スポンサーリンク

【呪術廻戦】懐玉編で夏油傑の高専時代が描かれる?夏油傑と五条悟は最強のコンビだった!?

スポンサーリンク

現在では、呪霊たちと結託し、密かに活動を再開している夏油傑。

そして、日本に4人しかいない特級呪術師の一人であり、百人を超える一般人を呪殺して呪術高専を追放された最悪の呪詛師。

かつては、最強と呼ばれている五条悟と組み依頼事件を解決し、最強コンビと呼ばれていました。

夏油傑を、ダークサイドに落ちるきっかけとなったのが、高専時代が描かれた「懐玉編」

今回は、夏油傑の高専時代のことについて詳しくご紹介します。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】懐玉編のあらすじ

呪術廻戦/@芥見下々

屋敷の中で、任務調査を行う冥冥と歌姫。

敵に呪霊の結界をはられた事から、どちらが先に脱出し、応援を呼ぶと考え二手に分かれて行動します。

屋敷の天井がいきなり破壊され、助けに来た!と言う歌姫に発言する五条悟。

助けに来た五条と喧嘩する歌姫の背後に、敵が現れ飲み込まれそうになる所を、夏油傑が助けます。

呪術高に戻った五条と夏油に、夜蛾学長が新たな任務を二人に伝えます。

その任務は、「星漿体の天元様との適合者である天内理子の護衛」と「抹消」。

そして、天元様と星漿体の同化は二日後の満月まで、天内理子を護衛し、天元様の元まで送り届けるのが、五条と夏油の任務。

もし、失敗すればその影響は一般社会までに及ぶ!心してかかれ!と二人に激励する夜蛾学長です。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】懐玉編は何巻?

呪術廻戦/@芥見下々

原作呪術廻戦、8巻サブタイトル「懐玉」第65話から9巻サブタイトル「玉折」第75話懐玉拾壱までが夏油傑の「高専時代が描かれた懐玉編」です。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】夏油傑と庵歌姫の関係性とは?

呪術廻戦/@芥見下々

呪術高専京都校に所属し、準1級呪術師である庵歌姫と高専時代の夏油の関係は「先輩と後輩」の関係です。

作中では、助けに来た五条悟と喧嘩する歌姫の後ろから敵が、姿を現す飲み込もうするところを、「飲み込むなよ!後で取り込む」と言い歌姫を助け登場する夏油。

五条に「弱い者をイジメるのは良くないな」と言い、五条に「強い者をイジメる馬鹿がどこにいる」と言う夏油に言葉を返す五条。

ナチュラルに歌姫を、煽った言葉をかけたせいで、歌姫に睨まれる夏油です。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】夏油傑と五条悟の関係性とは?

呪術廻戦/@芥見下々

現在では、敵対としている夏油と五条。

高専時代は、共に任務をこなし、最強コンビと呼ばれ「親友同士」の関係でした。

作中では意見があわないことから、喧嘩するところも描かれていますが、共に信頼しあっていた二人と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】夏油傑と家入硝子の関係性とは?

呪術廻戦/@芥見下々

数少ない人物でしか、使用できない反転術式の能力を持ち、高専の医師である家入硝子。

高専時代は、同じクラスの「同級生」でした。

先輩の庵歌姫と仲良しで、歌姫に五条と夏油のようになっては駄目!と言われた時には、「なりませんよ!あんなクズ共みたいに」と言う家入。

しかし、家入も相当な不良(クズ)で、10代の頃から喫煙し、高専卒業後に医師免許をごまかし(ズル)をして習得したことが明かされています。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】懐玉編で依頼を受けた夏油傑の任務とは?

呪術廻戦/@芥見下々

高専時代の夏油傑の任務は、天元様と同化の器となる、初期化を担うという体質を持った「星漿体」の「天内理子の護衛と抹消」です。

この任務は、タイムリミットがあり、天元様と理子が同化するのは二日後の満月。

それまでに、命を狙う敵から理子を護衛し、天元様のもとまで、送り届けると言う、夏油達にとっては少し荷が重い任務。

もし、失敗することがあれば、その影響は一般社会までに及ぶ!心してかかれ!と夏油達に伝える夜蛾学長。

夏油達なら、任務を果たすと信じている学長ですが、最悪の事態も起きえると考えて厳しく夏油達に「心してかかれ!」と言い伝えています。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】天内理子との出会い

呪術廻戦/@芥見下々

天内理子がいる、ホテルに向かう夏油と五条。

ホテルの最上階から、爆発音がなり少女を落として死亡させようとするQの戦闘員であるコークン。

落下する少女を、能力を使って救出する夏油。

助けた少女が、天元様と同化する星漿体である天内理子と気づく夏油。

「落下する理子を救出するところから、出会いの始まり」。

理子を襲ったコークンは、夏油の呪術で倒されてしまいます。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】天内理子を狙う敵とは?

呪術廻戦/@芥見下々

天内理子の命を狙う敵は、「呪詛師集団Q」と盤星教の「時の器の会」です。

Qの狙いは、理子を亡き者にして、天元の同化を阻止し、天元の暴走による現在の呪術界の転覆を企んでいるため、戦闘員のコークンとバイエルに理子を襲撃させています。

盤星教は、天元を信仰、崇拝する宗教団体なのですが、純粋な天元と「星漿体」でしかないただの少女が同化することが許せなくて、理子の命を狙っています。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】夏油傑は任務を全うした?

呪術廻戦/@芥見下々

呪詛師Qの魔の手から、理子を救出した夏油達でしたが、理子に敵と思われてしまいます。

そこに、世話役の黒井が現われ理子に、説明したことで、誤解がとかれる夏油達。

理子が通う女学院に、理子に懸けられた懸賞金を目当てに二人の呪詛師達が襲撃。

五条と二手に分かれて、老人の呪詛師と戦う夏油。

夏油の呪術で走馬灯を見せられて、老人の呪詛師は敗北。

紙袋を被った呪詛師も、夏油が倒す予定でしたが、黒井の柔術で敗北するのですが、二人の隙を見計らって逃亡。

そして、盤星教の拉致犯に黒井をさらわれたことを、謝る夏油。

拉致犯が、理子と黒井の交換取引場所となる沖縄に行き、黒井を救出する夏油達。

何故?拉致犯が、取引場所を沖縄に指定した事に疑問に思い、沖縄空港を占拠するのでは?と予想した夏油は、後輩の灰原雄と七海建人を呼んで空港の占拠を阻止するために派遣させていました。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】夏油傑VS伏黒甚爾

呪術廻戦/@芥見下々

夏油と一緒に、皆の所に帰ろうとする理子に、頭上に銃弾を撃たれ倒れる理子。

理子の頭を銃で撃ちぬいて殺し、「はい!お疲れ」「解散、解散」と夏油の前に現れる伏黒甚爾。

何で?お前がここにいると、驚く夏油。

五条が伏黒に負けるはずがない!と信じて言ったのでしょう。

なんでって?そう言う意味ね!と理解し、言葉を夏油に返す伏黒甚爾。

「五条悟は、俺が殺した」と夏油に発言。

「そうか!なら死ね」と言い攻撃する夏油。

そして、自分の能力について説明する伏黒に、「天与呪縛だろ?」と言い知りたいのはそこではない!と伏黒に言います。

何故?ここへと続く扉が分かった?

自分達は、毛程も残穢を残さなかったと言う夏油。

人間が残す痕跡は、残穢だけではない!

「臭跡、足跡」「五感も呪縛で底上げされているのだよ」と発言する伏黒。

ここに来る途中で、女性(黒井)がいただろう!

彼女はどうした?と伏黒の聞く夏油。

「多分、死んでいるんじゃないの」「殺す気も、生かす気も無かったけどね」と伏黒のふざけた言葉に、「そうか!お前は、やはりここで死ね!」と伏黒に怒る夏油です。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】懐玉編で夏油傑は死亡した?

呪術廻戦/@芥見下々

虹龍を呪具で切り裂く伏黒。

最高硬度の虹龍を切り裂かれた事に驚く夏油。

仮想怨霊の口裂け女に、「わたし、綺麗?」と聞かれ、「趣味じゃねーよ」と言い返しハサミ攻撃を呪具で払う伏黒。

間合いに入った夏油に、「終わりだ!」と言う伏黒。

お前がな!と返す夏油でしたが、伏黒が持つ格納呪霊にはじかれ、呪具で体を切り裂かれる夏油。

倒れる夏油に、術師なら死なない程度に斬った。

式神使いなら殺していた!

お前が、死んだ後に取り込んだ呪霊がどうなるか?分からん。

ここで、面倒ごとはゴメンだ!

親に恵まれたな!と言い、倒れている夏油の頭を蹴る伏黒。

だか、その恵まれた貴様らが呪術を使えない俺みたいなサルに負けたことをよ!

長生きしたければ、忘れるな!と勝利の言葉を言う伏黒。

そして、恵の名を自分がつけた事を思い出す伏黒です。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】懐玉編の結末

呪術廻戦/@芥見下々

理子の遺体を、抱きかかえる五条に、拍手する盤星教の信者達。

そこに、夏油が現われ、「遅かったな傑」「いや、早い方だな」と言う五条。

五条が、無事で生きていたことに、驚く夏油。

伏黒に斬られてしまった夏油でしたが、家入に治癒してもらったことで助かっています。

戻ろうする夏油に、信者達を殺すか?と聞く五条。

殺しても意味がないと言う夏油。

主犯の人間は逃げ、この団体もじき解体されることで、夏油は殺しても意味がないと言っているのでしょう。

夏油の言葉に、「それ、本当に必要か?」と聞く五条。

「大事なことだ」「特に術師にはな」と言う夏油

懐玉編は終わり、五条達の一年後が描かれた玉折編に突入します。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】夏油傑が抱えた違和感とは?

呪術廻戦/@芥見下々

夏油は、理子の遺体を見ながら拍手する信者達を殺しても意味が無いと五条に、言っていましたが、実は違和感を感じていました。

「呪術は弱者(非術師)を守るためにある」とモットーにしていた夏油。

信者の非術師達が殺害された理子の遺体を拍手で迎え喜んだ光景を見て、非術師は守るべき者、という信念に疑念を抱き始める夏油です。

 

スポンサーリンク

まとめ

呪術廻戦/@芥見下々

伏黒甚爾に理子を殺害されたことで、任務は失敗する結果になってしまった夏油達。

盤星教は「非術師の集団」と知っていて特に警戒する必要がないと言った夏油の油断あったと言える事件でした。

もし、盤星教に夏油達と戦える呪術師がいると予想していれば、理子の殺害が阻止が出来、夏油も現在のように変わることがなかったと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA