スポンサーリンク

最新ネタバレ『呪術廻戦』198-199話!考察!一刀両断

スポンサーリンク

芥見下々「呪術廻戦」198話より引用

直弥に苦戦する真希は河童の三代と老人の大道の登場で流れを変えようとしました。

そして、渡した刀を大道が振る姿を見て甚雨の姿が重なります。

その後、頭をスッキリさせる為に三代と相撲をとる決断をする真希。

そして、2回目の相撲で勝利した真希は三代と大道のアドバイスもあり、何かに気づいたのか笑顔を見せていました。

この後、すぐに直弥とのバトルを再開した真希は、面で何かを捉えるような成長している姿を見せます。

何と直弥のぶっちぎりのスピードについていけるようになり、直弥を素手で殴り飛ばしたのです。

この攻撃は呪力が入っておらず、直弥にダメージを与える攻撃ではありません。

ですが、その殴り飛ばした先には河童の三代と老人の大道がスタンバっていました。

これで大きなダメージを受けてしまう直弥。

更に真希と2人の連携攻撃に窮地に追いやられます。

この時、直弥が見たのは真希と重なる甚雨の姿でした。

これを目にした瞬間、直弥の心の奥深くに潜む黒い情念が巻き起こり「そこに立つのは俺や!」と叫ぶ直弥。

蛹を破り人の姿で現れ、最終形態となる「領域展開」を開始します。

覚醒した真希が更に覚醒したかのような展開を見せる直弥との戦い。

真希の姿に甚雨を重ねた直弥が見せる「領域展開」はどんなものなのか、早速198話を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』198話!のネタバレ 

それでは『呪術廻戦』198話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。 

 

スポンサーリンク

時胞月宮殿

ブチ切れた直弥は領域展開「時胞月宮殿」を発動しました。

そして、直哉の領域内に大道と三代と真希の3名が取り込まれてしまいます。

この直哉の領域に取り込まれてしまった大道と三代、かなり苦戦する事になりました。

それは直哉の術式は、細胞レベルでコントロール可能な厄介はものだったからです。

そして、何と大道の片腕は刀ごと千切れ、河童の三代は何も出来ずに血だらけとなりました。

 

スポンサーリンク

真依

実力者である大道と三代を一瞬で倒した直弥の「時胞月宮殿」でしたが、真希の気配を感じられませんでした。

何故なら真希が完全に呪力を持ってないからで、領域内であっても建造物と同じ扱いになるからです。

直弥に気配を感じさせない真希は「精神世界」に入りこむと真依と会話をしていきます。

そして、「汗臭いおっさんに握られてまで」という、真依と握手した真希は真の力に覚醒して行く事になります。

精神世界で真依と話す真希が残した呪具は「釈魂刀」のレプリカでした

この釈魂刀はあらゆる硬度を無視し、魂を切り裂く事ができます。

ですが、この効果を十二分に発揮するには「無生物」の魂すら観察する目が必要だったのです。

 

スポンサーリンク

鬼人

遂に釈魂刀の使い方と自身の真の力に目覚めた真希は、あの禅院甚雨に並ぶ程の強さを手にします。

必中である直弥の「時胞月宮殿」に背後から刀を突き刺す真希。

姿を確認した直弥は「このダボカスが!」と真希を殺そうとしました。

ですが、禅院甚雨同様に鬼人となった真希は直弥を一刀両断のもと、斬って落とします

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ198-199話のまとめ

甚雨の姿を重ね「お前じゃない」と叫ぶ直弥は領域展開「時胞月宮殿」を発動させます。

この領域に取り込まれた大道と三代の2人は手を組み直弥と戦う事になります。

直弥の力に圧倒されていく事になり、大道は刀を持った腕ごと吹き飛ばされる事になります。

そんな中、直弥は真希の気配を探していました。

直弥の領域展開「時胞月宮殿」は必中ながら、取り込んだ者の気配を感じ取る事が出来るのですが、直弥は真希を見つける事が出来ずにいました。

何故なら真希は完全に呪力を持っていないからでした。

その真希は精神世界で真依とレプリカの呪具「釈魂刀」について語り合っていました。

「釈魂刀」はあらゆる硬度を無視し、魂を切り裂く事ができます。

そして、それを発揮するには「無生物」の魂すら観察する目が必要だったのです。

真依は真希にこの力を教える為に敢えて「刀〜」と叫ぶ大道の手元にいったのです。

これを理解し、甚雨に並ぶ、完全なる覚醒した強さを手に入れた真希。

姿を現すと直弥の背後から刀を突き刺します。

刺されながら真希の姿を確認した直弥。

この「時胞月宮殿」は必中で甚雨と同じ力を手に入れていると思っていました。

そして、身動きできないと確信した直弥は「このダボカスが!」と真希に襲いかかります。

ですが、覚醒した呪力のない真希を直弥は認識する事が出来ず一刀両断に打ち倒します。

芥見下々「呪術廻戦」198話より引用

この瞬間、禅院甚雨が死んで僅か12年にして「鬼人」が完成する事になります。

覚醒した真希は圧倒的な強さを見せます。

これでキッカケを作ってくれた大道と三代も助かる事ができました。

決着の着いたコロニー、次週からは一体どんな展開になっていくのか。

あまり出番のなかった憲紀も気になる199話を楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』200話!アメリカ・・

⇒『呪術廻戦』199話!堕天・・

⇒『呪術廻戦』197話!バトル再開・・

⇒『呪術廻戦』196話!キッカケ・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA