【呪術廻戦】天内理子(あまないりこ)の切なすぎる最期!本当は一緒に帰りたかった?理子を撃った犯人とは?

スポンサーリンク

今回は天元の「星漿体」であり、悲劇の死を遂げた天内理子(アマナイ リコ)について掘り下げていこうと思います。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】仲が良かった五条と夏油

天内理子が登場した“五条悟過去編”(壊玉~玉折編)は文字通り五条の学生時代の話であり、彼が最強呪術師となる以前の話です。

当時呪術高専2年だった五条悟は同級生の夏油傑ととても仲が良く、2人合わせて“最強”と呼ばれていました。(現代では五条1人で最強)

よく喧嘩をする2人でしたが、彼らには「喧嘩するほど仲がいい」という言葉がぴったり当てはまります。

最強ではなかったにしても学生にしてはとてつもない強さを誇り術式も優秀な五条と、滅多にいない呪霊操術の使い手で体術・頭脳共に優れている夏油のコンビは“向かうところ敵無し”状態でした。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】天内理子の護衛を任される

ある日五条と夏油の2人に任務が言い渡されます

その任務というのが、“天元の「星漿体」こと天内理子が無事に天元と同化できるように護衛する”というものでした。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】天内理子の性格は?

天内は普通の学校生活を送ることを望むような、まだ年端もいかない少女です。

さらに幼い頃に両親を亡くしているせいか、使用係である黒井美里に懐いており親子のような仲でした。

もともと人懐っこい性格なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】「星漿体」とは?

天元とは同化する運命にある人間のことです。

天元は不死ですが、不老ではありません。

500年に1度のペースで天元と適合する人間「星漿体」と「同化」し、肉体の情報を書き換える必要があります。

そうしなければ術式が肉体を創り変え、人ではなくなり意思のない高次存在に進化してしまいます。

そうなってしまったとき、天元は天元として機能しなくなってしまい、最悪の場合には、天元は人類の敵になり世界が崩壊すると言われています。

つまり「星漿体」は天元を生かす装置のような存在ということです。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】理子の殺害を依頼した団体は?

天内の暗殺を依頼した団体は盤星教「時の器の会」という非呪術師によって結成された天元を信仰崇拝する宗教団体です。

盤星教は天元と理子の適合を快く思っていませんでした

彼らは非呪術師の集まりであるため戦闘力は皆無ですが財力はあるため、伏黒甚爾に3000万円の報酬で星漿体・天内理子の暗殺を依頼しました。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】同化をやめた理子

任務開始序盤は「天元様との同化は名誉な事であり恐れてはいない」と言っており、「覚悟はできている」といった態度でした。

しかし五条たちとバカンスや水族館を楽しんでいる中で自らの本当の気持ちに気づき、最後には「もっと皆と一緒にいたい」と本音を吐露します

五条と夏油も「彼女が天元様との同化を是としない場合、彼女の意思を尊重し全力でそれを阻止する」と任務開始前から決めていました

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】理子の命を奪った伏黒甚爾

伏黒甚爾は天内を殺すため、まず強力な術式を使う五条を疲労させることにしました

盤星教から受け取った手付金を利用し天内に賞金をかけ、他の呪詛師に天内を狙わせます。

当然夏油と五条によって呪詛師は撃退されますが、48時間の間賞金がかかっていることで五条は不眠で術式を使い続けました。

48時間が経過し、天内の賞金が解除されたことで術式を解除し、疲弊した五条の胴体を伏黒の不意打ちが貫きます。

五条はそれでも任務を優先し、夏油に天内を託し自らは時間を稼ぐために伏黒甚爾との戦闘を開始。

その間に夏油は少女を連れて天元のいる薨星宮へと到着することに成功しました。

先述した通り、天内は「星漿体」として天元と適合することを拒否し、夏油もまたそれをよしとします。

夏油が天内の手を取ろうとした瞬間、銃声が響き、天内は撃ち殺されました

銃声の方向から伏黒甚爾が現われます

五条を殺し追いついてきた伏黒は夏油をも戦闘不能にし、立ち去ります。

全てが伏黒の計画通りでした。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】覚醒した五条と闇落ちした夏油

天内の遺体を盤星教に届けたことで暗殺を成功させ、帰路につく伏黒の前に五条が現われます。

五条は死の淵をさまよったことで反転術式を会得し傷を癒やしたことで、ギリギリのところで生きていました

覚醒し現代最強呪術師と成った五条は伏黒を撃破し、瀕死の夏油の元へ向かいます。

場面は切り替わり、盤星教に預けられた天内の遺体を引き取る五条と夏油が描かれます。

天内の死を笑顔で喜ぶ盤星教信者を見て五条は「殺すか」と夏油に問います。

夏油は「意味が無い」と返したことにより五条は信者たちを殺しませんでしたが、この頃から夏油は非呪術師に少しずつ嫌悪感を覚え始めます

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】理子の遺体の行方は?

天内の遺体は銃殺した伏黒甚爾によって盤星教に届けられました。

しかし五条・夏油が盤星教を訪れた際に持ち帰ったと思われる描写があるので、おそらく高専が処理したのでしょう。

余談ですが、伏黒によって天内は殺されてしまいましたよね。

言い伝え通りならば、天元は術式が肉体を創り変え、人ではなくなり意思のない高次存在に進化してしまいます。

しかしこのときなぜか天元はいつも通り安定していました

なぜ安定しているのかは定かではなく、「他の星漿体がみつかった」説などがありましたが真相は闇の中です。(呪術界上層部が何らかの情報を知っている可能性はアリ)

この“天元”という存在は回を追うごとに謎が深まっていくキャラクターで、本当に存在しているのか、本当は敵説、などがネット上では流れています。

 

スポンサーリンク

まとめ

五条悟過去編”(壊玉~玉折編)は、彼が最強呪術師となる以前の話です。

当然夏油はまだ高専を裏切っておらず、五条と夏油は最強のコンビでした。

ある日五条と夏油の2人に“天元の「星漿体」こと天内理子が無事に天元と同化できるように護衛する”という任務が言い渡されました。

天内はまだ年端もいかない少女で、人懐っこい性格です。

「星漿体」とは、天元と同化する運命にある人間のことで、500年に1度のペースで天元と適合する。

天内の暗殺を依頼した団体は盤星教「時の器の会」という非呪術師によって結成された天元を信仰崇拝する宗教団体です。

任務開始序盤は「天元様との同化は名誉な事であり恐れてはいない」と言っており「覚悟はできている」といった態度の理子でしたが、「もっと皆と一緒にいたい」という気持ちに気づきます。

伏黒甚爾の計画により五条は殺害され(この時点ではほぼ死んでいた)、夏油も瀕死の重傷を負い、天内は殺害されてしまいました

伏黒甚爾により死の淵をさまよった五条が最強として覚醒した一方で、夏油は非呪術師を守ることに疑問を抱くようになっていきました。

理子の遺体は五条・夏油が盤星教を訪れた際に持ち帰ったと思われる描写があるので、おそらく高専が処理したものと思われます。

今回は「生まれたときから星漿体であった」という過酷な運命を背負わされてしまった女子中学生・天内理子について掘り下げてみました。

その天内がやっと自分の意思で同化を拒否した矢先に伏黒甚爾に殺害された時には筆者も言い様のない怒りを覚えました。(笑)

殺害されてしまったためこれから登場することは無いと思われますが、天元との同化を拒否し、普通の中学生としての人生を送る天内理子の姿を見てみたかったものです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です