最新ネタバレ『ワンピース』1003-1004話!考察!五千対二万七千

スポンサーリンク

前回のワノ国編では、世代交代もかけてルフィたち新世代の海賊と四皇の戦いは始まりました。

ビッグ・マムの雷が降り注ぐ中、カイドウの〝熱息〟を根性で耐えたルフィの〝猿王銃乱打〟がカイドウに炸裂します。

それでは第1003話の考察を始めていきます。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』1003話!のネタバレ

尾田栄一郎「ワンピース」1003話より引用

それでは『ワンピース』1003話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ルフィ猛攻

尾田栄一郎「ワンピース」1003話より引用

モンキー・D・ルフィの〝ゴムゴムの猿王銃乱打〟は百獣のカイドウにダメージを与えていきます。

ですがルフィにも疲労は蓄積していました。

渾身の力でカイドウを地面に叩きつけた後にルフィから空気が抜けてギア4バウンドマンは解けてしまいました。

10分間ものあいだ覇気の使えなくなるギア4の反動をビッグ・マムは見逃しません。

倒れたルフィを襲う炎をまとった斬撃〝刃母の炎〟からゾロが助け出します。

トラファルガー・ローの電撃〝カウンターショック〟でビッグ・マムを怯ませているあいだにはユースタスキャプテンキッドとキラーはカイドウに追い打ちをかけようと向かいました。

 

スポンサーリンク

二つの龍巻

尾田栄一郎「ワンピース」1003話より引用

ですが起き上がったカイドウは、その巨体をとぐろを巻くように回転させて龍巻を発生させたのです。

ルフィは龍巻に吸い寄せられてゾロの手を離れてしまいました。

ルフィを口の中に収めたカイドウにゾロは三刀に武装色の覇気を流します。

それを見てカイドウはゾロが持つのは光月おでんの刀だと気づいたのです。

尾田栄一郎「ワンピース」1003話より引用

ゾロの〝三刀流 黒縄大龍巻〟は、キラーでは斬れなかった龍のウロコを斬ってルフィを吐き出せることに成功しました。

ですが回転しながら真空波を放つカイドウの〝龍巻壊風〟による反撃が新世代の海賊たちを襲います。

 

スポンサーリンク

CP-0

〝龍巻壊風〟の余波は鬼ヶ島ドームを揺るがして内部にガレキの雨を降らせていたのです。

そんな荒れる鬼ヶ島ドームの中でのんびりと酒を飲み、囲碁を打つ三人組がいました。

尾田栄一郎「ワンピース」1003話より引用

世界最強の諜報機関、CP-0(サイファーポール〝イージス〟ゼロ)が黒炭オロチと取り引きのために来ていたのです。

CP-0の三人とツノのないバオファンは侍達の奇襲作戦を評価していました。

現状でも百獣海賊団2万7000と侍達5000という圧倒的不利な戦局に変わりはありません。

その上で大将の首を取っても終わらず、カイドウの幹部達を新世代の海賊が阻止できなければこの戦いは終わりだと分析していました。

海軍としてどちらが勝つかではなくできるだけ潰し合うことを望んでいたのです。

 

スポンサーリンク

人獣型

カイドウの〝龍巻壊風〟が収まった鬼ヶ島ドーム屋上は、真空波であたり一面が切り裂かれてガレキの山となっていました。

未だにギア4の反動から回復しきれていないルフィ達新世代三人の前には、人獣型のカイドウとビッグ・マムが立ちはだかります。

尾田栄一郎「ワンピース」1003話より引用

長い爪を生やしウロコに覆われた手で金棒を握るカイドウは楽しい!と語ります。

それにビッグ・マムも答えて二人は楽しげに笑います。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』ネタバレ1003-1004話のまとめ

尾田栄一郎「ワンピース」1003話より引用

動物系の悪魔の実は元になる人型と完全な動物そのものの獣型、人型に獣の要素をもつ人獣型の三形態を持っています。

例えばトニートニー・チョッパーのヒトヒトの実は人型はタヌキと呼ばれる小柄な姿で人獣型はゴリラと呼ばれる大柄な姿となります。

獣型では四肢の位置が異なるために武器や体術が使えなくなるというデメリットがあります。

そのために人獣型が動物と人間の両方の力を使えるバランスの良い姿と言えるでしょう。

ですがカイドウのウオウオの実幻獣種(モデル名不明)の獣型は、熱の息、真空波、雷撃、龍巻と天候を操るような広域破壊が可能な姿でもありました。

人獣型はその攻撃に加えて人の姿での技も可能なのですから、ここからが本番なのでしょう。

尾田栄一郎「ワンピース」1003話より引用

CP-0は黒炭オロチとの取り引きのために世界政府非加盟のワノ国まで来たのだといいます。

その黒炭オロチはカイドウによって首を落されました。

諜報機関との取り引きなのですから表ざたにできないことなのでしょう。

そもそも黒炭オロチが本当に死んでいるのかも怪しいです。

ワノ国、百獣海賊団としての立場でCP-0と会話するバオファンの頭にツノがないのも意味深ですね。

 

四皇と新世代との世代交代をかけた戦いはまだ終わりが見えません。

次回をお楽しみに。

 

この記事の関連記事はこちらよ⇩

⇒『ワンピース』1005話!ハナ対蜘蛛・・

⇒『ワンピース』1004話!お玉の覚悟・・

⇒『ワンピース』1002話!天を統べる者との戦い・・

⇒『ワンピース』1001話!最悪対四皇・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です