【キングダム】強くて美しい羌瘣(きょうかい)!闇から脱出できたキッカケとは?目指すは六将?結婚相手は信!?

スポンサーリンク

外見は小柄で華奢な美しい少女でありながら、闇の伝説の体現者・暗殺一族『蚩尤』に連なる羌瘣

実の姉妹同然に育った姉の仇を打つことだけを悲願とし、己の感情と人生に対する価値を見失っていた彼女の生き方は、信との出会いで根本から覆りました。

信頼できる仲間。

共に肩を並べ同じ目的のために突き進む戦友。

信と飛信隊は羌瘣に全く新しい『価値』の在りようを教えてくれたのです。

復讐を遂げた『その先』を見据え考えるようになった羌瘣は、もしかしたら『キングダム』作中において最も精神的に成長したキャラではないでしょうか?

強く聡明で美しく、少し天然な羌瘣の魅力を追っていきましょう。

 

スポンサーリンク

【キングダム】飛信隊の副将として信を支える

羌瘣は信との付き合いが政・貂(てん)・昌文君・壁(へき)に次いで長く深い人物です。

信との出会いは、信にとっての初陣である魏との戦でした。

少女の身でありながら少年と偽って参戦した羌瘣は、身に着けた恐るべき剣技とはまるで結びつかない小柄で華奢な姿故に、最後までどこの伍にも入れてもらえずあぶれていました。

その結果、澤圭(たくけい)を伍長とする信・尾兄弟の最弱(と思われていた)伍に収まったのです。

しかし、羌瘣はそこで恐るべき強さと素晴らしき頭の回転を見せつけ周囲を唖然とさせました。

その後、羌瘣は仇の情報を得ることを条件とし政を暗殺しようとして信と殺し合い一歩手前までいくなど、なかなか強烈な関わり合いを持ちながら、互いの力を認める仲となります。

そして迎えた趙との戦。

この戦で信は百人将となり、王騎から正式に飛信隊の名を授かります。

特殊百人隊である飛信隊には、信の希望により二人の副将を置くことが許されました

信が選んだのは共に無国籍地帯平定戦を潜り抜けた、そしてもう一人は羌瘣です。

以来、羌瘣は復讐のため一時隊を抜けることはあっても、飛信隊の最強副隊長として活躍します。

短期決戦に限れば信に勝るとも劣らぬ個としての戦闘力を持つ上、元郭備軍副官である楚水を唸らせるほどの戦略・戦術センスを兼ね備えた彼女は、脳筋集団飛信隊を誇張でもなんでもなく小さな背中で支え続けました。

実際、貂が軍師として参入するまでは、飛信隊の作戦立案はほぼほぼ羌瘣が行っていたため、羌瘣不在時の飛信隊は酷い戦いを繰り返し連戦連敗、解散秒読みにまで追い込まれる有様でした。

心技体、知勇全てを高水準で満たす羌瘣は、疑う余地なく作中屈指のハイエンド副長です

 

【キングダム】蚩尤(シユウ)の末裔

作中いたるところに豪傑が登場する『キングダム』ですが、その中においても羌瘣の使う剣技は明らかに異形・異質です。

剣技についての詳細は下記項目に譲り、ここでは彼女の出身についてご説明します。

まず、彼女が所属する一族『蚩尤』とはなにか?

一言でいえば、伝説の存在とされるエリート暗殺集団です。

元々は剣を依り代として神卸(かみおろし)の舞を踊る巫女の一族であった蚩尤は、時代の変遷の中で人々が神を畏れることを忘れ人の武力を恐れるようになると、おぞましいほどに異形の進化を遂げました。

本来、紙と繋がるためのトランス状態を作る剣舞を暗殺技へと昇華させたのです。

こうして暗殺一族と化した蚩尤は、いくつかの氏族社会(同じ苗字の者だけでまとまって暮らす社会形態)を築き、それぞれ人里離れた山の中で暮らすようになりました。羌瘣とはつまり羌族の瘣という意味の名前です。

山々に散った蚩尤の各氏族は、それぞれの氏族の中で素質のある女児を二人選んで次世代『蚩尤』とすべく鍛え上げ、定められた時期に行われ『祭』(さい)で最後の一人となるまで殺し合いをさせます。

蚩尤一族の中でも、正式に『蚩尤』を名乗れるのは同時期に一人のみであり、全ての氏族長にとって自身の一族から『蚩尤』を出すことは大変な名誉であり悲願なのです。

 

