【マッシュル】イーストン魔法学校の校長ウォールバーグ・バイガン!彼の強さや実力は?秘められた過去も!

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプで連載されているマッシュル(MASHLE)は誰でも魔法が使えて、魔法ですべての優劣がきまる魔法界において魔法が一切使えない少年マッシュが「神覚者」を目指しイーストン魔法学校に通い様々な試練を乗り越えていく物語です。

マッシュルは作者・甲本一の初連載作でギャグをベースにした緩い漫画で人気沸騰中の注目作品です。

その魔法を舞台にしたマッシュルでマッシュが通うイーストン魔法学校の校長・ウォールバーグ・バイガンを見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

【マッシュル】ウォールバーグ・バイガンの概要!

長く伸ばした白髪のロングヘアで口ひげを長く伸ばしており、眼鏡を掛け威厳ある高齢の老人がウォールバーグ・バイガンになります。

ウォールバーグ・バイガンは寛容で心優しい性格の持ち主で正義感が強く、魔法使いは弱い者を守る存在であるべきだという「ノブレス・オブリージュ」の精神を信じています

その為、強いと言われる魔法使いたちがその力を誇示し幅をきかせた上、傲慢に振る舞う現在の魔法界を変えたいと強く願っています

 

スポンサーリンク

【マッシュル】イーストン魔法学校の校長!

「ノブレス・オブリージュ」を重んじ、現在の魔法界で利己的な人間が支配しているのに危機意識を持っているウォールバーグ・バイガンはそんな社会を変えるため、教育者としてこれを是正していく為にイーストン魔法学校の校長を数年前から勤めています

ウォールバーグ・バイガンの重んじる「ノブレス・オブリージュ」は高貴さは(義務を)強制すると訳され財産、権力、社会的地位の保持には義務が生ずると言う意味になります。

ウォールバーグ・バイガンは強い魔法使いは利己的にならず、弱い者を守るのが義務だと強く願っているのが分かります。

 

スポンサーリンク

【マッシュル】元神覚者のレジェンド的存在!

現在の魔法界を危惧し教育者として是正していく為にイーストン魔法学校校長についたウォールバーグ・バイガンですが、かつては神覚者であり、「無邪気な淵源(イノセント・ゼロ)」と唯一渡り合った生きる伝説として名を残している魔法使いになります。

その証拠に魔法使いのアザは1本目が左目の真下から顎にかけて半円を描いて伸び.2本目以降は顔以外にも発生する可能性があるために1本線なのか.それともそれ以上の魔法使いなのかは不明になっています。

 

スポンサーリンク

【マッシュル】若い頃のウォールバーグ・バイガン!

イーストン魔法学校校長を務め、伝説とも言われているウォールバーグ・バイガンですが若かりし頃は「無邪気な淵源」とも渡り合う実力を持っていたと言われています。

闇魔法アダム・ジョブズを操るネクロス・マンスらはかつて神覚者として国を治め、今もなお この魔法界のトップに君臨する男とも言われていますのでかなり強い魔法使いで人格者だった様子です。

またウォールバーグ・バイガンの使う魔法は古代魔法で巨人が処刑台のようなものを操作し処刑台に括りつけられた人形に対象者の大切な人の魂を移し破壊するというえげつない魔法になります。

 

スポンサーリンク

【マッシュル】無邪気な淵源とは!?

イーストン魔法学校現校長のウォールバーグ・バイガンが若かりし頃、対峙し渡り合っていたとされる「無邪気な淵源イノセント・ゼロ」ですが裏社会で暗躍する闇魔法組織のボスになります。

魔法動物の密輸・ドラッグ・人身売買・殺人行為など数々の凶悪事件を起こし魔法局とも因縁を持ちます。

また、ヘカテリス監獄脱獄事件に代表される世界各国で起こっている脱獄事件の死刑囚も「無邪気な淵源」に手を貸していると思われ、イーストン魔法学校レアン寮「七魔牙」のアベル・ウォーカーも濃縮液や人工的なあざの追加などと引き換えに魔法学校にいる魔力量の高い人物探しとウォール・バーグ校長に関する情報収集をさせています。

また、「無邪気な淵源」の目的は死なず、美しく、強い、完璧な人間になる

自分以外の人間は全員が家族だと考え、家族は自分の為に存在している為、その犠牲も厭わないとされています。

その「無邪気な淵源」が探し人として取り込もうとしているのが何故か魔法の使えないマッシュになります。

マッシュを取り込む事で「無邪気な淵源」の目的に関係していると思われます。

 

スポンサーリンク

【マッシュル】マッシュをどう思っているのか?

イーストン魔法学校校長のウォール・バーグですがある日、マッシュに出会います。

マッシュは試験の合否よりもレモン・アーヴィンを優先した利他的な動きとその人柄に関心を持ちます

その後、直接面接を行い、魔法が使えないのを知りながら入学を許します

その後もウォール・バーグは何かとマッシュを気にかけており、サポートも欠かさず行っています。

魔法局のマッシュに対する要求にもきぜんとした態度で拒絶しています。

 

スポンサーリンク

まとめ

マッシュが魔法が使えないのを知りながら入学を認めたイーストン魔法学校校長のウォール・バーグ。

「ノブレス・オブリージュ」を重んじ、現在の魔法界に蔓延る強い魔法使いの不遜な態度を疑問視し、この現状を危惧している事から教育者として是正していくために数年前、イーストン魔法学校校長に就任しています。

このウォール・バーグは元神覚者でもあり、「無邪気な淵源」とも唯一渡り合える存在で生ける伝説とも言われています。

使用する古代魔法は巨人が処刑台を操作し処刑台に括りつけられた人形に対象者の大切な人の魂を移し破壊するというえげつなくかなり強力な魔法になります。

この事からウォール・バーグは未だに謎が明かされていない「無邪気な淵源」には深く関わりがありそうなのでこの先の活躍が予感されます

魔法が使えないマッシュが利他的な動きを見せた事に関心を持ち、入学後は気にかけサポートしているウォール・バーグ。

そして、探し人としてマッシュを取り込もうとしている「無邪気な淵源」。

一体、マッシュを取り込もうとする真の目的は何なのかが気になります。

そして、この中心にいる魔法が使えないマッシュにも隠された秘密があるのか、この先の展開が楽しみな「マッシュル」を楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です