【鬼滅の刃】敵キャラ!鬼の特徴総まとめ!なぜ鬼になる?仕組みは?弱点はある?

スポンサーリンク

 

「鬼滅の刃」に登場する敵キャラ「」とは一体どんな存在なのでしょうか?

約千年前に鬼舞辻無惨が鬼になって以降、鬼と鬼殺隊の戦いは長い間続いてきました。

ここでは敵キャラ・鬼について、その特徴や作品中での描かれ方について注目!

人間が鬼になる仕組みや鬼になった人たち、最初の鬼・鬼舞辻無惨の正体、上弦の鬼などの鬼の種類、女性の鬼キャラクターなどもまとめてご紹介します。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨によって鬼になった人たち・人間が鬼になる仕組みは?

「鬼滅の刃」に登場する鬼は、すべてが元々は人間でした。

人間が鬼になる仕組みは、主に傷口に鬼舞辻無惨の血を浴びてそれが体に適応すると、人から鬼に変貌するというものです。

鬼舞辻無惨に直接血を注入されたり、上弦の鬼によって鬼舞辻無惨の血を分け与えられることでも、鬼になることがあります。

鬼舞辻無惨から直接鬼にされたのは、竈門禰豆子、珠世、その他敵に回っている多くの鬼(上弦の鬼の何人かや累など)です。

上弦の鬼によって鬼にされたのは、堕姫&妓夫太郎、獪岳などがわかっています。

 

では、どんな人間が鬼になるのでしょうか?

人生に何らかの不安や不満を蓄積させていた者に鬼舞辻無惨が付け入り、鬼になれば現状を解決できると言葉巧みに誘うことが多いようです。

鬼舞辻無惨だけでなく、上弦の鬼がスカウトすることもあります。

 

スポンサーリンク

鬼になる人とならない人がいる

何らかの方法で鬼舞辻無惨の血が体に入っても、鬼になる人とならない人がいます。

鬼になる人は鬼舞辻無惨の血に適性がたまたま合ったということのようです。

鬼舞辻無惨の血に適性がなかったり、その量に耐えられないと死亡します。

 

スポンサーリンク

禰豆子はなぜ鬼になったのか?

禰豆子は「鬼滅の刃」序盤で竈門家ごと鬼舞辻無惨に襲われて鬼になっています。

襲われた理由は描かれていませんが、おそらく「ヒノカミ神楽」(日の呼吸)を継承して耳飾りをつける一族を根絶やしにするためでしょう。

禰豆子以外の家族はみんな亡くなっています。

禰豆子と炭治郎だけが、鬼舞辻無惨の血に適性があったからだと思われます。

 

スポンサーリンク

珠世はなぜ鬼になったのか?

珠世は人間だった時、夫と子供のいる女性でした。

不治の病を患った珠世を鬼舞辻無惨がスカウトしたことで鬼になったのです。

珠世は自身の子の将来を案じて、見届けたいという気持ちからスカウトに応じました。

しかし、鬼になった珠世は前後不覚になり、自らの子どもと夫を食ってしまったのです。

珠世は、鬼舞辻無惨がこうなることを分かったうえで自分を鬼にしたと気づき、打倒無惨への執念を燃やすことになりました。

 

スポンサーリンク

愈史郎はなぜ鬼になったのか?

愈史郎だけは唯一、珠世によって鬼になりました。

不治の病に侵されていた愈史郎に、その当時医者として治療に携わっていたであろう珠世は「人外の存在となっても生きていたいのか」と問います。

これに応じた愈史郎を珠世が鬼にしたのです。

珠世が鬼にした成功例は、愈史郎と茶々丸だけです。

 

スポンサーリンク

炭治郎はなぜ鬼になったのか?

炭治郎は鬼舞辻無惨との戦いを終えた際、自身は怪我だらけで鬼舞辻無惨の血も浴びている状態でした。

鬼舞辻無惨は自身の血が体に含まれているものに働きかけることができます。

ほとんど体は滅んでいた鬼舞辻無惨ですが、炭治郎の体にある自身の血に働きかけたので、炭治郎が鬼化したのです。

鬼舞辻無惨が炭治郎を選んだのは、禰豆子から想定できる鬼としての素養の高さと、強さの将来性を見込んでのことでした。

最強の鬼となってもらって、鬼舞辻無惨の生きた証を引き継ごうとしたのです。

炭治郎の鬼化は、完全体になる前に色々な奇跡や要素が重なって防ぐことができました。

この展開は意外性が高く、恐ろしかったですね。

 

スポンサーリンク

最初の鬼・鬼舞辻無惨の正体とは?鬼になった理由は?

鬼舞辻無惨の正体は、産屋敷一族の祖先にあたる平安時代の人間です。

鬼になったのは、不治の病にかかっていた鬼舞辻無惨を不憫に思った医師が、青い彼岸花で調合した新薬を試したためです。

新薬はすぐには効果が出なかったため、腹を立てた鬼舞辻無惨は医師を殺してしまいました。

その後鬼化が始まり、強靭ではあるけれど人を食って生きるようになり、日光の下に立てない体となったのです。

鬼舞辻無惨が青い彼岸花を探しているのは、鬼化の成り立ちを調べ、日光の下に立てる完全な体を手に入れるためと思われます。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】基本的には不老不死

鬼になってしまうと基本的には不老不死です。

異常な怪力になり血鬼術という術を使うものもいます。

睡眠は必要なく、人間や生き物を喰うことでエネルギーを補給し生き続けます。

最初の鬼となったのは鬼舞辻無惨で、平安時代から生きていました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】弱点は日光と藤の花?

鬼が苦手とするものは、日光と藤の花です。

鬼はその体が日光に当たると、燃えて灰になってしまいます。

ただ日中でも、直射日光の当たらない日陰や曇天などであれば大丈夫です。

これは全ての鬼に共通であてはまることであり鬼舞辻も例外ではありません

このため鬼は主に夜間に行動しています。

また、藤の花も苦手です。

藤の花の匂い袋などを身に付けていると鬼除けになりますが、藤の花の匂いだけで鬼を倒すことはできません

この藤の花を利用して、蟲柱である胡蝶しのぶが鬼を殺す毒を開発しました。

一定量を鬼の体内に注入すると死に至りますが、その致死量は鬼の強さに比例する模様です。

通常の致死量は500ミリですが童磨を倒すにはもっと多くの毒を必要としました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】鬼殺隊の日輪刀とは?

鬼は不老不死の生き物ですから、通常の刀では倒すことはできません

鬼を殺すには「日輪刀」という日本刀で頸を切り落とす必要があります

鬼殺隊の隊士になると日輪刀を支給されます。

この日輪刀で鬼の頸を切り落とすと、鬼は灰化して死に至るのです。

日輪刀は、一年中陽が射しているという陽光山という山で採取される猩々緋砂鉄と猩々緋鉱石から作られた特殊な刀です。

ただ、頸以外の部位(手足など)を切り落としただけでは鬼の体はすぐ再生して元の体に戻ってしまいます

また、上位の鬼になるにつれて単純に頸を切り落とすだけでは倒せないこともあり、その場合は戦いながらその個体の性質を見極め、弱点を突く必要があります。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】人間を食べるほど強くなれる?

鬼の強さは人間を喰った数に比例します。

しかし、どんな鬼でも際限なく喰うことができるわけではありません。

どんどん人を喰って強さを増すタフな鬼もいれば、だんだんと受け付けなくなる場合もあり、それが鬼の強さを左右しています。

元下弦の陸であった響凱(きょうがい)は、以前のように人を喰えなくなってきたため、他の鬼に抜かれて十二鬼月の位を剥奪されてしまいました。 

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】血鬼術とは?

人間を多く喰うほど鬼は強さを増しますが、ある強さに達すると「血鬼術」という特殊な術を使うことができるようになります。

血鬼術を使えるようになった鬼のことを人は「異能の鬼」と呼んでいました。

血鬼術の種類はその個体によって様々で、闘うための武器の役目をするものや相手に幻覚を見せるもの、体が複数に分かれるものなどです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】強い鬼ほど再生能力が高い?

強い鬼ほど再生能力が高く、怪我をしたり四肢を切断されてもすぐに元どおりに治癒・再生します。

基本的に頸以外は切られても再生可能ですし、頸も日輪刀で切られなければ再生できます

鬼舞辻無惨や上弦の壱・黒死牟、上弦の参・猗窩座など何人かの鬼は、頸すらも再生していました。(上弦の弐・童磨はできませんでした。)

ある程度以上の強さを有し、適性があると頸の弱点すらも克服するようです。

生物としてちょっとありえない感じで恐ろしいですね・・。

戦闘中にいかに早く体を再生するかは勝敗を決める上で重要であるため、再生能力が高い相手だと鬼殺隊にとってはやっかいです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】大好物は稀血?

鬼は「稀血」という血が大好きです。

非常に珍しい種類の血のことで、稀血の人間を食べると、通常の人間の50~100人分に匹敵する力を得ることができるそうです。

稀血という言葉は実際にも存在しますが(Rh-など)、実際の意味と作品中の意味が同じかどうかは不明です。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】敵キャラ・鬼の種類!上弦から下層の鬼までの一覧表

漫画に登場した鬼の一覧表を、鬼舞辻無惨から十二鬼月の上弦の鬼、下弦の鬼、その他の鬼の順に作成しました。

単独で記事を作っているものは名前にリンクをつけています。

外伝の鬼は入っていません。

こうしてみるとすごい数の鬼と、炭治郎たちは遭遇してきたんですね。

鬼の名前 鬼の役職 漫画での初登場話
鬼舞辻無惨 首領 2巻第13話
黒死牟(こくしぼう) 十二鬼月・上弦の壱 12巻第98話
童磨(どうま) 十二鬼月・上弦の弐 11巻第96話
猗窩座(あかざ) 十二鬼月・上弦の参 8巻第63話
半天狗(はんてんぐ) 十二鬼月・上弦の肆 12巻第98話
積怒(せきど)   12巻第106話
可楽(からく)   12巻第106話
空喜(うろぎ)   13巻第107話
哀絶(あいぜつ)   13巻第107話
憎珀天(ぞうはくてん)   14巻第116話
「恨」の鬼   15巻第125話
鳴女(なきめ) 十二鬼月・上弦の肆(後継) 12巻第98話
玉壺(ぎょっこ) 十二鬼月・上弦の伍 12巻第98話
堕姫(だき) 十二鬼月・上弦の陸 9巻第74話
妓夫太郎(ぎゅうたろう) 十二鬼月・上弦の陸 10巻第85話
獪岳(かいがく) 十二鬼月・上弦の陸(後継) 17巻第143話
魘夢(えんむ) 十二鬼月・下弦の壱 6巻第51話
轆轤(ろくろ) 十二鬼月・下弦の弍 6巻第51話
病葉(わくらば) 十二鬼月・下弦の参 6巻第51話
零余子(むかご) 十二鬼月・下弦の肆 6巻第51話
(るい) 十二鬼月・下弦の伍 4巻第29話
釜鵺(かまぬえ) 十二鬼月・下弦の陸 6巻第51話
お堂の鬼   1巻第2話
最終選別の鬼   1巻第6話
手鬼   1巻第6話
沼の鬼   2巻第10話
浅草で鬼にさせられた男性   2巻第14話
珠世(たまよ)   2巻第14話
愈史郎(ゆしろう)   2巻第14話
朱紗丸(すさまる)   2巻第14話
矢琶羽(やはば)   2巻第14話
響凱(きょうがい)   3巻第21話
響凱の屋敷の鬼・その一   3巻第22話
響凱の屋敷の鬼・その二   3巻第23話
母蜘蛛   4巻第28話
兄蜘蛛   4巻第32話
父蜘蛛   4巻第32話
姉蜘蛛   4巻第32話
無限列車の鬼   7巻第54話
蛇鬼   22巻第188話
竈門 禰豆子   1巻第1話
茶々丸   3巻第25話

 

一覧表の中の十二鬼月は鬼舞辻が作った多くの鬼の中でもトップに君臨する鬼の最強集団です。

鬼舞辻から自分の手駒として有益であると判断されており、通常の鬼より多くの血を分け与えられています。

十二鬼月は上弦と下弦に分かれていて、それぞれ壱、弐、参、肆、伍、陸の6体ずつ存在します。

鬼舞辻直属の部下であり、鬼舞辻から直接命令を受けて動いています。

十二鬼月はその強さによってランク付けされており、上弦の壱が最強で下弦の陸が最弱です。

上弦はこの130年間メンバーが固定しており、何人も鬼殺隊の柱を葬ってきました。

下弦は入れ替わりが激しかった模様です。

下弦の鬼は累が討伐された際に、鬼舞辻無惨によって解体、魘夢以外は惨殺されています。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】ランクを決める「入れ替わりの血戦」とは?

十二鬼月の下位の鬼は、上位の鬼に「入れ替わりの血戦」を申し込むことができます。

入れ替わりの血戦で勝つと、順位が入れ替わります

先に鬼になっていたからといって上位になれるわけではなく、あくまで実力勝負であるため、例えば童磨は初登場時上弦の陸でしたが最終的に上弦の弐まで登りつめています。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】鬼達に仲間意識はない?

鬼殺隊はお互い協力して鬼を倒しますが、鬼は基本的に単独行動であり仲間を作りません。

これは鬼舞辻の呪いによって群れで行動することができなくなっているためです。

十二鬼月が鬼舞辻によって無限城に呼び出された際も、鬼同士はそれぞれが協力する様子はありませんでした。

無限城のあと上弦の肆と伍は行動を共にしますが、あくまで鬼舞辻に命令されたからにすぎません。

例外は下弦の陸・累であり、力と恐怖による支配ではありましたが、母蜘蛛・父蜘蛛・兄蜘蛛・姉蜘蛛と群れを作っていました。

累の一群は群れてはいましたが、仲間意識はなかったと考えられます。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】女性の鬼キャラをピックアップ!朱紗丸・堕姫・母蜘蛛など

数は少ないながら、女性の鬼は可愛い姿をしているものが多く注目度が高いです。

ここでは、禰豆子や珠世以外の女性の鬼キャラをピックアップして簡単にご紹介します。

◆朱紗丸(すさまる)

朱紗丸は初登場2巻第14話、鬼舞辻無惨の命令の下、矢琶羽と共に炭治郎や珠世の前に現れました。

黒髪のおかっぱ頭で毛先がオレンジ色、毬を使っていた鬼です。

珠世の血鬼術「惑血(わくち)・白日の魔香(はくじつのまこう)」により、ついに鬼舞辻無惨の名前を口にしてしまい、鬼舞辻無惨の呪いにより殺されてしまいます。

体が崩れ行く中で毬を探していたのが印象的でした。

声優は小松未可子さんです。

◆母蜘蛛

母蜘蛛は那多蜘蛛山(なたくもやま)で下弦の伍・累の配下にいた母親役の鬼です。

初登場は4巻第28話。

本来は子どもの鬼で、累の求める母親役をうまく演じられずに、累から暴力を受けていました。

炭治郎と対峙したときに「死ねば開放される、楽になれる」と、刃を受け入れる姿勢を見せたのが切ないキャラクターです。

声優の小清水亜美さんが演じました。

◆姉蜘蛛

姉蜘蛛は母蜘蛛に遅れて登場した、こちらも下弦の伍・累の配下の姉役の鬼です。

初登場は4巻第32話。

可愛い顔に似合わず、ずる賢いところがあり、自分だけ助かればよいというキャラクター。

胡蝶しのぶと対峙した際には命乞いをしますが、しのぶの「それ相応の罰を受けたら生かしておきましょう」という申し出に逆ギレし、討伐されました。

声優を演じたのは白石涼子さんです。

◆零余子(むかご)

