最新ネタバレ『キングダム』655-656話!考察!秦魏がひとつに!?呉鳳明の打開策とは!

スポンサーリンク

秦魏合同軍が双方から進軍し、楚軍に対する挟撃が形を成してきました。

しかし前回は、秦側に満羽軍の精鋭隊、魏側に玄右軍の精鋭隊という什虎軍の強兵軍が現れ、秦魏ともに勢いを失うところで終わりました。

秦側に満羽軍の精鋭隊、魏側に玄右軍の精鋭隊という什虎軍の強兵軍が現れ、秦魏ともに勢いを失ってしまいます。

特に魏軍は、左翼を指揮していた馬介が玄右に討たれてしまいました。

満羽軍と玄右軍、そして現在乱美迫・録鳴未軍と対峙している千斗雲軍は、それぞれが“滅びしかつての小国の生き残り”であり、国が消滅してもなお戦で敗れず観念した楚が生存を認めざるを得なかった怪物たちだったのです。

“楚軍であって楚軍にあらず”という各々が一国を相手に出来る強さを誇る相手を、秦魏合同軍は討ち倒せるでしょうか。

第655話は『新たな戦術』として、そんな戦況を打破する一手を打ち出します!

 

スポンサーリンク

『キングダム』655話!のネタバレ

それでは『キングダム』655話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

魏軍前線膠着

原泰久『キングダム』655話より引用

玄右により馬介が討たれてしまった魏軍

将がいなくなった場所は途端に脆くなります。

玄右はすぐさま魏軍左翼である馬介軍に狙いを定め、攻撃を仕掛けました

「端から崩していけ」

そうして左翼が崩れ始めてしまったため、中央軍の荀詠軍が左方にも気を向けざるを得なくなり、そのために魏軍全体の攻勢が弱まってしまいました。

 

スポンサーリンク

乱美迫が動けない!

膠着状態になってしまった前線。

とは言え将をひとり失ってしまった以上、このままでは左方から潰されてしまいます。

原泰久『キングダム』655話より引用

しかしこうした状況を崩すのが、最右翼に位置した魏の“狂戦士”乱美迫です

ところが対峙していた千斗雲がそれを阻止!

乱美迫の猛攻にも顔色一つ変えず激しく打ち合い、乱美迫をその場に留めました。

そこに録鳴未が乱入!

乱美迫の離脱を手助けしようとしますが…

なんと千斗雲は、乱美迫と録鳴未を同時に相手にしても全く怯まなかったのです。

思いかけず厄介な状況となった乱美迫ですが、当の本人は強敵を前に興奮が高まった様子。

乱美迫の闘気を感じ取った千斗雲は喜びました

「そうだ。もっとだ。もっと来い」

原泰久『キングダム』655話より引用

一方、乱美迫が止められている状況に焦る魏軍本陣。

前線に一刻も早い援護が必要です

呉鳳明はどんな策を取るのでしょうか。

 

スポンサーリンク

因縁の謄vs項翼

秦軍サイド。

蒙武を先頭に進撃していた蒙武軍は満羽軍の精鋭隊に捕まり足を止めていましたが、その精鋭隊は奥へ行くほどより強くなっていくのです。

原泰久『キングダム』655話より引用

そしてさらにその先には満羽の姿

蒙武と一騎打ちになるでしょうか。

そして項翼軍と対峙している謄軍

こちらにも満羽軍の強兵が入ってきているようで、謄軍もまた勢いを失っていました。

考えを巡らせる謄。

するとその時、項翼が謄を急襲!

