【ワンピース】海賊王の副船長シルバーズ・レイリー!冥王と呼ばれた彼の能力と強さは?現在は何をしてる?

スポンサーリンク

元ロジャー海賊団の副船長、シルバース・レイリー。 

冥王の異名を持ち、海賊王ロジャーの右腕と呼ばれた男は一体どんな人物なのでしょうか。 

今回は、そんな生きる伝説の海賊レイリーについて調べて行きたいと思います。 

 

スポンサーリンク

【ワンピース】レイリーのプロフィール 

まずは、簡単なレイリーのプロフィールを見ていきましょう。 

  • 名前:シルバーズ・レイリー 
  • 誕生日:5月13日 
  • 年齢:76歳→78歳 
  • 身長: 188cm 
  • 所属先:元ロジャー海賊団 
  • 好きな食べ物:煮豆  

 

【ワンピース】コーティング屋としての仕事 

ロジャー海賊団解散後もレイリーは札付き者のため身元を隠してコーティング職人としてシャボンディ諸島で暮らしています。

コーティングが施されていない船は海中航路を進めないため、多くの船人たちがシャボンディ諸島に停泊して船のコーティングを依頼します。 

 

レイリーは腕の良いコーティング職人ですが、酒とギャンブルで散財してしまうので、コーティング仕事だけではなく奴隷オークションに自ら奴隷の振りをして忍び込んでお金を盗むなどして生活をしています。 

 

【ワンピース】海賊王の船で全てを知った男 

レイリーはロジャー海賊団の元副船長としてグランドラインを制覇しています。 

レイリーはひとつなぎの大秘宝であるワンピースの詳細や空白の100年についても知っています。 

レイリーはルフィ達に一歩ずつ前に進んで歴史を読み解くようにと語りました。 

全てを知った男だからこそ、今ルフィ達に全てを教えても何も出来ないと悟っていました。 

 

【ワンピース】引き合わせたハチとの出会い 

レイリーと魚人族のハチは20年来の友人です。 

海で遭難しそうになったレイリーを当時はまだ子供だったハチが助けたことがきっかけで、2人は親交を深めます。 

ハチがタイヨウの海賊団に入った後は疎遠になりつつも、サニー号にコーティングをお願いするために約10年ぶりにレイリーと再会しています。 

 

【ワンピース】現役海軍大将黄猿と互角の戦い?! 

一線から退いているレイリーですが、その実力は現役の海軍大将と互角に張り合えるほど、衰えていません。 

ロジャー海賊団の元副船長の名に相応しく、レイリーは蹴りひとつでピカピカの能力者である黄猿の光線を止めることが出来てしまう実力です。 

ブランクがあると言いつつも剣使いにおいても黄猿と互角に打ち合いが出来るほどです。 

 

スポンサーリンク

【ワンピース】悪魔の実は食べていない? 

今のところレイリーが悪魔の実の能力者であるという描写はありません。 

悪魔の実を食べてしまうと海に嫌われ泳ぐことすら出来なくなりますが、レイリーは大型海王類が沢山泳いでいるカームベルトを泳いで女ヶ島までやってきたり、本人も平泳ぎが得意と話したりしていますので、悪魔の実の能力者でないと言えるでしょう。 

 

【ワンピース】覇気の達人レイリーの戦闘スタイル 

レイリーの主な戦闘スタイルは覇気と剣術です。 

ただ、レイリーがミホークやゾロのような剣士であるかというと少し違うかもしれません。 

 

現役の海軍大将と渡り合える剣術もさることながら、レイリーは覇気使いの達人です。 

見聞色の覇気、武装色の覇気、そして覇王色の三つを使いこなせる人物は中々いませんが、レイリーはその全ての覇気を使いこなすことができます。 

 

【ワンピース】ロジャーと知り合ったキッカケ 

ロジャーとレイリーが知り合ったきっかけは、ロジャーからの突拍子のない勧誘でした。 

 

若かりし頃のレイリーは小さな船を盗んで、その船の上で生活をしていました。 

そこに現れた麦わら帽子を被った男こそが、後に海賊王と呼ばれたゴール・D・ロジャーでした。 

 

ロジャーはこの出会いは運命だと言って、一緒に世界をひっくり返そうとレイリーを誘ったのが2人の友情と旅の始まりでした。 

 

【ワンピース】白ひげとの関係は? 

白ひげが船長をやっていた白ひげ海賊団とロジャー海賊団は長年ライバル関係にありました。 

 

ロジャー、白ひげ、そしてレイリーは同世代です。 

ライバル関係にはあったものの、白ひげとレイリーは同じ時代の海を生きた言わば戦友です。 

 

白ひげの訃報を聞いたレイリーが涙した理由も、共にひとつの時代を戦ってきた白ひげを思うと感極まるものがあったからでしょう。 

 

【ワンピース】失意のルフィを2年間鍛える 

兄エースを失った後のルフィにレイリーは2年間の修行を提案します。 

レイリーはルフィに覇気というものが何かを教え、その使い方を指導します。 

 

実際にレイリーがルフィに直接指導をした期間は1年ほどでしたが、現在のルフィの強さとその成長はまさにレイリーのおかげと言っても過言ではありません。 

 

まとめ 

ここまで見てきたように、レイリーは海賊王の船の副船長ということだけではありません。

サニー号をコーティングしたり、海軍から麦わらの一味守ったり、ルフィに修行をつけたりとレイリーはルフィたちにとって、とても心強い味方です。 

また、歴史の全てを知る男としてこれからもキーパソンになってくる事は間違いありません。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です