最新ネタバレ『呪術廻戦』132-133話!考察!虎杖vs真人!最終決戦!!

スポンサーリンク

魂の真の姿である「遍殺即霊体」の力は、虎杖の予想を超えていました。

虎杖の通常の打撃では、真人に対してかすり傷一つ、追わせることができないほど「遍殺即霊体」の真人は、次元の違うレベルアップを果たしていました。

虎杖に残された手は、狙って出すことのできない黒閃のみとなってしまいました!

それも、最大呪力を込めた攻撃でないと、真人には効果がないだろうと思うほど、「遍殺即霊体」の能力は高いものでした。

しかし、それも真人が万全の状態であった場合です。

長い戦いで、少なからず傷ついている真人は、この体が長い時間維持できないだろうと判断し、虎杖同様、短期決戦に持ち込みます。

果たして、因縁の深い二人の決着はどうなってしまうのでしょうか!?

呪術廻戦132話を紐解いていきましょう!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』132話!のネタバレ

それでは『呪術廻戦132話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

蘇る技能!

芥見下々「呪術廻戦」132話より引用

「遍殺即霊体」の真人を倒すために黒閃を狙って出すことを決意した虎杖ですが、これまで、黒閃を狙って出すことができた術師は存在しません。

しかし、すでに何度も黒閃を出していること、そして、真人を倒すために並々ならぬ気迫を出していることから、「今の虎杖ならば黒閃を狙って出すことができる」と思わせるほど、鬼気迫るものがあります。

そんな虎杖の対策を、今の真人がしていないはずもなく、変形した体の一部分を通常の真人の体に戻すことで、「遍殺即霊体」の肥大化した箇所に当たるはずだった攻撃を逸らしました。

さらに通常の体に戻った部分を呪力で保護することで、虎杖から放たれる攻撃の威力を軽減しようというのです!

その思惑は見事に当たり、虎杖の攻撃の威力は、真人にとって気にするほどのものではなくなりました。

芥見下々「呪術廻戦」132話より引用

そして、カウンターの一撃で虎杖を仕留めようと、渾身の力で拳を突き出したところ、今しがた虎杖から攻撃された部位に時間差の衝撃が起こりました!

それはまさしく、虎杖が呪力の精密操作の取得と同時に失っていた「逕庭拳」でした!

呪力操作の修行中に、技術が拙い虎杖の意図しない副産物として、物理的な衝撃と遅れてやってくる呪力の衝撃による二重の攻撃を仕掛けることができる「逕庭拳」は、五条をもってしても褒めるに値する能力でした。

しかし、あくまで呪力操作が拙いがために起こっていた現象で、意図して行うことは困難を極め、呪力の操作を取得した虎杖から「逕庭拳」が放たれることはありませんでした。

芥見下々「呪術廻戦」132話より引用

それが、脹相との戦いを経て、完全に自分の意志で発動できるまでにモノにしていました!

これにより、真人の思惑を外し、ダメージを与えるまでにはいかないものの、一瞬の隙を作ることに成功しました!

 

スポンサーリンク

決着!!

「逕庭拳」により、最大のチャンスを作り出した虎杖ですが、ここで、真人に確実に黒閃を当てるために離脱していたかに思われた東堂が動きました!

隙を作ったとはいえ、あくまで一瞬。

一度、「逕庭拳」を出した虎杖は、もう一度集中する必要がありました。

芥見下々「呪術廻戦」132話より引用

それを察してか、東堂は無くなった左手を気にすることもなく、真人に対して「腕なんて飾りさ、拍手とは魂の喝采!!」と言って、拍手をしました!

誰もが、虎杖の位置替えが行われたと思った事でしょう。

真人も東堂の決死の雰囲気にあてられたのか、虎杖の気迫からくる戦いの空気にあてられたのか、「不義遊戯」による位置替えが行われたと思い、右側に注目してしまいました。

しかし、東堂の術式は左手が無くなったと同時に死んでいるようで、「不義遊戯」は発動しませんでした。

芥見下々「呪術廻戦」132話より引用

これにより、最大の隙を見せてしまった真人は、この間に集中していた虎杖は、想定していた通りに最大呪力での黒閃を放ちました!

東堂に作られた最大の隙は、虎杖の攻撃を真人に防御させる暇も与えず、見事にクリーンヒットしました。

そして、これまで虎杖の攻撃では傷一つ付かなかった「遍殺即霊体」の体は、血を吐きながらぶっ飛ばされるほどの威力を誇っていました。

 

スポンサーリンク

真人への救い?

芥見下々「呪術廻戦」132話より引用

虎杖の渾身の一撃を受けた真人は、「遍殺即霊体」の体を維持できず、通常体へと戻っていました。

一撃で死ななかったことには感心しますが、すでに改造人間のストックも使い果たしてしまったようで、真人は完全に狩られるだけの存在へとなってしまいました。

虎杖も覚悟を決めたようで、これまでは、人を助けることを目的として呪術師としての活動を行ってきましたが、渋谷での戦いを経て、呪いを殺し続けることを自分の役割として、この戦いを続けていくようです。

完全に狩る側と狩られる側とに分かれてしまい、決着も誰の目でも明らかなものとなってしまいましたが、真人は、恥も醜聞もなく逃げまどいました。

芥見下々「呪術廻戦」132話より引用

虎杖がトドメをさすのも間近と思われたその瞬間、真人の前には偽夏油が現れたのでした。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ132-133話のまとめ

芥見下々「呪術廻戦」132話より引用

ついに決着!

と言っていいのか分からないほど、意外な展開になってしまった今回ですが、虎杖の成長に目を見張るものがあります。

「遍殺即霊体」となった真人の強さは、表現の通り次元が変わったレベルの進化をしていました。

虎杖が確実に倒せると確信していた、最大呪力の黒閃でも、一撃で完全に祓うことはできませんでした。

真人を無力化することには成功しましたが、それだけ真人の呪霊としての格が高かったことが伺えます。

そんな真人も負けてしまえば、赤子同然の状態になってしまいました。

これで決着となれば、虎杖としてもけじめがつけられたのかもしれませんが、まだ運命は戦いを強要しているようです。

芥見下々「呪術廻戦」132話より引用

偽夏油の登場により、この戦いがどのように崩れてしまうのか?

そして、封印されて動けないとはいえ、五条を見張っている呪霊はいなくなってしまったのか?

さらに物語が動き出そうとしています!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』134話!術式の奥義とは!?ついに偽夏油の・・

⇒『呪術廻戦』133話!夏油参戦!?封印された五条の・・

⇒『呪術廻戦』131話!真人、魂の姿へ!真の実力とは!?・・

⇒『呪術廻戦』130話!真人覚醒!!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です