【ワンピース】四皇の1人であり世界最強生物!!カイドウが率いる百獣海賊団とは!?

スポンサーリンク

ホールケーキアイランドを脱出し、麦わらの一味とハートの海賊団はついにワノ国に上陸しました。

彼らの狙いは打倒カイドウ。ここではカイドウ率いる百獣海賊団について考察していきます。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】何度殺しても死なない四皇カイドウ

かつて海軍や敵対する海賊に捕らえられ幾度の拷問を受けたカイドウですが、誰一人として彼を殺すことは出来ませんでした。

それは自殺に関しても同じで、空島からの飛び降り自殺を試みた際にも死ぬことは出来ませんでした。

 

彼はなぜ死なないのか、読者の間では、「かつてオペオペの実の手術を受けたことで死なない身体になった」、「ビックマムとの契約を交わしたことで、寿命が延びた」などと考察されています。

 

【ワンピース】百獣海賊団の構成

百獣海賊団の構成員は以下になります

総督、カイドウ

百獣海賊団の提督にして、四皇のひとりです。

カイドウは最強の生物と言われるだけあり、フィジカルの強さだけなら「四皇最強」と評価できそうです。

「百獣のカイドウ」との異名を取り、海賊団の名前の由来もそこから来ています。

 

しかしカイドウは過去において18回海軍に逮捕され、40回死刑宣告をされているものの、無敵の肉体を持つため常に失敗に終わっています。

そのためカイドウの最大の特徴は、「不死身」に近い防御力にありそうです。

その防御力は空島から飛び降りても死なないほどです。

また、カイドウの能力は「ドラゴン」であることが判明しています。

既に黒ひげの懸賞金は22億を超えていることが判明していますが、カイドウはそれを上回る30億ベリー以上の懸賞金が予測されます。

 

一方でカイドウはいつも自殺願望を抱いているものの、20年以上前から百獣海賊団はワノ国を植民地として統治するなど、功名心は旺盛です。

ドフラミンゴを従えるなど、リーダーシップも非常に高いです。

 

ロードポーネグリフをひとつ所有しており、最終的にはカイドウもラフテルを目指している様子です。

カイドウはかつて「ロックス海賊団」の一員である可能性も考えられており、今後の展開が期待されます。

 

大看板

 

キング、通称、“火災のキング”

クイーン、通称、“疫災のクイーン”

ジャック、通称、“干害のジャック”

百獣海賊団の「大看板」を務めるキャラクターです。

ジャック自身はマンモス号の船長を務めます。

異名は「干害のジャック」。この由来はジャックが通った場所はぺんぺん草も生えないほど干上がるということから来ています。

そのため見た目さながら残酷な人物であり、ジャックの懸賞金は10億ベリーと、その強さはビックマム海賊団のカタクリにも匹敵するほどです。

悪魔の実は「ゾウゾウの実」の能力者です。

 

真打ち

 

X・ドレーク

シャボンディ諸島にて超新星と呼ばれた海賊のひとりです。

顎に十字傷があるのが特徴です。

冷静沈着ですが、登場シーンが少ないために海賊になった由来などの全貌は不明です。

元海軍本部少将という異色の経歴の持ち主で、政府、海軍の内部情報も知っている模様です。

海軍マークを改変したような海賊旗を掲げ、乗船も海軍の軍艦の色を塗り替えたものとなっています。

ゾオン系古代種の能力者であり、大型肉食恐竜へと変身します。

 

バジル・ホーキンス

基本的に冷静沈着な性格です。

日常的にタロットのようなカードを取り出し、それを自らの能力で展開した藁の触手の上にまるで空中に配置するかのように並べて様々な物を占います。

冗談が大嫌いで意外と短気な面もあります。

アプーやキッドとの面会では誰よりも早く、話し合いすら始まっていない段階で帰ろうともしました。

 

「ワラワラの実」の能力者で、全身を藁人形のように変化させることが可能です。

能力を開放すると巨大化し、非常に不気味な容貌に変化します。

 

 

ホールデム、ライオンの能力者

スピード、馬の能力者

【ワンピース】人造悪魔の実SMILE

人工の動物系の悪魔の実です。

元世界政府の科学者、シーザー・クラウンがベガパンクが発見した血統因子を応用して開発した「SAD」を原料とし、ドフラミンゴが本拠地ドレスローザにもつ製造工場で「SMILE」という果実に変えました。

ドフラミンゴはこの「SMILE」を新世界の大物との取引に使っており、カイドウが主な納入先となっています。

カイドウは百獣海賊団の船員にこの「SMILE」を食べさせて、500人を超える強力な動物系軍団ギフターズを結成しています。

 

【ワンピース】大幹部である災害の戦闘力

“干害のジャック” ゾオン系 モデルマンモスの実

懸賞金は10億円と破格です。

彼が通った道は、「まるで干害が通ったように朽ち果てる」ことから、干害のジャックとの異名を取ります。

 

“火災のキング”

彼の通り名から推測するに、炎を使った能力者である可能性が高いです。

 

“疫災のクイーン”

通り名からは、何らかの疫病に関する能力者である可能性が推測されます。

 

大幹部「災害」はまだ謎に包まれた部分が多いです。

今後、彼らの能力にも注目しましょう。

 

【ワンピース】ギフターズ

Processed with MOLDIV

頭に黒い二本の装飾があるのが特徴です。

SMILEを食した戦闘員集団であり、身体の一部を動物のそれに変化させ、通常の動物系悪魔の実とも異なる異形の姿になることが可能です。

シーザー・クラウン製作の不完全な人造悪魔の実のためか、モモの助や本物の悪魔の実とも違い、獣型になることは不可能なようで、場合によっては意志を持った動物の頭部と共存することになります。

 

【ワンピース】戦いに敗れて部下になったルーキーは誰?

現在カイドウの部下になったルーキーは、ドレーク、ホーキンスです。

カイドウの飛び降り自殺の際に居合わせたキッドは捕らえられ、アプーは現在消息不明です。

 

【ワンピース】今の麦わら海賊団では勝てない!?

一度はカイドウに挑むも瞬時に返り討ちに合ってしまったルフィ。その後、獄中に入れられてしまいます。

ルフィ救出を狙ったローですが、ホーキンスにより海楼石の針で足止めを食らいます。

ワノ国は海楼石が開発された土地であるため、主戦力のルフィとローの能力が封じられるのはかなりの痛手です。

 

また、キンエモンの作戦通りワノ国では作戦決行までなるべく目立たないという条件が必須でしたが、早くもルフィとゾロは注目を集めてしまいます。

以上のことから対カイドウ戦がかなり不利な運びになってしまった感は否めません。

 

今後、麦わらの同盟はどのようにカイドウと戦っていくのでしょうか。

 

まとめ

まだまだ謎が多いものの、相当な実力者と圧倒的武力で優位に立つカイドウ。果たして彼らを倒す秘策とは何なのでしょうか。

幸いなことにルフィの心は全くへし折れておりませんので、麦わらの同盟たちの反撃を楽しみに待ちたいですね。

尾田先生も書きたくてたまらなかったというワノ国編。読者にとっても最高に読み応えのあるエピソードになることは間違いないでしょう!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です