【ワンピース】映画ヒットの鍵は尾田栄一郎先生の監修!?最もヒットした映画は?作者が関わった劇場版の興行収入とは?

スポンサーリンク

漫画、アニメで大人気のワンピース。

8月にワンピース映画、スタンピードが公開されました。

スタンピードは、原作者で知られている尾田先生が、アニメワンピースが20周年を迎える事で、監修を務めていて、キャラクターや、デザインの方を自ら考え描いています。

万博をテーマに、しているのでお祭りのようなストーリで、原作で登場したキャラも登場します。

初日の映画館では、物凄い数のワンピースファンが、集まったそうです。

ネットの情報で、尾田先生が、監修を務めている事が知られているので、期待を裏切らない映画とファンは、分かっているので映画を観に集まったと思います。

その証拠に、尾田先生が監修をした映画は、どれも大ヒットしています。

この勢いだと、スタンピードは大ヒットして、大人気映画ドラゴンクエストユアストーリを抜くのではないでしょうか。

そこで今回は、尾田先生が、監修を務めると必ず大ヒットする映画の秘密について調べてみました。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】毎年公開されていた劇場版

尾田先生が、これまで毎年公開されていた劇場版ワンピースを調べたので書いてみました。

劇場版ワンピース
  1. 2000年3月4日 ONE PIECE
  2. 2001年3月3日 ONE PIECE ねじまき島の冒険
  3. 2002年3月2日 ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国
  4. 2003年3月1日 ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険
  5. 2004年3月6日 ONE PIECE 呪われた聖剣
  6. 2005年3月5日 ONE PIECE オマツリ男爵と秘密の島
  7. 2006年3月4日 ONE PIECE カラクリ城のメカ巨兵
  8. 2007年3月3日 ONE PIECE エピソードオブアラバスタ砂漠の王女と海賊たち
  9. 2008年3月1日 ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー冬に咲く、奇跡の桜
  10. 2009年12月15日 ONE PIECE FILM STRONG WORLD

ここまでが、毎年の春に公開されたワンピースの映画です。

予想ですが、春休みのお子さんが多いのでそれに合わせて公開したのかもしれません。

ストロングワールドに関しては、尾田先生がはじめて監修を務めています。

春ではなく、冬に公開されています。

本当は、ストーリも完成していて春に、上映する予定だったのですが、はじめて監修を務めるので、出来上がったストーリを捨てはじめから作り直したので上映が、12月になってしまいました

その後の、2年後に、ワンピース3D 麦わらチェイスが、春に上映されます。

この作品は、はじめて3D化され上映時間も短くトリコとコラボ映画です。

その後の映画は、上映される年もバラバラで、ワンピースZ、GOLD、スタンピードは尾田先生が、監修を務めています。

 

【ワンピース】興行収入は右肩下がり?

はじめて、公開された劇場版ワンピースも同時に上映されたデジモンの効果もあり子供達に人気あることから興行収入21憶円の売り上げを記録しています。

その後に、公開されたワンピース映画、ねじまき島の冒険では、30憶円の興行収入を記録して大ヒットしました。

同時上映で、ウソップ編で登場したジャンゴが躍るダンスカーニバルを観たいと思って映画館に足を運んだファンもいるはずです。

映画のエンディングでは、劇場版では、仲間になっていないチョッパーや、ニコ・ロビンや敵であるバロックワークスのクロコダイルを、登場させたので人気がでたと思います。

その後の、映画も人気がそこそこにあり興行収入20憶円と記録しましたが、6作目の映画、ワンピースオマツリ男爵と秘密の島では人気が落ち興行収入12憶円と8億も落ちました。

ワンピース エピソードオブアラバスタ砂漠の王女と海賊たちと、ワンピースエピソードオブチョッパー冬に咲く、奇跡の桜に関しては、完全に人気が落ちて興行収入の方も9億円と記録しています。

この映画に、関しては、テレビで放送されなかった所も加えて新作も取り得て上映されていますが、オチが、テレビ放送された同じネタなので人気が落ちた原因だと思います。

ネタが無く間に合わせで制作した感じがします。

ワンピース映画もちょっとずつ人気が落ちていましたが、この2作でとどめを刺されたと感じがします。

 

【ワンピース】ミスチルにつられて作者が監修

映画の人気も、落ち興行収入の方も伸びない事に悩んでいた尾田先生の所に、10作目の映画ワンピースストロングワールドの制作の依頼がきたのですが、尾田先生は、原作しか仕事をしないと映画制作スタッフに仕事の依頼を断っていました

何度も、尾田先生の家に、映画の依頼を頼みに来るスタッフに、尾田先生は、仕事を断りきれずスタッフに条件を提案します。

それは、ワンピースストロングワールドの主題歌を、ミスターチルドレンが歌ってくれたら仕事の依頼を受けてもいいとスタッフに言います。

尾田先生は、昔からミスターチルドレンの大ファンだったのでスタッフに提案したと思います。

これは予想なのですが、尾田先生は、半分冗談で言ったと思います。

そして、スタッフが、ミスターチルドレンのボーカル桜井さんの所に、映画の主題歌を、頼みに行った所、桜井さんは、OKをしてくださいました

今までワンピースを知らなかった桜井さんは、子供と一緒にワンピース映画を観に行って感動してファンになったと語っています。

桜井さんは、ワンピースの主題歌の依頼が来た時、物凄く喜びすぐにスタッフにOKをしたと思います。

OKしてくれた桜井さんの報告を、受けた尾田先生は、とても喜び映画のストーリーも完成していたのですが、完成していたストーリを捨て、一から作り直して自らプロデューサーを務めています。

尾田先生がやる気になり、監修を務めたのは、ミスターチルドレンが主題歌を歌ってくれた事がきっかけです。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】『STRONG WORLD』で覆した劇場版の世界観

はじめて、監修を務め本気で、制作したストロングワルードは、今までのワンピース映画とはくらべものにならないくらいの作品です。

映画では、ワンピース0話で登場した、伝説の海賊団ロジャーのライバル、シキを登場しています。

本来なら、映画制作するスタッフが、敵やキャラクターを考え制作するのですが、監修を務める尾田先生が、敵やキャラクターやデザインを考え「原作者である自分にしかできないこと」を胸に刻み制作に取り組んだ作品です。

映画の終盤では、ルフィ達は、スーツ姿となりナミを、助けにシキの所に乗り込みシキ銃を使う場面もありました。

原作では、あり得ない世界観を、ストロングワルードでは尾田先生は、描いています。

 

【ワンピース】『Z』の脚本は有名放送作家?

ストロングワルードも大ヒットして、その次に制作されたワンピース映画、ワンピースフィルムZも、大ヒットを記録しました。

監修を務める尾田先生が、作った映画だからヒットした理由もありますが、有名な作家さんが脚本を書いているのでヒットしたのではないでしょうか。

その作家さんは、今は放送を打ち切りとなったスマスマやほこ×たてやめちゃイケの放送作家で知られている鈴木おさむさんです。

鈴木おさむさんが、脚本を引き受けた理由は、ワンピースのプロデューサーと知り合いという事もありますが、ワンピースのファンだから仕事を引き受けたと語っています。

原作を密着して、海軍を軸に、ボルサリーノの先生だったゼファーが海軍を辞めその後のストーリーを脚本にしています

子供だけではなく、大人でも楽しんでもらいたいと言う思いから鈴木おさむさんは、脚本を書いています。

 

【ワンピース】作者参加でリンクし始めた原作と劇場版

尾田先生は、映画監修を務める前に、ワンピース映画に自ら参加して声優を務めています。

その映画は、珍獣島のチョッパー王国と同時に上映されたワンピース夢のサッカー王にオダッチ役として声優を務めています

作者である尾田先生が参加したことで原作と劇場版とリンクをしてヒットした作品の一つです。

 

【ワンピース】『Z』で記録した興行収入とは?

ワンピースフィルムZは、尾田先生が監修を務め、有名作家鈴木おさむさんが脚本をかいた効果もあり大ヒットしました。

そして、気になる興行収入は、68憶円も売り上げに成功しました。

今までのワンピース映画作品の中で、最高記録を達成した作品となりました。

 

【ワンピース】ナミにフューチャーした『GOLD』

前作の映画、ワンピースフィルムZに続き尾田先生は、ワンピースフィルムゴールドの方も総合プロデューサーとして映画を制作しています。

映画の舞台を、ラスベガスのようにして黄金に輝く空を飛ぶ船を、カジノにしています。

ルフィ達は、海賊なのにお金を盗まない海賊と知られています。

そこで、この映画では、ルフィ達が、お金を狙う事をテーマにして尾田先生は、映画に力を入れています。

お金と言えばナミと言う事で、原作のストーリーを崩さず映画で登場するカリーナとふかい関係がある映画に仕上げています

 

【ワンピース】20周年お祭り作品としての『STAMPEDE』

今年で、アニメワンピースが20周年を、迎える事で出来上がった映画が、ワンピーススタンピード。

この映画で、尾田先生は、監修を務めるは4度目となります。

尾田先生は、20周年を迎える、スタンピードに物凄く気合を入れて制作に取り組んでいます。

夏に公開されたので、ルフィの服も夏休みにちなんで夏服に変えて登場しています。

スタンピードのテーマは、海賊万博にしているのでお祭り作品としています。

スタンピードの黒幕である、ブエナ・フェスタは、祭り好きと設定されていて海賊達を集めお祭りのように熱狂させ戦争を起こそうとして登場しています。

尾田先生はテーマが海賊万博なので、お祭り好きのキャラを考え登場させたと思います。

 

【ワンピース】『STAMPEDE』は『Z』を越えられる?

ワンピースフィルム ゴールドも尾田先生が、監修を務め大ヒットしたのですが、ワンピースフィルムZの記録を超える事は、できませんでした

今年公開された、ワンピーススタンピードは、ワンピースフィルムZの記録を超える事は出来るのでしょうか?

そこで予想して書いてみました。

調べて分かったのですが、8月に公開されて8月25日に映画を観に行って観客の数は、311万7、929人を記録した事が分かりました。

興行収入も、41憶円を突破した事がわかりました。

映画の観に行った人達の口コミも、とても評判がよく今回の映画はヤバい絶対に観に行った方がいいと言う口コミが多かったです。

スタンピードはまだ上映しているので、このまま行けばワンピースフィルムZを超える勢いだと思います。

 

まとめ

尾田先生が、映画の監修を務めたのは、ミスターチルドレンが主題歌を、歌ってくれる事で監修を務めた事が分かりました。

もしミスターチルドレンが仕事を、断っていればストロングワルードの作品が出来ず尾田先生も、映画作りから手を引いたと思います。

ミスターチルドレンが、仕事の依頼をOKしたので、尾田先生が、監修を務め今年の映画スタンピードが、完成して無事に上映されたと思います。

尾田先生には、この先でも監修を務めてもらいファンが、驚く映画を作ってもらいたいです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です