最新ネタバレ『ワンピース』1045-1046話!考察!太陽の神ニカとなったルフィ!俺を倒せる奴はこの世にいない!と宣言したカイドウがついに倒れる!?

スポンサーリンク

尾田栄一郎「ワンピース」1045話より引用

前回の第1044話では、死んだと思われたルフィがジョイボーイへと姿を変えました

ルフィが、生きていた事に気づくサンジやロー達。

聖地マリージョアでは、特級エージェントCP0の一人を失った事に悔やむ五老星達。

悔やみながらも、一人の五老星が、ゴムゴムの実のもう一つ名を「ヒトヒトの実」「幻獣種モデル・ニカ」と明かし、覚醒すれば、「ふざけた能力」を得ると明かします

ガレキの下敷きになったオロチに、父おでんは、約束を守って踊り続けたのに処刑したオロチに恨み顔で、自分の名を明かす日和。

鬼ヶ島の屋上に何者かがいると気づき、巨大な手に襲われ振り回してしまうカイドウ。

巨大な手の正体は、ギア5へと進化して太陽の神ニカの姿になったルフィでした

ニカとなり、ふざけた能力を得たルフィ対カイドウの戦いが始まる第1045話「NEXT LEVEL」を早速見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』1045話!のネタバレ 

それでは『ワンピース』1045話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ニカとなったルフィに、超人系の覚醒と思い込むカイドウ

ニカの姿となり、巨大な手につかまれ酷い目にあったカイドウ。

完全に死んでしまっていたルフィが、生きていた事で再び戦える事に喜びを感じている姿を見せています

ルフィ自身も、カイドウに決着がつけられる闘いができる事で「俺も!アッハッハ」と笑います。

ルフィの姿を見て、「ゴムが他に影響を、与え始めたのか!超人系の覚醒と見ていいだろう」と思い込むカイドウ

だが、少し妙だ!と疑問をえがき、「そんな変身は、動物系の専売特許だろうが!」と言い地面をトランポリンのように飛び跳ね完全に戦いを楽しんでいるルフィに、大口を開けて襲いかかるカイドウ。

カイドウは、ゴムゴムの実が覚醒によってヒトヒトの実となり、その能力でルフィがニカになった事を知らないカイドウでした。

 

スポンサーリンク

ゴムゴムの風船で反撃するルフィ

龍化カイドウに、食べられてしまったルフィ。

「コノヤロー」と力を振り絞ってカイドウの口を開けさせて脱出しようと頑張るルフィ。

しかし、カイドウは脱出しようとするルフィを飲み込みます。

飲み込まれたルフィは、腹の中で、「ゴムゴムの風船」となり体型を変えてカイドウの腹をふくらませ反撃

ふくらんだカイドウの姿を見たヤマトは、「あんな、フォルムあったかな?」と言います。

モモの助も、何が起きているのか?分からないようで、カイドウが太っている事に驚きます。

カイドウは、「くそ!どうなっているのだ?俺の体はゴムじゃない!」と腹の中にいるルフィに激怒

腹の中のルフィは、光二つの玉を見つけます。

光二つの玉の正体は、カイドウの目玉。

ルフィは、目玉の内側から両手を伸ばしてカイドウの鼻を掴み、「ゴムゴムの脱出ロケット」で勢いをつけて脱出します。

 

スポンサーリンク

ゴムゴムの巨人、ゴムゴムの縄跳び!

脱出したルフィは、「ゴムゴムの巨人(ギガント)」と新たな技を発動させて、カイドウを超える程の巨人の姿へと変化させます

その姿に、声も出せない程に驚くカイドウ。

そして「あれは誰だ?」「何故、巨人からルフィ声がするの?」と不思議に思いながら驚くモモの助とヤマト。

カイドウは巨人となったルフィの首に噛みつき攻撃。

痛みをこらえながら、負けずにカイドウの二本角を掴んで、新技「ゴムゴムの縄跳び」で反撃するルフィ

縄跳びしながら、落下して鬼ヶ島にカイドウをぶつけようとするルフィに、熱息で攻撃するカイドウ。

熱息をまともに喰らったルフィは、黒焦げとなって場外の外に出て落下。

カイドウの技をうけた事に、ルフィを心配するヤマト。

地上へと落下しそうなルフィは、「ゆるさない!」と激怒して猛ダッシュで鬼ヶ島へ戻ります。

 

スポンサーリンク

空気がぬけた風船のようにしぼむルフィ

「ゴムゴムの!」と言い攻撃しようとするルフィに、カイドウは「降三世引奈落」でルフィに攻撃。

カイドウの新技を受けたルフィは、「痛い!」と言いながらライブフロアの天井を貫通。

天井に貫通したルフィの顔を、見たカイドウの部下や一味達は、目を飛び出しながら驚き顔になります

天井に貫通したルフィは、強引に顔ごと引っ張って脱出。

その行動に、「まるで、絵物語だな!」と呆れるカイドウ。

ルフィに、「とても興味深い演技だった!だがしかし、結局は限界じゃないのかね?貴様には、俺は倒せない」と強気な言葉をルフィに発言

その言葉に、「うるさい!」「誰が限界だよ」と返すルフィ。

限界を認めないルフィに、変化が!

髪が白から黒へと変わり空気がぬけた風船のようにしぼんでいくルフィ

ルフィの変化に、「誰だ!お前は!」と言い膝をつくカイドウ。

限界を知り、ニカの状態になるには、消耗が激しい事を知り死にかけている事に気づくルフィ。

カイドウは、「安心して死にな!貴様らの戦いは誰かが伝説として語り継ぐだろうよ!」と言います。

ルフィは、「いらない!俺はそう言う話しは!死んだら皆、骨だらけだよ!」とカイドウに言葉を返します。

「終われない!」と言い再びニカの姿になるルフィ

その姿に、笑いながら「おい!死ぬぞ!」と発言するカイドウ。

両者の限界を迎えた最終決戦の始まりでもありました。

 

スポンサーリンク

ルフィの回転技を受けて倒れるカイドウ!

カイドウの強力な金棒攻撃を受けて顔面が変形したルフィ。

ルフィは、痛い!と言いながら岩山を掴んでカウントダウンを言いながら体をプロペラの様に回転させてカイドウに襲います。

「何だこいつは?真っ白に姿を変えて!」「武将色、覇王色をまとい他に影響を与える」「こんな自由な戦い方は、見たことがない!」と驚きを隠せない様子。

少し弱気なカイドウでしたが、「俺を倒せる奴など、この世にいない!」と言い金棒で攻撃しようとする瞬間に、ルフィの回転拳(こぶし)がヒットして顔面を貫通

顔面を貫通させられたカイドウは、そのままダウン。

カイドウが倒れた姿に、驚くヤマト、モモの助。

「楽しいな!カイドウ!」と戦いを楽しんでいるルフィでした。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』ネタバレ1045話のまとめ

ルフィが生きていて、再び戦えると喜んだカイドウ。

ルフィも、ニカに進化した事で、カイドウに決着をつけられる事に喜んでいます。

両者共、限界を迎えた闘いだったと言えるでしょう。

ニカへと進化したルフィの戦い方は、五老星の言った通りに「ふざけた能力」でした

尾田栄一郎「ワンピース」1045話より引用

このふざけた能力を得た事で、カイドウを驚かせダウンをさせる事ができました。

ダウンしたカイドウは、このまま倒れて決着がつく事はないでしょう。

やはり、カイドウは立ち上がってルフィに反撃すると想像ができます。

どんな技でカイドウは、反撃に出るのか?を予想しながら次回を待ちましょう

 

この記事の関連記事はこちらよ⇩

⇒『ワンピース』1047話!カイドウ驚き発言!ロジャーは非能力者・・

⇒『ワンピース』1046話!燃え盛る鬼ヶ島の中で逃げ場を失った・・

⇒『ワンピース』1044話!驚き!?ゴムゴムの実の正体はヒトヒト・・

⇒『ワンピース』1043話!ルフィ死亡!?ルフィの体に乗り移り・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA