最新ネタバレ『ワンピース』1070-1071話!考察!戦桃丸が死亡!?最凶セラフィム部隊を味方に付けたCP0達!!

エッグヘッド島に上陸し、ベガパンクを殺す目的とするルッチ達が暴れる中で、研究層を目指すルフィ達と遭遇してしまいます。

ルッチの圧倒的なパワー攻撃を顔面に受けたことで、重症を負い倒れているアトラスに気づくルフィ。

ルッチに、俺達はアトラスに飯を食べさせてもらった!とアトラスに酷いことした彼に、ルフィは怒りながら睨みつけます。

そして、ルッチは強くなったのは貴様だけではない!と口に出し、ネコネコの実が覚醒した姿となり、ルフィとの因縁対決を開始。

麦わら一味がいる研究層についたベガパンクは、戦闘が行われているモニターを見ながらニカへと姿を変えたルフィを見て、「なんと言う美しい姿」と感激発言。

そんな名前は聞いたことが無いと言う一味達に、ニカと言う名前は歴史から消された名で、悪魔の実とは誰かが望んだ「人の進化の可能性」がある物と仮説を口に出すベガパンクです。

二人の激しいバトルの中で、戦桃丸が指揮するセラフィム部隊が到着します。

戦桃丸が指示を出すセラフィム部隊に追い込まれるCP0達。

敵であるルフィに、CP0からベガパンクを逃がす手伝いを欲しいと頼む戦桃丸の隙をつきルッチは手銃で胸を貫きます。

司令塔(戦桃丸)を消したことで、セラフィム部隊を味方につけようとします。

戦桃丸の運命や因縁対決の行方が気になる第1070話「最強の人類」を見て行きましょう。

 

『ワンピース』1070話!のネタバレ 

第1070話扉絵「世のため人のため、集められた有望な科学者達」では、現在と姿が違うベガパンク、シーザークラウン、疫災のクイーン、ヴィンスモーク・ジャッジ、ステューシーらしき女性が集結しているところが描かれています。

それでは『ワンピース』1070話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

白い鞭

ルッチの手銃を受けて倒れる戦桃丸に、ゴメンな!俺が話しをしたからと目を飛び出しながら謝るルフィです。

戦桃丸は、見くびるな!ちゃんと気づいて防いだはずだったと辛そうに言います。

まだ息がある戦桃丸に、しぶといな!早く意識を無くしてくれよ!生きているうちは、俺達がセラフィムを操ることが出来ないではないか!と言いルッチはトドメを刺そうとします。

そこに、回転しながら白い鞭(ドーンウィップ)と言う新技でルッチに攻撃して遠くに飛ばすルフィです。

 

戦桃丸の指示で暴れるセラフィム達

戦桃丸の指示で暴れるセラフィム部隊に追い込まれる政府の犬達。

暴れるセラフィム部隊を見ながら、セラフィムが止まらない!同士討ちなど損でしかないのにと口に出すカク。

まだ子供なのに末恐ろしい力と言うステューシーの姿が見られています。

研究層では、セラフィム・ジンベエの能力を「スイスイの実の能力」と気づくフランキー。

スイスイの実の能力者は、ドフラミンゴファミリーのセニョールピンクの能力。

この能力を使われていることで、フランキーの兄弟分だったセニョールピンクが死んだと思いこみます。

泣き顔になったフランキーに、ベガパンクは、気づいた?奴なら今、インペルダウンの囚人になっているとセニョールピンクが死んでいないことを伝えます。

「人工の悪魔の実は動物系(ゾオン)のみ製造が可能」

ベガパンクは言い、シーザが製造した「スマイル」は論外と伝える言葉に、そうだよ!アイツ(シーザー)は死んでしまえばいいと口に出すナミです。

 

グリーンブラッド

ベガパンクは、どんな特殊な悪魔の実でも「莫大な金」「時間」があれば、全て再現ができると発言。

因みに「覚醒」については未確認と言います。

自然系(ロギア)を試してみたが難しい実だったそうです。

パラミシアは、能力者の血統因子が手にいれることができれば、特殊な血液を生成し投与することで能力が得られることを明かすベガパンク。

その血液の名が「グリーンブラッド」でセラフィム達に投与されています。

グリーンブラッドを投与されたセラフィム達は、科学者の最高峰あり歴史上の最強人類と言えるでしょう。

そのため、七武海を撤廃したことが理解できます。

 

ルフィの圧倒的な力で追い込まれるルッチ

新技を繰り出すルフィに、「何だ?この破壊力は」「意識が吹っ飛びそうだ」と今まで経験したことがない攻撃を受けて追い込まれているルッチ。

ジンベエ達は、セラフィム・ハンコックの指示で真空ロケット乗り場に到着します。

乗り場に急ぐルフィに、虫の息になりながらベガパンクのことを頼む戦桃丸。

真空ロケットに乗り込んだルフィ達は、研究所内部に到着します。

 

死亡する戦桃丸

息絶えた戦桃丸の姿を見ながら、ベガパンクのボディーガードと言う任務を全うしたことにある意味立派だったと褒めるカク。

大将黄猿の到着を待てと伝えるステューシーに、ルッチは待っていたら麦わら一味達に逃げられてしまうと少し不味い顔を見せています。

研究所についたルフィ達は、ベガパンクが政府に消されてしまうことや、船に乗ることをナミ達に伝えます。

意識を取り戻したボニーは、父(くま)を元に戻さなければベガパンクを殺すしかないとルフィ達に宣言。

戦桃丸が死亡したことで、セラフィム達を味方にしたルッチ達は一味を島から逃がさない作戦を立てます。

一方、エッグヘッドに向かっている黄猿は、麦わら一味がベガパンクを味方にしたことを知り、可能な限り海軍軍艦を多く向かわせるようです。

 

『ワンピース』ネタバレ1070-1071話のまとめ

セラフィム達を味方につけたCP0達。

このことで、エッグヘッドに大きな戦争が起きようとしています。

その戦争に火に油を注ぐように、黄猿や多くの海軍軍艦がエッグヘッドに上陸しようとしています。

さて、ルフィ達は大ピンチを切り抜けることができるのでしょうか?

次回号をお楽しみに。

 

この記事の関連記事はこちらよ⇩

⇒『ワンピース』1072話!ルッチ達を裏切るステューシー!?・・

⇒『ワンピース』1071話!エルバフに上陸するキッド海賊団!・・

⇒『ワンピース』1069話!激突する太陽の神ニカvs覚醒フォルム・・

⇒『ワンピース』1068話!ルフィvsルッチ因縁対決再び!!・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA