【呪術廻戦】渋谷事変編で釘崎野薔薇は死亡した?釘崎野薔薇が助かる可能性はゼロじゃない!?

真に純粋な本物の人間(呪霊)だけがいる世界を実現させるために、「呪術師」にどうすれば勝てると夏油傑に相談する漏瑚。

その勝ち方の方法を、漏瑚に教える夏油。

一つは、両面宿儺である虎杖悠仁を仲間にすること

二つ目は、五条悟を戦闘不能にすることを言います

メカ丸を殺害後に、渋谷に帳をはり、五条悟を封印する計画を実行する夏油一派。

呪術師対呪霊、呪詛師、一般市民を巻き込んだ闘いが始まります。

今回は、虎杖や伏黒に、「喜べ男子!紅一点よ」と言い男勝りの「釘崎野薔薇」をご紹介します

 

【呪術廻戦】渋谷事変編のあらすじ

2018年10月31日、時刻19時、東急百貨店 東急東横店を中心に半径400mの帳が降ろされます。

渋谷はハロウィンの真っ最中で、「五条悟を連れてこい!」と言う人々。

そして、地下には多くの特級呪霊達がいます

渋谷ヒカリエシンクスに姿を現す五条。

場所を一回りし、把握した五条は敵の狙いを知り、乗ってやると言います

漏瑚達に、ここで負けたらいい訳は出来ないと煽る五条の言葉に、お前こそ初めて敗北した時の言い訳は考えてきたか?と言い返す漏瑚。

五条が逃げないように、出口を封鎖し、人間達を人質にする漏瑚

人質となった人間達を巻き込み、五条悟と漏瑚達の戦いが始まります

 

【呪術廻戦】渋谷事変編は何巻?

原作呪術廻戦、10巻第83話から16巻137話までが、夏油達の目的である「五条悟を封印」する「渋谷事変編」です

 

【呪術廻戦】禪院班のメンバー

渋谷マークシティ・レストランアベニュー入り口で待機していたのは、釘崎野薔薇、特別1級術師であり、真希の叔父にあたる禪院直毘人、3級術師で釘崎の先輩であり直毘人の姪にあたる禪院真希です

 

【呪術廻戦】釘崎野薔薇は別行動?

帳の外で、新田と連絡を取っていた伊地知が、襲われたことを知った釘崎は真希に伏黒達と分かれた後だから一人だと危険かもと伝えます

真希は、携帯が使えないこと、補助監督がいないと話にならないことから釘崎と新田明を伊地知のもとに向かわせ、直毘人と真希は改造人間達を片付けます

真希が二人を伊地知のもとに向かわされた理由は、危険な目にあっても帳の外ならいざと言う時に逃げられると判断したからでした。

 

【呪術廻戦】釘崎野薔薇VS重面春太

釘崎と補助監督の新田は、禪院班にいたのですが、通話中突然反応がなくなった伊地知のことを心配した新田とそれを聞いた釘崎は、一年先輩の禪院真希に伊地知の身に危険が及んだでは?と話したことで、釘崎、新田に伊地知の様子を見に行くようにと指示を出す真希。

帳 の外を目指して行動途中で、重面に遭遇。

重面の発言から、伊地知が重面にやられたのかもしれないと判断した釘崎は、新田に建物内に隠れるフリをしてそのまま伊地知のもとへ向かうようにと小声で指示を出し、重面との戦闘を開始

重面は釘崎に構わず新田が逃げ込んだ建物に入ります。

そこには新田が血を流し、苦しそうにうめき声をあげながら倒れていました。

隙を突かれて釘崎は左足太ももを重面に剣で斬りつけられてしまいます

傷が浅いと感じた釘崎は、次の動きを取ろうとした瞬間突然顎に衝撃を感じ膝をつく釘崎。

釘崎の顎を殴ったのは重面の剣の持ち手部分の手が作り出した拳。

下顎を強打した釘崎は軽い脳震盪を起こし立っていられなくなってしまいます

動けない新田を人質に取り、釘崎を返り討ちにしようと剣を振り上げる重面春太。

建物のガラスが音を立てて割れ、一人の男が入ってきます。

その男は、1級呪術師の七海建人

普段からポーカーフェイスを崩さない七海ですが、重面を見るその顔には怒りが滲み出ていました。

その理由は、高専時代の一年後輩だった伊地知が、重面に呪具で刺されて重症を負いやられたからでした。

七海を見て、「いいんだっけ。黒じゃないスーツも殺して。」と余裕の笑みを浮かべる重面

右手の拳にただネクタイを静かに巻きつけ戦闘モードに入る七海。

新田を逃がしたことに、「逃げちゃった」と残念がる重面の背後に七海が立ち「仲間の数と配置は?」と質問する七海。

重面はその七海の迫力に底しれぬ恐怖を抱くも、答える気はありません。

額に冷や汗を浮かべながら重面が知らない、と言おうとしたその時、顔面に凄まじい衝撃を喰らい吹っ飛ばされた重面

「十劃呪法」を発動させた七海に、7:3のポイントを殴られた重面です。

観念した重面ですが、七海の術式「十劃呪法」で定めたクリティカルポイントに拳が炸裂し、建物のガラス戸を突き破り、道路を挟んで向かいにある建物まで吹き飛ばされて意識を失った重面

重面春太を瞬殺した七海を、「レベルが違いすぎる」「これが1級術師」と驚く釘崎です。

 

【呪術廻戦】釘崎野薔薇VS真人

道玄逆小路で、うち馬鹿にちょっかい出した特級呪霊は!と言い真人の前に現れる釘崎

そしてバトルが、開始され、簪で真人にダメージを与えます。

口振りから、虎杖と親しいと知った真人は、釘崎を殺し死体を晒して虎杖の魂を折ると考えます。

簪が真人に通用しないことを知っている釘崎ですが、それでも簪を撃つ釘崎。

簪は囮で、釘崎の狙いは、真人に「共鳴り」を打ち込むためでした

真人は、天敵が虎杖だけではないと知ることになります。

 

【呪術廻戦】渋谷事変編で釘崎野薔薇は死亡した?

釘崎と虎杖は、共同作戦で真人を追い詰めていきます。

追い詰められた真人は、「逃げます」と言い逃亡。

地下に逃げ込み、分裂する真人。

分裂した真人は虎杖をスルー(無視)して釘崎を狙います

真人に顔を触れられた釘崎は、虎杖に「皆に伝えて」「悪くなかった」と言い顔の半分が破裂し倒れてしまいます

 

【呪術廻戦】釘崎野薔薇の過去とは?

呪術師の家系で生まれた釘崎野薔薇は、大体のノウハウは祖母に仕込まれ育てられます

小学校1年の頃に、東京から村に越してきた「沙織ちゃん」に対する村人達の陰湿な態度が許せなかった釘崎。

一家の裕福さや振る舞いに「田舎者を馬鹿にしている」と妬んだ村人が陰湿な嫌がらせを続け村から引っ越す沙織ちゃんと両親。

この出来事から、「この村にいたら死んだも同然」という思いを持ったまま歳を重ね中学校卒業を契機に東京に上京することを決心し、二度と戻ることはないと決意する釘崎です

 

【呪術廻戦】釘崎野薔薇が助かる可能性とは?

ダメージを負った虎杖に、俺の術式を施したと言う新田新

新田は、今まで受けた傷はこれ以上は悪化しない、治ってはいないが出血も止まり痛みもやわらぐと言います。

そして、倒れている釘崎にも同じ処置したと虎杖に伝える新田

「呼吸、脈は止まっていたが、時間はそんなに経っていない」「助かる可能性はゼロではない」と言う新田。

ゼロではないだけで、あまり期待しないでくれ!と虎杖に言う新田です。

 

【呪術廻戦】渋谷事変編の結末

真人を助けに来た偽夏油は、真人を取り込みます。

そして、他の呪術師達も参戦。

そこに、脹相が現われ偽夏油は、「加茂憲倫」と発言し正体を明かします

獄門彊を奪うために、偽夏油は呪術師達を攻撃。

そこに、どんな女性が好み?と言い参戦する、九十九由基。

呪力からの脱却と言う九十九由基に、違う呪力の最適化だ!と言い争いする偽夏油。

偽夏油は、自分達の目的を言い、五条悟が封印されている獄門彊を持ち去っていきます

 

まとめ

真人に顔を触れられ顔半分を吹き飛ばされたことで、死亡?してしまった釘崎野薔薇

渋谷事変編が完結後では、虎杖は伏黒に釘崎のことをたずねていましたが、伏黒はだまったままでした。

新田新の術式を、施したことで、助かる可能性があるので、釘崎の復活を願いですね

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒野薔薇死亡説の真相は?復活・生存説も考察!・・

⇒男よりも男らしい釘崎野薔薇!ヒロイン枠なのに悪顔が似合う!・・

⇒呪術廻戦63話!野薔薇が共犯確定でヒロイン力を魅せる!!口・・

⇒都会に憧れるガールの釘崎野薔薇!名前の通り釘で呪いを払う!・・

⇒忘れられない名言まとめ!言葉に個性が凝縮している?名言から・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA