【ヒロアカ】かっこいいキャラ・轟焦凍を大特集!かっこいいと呼ばれるワケは?人気のある理由と合わせて要チェック!

スポンサーリンク

ヒロアカのファン投票でも常に上位にいる轟 焦凍。

イケメン、強い、クールなど、モテる要素をたくさん兼ね備えている彼ですが、人気のある理由や名シーンなどを振り返って、改めて轟 焦凍の魅力に迫ってみたいと思います!

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】ヒロアカ随一のかっこいいイケメンキャラ・轟焦凍とは?

轟 焦凍
  • 雄英高等学校ヒーロー課 1年A組
  • 凝山(こるさん)中学出身
  • 1月11日生まれ
  • 身長176㎝
  • O型
  • 出身地 静岡県あたり
  • 好きなもの 冷たい蕎麦
  • 戦闘スタイル 中・遠距離戦闘

ヒーローランキング2位(現在は1位)のエンデヴァーを父に持ち、氷結の個性を持つ母親の間に、四人兄弟の三男(末っ子)として生まれた焦凍は、半冷半燃の個性を持ち、右半身で氷を操り、左半身から炎を操るという、轟家の最高傑作と言われています。

父エンデヴァーとの確執で、炎の個性を封印している時期もありましたが、出久と出会い彼らとの戦いの中で焦凍も成長し、炎の扱い方を考えるようになっていきます。

焦凍の場合、父親がエンデヴァーという事もあり、家庭の事情がかなり物語に影響を及ぼすキャラクターになっています。

心の闇を抱えている所や、その葛藤の中で成長していく姿は人間臭く見えて、女性ファンとしては母性を擽られるキャラクターなんではないでしょうか。

 

【ヒロアカ】轟焦凍のどんなところがかっこいい?魅力を検証!

まずは単純にルックスでしょう!

顔に火傷の跡があるにも関わらず、イケメンの部類に入るルックスを持つ焦凍は、単純にかっこいいと言えるキャラクターでしょう!

髪も長めのサラサラヘアーで、身長も176㎝ありますので、これもモテる要素の一つでしょう。

後はとにかく強い!

炎と氷という強力な個性を二つも操れるという事もありますが、状況を分析しながら戦う事や

冷静な判断力を持っているなど、ルーキーらしからぬ戦闘センスを兼ね備えいる事から、実年齢より大人びて見えるのではないでしょうか。

そしてアニメ版で声を担当しているのが、人気声優の梶裕貴(かじゆうき)さんだという事も大きいでしょう!

進撃の巨人のエレン・イェーガーや、七つの大罪でメリオダスなど、物語の主役級を演じる声優さんが担当するという事もあり、よりかっこ良さが引き立つんだと思います!

 

【ヒロアカ】轟焦凍のかっこいいシーン、ベスト・1は?

轟 焦凍の名シーンは数々ありますが、独自で選定したかっこいいシーンのベスト3を挙げてみたいと思います!

 

第3位 体育祭での対瀬呂戦

最終種目のガチバトルで、瀬呂と1対1で戦う事になった焦凍でしたが、試合前に憎き父親に嫌な事を言われてイラついていた結果、抑えが効かずにスタジアムから飛び出るほどの広範囲を凍らせて、瀬呂を一蹴してしまいます!

瀬呂に「やりすぎだろ……」と言われ、会場からもドンマイコールが沸き起こるほどの圧勝劇は、度肝を抜かれるほどでした!

 

スポンサーリンク

第2位 スティンVS焦凍、飯田、出久

ヒーロー殺しのスティンに追い込まれて動けなくなった飯田は、助けに来た焦凍達にも、勝ち目の無さそうな相手に対して、自分の為に立ち向かうのはもう止めてくれと言います。

しかし焦凍は、飯田の目を覚ます為に「やめて欲しけりゃ立て!」「なりてぇもんちゃんと見ろ!!」と奮い起たせるシーンがあります。

自分も同じような葛藤と向き合い、乗り越えようとしている焦凍の声は、飯田に限らず読者の心にも強く響くシーンだったのではないでしょうか!

 

第1位 体育祭での対出久戦

父親を憎む焦凍は、父エンデヴァーと同じ個性であるの左半身の炎は使わずに戦う事を誓います。

しかし出久との戦いで目が覚めた焦凍は、親の事は関係ない、なりたい自分になる為の自分の立派な個性だという事に気付き、炎の個性も解放します!

自分の嫌な部分を受け入れる事が出来た焦凍は出久に勝ちますが、ヒーローに憧れていた子供の頃の自分を思い出すシーンは、焦凍自身の長年の葛藤を乗り越えた名シーンと言って良いと思います!

 

【ヒロアカ】かっこいい轟焦凍に天然疑惑?その真相とは?

イケメンキャラにありがちな、天然エピソードですが、実は焦凍にもいくつかありますので、ご紹介します。

 

その1

期末試験で八百万と組んでイレイザーヘッドと戦う場面で、戦いに勝利した後、イレイザーヘッドにかけられた言葉に感極まった八百万に対して「……どうした?気持ち悪いか。吐き気には足の甲にあるツボが……」と、場の空気が読めないシーンがありました。

 

その2

林間合宿のシーンで、個性が蔓延るこの社会そのものを否定する洸汰君に対して、出久は言葉を返す事が出来なかったが「轟君ならどう答える?」と聞かれた時、はっきりと「場合による!」と言い切ってしまいます!

そりゃ場合によるだろうけど……と、皆でツッコミたくなるようなシーンでした。

 

その3

仮免講習にて、ヒーローとして子供達の心を掴まなくてはいけない課題を与えられた時、焦凍はまず自分の事を知ってもらう為に、人物紹介ページのような語りから入って皆に総スカンを食らいます!

ここでも子供相手に語りから入るという天然ぶりを発揮しました!

 

これらの事から考えると、焦凍は子供の頃から戦いの英才教育を受けていた為に、いろんな所で世間ズレしている部分が出てしまうのだと思いました。

エンデヴァー自身も前しか見てないタイプなので、そんな所も似てしまったのかも知れませんね。

 

まとめ

轟 焦凍がかっこいいキャラだと言う事は、嫌というほど分かったと思います!

ビジュアルも去る事ながら、何よりもその強さが圧勝劇を生み、更なるかっこ良さを引き立たせているのではないでしょうか!

思春期の持つ親との葛藤や、どこか抜けた天然さも持ち合わせているので、内面的な魅力も読者の心を擽りますね!

ヴィラン連合の荼毘との関係も気になりますし、まだまだ発展途上の彼は更なる進化を遂げてくれるでしょう!

焦凍に代わるイケメンキャラクターが出て来ない限り、ヒロアカでは不動のイケメンキャラとして君臨し続ける事間違いなしです!!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です