最新ネタバレ『キングダム』620-621話!考察!彷徨う龐煖に立ちはだかる羌瘣

スポンサーリンク

飛信隊の前に現れた龐煖(ほうけん)。

前回は、武神との戦いに備えて、羌瘣が巫舞(みぶ)の準備をしていたところで終わりました。

前回の話はこちら⇒最新ネタバレ『キングダム』619-620話!去亥を突如襲った武神の矛

 

さて、李牧が目の前にいるにも関わらず、龐煖のせいで足止めされた秦軍。

先頭を走っていた去亥が、残念ながら犠牲となってしまいました。

深手を負っている信は万全ではなく、いつも通り敵を圧倒することすらできません。

羌瘣もまた、敵陣に一人で挑んだことから体力を使い切ったばかり。

満身創痍の状態で羌瘣は龐煖相手に戦えるのか!?

秦軍は李牧の元へ辿り着くことはできるのか!?

今回は、王翦将軍の意外な動きと、龐煖が暴れる様子を中心にご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

『キングダム』620話!のネタバレ

原泰久『キングダム』620話より引用

それでは『キングダム』620話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

王翦救出

原泰久『キングダム』620話より引用

馬南慈(ばなんじ)軍と傅抵(ふてい)隊に挟撃されていた王翦将軍。

秦左翼の戦場から駆けつけた蒙恬(もうてん)によって馬南慈を圧倒。

負傷した隙をつき、王翦は窮地から脱出することができました。

本当であれば、戦場から少しでも離れるのが得策。

しかし、馬南慈の右目を負傷させた程度で、完全に倒したわけではありません。

左側に逃げるのではなく、前方にいる田里弥(でんりみ)軍に合流しようと狙っていました。

 

前進する王翦一団。

側には王賁や蒙恬もいます。

ところが、簡単に逃げさせないのが傅抵隊。

怒りをあらわにして、傅抵が怒鳴りながら追いかけて来ます。

「逃がしてたまるかよ!

 バカヤロォが」

原泰久『キングダム』620話より引用

後方にいる秦軍は傅抵隊によって斬られていきます。

それでも、王翦は後ろを振り返ることなく前進。

前方には、田里弥軍の奥にある李牧本陣も見えていました。

李牧本陣の足元にまで迫る砂塵。

王翦は、おそらく向こうの本陣陥落も近いと悟ったのです。

蒙恬は気付きました。

「右からの攻撃が最も

 李牧に迫っている・・・

 信!」

李牧本陣を右側から攻めているのは飛信隊です。

蒙恬は戦場の動きを見ただけで、信が活躍しているのだと知ったのです。

 

ところが、喜びも束の間、後方からは傅抵隊が追いつき始めていました。

蒙恬と傅抵の距離は目と鼻の先。

このままでは王翦にもすぐ追いつかれてしまいます。

蒙恬率いる楽華隊は、傅抵隊を止めようと決意。

後方から迫る傅抵隊と戦いながら、蒙恬は心の中で訴えたのです。

「王翦将軍は何としても助ける

 だから、あとは

お前が李牧を討つだけだ、信」

原泰久『キングダム』620話より引用

勝利は、信の腕にかかっていました。

 

龐煖の咆哮

原泰久『キングダム』620話より引用

王翦将軍が脱出できた頃、李牧本陣の前には龐煖が立っていまいた。

大きな矛に大きな体。

戦場に静寂が訪れるほどの圧倒的な存在感。

周囲は驚きを隠せませんでした。

原泰久『キングダム』620話より引用

龐煖の周りには、たくさん亡骸が散らばっていました。

その中に、斬られた去亥の姿もあったのです

去亥の哀れな姿に涙を流す飛信隊。

ところが、龐煖は悲しむ隙すら与えてくれませんでした。

「ヴオオオオオオオオオ」

原泰久『キングダム』620話より引用

突然の咆哮。

戦場に響き渡る獣のような雄叫び。

騎馬隊の馬たちは、あまりの音量に大混乱!

暴れ出して言うことをききません。

 

龐煖の周囲だけでなく、後方にいる者まで雄叫びは聞こえていました。

ビリビリと肌で感じる振動。

後方で戦っていた昻(こう)と尾平(びへい)は、恐怖のあまり体がガタガタと震えます。

昻は恐る恐る尋ねました。

「尾平さん・・・

 こ・・・この感じ・・・」

尾平も涙を浮かべて答えたのです。

「あぁ、間違いねェ

 龐煖だ・・・

 あの龐煖が出たんだ、やっぱり」

原泰久『キングダム』620話より引用

二人の中で思い出される忌まわしい記憶。

飛信隊もまた、龐煖に多くの仲間を奪われました。

尾平の弟、尾到(びとう)も龐煖の夜襲がきっかけで命を落としています。

 

足が震えながらも、前へ進もうとする尾平。

信がきっと龐煖を倒してくれる。

そう信じて前へ進むしかなかったのです。

「い、行かないェと

 たっ多分何もできねェけど

 信のために行かねェと」

ガタガタと震えながらも、尾平は信の元へと進み始めました。

 

丘の上から龐煖の様子を眺める李牧とカイネ。

龐煖の周りを円で囲むように秦軍が様子を伺っています。

カイネも驚いた様子で、つぶやくように言いました。

「・・・三大天

 龐煖・・・様」

原泰久『キングダム』620話より引用

隣に立っている李牧が訂正するかのように言い直します。

「“武神”龐煖です」

李牧の周りにいる部下も驚きを隠せません。

さきほどまで、李牧の喉元まで迫っていた秦軍。

ところが、龐煖の咆哮だけで動きが止まってしまいました。

 

スポンサーリンク

麃公兵の怒り

原泰久『キングダム』620話より引用

飛信隊初期のメンバーは、龐煖の恐ろしさはよく理解しています。

さすがの渕副長も唖然とし、恐怖で体が震えていました。

ただ、龐煖の姿を見て怒りに震えた者達がいたのです。

それは麃公(ひょうこう)兵。

対合従軍の戦いで龐煖は突如現れ、麃公の命を奪っていきました。

 

脳裏をよぎる主の最期。

目は血走り、迷うことなく数人の兵士が龐煖へ近づき槍を振り上げます。

「麃公様の・・・仇っ!!」

ところが、龐煖の一振りによって兵士達は倒されてしまいました。

それでも麃公兵たちは攻撃を止めません。

次から次へと龐煖に挑んでいきます。

しかし、誰一人として龐煖に近づくことすらできませんでした。

原泰久『キングダム』620話より引用

血を吹きあげながら、宙を舞う麃公兵たちの体。

龐煖の圧倒的強さに、周囲は驚きを隠せません。

 

仲間が斬られる姿をじっと見ていた岳雷と我呂。

彼らもまた元麃公軍の兵士です。

主が死んだあとに、飛信隊へ入隊していました。

近くにいた楚水は慌てて止めます。

「まっ待て、岳雷!我呂!

 闇雲に突っ込むな」

楚水が言う通り、このまま突っ込んだところで勝てる相手ではありません。

ムダ死にしないためにも、まずは様子を見るべきです。

 

それでも、岳雷と我呂の目は怒りで血走り、龐煖を睨みつけていました。

「待てるわけが

ねェだろうが!」

走り出す岳雷と我呂。

楚水と渕副長は再び呼び止めます。

怒りの赴くまま龐煖に近づく二人。

ところが、どこからともなく音が聞こえてきました。

 

『トーン タン タン』

音に反応するように、岳雷と我呂の動きがピタリと止まります。

1度ではありません。

静かに何度も、リズムを刻むように音が聞こえてきます。

『トーン タン タン

 トーン タン タン』

原泰久『キングダム』620話より引用

戦場に響き渡る小さな音。

飛信隊の者であれば、誰もがすぐ気付いたでしょう。

この音は今、羌瘣が舞っているのだと!

 

深く舞う羌瘣

原泰久『キングダム』620話より引用

ザワっとした気配を感じ、矛を大きく振った龐煖。

右手首あたりに、小さな切り傷がつき血が噴き出しました。

唖然とする周囲。

並みの人間では確認できないほどのスピード。

羌瘣の攻撃は、驚くべき速さで繰り返されていました。

原泰久『キングダム』620話より引用

しかし、さすが龐煖。

羌瘣の攻撃に気付き、確実に矛で受け止めていきます。

睨み合う二人。

龐煖が矛で攻撃しますが、羌瘣は舞うように回避。

ただ、今のままでは龐煖を倒すことができません。

羌瘣はさらに集中します。

「まだ足りない

もっと速く

もっと深く」

巫舞(みぶ)の能力を最大限に発揮するため、より自分を追い込みます。

いかなる時も、肌身離さず大事にしてきた愛刀の緑穂(りょくすい)。

羌瘣は緑穂を握りしめ、お願いしたのです。

「ごめん、緑穂

 命を貸して」

原泰久『キングダム』620話より引用

緑穂に入る小さな亀裂。

より集中した状態の羌瘣は、龐煖を斬りつけます。

あまりの速さに追いつけなかったのでしょう。

龐煖の脇腹あたりから血が噴き出しました。

 

羌瘣の目は血走り、血の涙が流れます。

極限まで深く入り込んだ状態。

体への負担も半端ないはず。

それでも、羌瘣は決めていました。

「戦わせない

 信(あいつ)が来る前に

 龐煖(お前)を仕留める!」

原泰久『キングダム』620話より引用

羌瘣のかつてない程の覚悟。

どうしても、信が来る前に龐煖を倒したいようです。

正直なところ、深手を負った状態の信では龐煖に勝つのは厳しいでしょう。

ほかに龐煖に太刀打ちできる者といえば、飛信隊では羌瘣ぐらいですよね。

以前戦った時は、全く歯が立たず逃げるので精一杯でした。

でも、今回は龐煖を倒さないことには秦軍の勝利はありません。

昔よりも成長した今の羌瘣なら、龐煖と対等に戦うことができるかもしれませんよ!

 

『キングダム』ネタバレ620-621話のまとめ

今回は、王翦脱出成功よりも、とにかく龐煖の強さ、武神の存在感の大きさを知らしめた回となりました。

奇襲ばかりしている龐煖ですが、今回は李牧との20年前の約束を果たすため、不本意ながら戦っている状態と言えます。

おそらく、本当は朱海平原に登場する人物ではなかったはずです。

でも、龐煖は答えを求め李牧の元へ現れた。

そして、李牧も窮地にあることから「約束を果たす日は今日だ」と言ってきたわけです。

未だに李牧と龐煖が交わした約束はどんな内容なのか、明らかにはされていません。

でも、確実に言えることは、龐煖が探す答えは信が持っています。

いくら強い羌瘣であったとしても、仕留めるまでは厳しいはず。

原泰久『キングダム』620話より引用

最終的には、信と龐煖が戦うことになるでしょう。

数々の名武将や仲間を奪ってきた武神、龐煖。

彼との因縁にケリをつける時が、いよいよやってきたようです。

羌瘣は龐煖を追い詰めることができるのか!?

極限まで自分を追い込む羌瘣の体は大丈夫なのか!?

次回の展開が待ちきれません!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です