【キングダム】独特な呼吸法を使った剣技「巫舞(みぶ)」

蚩尤族から分かれた各氏族に伝わる独特の剣技を支えるのが、巫舞と呼ばれる独自の呼吸法です。

羌瘣は巫舞に入る際、『トーンタンタン』と唄を口ずさみます。

そうすることによって、彼女は深いトランス状態に自らを導き無敵とも呼べる剣技を披露するのです。

巫舞とは自らの意思でトランス状態を作り出し、術者の意識を遠のかせる代わりに感覚を鋭敏化させ、近寄る敵を端から斬殺すためのルーチンともいえるでしょう。

巫舞は生まれ持っての素質と鍛錬によって磨かれるものですが、皆が同じ境地で舞うわけではなく、それぞれに個性があります。

羌瘣の巫舞は姉の象ですら到達できぬほど深い反面、呼吸が長くは続かないため超短期決戦型であり、使いどころを間違えると己の首をしめかねない両刃の剣です。

 

【キングダム】象姉の仇をとるのが生きがい

羌瘣には同じ羌族の村で共に次期蚩尤となるべく修行に励んだ、二歳年上の羌象という姉がいました。

姉と言っても血の繋がりはないのですが、寝食鍛錬、苦楽を共にしてきた象は、羌瘣にとって実の姉以上の存在でした。

それは象にとっても同じことで、彼女は妹分の羌瘣と『祭』で殺しあうことを厭い、絶対とされる掟に背いてまで抗いました。

『祭』が行われるその日、象は催眠効果のある香を羌瘣の眠る小屋の窓辺で焚いたのです。

結果、羌瘣は大切な『祭』を寝過ごしてしまい、慌てて現場に駆け付けた時には全てのことが終わった後で、象を含む各氏族の蚩尤候補者の斬殺死体が転がっていました

候補者の中で頭一つ抜けて強かったはずの象が何故死んでいるのか?

涙を流して問う羌瘣に、長老は淡々と答えます。

象は初めから狙われていた

開始と同時に一斉攻撃を受けた。(本来、『祭』では徒党を組んで戦うことは一切禁止。同族同士ですら助け合ってはならない)

今期候補者の中で羌族の二人は抜きん出ていたため、羌族の一人勝ちを厭うた各氏族長が羌瘣の不参加、象の抹殺といった掟破りを黙認した。

その答えに羌瘣は唖然とします。

掟は絶対ではなかったのか?

蚩尤千年の掟とは、そんなにも軽いものだったのか?

掟だからこそ、姉同然に育った象との殺し合いも、13歳で死ぬことも何もかも受け入れてきた羌瘣にとって、それは世界から裏切られたも同じことでした。

挙句、蚩尤はもう決したからお前は自害しろ、それが『掟』だと命じられた瞬間、羌瘣は静かにキレました。

短刀を差し出してきた老婆の手首を切り飛ばし、『バカにしてるのか?貴様ら』と口にした時、羌瘣の全てが復讐だけに染まったのでしょう。

 

【キングダム】政の暗殺

魏との戦いの後、羌瘣は政の暗殺を引き受け王宮に忍び込みました

政治的なことには何の興味もなく、金銭的な執着も仇を探す旅を続けるための路銀程度しかもとめていなさそうな彼女が暗殺を引き受けたのは、正にその仇討ちのためでした。

『祭』で汚い真似をして象を殺した幽族の連にまつわる情報を探し、羌族の山に入った羌瘣は長老たちから呂氏の名を聞きます。

そこで彼女は秦に戻り呂氏と接触、連の情報と引き換えに政暗殺を請け負いました。

羌瘣にしてみれば秦の王様がどうなろうが知ったことではないし、政に個人的な恨みもない代わりに恩もありません。

仇の情報を得るために殺すことにさほど躊躇いはなかったのでしょう。

しかし、そこには魏の戦いで歩兵として同じ伍で戦った信がいました。

ここで彼女は信を殺すことに躊躇いを見せ、圧倒的な剣技で手傷を追わせながらも致命傷を与えることはできませんでした

結局、羌瘣の他にも朱凶(しゅきょう 暗殺集団で蚩尤崇拝)・呉馬(ごうま 刺客集団)といった政を狙う者たちが乱入。

信&羌瘣対呉馬の戦いとなり、最後は救援に駆け付けた昌文君たちによりその夜の暗殺劇は朱凶と呉馬に数名の死者を出したのみで幕を閉じました

正直、羌瘣一人であれば政をさっくり殺ってしまっていた可能性が否めません。

 

スポンサーリンク

【キングダム】象姉を殺した幽連との戦い

羌瘣は一時期飛信隊を離れ、己の過去にケリをつけ前に進むための、『先を見据えた』前向きで生産的な復讐の旅に出ます。

そうして長い道のりを経て、羌瘣はようやく象の仇である連と趙の山中で対峙することが出来ました

連は最初こそ魏王に抱えられていましたが、蚩尤となってほどなく人格崩壊し手が付けられない状態となったため、魏から追放され趙に流れ山中で暮らしていたのです。

ここでも連は一対一の真っ向勝負などという綺麗ごとは一切行わず、巫舞をこなせる同族の者を数多く配置し羌瘣にけしかけます。

長くは続かない羌瘣の呼吸を見越しての狡猾なやり口です。

しかし、連は卑怯なだけでなく普通にめちゃくちゃ強かった!