零余子はかの有名な「鬼舞辻無惨のパワハラ会議」に登場した下弦の肆で、初登場は6巻第51話です。

白髪のおかっぱ頭に2本の角が生えており、赤い着物を着ていました。

鬼舞辻無惨のパワハラ会議で「お前はいつも鬼狩りの柱と遭遇した場合、逃亡しようと考えているな」と言われて殺されてしまうという、登場シーンの短いキャラクターです。

その悲惨な扱いと可愛い風貌で、登場シーンの割には高い人気と知名度があります。

声優は植田佳奈さんです。

◆堕姫

兄・妓夫太郎と2人で上弦の陸を務める堕姫は、9巻第74話、遊郭編で初登場しました。

遊郭で花魁として勤められるくらいの美貌がありますが、頭はあまり良くないようです。

それでも戦闘の序盤では炭治郎たちを圧倒していたのでさすがは上弦の鬼でした。

妓夫太郎と共に頸を切られた後の、妓夫太郎による過去の回想では兄妹の置かれた辛い境遇に心揺さぶられた方も多いでしょう。

天国に行けという妓夫太郎に反して、妓夫太郎におぶさって泣きつき、地獄への道を一緒に進んでいくシーンが印象的でした。

アニメの遊郭編では、沢城みゆきさんが声優を演じます。

◆鳴女(なきめ)

琵琶を演奏することで血鬼術を使う鳴女の初登場は12巻第98話です。

鬼舞辻無惨と上弦の鬼たちが集まった時に「琵琶女」と呼ばれていた鳴女は、上弦の鬼となる前から鬼舞辻無惨の側近だったようです。

「鬼滅の刃」後半で上弦の肆となった際には、空間を操る血鬼術で、無限城の中にいる鬼殺隊を苦しめました。

愈史郎により鳴女は視覚を乗っ取られたため、鬼殺隊は一時鬼舞辻無惨を出し抜くことに成功しますが、そのことで鳴女は鬼舞辻無惨に殺されてしまいます。

あまり多くを語らない鳴女を演じる声優は井上喜久子さんです。

 

スポンサーリンク

まとめ

鬼になると己の中にもともとあった負の心が増大し、攻撃性や憎しみに支配されてしまいます

人間だった頃の優しさや、慈しみの心を忘れてしまうのですね。

炭治郎は「鬼は虚しい生き物だ 悲しい生き物だ」と鬼を悲哀に満ちた目で見つめ、さらに「その境遇はいつだって ひとつ違えばいつか自分自身がそうなっていたかもしれない状況」と、鬼に自分を重ね合わせます。

中には上弦の肆の半天狗や上弦の弐の童磨のような、人間の頃から周りを欺いていた天性の鬼のようなキャラもいます。

それでも、誰の心にも潜んでいる負の心のかたまりである鬼は単に憎むべき存在ではなく、炭治郎の言う通り悲しい生き物なのかもしれませんね。

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒最強の鬼集団!十二鬼月・上弦の鬼メンバーまとめ!・・

⇒鬼の始祖といえば鬼舞辻無惨!ついに十三個めの型が判明!?・・

⇒遊郭編の登場人物を大紹介!あらすじからネタバレまで徹底解・・

⇒魘夢(えんむ)が狙うのは現実逃避したい人?夢は幸せにしてく・・

⇒累が憧れていた家族!人間だった過去が泣ける!本当に累が欲・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です