最新ネタバレ『呪術廻戦』114-115話!考察!激闘必死!宿儺vs漏瑚!!

スポンサーリンク

前回の113話では、せっかくの親子対面なのに恵は父の顔が分からず、甚爾の親としての矜持が、自身の2度目の死を自ら選んでの終幕となりました、恵vs甚爾の対決。

突然の自殺に恵は何を思うのでしょうか?

そして恵以外の呪術師側の現状とは?!

呪術廻戦114話を紐解いていきましょう!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』114話!のネタバレ

芥見下々「呪術廻戦」114話より引用

それでは『呪術廻戦』114話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

恵が思うことは……?

恵からすれば突然の幕引きとなった甚爾との戦いですが、その姿に何を思うのでしょうか?

死後の体を見てみると、さすがにオガミ婆の降霊術は解けており、孫の顔へと戻っています。

先程まで戦っていた人物と顔が違うこと、突然に自殺したことに疑問を抱く恵ですが、最後に甚爾から受けた傷がうずきます。

陀昆の領域に侵入してきた際に直毘人が呟いた「甚爾か!!」という言葉と、先ほどまで戦っていた甚爾の言った「よかったな」から何かを感じ取る恵でしたが、自身の傷の具合と現在の状況から考えるのをいったん止めます。

芥見下々「呪術廻戦」114話より引用

一刻も早く家入の治療を受けに行こうとする恵でしたが、その背後から刃がきらめきます。

背後から恵を襲ったのは、なんと!七海に倒されたはずのサイドテールの呪詛師でした!!

果たして、恵はこの状況を生き抜くことができるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

珍コンビ!日下部&パンダ

様々な箇所で激闘が繰り広げられている中、日下部&パンダは地上で一般人の被害が出ていないかをパトロールしていました。

芥見下々「呪術廻戦」114話より引用

パンダは早く五条の救出に向かいたいようですが、日下部が強力な呪霊とも戦いたくないし、一人で渋谷駅周辺にいたくもないとのことで、土地勘のないパンダをあの手この手で引き止め続けていました!

そこらの人間よりも人らしい心を持っているパンダのため、日下部のもっともらしい説得に頷き、周辺の調査を怠りません。

ほとんど五条の封印されている渋谷駅地下5階まで最短で行けるような場所にいるにもかかわらず、日下部はあえて遠回りのルートを通ろうと、これからの予定を組み立てます。

 

スポンサーリンク

呪詛師たちの企みとは?

芥見下々「呪術廻戦」114話より引用

しかし、そんな思いが続くはずもなく、元夏油の下についていた呪詛師と出くわしました!

現在はその体を乗っ取られて偽夏油として活動していますが、それまでは呪術師に対してはとても優しかった夏油。

その夏油の配下でもある呪詛師たちが、なぜ偽夏油の側についているのでしょうか?

今は亡き菜々子・美々子姉妹は夏油の体を取り戻そうと奮闘していましたが、日下部たちの前に現れたのはまた違った考えを持っていました。

芥見下々「呪術廻戦」114話より引用

夏油の体は既にどうでもよく、強者たる呪術師が大手を振って暮らしていける世界を作ろうとしていた夏油の意志を引き継いで活動しようというのです!

偽夏油が行っていることは呪霊にとって住みやすい世界に変えていくような感じですが、結果として強い呪術師が生き残り、弱き一般人は駆逐されていくので、偽夏油の下で動くのを良しとしていました。

そんな呪詛師たちは日下部、パンダに対して投降するように申し出ます。

ここまで積極的にかかわろうとしなかった日下部ですが、さすがに呪術高専の教鞭をとっている身、敵からの申し出に応じるほど甘くはありません。

 

スポンサーリンク

呪詛師vs日下部&パンダ!?

呪詛師からの申し出を断った日下部は、瞬時に相手の力量を見極めます。

日下部自身、術式を使用せずに…というよりも術式がなく、実力のみで1級術師まで上り詰めています。

日下部のような昇級をしたものは、過去にも現在にも彼一人しかおらず、その実力の高さが伺えます。

その日下部が呪詛師を見て、「この程度の集団」と判断したことで、日下部の中に特級呪霊と戦わずに目の前の呪詛師と適当に戦っていた方が得だと判断させます。

芥見下々「呪術廻戦」114話より引用

ずっと腰に携えていた刀を構え、「シン・陰流」を語りました。

技名は「居合『夕月』」。

京都校2年の三輪と同じシン・陰流を扱う日下部ですが、その実力はどれほどのものなのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

激闘!?宿儺vs漏瑚!!

ついに日下部の戦闘が見られるかと思いきや、呪詛師後方のビルから強い光が発され、直後に轟音がとどろきます!

突然の出来事にさすがの呪詛師、日下部たちも現場の方へ目を向けます。

芥見下々「呪術廻戦」114話より引用

そこからはいまだ表層意識に出ている宿儺と漏瑚が飛び出てきました!

漏瑚は宿儺から何度も攻撃を喰らったのか、大口を開けて意識が飛んでいる様子です。

対する宿儺はゲラゲラと笑いながら「そんなもんか!?」と煽っています。

何事にも左右されない宿儺に、賭けの戦いを挑んでいる漏瑚。

呪詛師たちや日下部たちは戦いに巻き込まれてしまうのでしょうか……。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ114-115話のまとめ

芥見下々「呪術廻戦」114話より引用

冒頭からサイドテールの呪詛師に切られて大ピンチの恵!

陀昆、甚爾と激闘の連戦で体の限界も近そうですが、果たして恵一人で切り抜けることができるのでしょうか!?

そして、なかなかに珍しい日下部がついに戦闘をするかと思いきや、宿儺&漏瑚が戦いの余波で飛び出てきます!

日下部の思い通りにはいかない現実が迫っていますが、日下部の運命やいかに!?

呪詛師たちも宿儺相手にどう立ち回るのでしょうか?

次回が楽しみです!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』115話!圧倒的”力”!宿儺vs漏瑚・・

⇒『呪術廻戦』112話!目覚める宿儺!漏瑚の望みとは?・・

⇒宿儺(すくな)の真の目的が判明!?虎杖はただの器?伏黒に興・・

⇒『呪術廻戦』113話!伏黒親子対決!早くも決着!?・・

⇒『呪術廻戦』111話!甚爾vs陀昆ついに決着!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です