スポンサーリンク

【ワンピース】カイドウ死亡?壮絶なその最後とは!?カイドウは最後にジョイボーイを見た!!

スポンサーリンク

「新世界」で海の皇帝と呼ばれる海賊「四皇」で最強の生物と呼ばれているカイドウ。

その「四皇」カイドウと真正面から衝突している「麦わらのルフィ」。

「ワノ国」でこの2人の戦いはついに決着がつきました

一体、この2人の戦いはどんな結末を迎えたのか、詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】カイドウのプロフィール

ワンピース/©尾田栄一郎

カイドウは「四皇」と呼ばれる大海賊で最強の生物と言われる海賊です。

その強さは幼少期に「生まれながら最強の兵士」と評価される程です。

その強さが原因で出身国から海軍に売られた後は白ひげやビッグマムなど名が売れた海賊が揃う「ロックス海賊団」にも所属しています

「ロックス海賊団」壊滅後は自ら総督として「百獣海賊団」を結成しています。

「ワノ国」の黒炭ひぐらしがカイドウを武力の化身と煽り近づいた事がキッカケで、オロチと共に「ワノ国」を実質支配する事になります

 

スポンサーリンク

【ワンピース】カイドウの悪魔の実の能力とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

「百獣海賊団」総督カイドウは悪魔の実の能力者で、食べたのは「ウオウオの実」幻獣種“モデル青龍”です。

この実の能力は「龍」になる事が出来る能力で、口から強烈な炎を吐く大技「熱息(ボロブレス)」は一瞬で広範囲を焼き尽くす威力を誇っています

また、この「悪魔の実」は実はビッグ・マムがカイドウに譲った物で、カイドウがビッグマムにいう「一生の恩」とはこのことです。

「ワノ国」の市民はカイドウの「龍」を見ると絶望せざるを得ないほど恐怖に襲われる事になります。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】カイドウの強さとは?

ワンピース/©尾田栄一郎

「百獣海賊団」総督カイドウ。

その強さは「四皇」の中でも最強と謳われます。

その最強と言われる由縁の1つに体が尋常じゃない程に頑丈だからです。

「空島」からの自殺をしようと飛び降りた時も地上に落ちたカイドウはピンピンし、「頭が痛てえ」と一言残しています。

更にその時に遭遇した「最悪の世代」キッドとキラーを完膚なきまで叩きのめしています。

また、敵船及び海軍に捕まること18回、海賊として7度の敗北、1000回以上の拷問、40回の死刑宣告の中、生き延びている事からも生きとし生けるものの中で「最強の生物」と認識されています

実際、「最悪の世代」の1人バジル・ホーキンスも占いの「生存率」が低かった事で、配下に加わるほどでした。

実際、四皇カイドウは現在の海賊の中では最高額の懸賞金を誇っている事でその強さが推測できます。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】カイドウの目的とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

「四皇」最強で最高額の懸賞金を誇るカイドウですが、その真の目的は分かっていません

「百獣海賊団」を結成し「ワノ国」を統治しようとする時、「貴族として生まれただけの平和ボケした権力者共を戦場へ引きずり下ろせ」と発言しています。

この事からカイドウは武器や兵器で軍事力を強化し、「天竜人」や「世界政府」を相手に「最高の戦争」を目的にしていたのではとも思われています。

また、カイドウは「ジョイボーイ」の事を大看板キングと話しており、それも大きく関係しているかも知れません。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】カイドウVSルフィ

ワンピース/©尾田栄一郎

「ワノ国」に潜入したルフィや錦えもん達は極秘に動きながら、「鬼ヶ島」討ち入りの準備を開始します。

その中で、全く大人しくしていないのがやっぱりルフィでした。

そして、これが原因で「四皇」カイドウが街に現れてしまうのです。

ルフィは現れたカイドウを見るとここで倒せばいいといきなり攻撃を開始します。

全力でカイドウを討とうとするルフィでしたが、カイドウは何と雷鳴八卦の一撃で倒してしまいます

ルフィはこの敗北により、「兎丼」の囚人採掘場に送り込まれる事になります

 

スポンサーリンク

【ワンピース】四皇カイドウ&ビッグ・マムVS最悪の世代

ワンピース/©尾田栄一郎

カイドウに倒された後、「兎丼」囚人採掘場で修行を行うルフィは強力な力を手に入れると共に大勢の囚人として捉えていた侍を味方にします。

更に外でも仲間を集めた「赤鞘9人男」の忍者海賊ミンク侍同盟は無事「鬼ヶ島」への討ち入りを決行します。

そして、戦いの火蓋を切った「赤鞘9人男」に変わってカイドウとビッグマムの前に現れたのが、ルフィ、ゾロ、キッド、キラー、ローの「最悪の世代」です。

こうして始まったカイドウとビッグマムですが、異常な強さを見せ「最悪の世代」を蹴散らして行きます

更にこの戦いでゾロは重傷を負ってしまい、残ったルフィも敗れ戦いは仕切り直す事になります

 

