最新ネタバレ『呪術廻戦』154-155話!考察!ついに接触!もう1人の3年生とは!?

スポンサーリンク

最強の助っ人になるかもしれない金次に接触するため、虎杖はチャレンジャーとして賭け試合に参加し、伏黒は監視の目を欺きながら、金次へと接触を図っています。

そんな虎杖の対戦相手は、まさかのパンダ先輩!

試合で殴り合いながらも互いに状況を報告することで、金次に接触しやすい方法を実行します。

文字通りの客寄せパンダとなっていたパンダ先輩を、観客を湧かしながら虎杖が勝利することで、狙い通りに金次が虎杖に対して興味を持ったようです。

今回は、ついに金次と接触することができるのでしょうか?

呪術廻戦154話を紐解いていきましょう!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』154話!のネタバレ

芥見下々「呪術廻戦」154話より引用

それでは『呪術廻戦』154話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

近づけない!?

パンダとの試合で、虎杖は金次と接触できることが確定しました。

敗戦者となったパンダですが、金次と顔見知りのためなのか、普通に会場周辺をうろついていました。

そこで、監視の目を掻い潜りながら金次へと接触する方法を探していた伏黒と遭遇します。

ここでも、虎杖との試合の出来事やパンダ先輩の持っている情報を交換します。

芥見下々「呪術廻戦」154話より引用

金次の居場所は、廃駐車場の屋上にあるモニタールームにいるようですが、もう1人の3年生の術式によって、モニタールーム周辺から「距離が縮まらない」現象が起きているようです。

金次と一緒にいる3年生は「綺羅羅」。

パンダ先輩も綺羅羅の術式については、知らないようで苦労していました。

そのため、確実に接触できる虎杖の説得にかかっていますが、パンダ先輩曰く、金次と虎杖の相性自体は良いらしいのですが、高専関係者とばれた後の金次の行動が読めないために、噓のつけない虎杖では説得は難しいものと考えているようです。

それでも、虎杖の交渉が鍵になることは確かなので、虎杖が接触した後に金次が逃げ出さないように、モニタールームに虎杖が入ったすぐ後に、周辺の見張りを行動不能にして、金次の逃げ道をふさぐ作戦で行くようです。

綺羅羅の術式が不確定要素となりますが、術式によりワープなどができる場合には、潔く諦めることにしました。

 

スポンサーリンク

モニタールームへ!

賭け試合の工程が全て終了し、予想通りに虎杖が最後まで勝ち続けたようでした。

虎杖は、綺羅羅に案内されてモニタールームへと向かっています。

芥見下々「呪術廻戦」154話より引用

その裏では、監視カメラの位置を完璧に把握しているパンダ先輩と伏黒が、密かに見張りを片付けながらモニタールームに近づいていました。

見張りでは、伏黒やパンダ先輩の相手にはならず、簡単に屋上までたどり着いた二人ですが、そこで虎杖の案内を終えた綺羅羅と運悪く遭遇してしまいました。

綺羅羅の方も同時に二人の存在に気づき、伏黒の姿を監視カメラ越しに見ていたので、虎杖が高専の関係者ということもばれてしまいました。

金次に高専関係者を近づけないためにも、真っ先に金次のもとへと行こうとした綺羅羅でしたが、一瞬早く伏黒が玉犬を出して綺羅羅を捕えようとしました。

芥見下々「呪術廻戦」154話より引用

しかし、綺羅羅の術式が発動し、玉犬ごと伏黒は後方へ飛ばされてしまいました。

この隙に金次の元へ戻ろうとする綺羅羅とそれを追うパンダ先輩ですが、パンダ先輩は綺羅羅にも近づくことができませんでした!

伏黒は、玉犬を先行させ綺羅羅の前を塞ぎパンダ先輩と挟むような形を取りますが、伏黒はなぜか玉犬に引っ張られていきました。

綺羅羅は、特定のものには近づけず、また離れられない、まるで磁石のような術式を扱うようです。

 

スポンサーリンク

ついに接触!虎杖と金次

モニタールームの外では、伏黒&パンダ先輩と綺羅羅が攻防を繰り広げている中、ついに虎杖は金次と接触を果たしました。

そこで、金次は虎杖にある提案をしました。

芥見下々「呪術廻戦」154話より引用

「1日に1時間あることをするだけで月収100万円に…!!」

と、まるで詐欺の定型文のようなことを虎杖に言ったのです!

さすがの虎杖も、「……ん???」と疑問を隠せないようでした。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ154-155話のまとめ

ついに虎杖は、最強の助っ人になるかもしれない金次との接触を果たすことができました!

しかし、その裏では、虎杖が高専関係者だと知った綺羅羅がいち早く金次の元へ戻り、虎杖を引き離そうとするのを、伏黒とパンダ先輩がどうにか阻止しようと画策しています。

芥見下々「呪術廻戦」154話より引用

しかし、パンダと伏黒は綺羅羅に近づくことができず、伏黒に至っては玉犬と離れることができない状況になってしまいました。

まるで磁石のN極とS極のような関係になっている3人ですが、綺羅羅の術式は、予想通りに磁石のような能力なのでしょうか?

そして、金次が虎杖に対して言った、いかにも詐欺の定型文すぎる内容にはどういった意図が込められているのでしょうか?

それぞれに思惑のありそうな予感がしますが、次回はこの謎が解けるのを首を長くして待ちたいと思います!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』156話!ついに判明!綺羅羅の術式とは!?・・

⇒『呪術廻戦』155話!金次の“熱”・・

⇒『呪術廻戦』153話!最強の助っ人!?金次との邂逅!!・・

⇒『呪術廻戦』152話!禪院家の行く末!!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です