最新ネタバレ『呪術廻戦』110-111話!考察!伏黒甚爾参戦!!恵の反応は?

スポンサーリンク

ついに、伏黒甚爾が動き出しました!

前回は、陀昆の領域から脱出するために恵があけた歪みから甚爾が領域内に侵入してきました。

まだ誰が入ってきたのかは認識できていないようでしたが、果たして恵たちの反応とは?!

そして、甚爾は恵たちの味方となるのか敵となるのか…。

陀昆との戦闘も終局が近くなってきました。

果たして、戦局はどちらに傾くのでしょうか。

呪術廻戦110話をストーリーに沿って解説していきましょう!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』110話!のネタバレ

芥見下々「呪術廻戦」110話より引用

それでは『呪術廻戦』110話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

伏黒甚爾参戦!!

芥見下々「呪術廻戦」110話より引用

前回、最大限の集中をして陀昆の領域に穴をあけた恵ですが、誰も予想していなかった外からの侵入者に全員が一瞬気を取られてしまいます。

恵自身も遅々と過ごした時期が幼かったからか、触れ合う機会が少なかったからか、侵入者が父であるとは認識できず「誰だ…!?」と思っています。

陀昆は恵たちが脱出するものと考えていたため、甚爾が侵入してきたことにより恵たちの作戦が「外から術死を招き入れること」かもしれないと思考しました。

そんな、全員の思惑を完全に裏切った登場をした甚爾は、自分の登場により呆けている真希から力ずくで「游雲」を奪い取ろうとします。

領域に侵入してから即座に真希の「游雲」に手をかけた甚爾ですが、真希も天与呪縛によって身体能力は上がっています。

芥見下々「呪術廻戦」110話より引用

即座に反応し甚爾に「游雲」を渡さないように力を込めますが、天与呪縛者の中でも随一の身体能力を誇っている甚爾にはかなわず、「游雲」は奪われてしまいました。

「游雲」を手にした甚爾は陀昆の方へ向かおうとします。

その際にすれ違った直毘人のみは甚爾の正体を見破っていましたが、尋常ではない雰囲気に気圧されてしまいました。

誰も止めることはなく、甚爾と陀昆の戦闘が開始されます!

 

スポンサーリンク

甚爾の肉体のタイムリミット

オガミ婆の降霊術により現世に復活した甚爾ですが、通常であればオガミ婆が死んだとしても降霊された孫の呪力が尽きてしまえば術は解けてしまうものでした。

しかし、天与呪縛により呪力が全く無い甚爾の体質により、孫の呪力を消費せずに行動することが可能となってしまいました。

これにより、孫の体が壊れるまでは現世に留まることが可能となった甚爾ですが、そのイレギュラーにオガミ婆の術式自体が耐えられず、暴走状態となってしまいました。

芥見下々「呪術廻戦」110話より引用

それが影響して甚爾本人の自我は無くなり、常に強者へと向かうだけの殺戮人形と化してしまいました。

 

スポンサーリンク

開戦!甚爾vs陀昆!!

領域の主である陀昆を強者と認定して相対する甚爾ですが、対する陀昆は呪力の感じられない甚爾に対して余裕の態度を取ります。

陀昆が式神による先制攻撃を仕掛けますが、その式神ごと「游雲」による打撃を陀昆に与えます!

油断していたことも影響しているでしょうが、この一撃により陀昆の甚爾に対する認識が誤っていたことを認識しましたが、

芥見下々「呪術廻戦」110話より引用

依然上がり続ける動きに驚愕しながらも、とっておきの式神を甚爾に対して放ちます。

「硬度も攻撃力も今までの式神とは違う」と豪語する、凶悪なフナムシのような見た目の式神を放ちましたが、甚爾はこれに対しても一撃のうちに倒してしまいます。

「游雲」は特級呪具の中で唯一、術式効果が付与されていないものらしく、扱う者の膂力が純粋に威力に影響してしまうものだそうです。

身体能力だけなら他の追随を許さない甚爾の力で振るわれる「游雲」は最大の威力を発揮していると言ってもいいでしょう!

それにより陀昆を圧倒します。

 

スポンサーリンク

勝負の行方は!?

圧倒的な力により陀昆をぶっ飛ばした甚爾を見て、真希が「誰だアレは」と直毘人に問いますが、「亡霊だ」と甚爾の名前は出さずに答えます。

甚爾の侵入によって脱出の計画が崩れてしまった恵たちですが、一度陀昆に領域に穴を開けることを悟られてしまったために、2度目のチャンスは無いことを恵が伝えます。

しかし、「領域内の必中効果」を相殺するために恵の領域は展開し続けなければいけません。

陀昆もそのことに気付いており、甚爾との力量差は感じながらも「領域内の必中効果」さえ取り戻せば形勢は逆転すると考え、時間を稼ぐことに作戦をシフトしました。

芥見下々「呪術廻戦」110話より引用

この間に「游雲」同士をぶつけ、三節昆の先が鋭くなるように研いだ甚爾は陀昆に飛び掛かります!

陀昆は時間稼ぎのために空中に飛び上がりましたが、第107話を彷彿とさせるように「滞空できるんだもんなぁ」と言いながら陀昆の逃げた空中に先回りした直毘人がいました!

陀昆の体を空中から下に向かって押し出し、下からは「游雲」を固定することにより支えとして空中に飛び上がった甚爾が迎え撃ちます!

先程研いだ「游雲」の先を陀昆へと突き刺しました!

ガードはしましたが、頭を貫かれた陀昆はどうなるのでしょうか!?

次回に続きます。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ110-111話のまとめ

今回は伏黒甚爾vs陀昆戦となりましたが、最後に直毘人が手を貸したとはいえ、真希、七海、直毘人の三人が苦戦していた陀昆に対して終始優勢に戦ってた甚爾です!

その圧倒的なまでの身体能力と呪具の扱いにはやはり目を見張るものがあり、この戦闘を見ていた真希も呪具使いとして思うことがあったかもしれません。

芥見下々「呪術廻戦」110話より引用

最後のコマで陀昆の頭を貫いた甚爾ですが、相手は特級に分類される呪霊なので本当に倒されているかは次話以降に判明するでしょう。

今のところ自我が無くなっている様子の甚爾なので、この戦いが終わった後は誰かに牙を向けてしまうのか、孫の体が崩壊してしまうのか、展開の分かれる重要な部分だと思います。

また、まだ父・甚爾の存在に気付いていない恵はその正体を知ってしまうのかも気になる部分ではあります!

まだまだ展開の気になる呪術廻戦ですが、次回111話を楽しみにしましょう!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です