最新ネタバレ『ワンピース』974-975話!内通者の正体

スポンサーリンク

主君の最期の願いを遂げるために走り出した赤鞘九人男は、城にたどり着いた3人とモモの助を、トキは未来に送り届けてから20年後に戻ることを言い残して凶弾に倒れました。

その時代に留まった一人の傳ジローは怒りのあまりに変わり果てた容姿を利用して、居眠り狂四郎として黒炭オロチに仕えながらも暗躍していました。

それでは第974話の考察を始めていきます。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』974話!のネタバレ

尾田栄一郎「ワンピース」974話より引用

それでは『ワンピース』974話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

20年の時間を超えて

尾田栄一郎「ワンピース」974話より引用

小紫として20年間を耐え忍んでいた光月日和は、客から巻き上げた金を丑三つ小僧、

居眠り狂四郎として黒炭オロチのもとに潜入している傳ジローに頼んでバラまいていたのです。

必ず兄たちが戻ってくることを信じて着物に血のりを仕込んで、いつでも小紫は死んでしまえるようにと。

 

スポンサーリンク

もう一人の内通者

ルフィたちがワノ国にたどり着く数ヶ月前に黒炭オロチは光月家の生き残りが来ることを内通者から知らされていました。

迫害を受けて自分の生きる意味だった舞台に上がれなくなった役者でした。

尾田栄一郎「ワンピース」974話より引用

まだ大名の座につく前のオロチは、その者に光月の者として生きて、

光月の者として死ぬという大役と悪魔の実を授けて、今の今まで潜伏させていたのです。

 

スポンサーリンク

そして現代

尾田栄一郎「ワンピース」974話より引用

主の無念を晴らすため、

主の夢をかなえるための準備をしてきた忠臣たちは、討ち入りのための準備を重ねてきました。

ですがその当日の常影港に仲間の姿はなく、

荒れた海を渡る船もなかったのです。

それでも錦えもんたちは小舟で鬼ヶ島に向かおうとしています。

作戦がまたしても漏れていたことに菊の丞は錦えもんに詰め寄ります。

錦えもんも同じく内通者がいることを感じてはいたのですが。

…その内通者は名乗り出ます、

尾田栄一郎「ワンピース」974話より引用

黒炭カン十郎と。

反乱を起こした者の一族だという理由で、自分の全てをかけていた役者として生きる道を奪われた男は、内通者として情報を流してともに釜茹で刑に処せされるという役を全うするつもりでした。

 

スポンサーリンク

反撃の時

カン十郎は悪魔の実の能力で描いて作った分身でした。

本人は海に出た赤鞘の仲間だった者たちを百獣海賊団に始末を任せて、港に残ったモモの助を「鬼ヶ島に連れて来い」というオロチの命令に従っていました。

尾田栄一郎「ワンピース」974話より引用

ですが、百獣海賊団の船に砲撃をする船。

小舟を下からすくい上げる潜水艦。

反対側から砲撃を加える船がいたのです。

それは麦わらの一味のサウザンドサニー号、

ハートの海賊団のポーラータング、

キッド海賊団の船でした。

尾田栄一郎「ワンピース」974話より引用

ルフィたちの反撃が始まります。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』ネタバレ974-975話のまとめ

全14話に渡ったワノ国の過去編が終わりルフィたちの動向がついに判明しました。

 

フランキーが建造していた船は姿はありませんが、

爆破されたサウザンドサニー号は健在です。

 

内通者はカン十郎でした。

舞台に上がれなくなったという話で菊の丞を疑ってしまいました、

すみません。

第962話で仲間にになった経緯に父が罪人になって家族が散り散りになったとありました。

カン十郎も髪を奪う妖怪、

過去迫害を受けていたとありました。

本来なら死んでいるはずのカン十郎からの連絡だからこそ、黒炭オロチは侍たちの帰還を信憑性のある情報だと信じて、百獣海賊団を使った空爆を指示したのでしょう。

尾田栄一郎「ワンピース」974話より引用

「直ったのか船…!」というゾロらしきセリフがあるために、サニー号が爆破されたことは間違いないのでしょう。

サニー号の材料となった宝樹アダムは、その程度で大破するような耐久性ではなかったようです。

他の船はおそらく破壊されてしまったようですね。

この攻撃は黒炭オロチの独断のようなので狂四郎(傳ジロー)は知らなかったようです。

ルフィと潜水艦で潜んでいであろうトラファルガー・ローのハートの海賊団はまだしも

一度は兎丼の収容所で同盟の話を断ったユースタス・キッドはこの戦いに参加していたのは意外でした。

 

いよいよ光月家家臣たちと各海賊団の反撃が始まります。

次回をお楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です