謄は咄嗟に刀で受けましたが、互いに頬に傷をつけました。

原泰久『キングダム』655話より引用

項翼はすでに莫邪刀を構えています

最初から全力ですね。

「今の俺には瞬き一つ命取りだぜェ?」

挑発する項翼

「千年早い」とやたら美しい顔で返す謄。

項翼は臨武君の仇を討つことが出来るでしょうか。

 

スポンサーリンク

呉鳳明仕掛ける

こちらも戦況に焦っている秦軍本陣。

原泰久『キングダム』655話より引用

せっかく挟撃という形を取れたのに、楚軍は自力ではねのけようとしているのです

「こ…これが不敗の什虎軍の力…!」

挟撃が通用しないのならばどう討てば良いのか…。

しかし蒙毅は、挟撃自体は最良の策であると考えていました。

ですが什虎軍に対応するには“何かが足りない”のです

(この同盟軍の挟撃に一体何が足りないんだ…)

そこで蒙毅は何かに気づきました。

その頃、呉鳳明はある決断を下します

「戦術を変える!」

原泰久『キングダム』655話より引用

その伝令を送る先は乱美迫。

そして共に戦っている秦軍の録鳴未です

録鳴未は驚きました。

魏からの伝令を受けたことと、その内容にです。

録鳴未は一瞬考え込みましたが、覚悟を決め気合いを入れ直しました。

「お前らここの敵死に物狂いでぶっ潰すぞ!!」

そしてその場に留まる録鳴未軍に対し、乱美迫の大軍は動き出しました。

 

スポンサーリンク

呉鳳明の策とは!?

原泰久『キングダム』655話より引用

「乱美迫軍の大軍をそこから動かすために、録鳴未軍につぶれ役となってその強敵をそこに足止めしてもらいたい」

呉鳳明が録鳴未に伝えた内容でした。

乱美迫と録鳴未2人を相手に出来る千斗雲と彼が率いる強兵の什虎軍を、録鳴未軍だけで抑えろというのです

しかも自国ではなく魏からの命。

思うことはあったでしょうが、合同軍の勝利を信じ引き受けた録鳴未はやはり立派です。

録鳴未の犠牲により、魏軍最強とされる乱美迫軍がその場から離れることが出来ました。

その様子を見て「魏軍は一気に向こうの戦局打開に出るはずだ!」と読んだ秦軍本陣

しかし乱美迫軍が向かったのは魏軍前線でも楚軍本陣でもなく、なんと謄軍の所。

謄と項翼が対峙する場に乱美迫軍が割り込んできました。

謄も驚きますが、乱美迫の様子からその真意を受け取ります。

(そういうことか呉鳳明。よかろう心得た)

原泰久『キングダム』655話より引用

謄もその場から動き出し、乱美迫軍も半分をその場に残しつつさらに蒙武の元を目指し始めました

蒙毅もその動きの意味に気づきます。

「呉鳳明は、この挟撃の中で“助攻”と“主攻”を作るつもりです…」

 

スポンサーリンク

キングダム』ネタバレ655-656話のまとめ

秦と魏はそれぞれ自由に動きながら“挟撃”という形を目指していましたが、呉鳳明はそこを取っ払いひとつの軍として動かし始めたということですね。

原泰久『キングダム』655話より引用

現在秦側と魏側は同じように攻め入っていましたが、どうやら秦側を主攻にするようです

呉鳳明が“3年後には真っ先に殺さねばならぬ相手”としてその個々の力を認めている蒙武と謄、そして魏軍最強と謳われる乱美迫が一気に場を動かせば、戦況は大きく変わるでしょう。

しかし魏軍の動きからすぐに真意を察し動き出す謄はやはり凄いですね

そして千斗雲との対決に没頭するかと思いましたが、ちゃんと動いている乱美迫がかわいいと思いました。

さて次回は、天才軍師の元で秦魏合同軍の真価が発揮されそうで楽しみですね!

謄との対決に意気込んでいた項翼や、白麗率いる弓隊がどう動くのかも楽しみですし、さすがに寿胡王も笑ってはいられなくなるのではないでしょうか。

千斗雲の動きも気になりますがね…でも録鳴未は絶対に死にません!

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『キングダム』657話!猛武の強さは昌平君にあり!?激闘・・

⇒『キングダム』656話!蒙武が下馬!?恐るべき満羽の力!・・

⇒『キングダム』654話!什虎軍の強さは一国分!?正体が明・・

⇒『キングダム』653話!始まった秦・魏同盟軍VS楚軍の戦い・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です