【ワンピース】ワノ国を変えた20年前の光月おでんの死!処刑までの経緯は?伝説の一時間とは?

スポンサーリンク

ワノ国編が終わると、光月おでんさまの過去編が描かれました。

序盤は、おでんさまは、花の都の暴れん坊で、おでんさまの父親である将軍スキヤキに勘当されうつけ者として花の都を、追い出された人物

そして、イヌアラシやネコマムシや河松を助けた人物でもあります。

九里(クリ)を支配しているアシュラ童子を、退治して九里(クリ)を人々が暮らしやすく再建したのもおでんさま!

おでんさまは、ただの暴れん坊ではなく、人を大切に思う心を持った偉大な侍でした。

しかし、おでんさまは将軍オロチの卑怯な罠にかかり釜茹で処刑されてしまいました。

おでんさまは、家臣達の代わりとなって亡くなってしまいます。

おでんさまの最後は、悲しいだけではなく人の心を動かす最後でした。

そこで、今回は、光月おでんさまが処刑されるまでの経緯をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】おでん不在で変わり果てたワノ国

おでんさまは、九里(クリ)を再建して、九里の大名となりました。

そして、ワノ国に海賊が上陸しました。

その海賊とは、白ひげ海賊団でした。

白ひげは、おでんさまを、見るととてもヤバい奴と思います。

白ひげが、ワノ国を離れようとした時に、おでんさまは、ワノ国の外に興味があったので、先回りして船に乗り込みました。

白ひげの条件をこなす前に、トキと出会いトキを救ったおでんさま。

条件をクリアできなかったのですが、白ひげに気にいられ仲間として迎えらえます

しばらく白ひげの仲間としていたおでんさまですが、ロジャーに気に入られてロジャー海賊団の仲間になります

そこから、ラフテルへの冒険が始まります。

おでんさまが、海の冒険へと出て不在のワノ国も変化しそうになっていました。

おでんさまの不在を、狙って黒炭ひぐらしが、マネマネの能力を使っておでんさまに変装してオロチを、弟分と言います。

ひぐらしは、おでんさまに変装しただけではなく、将軍スキヤキに変装して息子のおでんが帰国するまでの代役とオロチ将軍代理を提案します。

この時に、ひぐらしがスキヤキに変装しているので本物のスキヤキは殺された可能性がありますね。

ここから、黒炭家のワノ国乗っ取り作戦が始まります

黒炭家は、取り潰した光月家を憎んでいて光月家の者を滅ぼす事も考えていました。

ロジャー海賊団も無事ラフテルを見つけ、おでんさまも25年をかけてワノ国へと帰国します。

しかし、ワノ国は、将軍代理をしているオロチによって武器工場が建設してあってワノ国はおでんさまがいた頃とは大きく変化していました

 

スポンサーリンク

【ワンピース】単身乗り込み結ばれたオロチとの密約

オロチのやりたい放題に、各大名達も不満の声を言っていました。

おでんさまの留守を預かっていた錦えもん達も、我慢の限界で将軍代理のオロチがいる花の都に乗り込みます。

手薄となったおでん城を、オロチはカイドウの部下を仕向けます。

トキは、モモの助や日和を守る為に、かばい足に矢が刺さり負傷してしまいます

おでん城に帰ったおでんさまは、錦えもん達に、オロチが将軍代理となり悪行をつくしていた事を聞かされます。

手薄になった城にカイドウの部下が、おでん城を襲いその時に、トキが足に負傷してしまった事も聞かされおでんさまは、怒ります。

怒ったおでんさまは、家臣も連れず単独でオロチのいる花の都に乗り込みます

おでんさまは、これまで悪行を行いトキに負傷させたオロチを、殺す為に、オロチを斬ろうとしますが、黒炭せみ丸の能力で防がれてしまいます。

オロチを、斬ろうとしたおでんさまは、このまま捕まってもおかしくないのですが、オロチは、おでんさまに密約をします

その密約とは?

 

スポンサーリンク

【ワンピース】5年間の裸踊りをし続けた?

オロチは、おでんさまに密約を言います。

その内容は、「毎日同じ時間に、花の都で裸踊りをすれば、その都度人質を100人解放する事」と「オロチとカイドウらは、5年後に完成する船に乗って海に出る事」をおでんさまに伝えます。

おでんさま、オロチが約束を守るとは思えなかったのですが、国に住む人やオロチ自信を救いたいと思い密約を承知します

それから、おでんさまは、密約を守り毎週同じ時間に花の都に出向き、国民の前で裸踊りをしました。

裸踊りをした期間は、5年間です。

おでんさまは、恥ずかしいと思ったのですが、国の人やオロチ自信を救いたいと思っていたので恥をしのんで踊り続けました。

事情を知らない国の人は、おでんさまはついに頭がいかれたか?

と思う様になり、おでんさまをバカ殿と呼ぶ様になります。

わけのわからない裸踊りをするおでんさまを、かわらずに接してくれる者もいました。

その者は、おでんさまの家族や、ヒョウ五郎や、康イエや、家臣達でした。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】約束の反古とヒョウ五郎一味

オロチの密約を信じて、5年間裸踊りを続けたおでんさま!

しかし、オロチは裸踊りをするおでんさまを笑い、始めから密約を守る気はありませんでした

オロチが、九里(クリ)に訪れた時に、おでんさまは初めて知る事になります。

密約の事だけでなく、新たに九里(クリ)に武器工場を建設してヒョウ五郎達や家族が捕縛され妻や子分16人が殺されてしまいました

約束が無駄になった事を知ったおでんさまは、大泣きしてカイドウを討つ事を決意します

 

スポンサーリンク

【ワンピース】花の都へ乗り込む10人の侍

おでんさまは、家臣である赤鞘九人男を引き連れてカイドウへの討ち入りするため進軍します。

おでん城には、康イエがトキやモモの助と日和を護衛に協力していました。

カイドウはおでんさまが、討ち入りする事を知っていて待ち構えていました

この事に驚くおでんさま達!

とても不利な状況でもおでんさま達は、一歩も退かずカイドウの部下1000人を相手にしました

 

スポンサーリンク

【ワンピース】あと一歩で敗れたおでん

カイドウの部下と戦闘の中あるくノ一が、現れおでんさまに加勢に入ります。

そのくノ一は、しのぶ

しのぶは、オロチに仕えていたお庭番衆でしたが、オロチが悪行を行っている事をしって抜け人となった忍者。

心強いくノ一を味方につけたおでんさまは、戦闘が有利となります。

そしてカイドウにおでんさまは、二刀流桃源十拳の技を出しカイドウの胸に傷を負わせます

酒天丸がカイドウに傷を負わせたと言われていますが、実はおでんさまが、カイドウに胸に傷を負わせていました

この勢いならカイドウを、倒せると思ったのですが、ひぐらしがおでんさまのモモの助に変装して人質に取られた様に見せます。

その姿を見たおでんさまは、油断してしまい家臣達も倒され、おでんさまもカイドウに捕まってしまいます。

あと一歩の所で、おでんさまは敗れてしまいます

 

スポンサーリンク

【ワンピース】「釜茹での刑」の1時間

カイドウに捕まったおでんさまや、家臣達は処刑される事が決まります。

その刑は、釜茹での刑です。

釜の中は、油が煮えていて一度でも触れれば焼き死ぬほどの高熱です。

おでんさまは、おれはまだ生きねばならないと、カイドウやオロチに言います。

オロチは、釜の中で一時間耐えたら解放してやるとおでんさまに言い約束します。

おでんさまは、オロチの言葉を信じて釜の中に入り、家臣達を橋板の上に載せて耐えます

その姿は、石川五右衛門が釜の中に入り子供を橋板の上に載せて耐えている姿そのものです。

出血を流し熱と家臣達の重さに耐えるおでんさま!

おでんさまは、約束どうり1時間耐えたのですが、オロチは約束をはなから守る気はなくおでんさまや家臣達を処刑するつもりでした

約束をやぶられたおでんさまは、橋板を投げて家臣達を逃がします。

カイドウは、おでんさまに銃を向けます。

カイドウは、おでんさまにひぐらしは始末したと言い謝罪します。

おでんさまは、カイドウの銃に打たれて亡くなります

おでんさまの最後は、ロジャーの様に笑みを浮かべて亡くなりました

 

スポンサーリンク

【ワンピース】おでんの意思をついだ者達が動く!

おでんさまの意思を継いだ者達は、赤鞘九人男達の他にもいます。

その者は、パンクハザード編で知り合ったルフィ達やロー達です。

そして、おでんさまの息子であるモモの助です。

この者達が、おでんさまの意思を継いで鬼ヶ島へと向かっています。

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで、おでんさまが、処刑されるまでの経緯をご紹介しました。

おでんさまは、家臣達やモモの助がオロチやカイドウを倒してくれる事を信じて亡くなりました

おでんさまは、ワノ国を開国せよ!

と言っています。

おでんさまの意思を継ぐ者なら必ずできるはずです!

そして、ワノ国に平和が来る事を願っています。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です