スポンサーリンク

【ワンピース】カイドウVSルフィ 再戦

ワンピース/©尾田栄一郎

「鬼ヶ島」でのカイドウとの戦いでしたが、乱戦の中で敗れ下に落下させられました。

その間、カイドウを相手にしていたのは、光月おでんを名乗るカイドウの息子ヤマトでした。

そして、ルフィは覚悟を決めたモモの助と共にカイドウの元へ行く事になりました。

こうして始まったルフィとカイドウの再戦。

何度も立ち向かうルフィはギアを上げていき四皇カイドウを相手に徐々に優勢になります。

ですが、ルフィも体力の限界が近いのを知っている為に最後の力を振り絞りカイドウを仕留めにかかります。

真っ向から受けて立とうとするカイドウですが、ルフィの邪魔をした者が現れます。

その者は五老星から指令を受けたCP0でした。

そして、この邪魔によりルフィはまたもカイドウに敗れてしまいます

また、この時カイドウの脳裏にはルフィ同様に自身を追い込んだおでんの顔が浮かんでいました。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】カイドウVSルフィ(覚醒) 決着

ワンピース/©尾田栄一郎

ルフィに勝利したカイドウはモモの助を探します。

そうカイドウはモモの助を殺し反乱を起こした事を終わりにし、勝利を確定したいのです。

これに動揺する「麦わらの一味」やキッド、ローでしたが、やはり立ち向かおうとしました。

ですが、この時ルフィの心臓の鼓動が変わります。

何とここで、ルフィの「ゴムゴムの実」が覚醒したのです。

そして、覚醒したルフィはカイドウを鷲掴みにして振り回すと戦いの場に戻します。

覚醒したルフィですがその姿は白く、まるで神のようになっていました。

そのルフィは笑いながら戦いを楽しみ、カイドウをまるでおもちゃのように圧倒していきました

この状況にジョイボーイを思い出すカイドウ。

お前に何ができる」と聞くカイドウ、ルフィは「友達が腹一杯に食べれる世界」というルフィ。

そして、能力である龍の姿になったカイドウは大技「昇龍火焔八卦」を繰り出します。

一方でルフィは巨大な手と化した「ゴムゴムの猿神バジュラング銃ガン」で撃ち抜こうとしています。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】カイドウの最後とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

カイドウは大技「昇龍火焔八卦」を出し、ルフィを仕留めようとします。

一方、ルフィは巨大な手と化した「ゴムゴムの猿神バジュラング銃ガン」をお構いなしに撃ち抜きます。

その「ゴムゴムの猿神バジュラング銃ガン」をまともに受けたカイドウ。

ローが「穿刺パンクチャー衝動ヴィレ」で開けた大穴に落ちていき、カイドウは地中の奥深くにあるマグマだまりまで辿り着きます

そして、そのマグマは噴火しカイドウの死亡こそ不明なものの壮絶な最後になります

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ジョイボーイとは?

ワンピース/©尾田栄一郎

「ジョイボーイ」は空白の100年に実在した人物とされています。

このジョイボーイは魚人島との約束を守れなかったことを謝罪する旨をポーネグリフに残しています。

また、ジョイボーイに代わっていつかその約束を果たしにくる者が現れると伝えられ、ラフテルに莫大な宝を残した人物でもあります

そして、カイドウはキングにこう話しています。

ジョイボーイは誰だか分かった!この先、オレを倒した奴だ」。

ジョイボーイ=ニカ=ルフィの構図がハッキリとした瞬間です。

 

スポンサーリンク

まとめ

ワンピース/©尾田栄一郎

生きとし生きる生物で最強と呼ばれ、長きに渡り海の皇帝「四皇」の1人として君臨する「百獣海賊団」総督カイドウ。

このカイドウ、そしてオロチが支配する「ワノ国」に討ち入った「鬼ヶ島」での戦いも遂に決着を迎えようとしていました。

そして、この戦いの中でルフィは遂に「ゴムゴムの実」が覚醒します。

その覚醒したルフィはまさに「ジョイボーイ」「ニカ」を連想させるものでカイドウは圧倒されていきます。

そのカイドウも実は「ジョイボーイ」に想いを持っていました。

ですが、自身が「ジョイボーイ」ではないと気がついてからはキングに「オレを倒した奴がジョイボーイだ」と語り、聞いたキングは「じゃあ、現れそうにないな」と言います。

ですがそのカイドウも覚醒したルフィの「ゴムゴムの猿神バジュラング銃ガン」を喰らい、敗れてしまいます

それと共にマグマが噴き出す壮絶な最後となったカイドウ。

「ジョイボーイ」「ロックス海賊団」とまだ明かされていない中で、果たしてカイドウの再登場はあるのか、楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA