【ワンピース】頂上戦争で崩壊!?四皇の1人である白ひげが率いる白ひげ海賊団とは!?

スポンサーリンク

かつての四皇の1人であり、世界最強と呼ばれた男、白ひげが率いる海賊団、その名も白ひげ海賊団。

大海賊時代、最強と呼ばれた白ひげ海賊団は多くの島を縄張りとして、四皇まで上り詰めた大海賊団です。

 

今回は、海賊王ゴール・D・ロジャーの海賊船の敵船でもあったこの偉大なる白ひげ海賊団について調べてみましょう。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】世界最強と言われる男、エドワード・ニューゲート

白ひげ海賊団の船長は、白ひげことエドワード・ニューゲートです。

ゴール・D・ロジャーが処刑後は、白ひげが世界最強の男であり最もワンピースに近い男と言われていました。

 

白ひげはグラグラの実の能力者です。

グラグラの実は振動を起こすことで地震を起こし、またその地震から津波さえも起こす事が出来てしまう破壊的な悪魔の実です。

 

また、悪魔の能力者ということだけではなく、白ひげは覇王色の覇気の持ち主でもありました。

当時の海軍本軍元帥のセンゴクに「世界を滅ぼす力を持っている」と言わせるほど、白ひげは名実ともに最強の男でした。

マリンフォード頂上戦争では、老いと病気で衰弱している体であっても白ひげは最大戦力として戦い、敵からどんなに攻撃を受けようとも決して倒れることなく仁王立ちの状態でこの世を去りました。

 

【ワンピース】白ひげ海賊団は大所帯

白ひげ海賊団は16の部隊から成り立つ総勢1600名の大所帯です。

 

ゴール・D・ロジャー海賊団と戦ってきた時代からの船員も多く、知識と経験の豊富な船員達が多く集まっていました。

その他にも白ひげ海賊団は43の海賊団を傘下に置き、5万人の総兵力を誇っていました。

傘下の海賊団も新世界で名を馳せるほどの実力のある海賊達ばかりです。

 

白ひげ海賊団は総兵力数と実力ともにどこにも負けない世界最強の大海賊団だったのです。

 

【ワンピース】船員達はみんな「息子」

白ひげは傘下の船員達も含めて、すべての船員達を「息子」と呼び、船員達は白ひげを「親父」と呼んでいました。

白ひげは船員達を本当の自分の子供のように愛し、また船員達もそんな白ひげを本当の親のように慕っていました。

 

まだ白ひげがとある海賊団の一船員だった若かりし頃、白ひげは財宝に興味を示さずにいたため、仲間達に欲しいものは何かと尋ねられます。

その時の白ひげの答えが「家族」でした。

 

白ひげは世界政府に加盟することが出来ず無法と化した島の出身の孤児だったのです。

そんな白ひげが一番欲しかったものが家族だったのです。

 

【ワンピース】白ひげ海賊団の隊長達

世界最強と呼ばれた白ひげ海賊団の隊長達は、言うまでもなく実力者の集まりです。

 

悪魔の実の能力者も存在し、「不死鳥マルコ」の異名を持つ1番隊隊長のマルコはトリトリの実の能力者です。

トリトリの実の能力によって攻撃を受けても再生する力を持つマルコは武装色の覇気使いでもあり、16部隊のまとめ役的な存在でもあります。

 

2番隊の隊長はずっと欠番扱いでしたが、一海賊団を1人で抑えたその実力を認められてメラメラの実の能力者である火拳のエースが2番隊の隊長となります。

 

3番隊の隊長のジョズも自身の体を固いダイヤモンド変えることができるキラキラの実の能力を持つ強者です。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】エースの心の父

火拳のエースことポートガス・D・エースの実の父親はあの海賊王であるゴール・D・ロジャーです。

 

世間的にはロジャーは大罪人であるため、エースはロジャーの息子という事実を隠して少年期を過ごさなければなりませんでした。

それ故にエースは自分の価値を自答し続け成長して行きます。

 

そんな父親を知らないで育ったエースにとって、自分を息子と呼び愛してくれる白ひげの存在は、血の繋がりはなくても心から誇りに思える父だったのでしょう。

 

【ワンピース】鉄の掟

船長白ひげが父となり、家族のように白ひげ海賊団は一致団結しています。

 

そして、家族である仲間を大切に思う白ひげ海賊団には決して破ってはいけない鉄の掟がありました。

その鉄の掟こそが黒ひげことマーシャル・D・ティーチが犯した“仲間殺し”です。

 

この仲間殺しを犯した者は絶対に許されることはないとされていました。

 

【ワンピース】黒ひげと白ひげ海賊団の関係

多くの海賊達が白ひげを親父と心から慕い仲間となって行く中、黒ひげは初めから白ひげを裏切りつもりで白ひげ海賊団に入ります。

 

黒ひげは仲間を殺してヤミヤミの実を奪って逃亡します。

そして、自分を捕まえに来たエースを逆に捕らえて世界政府に差し出します。

 

黒ひげのこの2つの裏切りにより、白ひげ海賊団は黒ひげを完全に敵対するようになります。

 

【ワンピース】マリンフォード頂上戦争の結果

処刑されるエースを救うため、傘下も含めた白ひげ大海賊団がマリンフォードに駆けつけます。

白ひげ海賊団は、同じくエース奪還のためにやってきたルフィを援護し、エースを解放向けて総力を尽くします。

 

エース解放後、白ひげは最後の船長命令として自分が戦場に残る代わりに船員全員に生きて帰還することを告げます。

しかし、エースは海軍大将赤犬からルフィを守るために命を落としてしまいます。

 

白ひげは怒って赤犬に攻撃をしますが、この戦争で既に多くの攻撃を受けていた白ひげはその後の赤犬からの反撃と黒ひげ海賊団の総攻撃を受けて、最後にワンピースは存在するという言葉を残して息絶えてしまうのでした。

 

【ワンピース】親父亡きあとの白ひげ海賊団の行方

親父こと白ひげ亡き後、白ひげ海賊団は黒ひげ海賊団に戦いを挑みます。

この戦争は落とし前戦争と呼ばれ、黒ひげ海賊団が勝利を収めます。

2つの悪魔の実の能力を持った黒ひげに白ひげ海賊団は勝つことが出来なかったのです。

 

その後、白ひげ海賊団の1番隊隊長のマルコは白ひげの故郷の村で医者として暮らしていることは判りましたが、他の隊員についての情報は判っていません。

 

まとめ

世界最強と言われた男を船長に持つ、世界最強の海賊団はいかがでしたでしょうか。

 

マリンフォード頂上戦争での白ひげ海賊団の活躍があったからこそ、エースの意思、そしてDの意思が新時代にも引き継がられています。

 

白ひげ海賊団が君臨した大海賊時代という一時代が終わり、今新たに始まった新時代。

新時代はどんなストーリーが待ち受けているのでしょうか。

これからの展開にも目が離せません!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です