象を抹殺した後の『祭』は通常モードで行われ、そこで連は実の妹を手にかけ外界へと繋がる情の全てを断ち切っていました。

巫舞とはトランス状態に自らを落とすことで外との繋がりを絶ち己の深淵に意識を落とす業であり、『祭』とは他氏族だけでなく実の姉妹や姉妹同然に育った同族をもその手にかけることにより、素で『外界と絶たれた』人間を作るためのシステムだったのです。

羌瘣は最深の巫舞すら通じぬ連に苦戦を強いられながら、その中で巫舞の秘密に到達します。

巫舞にあまりにも深く没入してしまうと、精神が二度と戻れなくなる危険に陥るのですが、彼女は深い皆底のような闇の中に小さくも強い光を見つけました。

光とは即ち信や飛信隊という羌瘣の『戻るべき場所』です。

戻るべき己の場所を明確に意識した羌瘣に恐れることは何もなく、彼女は躊躇うことなくどこまでも深い巫舞に意識を落とし込む『魄領(はくれい)の禁』で連を倒し復讐を成し遂げました

 

スポンサーリンク

【キングダム】龐煖も警戒するほどの強さ

DSC_1760

作中最強と言われているキャラクター、それが『武神』龐煖です。

蚩尤以上に謎に包まれた彼ら一族は、素質のある子供を攫っては鍛え上げ基本的に外界と接触することはありません。

そんな彼らがごくまれに世に出るのは、その者が極みに達した証明をする時のみと言われています。

龐煖は趙国に属し三大天の一人ではありますが、武将ではありません。

彼に国家的なあれこれに関する興味はかけらもなく、極論中華がどうなろうが知ったことではないのです。

はっきり言って人を率いるどころかまともに会話できるかも怪しいレベルのかなりのコミュ障なので、どこまで行っても彼は『個』であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

ただひたすらに、個の武を極めることだけをアイデンティティとし、自分より強い人間の存在を許さず見かけたらとりあえずブチ殺すという傍迷惑な存在です。

蚩尤が『神を堕とす者』であるならば、武神とは荒ぶる神をその身に宿す者であり、巫舞と異なり彼らには呼吸の制限がありません。(正確には、蚩尤の常識を超えた長さの呼吸を持つのではと羌瘣は推測)

趙の戦で羌瘣は王騎と決着をつけるために出張りますが、それより先に羌瘣と出会い矛を交えました。

龐煖は決して羌瘣を性別・年齢・外見で侮ることなく、倒すべき敵の一人と認識して全力で戦います。

羌瘣は龐煖の身体に手傷を負わせることは出来たものの、呼吸の限界からくる持久力のなさから敗れました

 

【キングダム】廉頗四天王の精鋭を一人で始末

廉頗四天王の一人、巨体の介士坊兵500人。

対するは怪我人ばかりの飛信隊200人。

普通に考えて絶対に無理です、死にます。

まだ復讐を果たしていなかった羌瘣としては、こんなところで死ぬとわかっている戦いをしている場合ではありません。

しかし、この時彼女の中で『象の仇を取ること』よりも『飛信隊の副隊長であること』への責任感が勝り、羌瘣は絶望的な戦場に討ち死に覚悟で躍り出ました

そして、ほぼ一人で500人を壊滅させ、力尽きてあわやというところを信に助けられたのです。

 

【キングダム】羌瘣の夢は?

復讐と遂げて己の人生を前向きに歩き始めた羌瘣は二つの夢を持ち、堂々と口にしました。

信とおなじく大将軍になる

信の子供を産む

年頃の乙女らしい可愛らしい夢と、名門士族の子弟でもおいそれとは口にできない大きな夢を、彼女は全くの同列で語ります。

羌瘣の生きてきた環境を考えると、実は難易度はそう変わらないのかもしれません。

いずれにしても、長老たちから『祭までの命』と言われ13歳にして抵抗なく受け入れ、象を失ってからは復讐だけを生きる意味としていた彼女からは考えられない成長です。

信や飛信隊の仲間と接してきたこと、そして同じ羌族の女性でかつて祭から逃げ出した羌明のとにかく『がむしゃらに生きる』姿を見たことが、羌瘣のメンタルに良い影響を与えたことは間違いありません。

連を倒した時、羌瘣は亡象に『精一杯生きる』と誓います。

己の『未来』を夢見て突き進むこと、誰かを愛し子供を持ち人並みの幸せを手に入れること。

欲張りかもしれませんが、彼女の生命には祭で散っていった少女たち(ある意味連も含め)の魂が宿っているのですから、精一杯がむしゃらに貪欲に夢を追って欲しいものです。

 

【キングダム】問題発言「信の子供を産みたい」

復讐を遂げて憑き物が落ちたような柔らかな表情で飛信隊に戻ってきた羌瘣は、唐突に『お前の子を産む』と信に向って発言し周囲を驚かせました。

おそらく、一族を離れて(脱走)暮らす外界との連絡係・羌明が結婚して秦国に夫や二人の子供までいるという話を聞いたことが、天涯孤独で家族という概念が希薄であった彼女にそのような発想をもたらしたのではないでしょうか?

ただし、羌明からとんでもない嘘を吹き込まれていたため、羌瘣は貂ですら知っている子作りの『方法』を盛大に勘違いしていました。

強い男と組んで力を合わせてどっかの高い山に登って、何かを炸裂させたら子供を授かる

……巫舞しか教えない蚩尤の教育には、いろいろいと問題が多いように思えます。

 

【キングダム】信と触れ合う場面が河了貂より多い?

作中で信の傍にいる女性キャラと言えば、羌瘣です。

それぞれに強く賢く魅力的な少女たちなので、ファンとしてはどちらがいずれ信と結ばれるのか気になるところでしょう。

今のところ、信と触れ合うシーンが多いのは羌瘣です。

男女であることを意識した上で、信のボロ小屋で隣り合って眠ったこともあれば、治療のためとはいえ手を繋いで寝たりもしています。

貂は信にとって妹のような存在であり、事故的にキスをしたことはありますが、それによって異性として意識している様子はありませんでした。

ひとつボロ小屋で同棲もしていましたが、その当時信は貂を男の子だと思っていたので、それはノーカンかと思われます。

 

【キングダム】六将の仲間入りは確実?

次代六将は誰になるのか?
これもまたキングダムファンが関心を寄せるテーマの一つです。

羌瘣での戦場での活躍ぶりを見れば、六将入りはほぼ間違いないでしょう。

更に、歴史的に考察してもその可能性は際めて高いかと思われます。

まず、先代六将は全員歴史上実在の人物です。

そして、羌瘣もまた『史記』と登場する実在の人物なのです。

そこには羌瘣の性別は記されておらず、おそらくは男性かと思われますが、中国人の名前としては男女どちらであっても不自然ではないそうです。

日本人でいうところの『カオル』や『ヒロミ』のような名前なのでしょう。

『史記』に記されている羌瘣は、『紀元前229年 趙を討った』『紀元前228年 王翦と共に趙の地をことごとく平定し、趙王を捕まえた』などと記述され、立派な秦国の将軍であったことが伺えます。

以上のことから、漫画的にも史実的にも羌瘣はほぼ間違いなく将軍になることが予想されます。

 

まとめ

人を信じること、人と繋がること、己の人生を前向きに生きること。

若くしてそれら全てを投げうって復讐にだけ生きていた羌瘣。

そんな孤独な少女が無謀な夢を熱く追いかける信と出会い、やがては飛信隊に入って『仲間』『戦友』という新しい価値観を知り、少しずつ人間性を取り戻していく姿は、大きな歴史物語の中にあっても埋没することのない羌瘣の歴史です。

蚩尤であっても飛信隊であっても、戦いが厳しいものであることは同じでしょう。

しかし、蚩尤が勝っても負けても独り血だまりの中に立つか転がるかであるのに対し、飛信隊は勝てば皆で美味い酒を飲み、負ければ生き残り同士互いを慰めます。

そして最悪死んでいく時も、決して孤独ではありません。

尾到や松左がそうであったように、己の想いを残る者たち伝え、仲間の温もりを感じながら旅立っていきました。

強くなるために人との繋がりを絶つのではなく、人との繋がりがあるからこそ巫舞でどこまで沈んでも戻ってこられる。

そう悟ってからの羌瘣は顔つきが明らかに変わりました。

復讐を果たすことで過去に決着をつけたことで、羌瘣は蚩尤ではなく飛信隊副隊長として、また一人の女性として精一杯生きることを決意し、より一層の厳しい戦いに身を投じていきます

彼女にどんな結末が待っていようとも、そこに後悔の二文字はないでしょう。

しかし、ファンとしてはやはり羌瘣には二つの大きくて細やかな夢をかなえて欲しいものです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です