スポンサーリンク

最新ネタバレ『ワンピース』1067-1068話!考察!エッグヘッドに到着したCP0達!ルフィに島から連れ出して!と頼むベガパンク!?

スポンサーリンク

尾田栄一郎「ワンピース」1067話より引用

大昔に、こんな未来都市が実在していたのか?と言う驚くフランキー。

その機械が、空白の100年に製造されたものなの?聞くロビンに、ベガパンクはある王国と20の王国が争いを起こし、20の王国が勝利し世界政府を作ったと説明します。

オハラが消された理由は、政府が事実を認め隠蔽するために消されたのでは?と発言。

事件後にオハラに上陸し、島の中央にある湖からエルバフの巨人たちが文献を引き上げるところを見たことや、海兵のサウロが生きていたことをロビンに伝えます。

スクラップ置き場では、本体ベガパンクがルフィ達の所に現れました。

ドムシューズでベガパンクと飛び上がったルフィ達は、何処へ向かったのでしょう。

早速、第1067「パンクレコーズ」を見て行きましょう。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』1067話!のネタバレ 

第1067話扉絵「どちら様でしたっけ!?」では、シーザとジャッジが争いを起こし、その戦いぶりを呆れながら見ているイチジ達が描かれています。

それでは『ワンピース』1067話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ノミノミの実

どうした頭は!巨大な電球みたいな頭をしていたはずだ!

と言うボニーに、ベガパンクは随分伸びてきたので切ってしまったよ!と髪を切ったようにあっさりと答えます。

過去にボニーと出会ったころは、巨人族の身長に届くくらいまで、頭が伸びていたと言うベガパンク。

ワシは「ノミノミの実」を食した「脳ミソ人間」。

あらゆる知識を限界なく記憶ができるのだが、データ容量に比例したことで脳ミソもどんどん伸びてしまうのだよ!と言います。

そして、「世界最大の頭脳に育ち、現在でも巨大化し続けているのだ!」と宣言。

巨大な頭脳は、島の上にある巨大な卵の裏側に「パンクレコーズ」と記してあるのが「脳ミソ格納庫」と明かし、ベガパンクの頭に付いているリンゴが念波を送るアンテナと説明するベガパンクです。

 

スポンサーリンク

6人の分身達

スクラップ置き場に来る前に、「ベガパンク」と名乗る女性に出会っただろう!とルフィ達に尋ねるベガパンク。

少女は、ワシの分身で島に6人存在すると言います。

その6人は、自分にとっては必要な要素でエキスパート。

6人を合わせれば、ワシ一人の人格だが労働は6人分と説明します。

毎日一回は、6人はパンクレコーズを通じて「体験」「知識」を同期を行う。

性格と任務は別々なので、それぞれの体験は価値があると言います。

ベガパンクの脳ミソに、世界中の人達がアクセスできるようになれば、全人類がベガパンクの知識を身につけることが可能と発言。

そして、全人類で相互的にパンクレコーズをアップデートしていけば、自分の脳を遥かに超えた知識の海を作ることも可能になると言います。

ベガパンクの言葉を聞いて、世界中の医学を学べることに、目を輝かせるチョッパーです。

 

スポンサーリンク

失敗作

自分の技術力を、世界に広めろとするベガパンクの話し聞いたボニーは、お前は科学の探求のために、犠牲をいとわない男!

父を感情が無い戦闘兵器に変えた!と怒りをぶつけ、ビームサーベルで斬ろうとします。

慌てて、スイッチを切れと言うベガパンク。

ビームサーベルは、大量の虫を集める失敗作でした。

大量の虫に襲われ失神してしまうボニー。

ベガパンクは、くまを改造したことで、ボニーが殺したがるのも当然と言い反省しながら落ち込む姿を見せます。

最近まで、ワノ国に上陸していたルフィに、人工悪魔の実を食したモモの助についてや、色について尋ねるベガパンク。

「ピンク色」とルフィが答えるとベガパンクは、大失敗だ!と泣き出しながら頭を地面にぶつけます。

完璧主義にこだわる科学者と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

伝説の鉄巨人

廃ロボを動かしてくれ!とベガパンクに頼むルフィ。

その廃ロボは、200年前に聖地マリージョアを襲撃した「伝説の鉄巨人」とベガパンクはルフィに答えます。

襲撃した目的は不明だが、「エネルギー不足」で被害はなかったと聞かされた。

当時の科学者達は、段違いの科学力に驚いたと言います。

エッグヘッドの研究室のモニターで、ルフィ達が無事でいることが確認できたナミ達。

ナミ達に、「ベガフォース01」は、鉄巨人を参考して作ったとシャカは話します。

シャカの科学力でも、再現できない部分があり900年前に製造された機械兵と思えないと言います。

再現できなかったのは、「動力」でした。

現在の世界の常識を変える程の、技術力が過去にはあったと話します。

 

スポンサーリンク

くま暴走

失神したボニーに、渡したい物があるベガパンクは言います。

ここに、来たことに「運命を感じる」とルフィに伝え、エッグヘッドから連れ出して欲しいと頼むベガパンク。

島の付近では、CP0達が乗る船が開港を求めています。

シャカは、セラフィムを置いて帰れ!と船に伝えろと指示を出し、迎撃準備を進めながら「世界政府」の入港を拒否。

一方、革命軍の拠点カマバッカ王国では、修理中のくまが突然動きだし、走りながら暴走を始めます。

くま、どうした?どこへ行くのだ!と叫びながら暴走を止めようするドラゴンです。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』ネタバレ1067-1068話のまとめ

尾田栄一郎「ワンピース」1067話より引用

自分の知識を、世界中の人々に提供しようとするベガパンク。

くまを兵器に改造してしまったことに、罪を感じていることから何か訳がありそうです。

そして、暴走するくまの行き先は?

この先の展開が、気になりますが次回は休載。

第1068話を楽しみに待ちたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらよ⇩

⇒『ワンピース』1068話!ルフィvsルッチ因縁対決再び!!・・

⇒『ワンピース』1066話!モンキー・D・ドラゴンはオハラの意・・

⇒『ワンピース』1065話!驚き!エッグヘッドの未来技術は900・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA