最新ネタバレ『ワンピース』923話!考察!“カイドウVSルフィ”一撃!

スポンサーリンク

突然現れたカイドウを上から殴り下ろしたルフィで終わった先週!

カイドウとの対決がこんなに早まるとは誰も予想していませんでした。

 

空から酒天丸とジャックの頭上に現れたのは酔ったカイドウ。

カイドウと何やら因縁がありそうな酒天丸とのやり取り(酒天丸=アシュラ童子との予想が有力です)もありました。

作戦の事は置いておいて頭に血が上ってしまったルフィはカイドウの下に走ります。

酔ったカイドウが九里で暴れるのを防ぎたいホーキンス達を含めたカイドウの部下。

ルフィ達がそこにいる事は知りませんでしたが、奇妙な噂が元々あるおでん城にカイドウを誘導します。

その言葉でカイドウはおでん城を一撃で破壊しました。

その事に怒るルフィは問答無用でカイドウを殴り下ろし、それで冒頭に繋がります。

カイドウとの直接対決は免れないことは予想はしていましたが、誰もが早すぎる対決に驚いたと思います!

ビッグマムとですら決着がついていないのに、“世界最強生物”とまで言われるカイドウに果たしてルフィは勝つことができるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『ワンピース』923話!のネタバレ

尾田栄一郎「ワンピース」923話より引用

それでは『ワンピース』923話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

混乱

尾田栄一郎「ワンピース」923話より引用

ルフィに上から殴り下ろされたカイドウが龍の姿のまま、町に降ってきました。

カイドウが空から現れただけでも大混乱でしたが、あのカイドウが誰かに殴りつけられたという事実に場は更に混乱します。

「町を出ろ!」と慌てて逃げる町民達、酒天丸は部下に山に戻っていろと告げ、事の成り行きを見守るようです。

そんな中でルフィは玉の味方になったスピードがボロボロになり、倒れているところを見つけます。

どうやらカイドウが殴られ、町に落ちたときにカイドウのマントの裏からスピードが落ちてきたようです。

相変わらずウマ美!と呼んではいますが、急いで抱き起し玉がどうなったのかを問うルフィ。

スピードは玉を送る道中、カイドウに見つかってしまい必死に戦ったようですが当然負けてしまい、玉も…。

「俺がついて行くんだった…!!!」

尾田栄一郎「ワンピース」923話より引用

後悔するルフィ、玉の嬉しそうな顔を思い出します。

崩れたリンゴと血らしき跡に倒れた子どもの姿が描かれているのですが、玉はどうなったのでしょうか…。

子どもにも容赦ないカイドウ、最低ですね!

 

スポンサーリンク

許せない

尾田栄一郎「ワンピース」923話より引用

玉が無事でないかもしれないと知ったルフィは劣化のごとく怒ります。

モモノ助や錦えもんの話、ワノ国の現実を知った上での玉が襲われた事実で怒りはピークに達したのでしょう。

ローの静止の言葉も振り切って、カイドウに怒鳴ります。

酔っているながらも、ルフィに気付いたカイドウはルフィに攻撃しました。

一瞬で崩壊したたくさんの家屋、ルフィはそこから怒涛の攻撃をカイドウにしかけます。

尾田栄一郎「ワンピース」923話より引用

“象銃乱打(エレファントガトリングガン)”をカイドウに叩き込んでいきました。

カイドウは龍の姿のまま、再び町に倒れ町民達は逃げまどいます。

そして倒れたと思ったカイドウは人型に戻ってしまいました。

その姿を見てカイドウの部下達は案じる声掛けをするのですが、カイドウは無言のままです。

尾田栄一郎「ワンピース」923話より引用

今までの敵と戦う描写だと、分かりやすく効いている時には頬に打撃の痕がついたり、白目になっていたりしていましたが、カイドウにはそれがありません…。

この時点でも読んでいる人には「ひょっとしてカイドウには全く効いてないんじゃ…。」と予想できます。

ビッグマムもそうですが、四皇に数えられる人物だけに、今のルフィが果たして勝てるのかどうか…。

 

ギア4ルフィVSカイドウ

尾田栄一郎「ワンピース」923話より引用

反撃してこないカイドウですが、ルフィはまだ攻撃の手を緩めることはありません。

そのままギア4、バウンドマンになり、“猿王群鴉砲(コングオルガン)”。

攻撃しているルフィ自身も息が切れ切れになる猛攻にカイドウは倒れ、周りは固唾を飲み込んでただ成り行きを見ているだけです。

見ている中にはロー、ホーキンス、酒天丸もいますがローの顔は心なしか焦ったような表情を浮かべています。

「なんだあいつは」どちらに向けて言った言葉なのかは分かりませんが恐らく、ルフィに向けて酒天丸がつぶやきました。

そしてその直後、「あぁ~…」とカイドウが身を起こします。

尾田栄一郎「ワンピース」923話より引用

傍にあった金棒を持ち、“雷鳴八卦(らいめいはっけ)”とルフィに一撃。

ルフィはたったの一発でギア4からしぼみ、ノックアウトされてしまいました!

「何の王になるだと……?」そのセリフは失神してしまったように見えるルフィには聞こえていません…。

なんとルフィの攻撃はカイドウに全く届いておらず、あれだけやってもカイドウはダメージを受けてはいませんでした。

そしてたったの一撃、軽いひと振りでルフィは地面に倒れてしまったのです。

ギア4も全く意に介さないカイドウ!次週ルフィはどうなってしまったのでしょうか?!

ルフィがダメならローも勝てることはないでしょうし、絶望的な展開です。

 

『ワンピース』ネタバレ923話のまとめ

尾田栄一郎「ワンピース」923話より引用

これまでに比べ、強くなった!カタクリにも勝った!希望が…という期待もものの見事になくなりました。

やはり四皇、全く歯が立ちません…。

ここでキーになってくるのはやはり白ヒゲ海賊団ではないでしょうか?!

あくまで予想でしかありませんが、マルコが医者になっているのがカギだと思います。

マルコが玉やルフィを救ってそこから自体が動くという予想を立てました。

次週、ルフィは本当にやられたのか、誰も歯が立たないカイドウ、錦えもんの作戦はどうなってしまうのでしょうか…?

強力な助っ人が現れると信じて待ちましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください