか?

縞の羽織の柱と女の柱は、すでに私の部下が殺したようだぞ?

無惨は鳴女より、伊黒と甘露寺を殺したとの報告を受けていたのでした。

それでも無惨に挑み続ける二人。

炭治郎が無惨に殺されかけた時、甘露寺と伊黒が屋根を打ち破って助太刀に入ります。

殺したはずの柱が目の前に現れ、無惨は激高します。

鳴女は愈史郎の手により、視覚を操作されていたのでした。

激怒した無惨が、鳴女の頭部を破壊します。

無限城の血鬼術は効果をなくし、無惨と鬼殺隊は、地上へと投げ出されました

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】赫刀で攻めるも無惨の頚は斬れない?

月明かりの下、柱たちは無惨を夜明けまでこの場につなぎとめるため、戦い続けます。

しかし、無惨の広範囲に及ぶ攻撃に、柱たちは少しずつ消耗していきます。

無惨は、斬ったそばから再生するため、攻撃が意味を成しません

炭治郎は無惨の血の毒を喰らい、意識を失ってしまいました。

それでも、柱たちは無惨と対峙し続けます。

死の淵に追いやられた伊黒が、刀を万力の握力で握り、赫刀を発現させます

それにヒントを得た他の柱たちも、次々と刃を赤く染めました。

無惨でさえ、赫刀で斬られると再生が遅くなる事に気付いた柱たちは、好機とばかりに一気に畳みかけます

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】攻撃を受けてしまった柱たち

鬼殺隊優勢となりかけたその時、事態は一変します。

無惨が、聞いたことのない音を立て、一際大きく触手を撃ち振るいました

次の瞬間、柱たちは方々に飛ばされ、気を失いました。

この攻撃で、冨岡は右腕を、悲鳴嶼は左足を、伊黒は視力を失います

愈史郎の血鬼術により、姿を隠して戦いをサポートしていた伊之助、善逸も血まみれで意識を失っています

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】炭治郎が日の呼吸、十三の型で攻撃!

唯一、攻撃をくらって意識を保っていた隊士がいました。

胡蝶しのぶの継子、栗花落カナヲです。

しかしカナヲは、無惨を前にし、足がすくんで動けません。

無惨がカナヲを殺そうとした瞬間、炭治郎が駆けつけました。

炭治郎は意識を失っている間、先祖の夢を見続けていました。

夢の中で、日の呼吸の戦士、縁壱による「正解の型」を見ることができた炭治郎。

ヒノカミ神楽を十二の型までしか知らなかった炭治郎は、夢を見たことにより、「十三の型」が何たるものかを知ります。

夜明けまで、十二の型を繰り返し、無惨を攻撃し続けること。

それによって十二の型が円環を成し、十三の型となるのです。

炭治郎は死に物狂いで、日の呼吸を繋ぎ続けます。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】縁壱がつけた古傷

意識を失っていた伊黒が復活し、炭治郎と伊黒は二人で無惨を追い詰めます。

鎹烏が、夜明けまでの時間を高らかに宣言すると、無惨は途端に踵を返し、逃亡をはじめました。

逃がすまいと、無惨を追いかける炭治郎と伊黒。

突如、無惨の体に古傷が現れます

それは過去、一度だけ相まみえた際に、縁壱が無惨に付けた傷跡でした。

縁壱の傷は、何百年もの間、無惨の細胞を焼き続けていたのです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】珠世が作った4つの薬

逃亡中、無惨の体がぐっと膨らみます。

過去に縁壱と対峙した時のように、体を分裂させて逃げようとしたのです。

しかし、それは叶いませんでした。

珠世が無惨に投与した薬の効果は、1つではありませんでした。

人間化薬に加えて、老化させる薬、細胞を破壊する薬、分裂を阻止する薬が含まれていたのです。

珠世が無惨に薬を投与してから、五時間が経過していました。

それは無惨がこの戦いの間に、九千年分老いていることを意味していました

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】太陽が無惨の体を焼き尽くす

意識を取り戻した伊之助や善逸、甘露寺が無惨を追い詰めます。

醜悪な姿に形を変え、最期の悪あがきをする無惨でしたが、ついに戦いの場に日が差し込みます

無惨を壁に抑え込み、動かないように固定していた炭治郎は、義勇を庇って無惨に飲み込まれてしました。

無惨は、日光で体が燃え尽きることを阻止するため、肉で自身の体を包み、巨大な赤ん坊のような姿になります

無惨を阻止する鬼殺隊を振り切り、地面に潜ろうとする無惨。

しかし鬼殺隊の命がけの妨害を受け、ついにその身を燃やすのでした。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】無惨に飲み込まれた炭治郎

無惨に飲み込まれた炭治郎の遺体が、無惨の死骸の中から見つかりました。

片腕を失い、膝立ちのまま絶命する炭治郎を見つけ、涙を流す義勇。

しかし、次の瞬間、炭治郎は鬼となって復活します

無惨は、自分を滅ぼすほどの「人の想いの強さ」に感動を覚え、自身のかねてからの願い「不滅」を炭治郎に託すため、残れるすべての力を炭治郎に注ぎ込んだのでした。

鬼となり、暴れだす炭治郎でしたが、駆けつけた禰豆子が炭治郎を抱き留めます。

禰豆子の必死の説得は、かすかに炭治郎の自我に届きました。

炭治郎が鬼になったのを目の当たりにしたカナヲが、懐から人間化薬を取り出します

それは、禰豆子の人間化薬が足りなくなった時のために、しのぶがカナヲに持たせていたものでした。

最後の彼岸朱眼を使い、炭治郎の背後から薬を投与するカナヲ。

生と死のはざまで、無惨にからめとられていた炭治郎は、ようやく意識を浮上させました

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】無惨は思いの束に負けた?

無惨は間違いなく、最強、最悪の鬼でした。

しかし、受け継がれてきた人々の強い想いはそれよりも強く、無惨を打倒しました

鬼殺隊を統括していた産屋敷輝哉の台詞が、それを象徴しています。

大切な人の命を理不尽に奪った者を許さないという想いは永遠だ。

君は誰にも許されていない、この千年間一度も。

人々に恨まれ続けた無惨は、産屋敷の言う通り、誰にも許されることのないまま、その人生に幕を下ろしました

 

スポンサーリンク

まとめ

振り返ってみると、本当に、本当にしぶとかった鬼舞辻無惨。

これだけ、矜持も何もなくがむしゃらに生にしがみつき続けた敵というのも、珍しいのではないでしょうか。

鬼殺隊の活躍により、鬼との戦いは終わりを迎えました。

しかし、その犠牲は、とてつもなく大きいものでした。

無惨は、最期の最期まで改心せず、人の想いを理解できないままに死んでいきました。

人間の頃は、一体どんな環境で育っていたのでしょうか。その背景があまり深堀りされないまま、終わりを迎えてしまったのは、少し気がかりです。

鬼殺隊の活躍により、世界には平和がもたらされました。

最終話では幸せに暮らす炭治郎達の子孫や、転生した人々を見ることができました。

その姿を見ていると、犠牲は無駄ではなかったのだと思うことができます

炭治郎達も、きっと皆のことを天国で見守っていることでしょう。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒鬼殺隊で死亡したのはだれ!?涙が止まらない最期!命を落・・

⇒『鬼滅の刃』201-202話!衝撃の展開!炭治郎が鬼化!!義・・

⇒美しき珠世!鬼なのに人の心を持つ医者!?珠世だけが知る鬼・・

⇒炭治郎の父は日の呼吸の使い手!?炭十郎が息子に伝えたか・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です