スポンサーリンク

最新ネタバレ『呪術廻戦』202-203話!考察!11月16日0時

スポンサーリンク

芥見下々「呪術廻戦」202話より引用

アメリカ大統領に日本人を「拉致」せよと提案した羂索。

困惑する中、アメリカ大統領が出した答えは「保護」でした。

アメリカ大統領は「拉致」から「保護」に言い方を変え、この羂索の提案にのったのです。

その後、その作戦の内容を詰めようとする羂索。

またもやアメリカ大統領や首脳陣を困惑させます。

それは「呪術師」を保護(拉致)する為には800人以上の特殊部隊の隊員が必要だと羂索が言ったからです。

この提案にとても信じられないようなリアクションをするアメリカ陣営に羂索は自身の術式を使い「呪術師」の強さを見せる事にします。

そして、羂索は特殊部隊のいる敷地内に「象」の呪霊を解き放ちます。

敷地内で大暴れする「象」の呪霊、中では特殊部隊の隊員の悲鳴が聞こえてきます。

この羂索のパフォーマンスにより、「呪術師」の怖さを知ったアメリカ陣営はこの提案を受けざるを得ない事になります。

そして、この契約が結ばれた事により、全てが羂索の思惑通りに進む事になります。

これにより伏黒達が気づいた、減っているはずの結界内で人口が増えている理由が分かりました。

一方、この不穏な動きを察知した虎杖や伏黒も動き出しました。

羂索がアメリカ大統領と交渉し始めようとしている「呪術師狩り」が一体どういうものなのか。

急展開になりそうな202話を早速見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』202話!のネタバレ 

それでは『呪術廻戦』202話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。 

 

スポンサーリンク

天元と九十九

羂索がアメリカ大統領と契約している時、天元と九十九の2人はコタツに入って話をしています。

コタツの上にはみかんとお茶が用意され「星漿体」について踏み込んだ話をします。

九十九は天元にリスクを冒してまでなぜ同化を拒否したのかと聞きます。

すると天元は拒否したわけではないと言い、同化によって進化したところで人類の敵にならない保証がないので現実を受け入れたと話します。

その結果、同化には失敗したがその後自我を保ち結界術を使って理性を保っていることを伝えますが、いつかはこうなることを予測していたという天元は言います。

これに九十九の怒りが爆発し、新たな事実が明らかになります。

なんと九十九は元「星漿体」だったのです。

これにより、九十九にはこれまで天元と同化した「星漿体」たちの声が聞こえるのでした。

これを聞いた天元は取り込んだ「星漿体」たちが何を言っているのかと尋ねます。

でが、九十九は「答えられるわけがない」と一喝します。

 

スポンサーリンク

結界侵入

天元と九十九が話をしている時、結界が壊れる音が響き渡ります。

結界に侵入してきたのは羂索で、侵入時刻は11月16日0時です。

その侵入者・羂索の前に立ちはだかったのは張相です。

羂索は張相に天元の居場所を聞きます。

ですが、張相がこの質問に答えるわけありません。

すると羂索は「死滅回遊」の役割は終えたと言い、更に天元を失ったら世界の終わりになることを宣言します。

そして、羂索は終わりの可能性について映像をみせながら張相に説明を始めます。

 

スポンサーリンク

ブチ切れ

羂索は前から呪霊の可能性や新たな呪力の形について探求してしています。

その中で、呪霊と人間の混血である張相たちが生まれたのですが、羂索からするとあまりにも普通すぎたのです。

そこで羂索は、進化した天元は人より呪霊に近いことから天元と非術師の同化をさせようとしていました。

羂索は一億人の呪力を持った呪霊が誕生すると予想し、その一億人の呪力を持った呪霊が見てみたいと言います。

更に、これが面白いと感じた羂索は本当に面白いのか検証したくなったと張相に言います。

この身勝手極まりない羂索の話を聞く張相。

かなりの勢いでブチ切れます。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ202-203話のまとめ

アメリカ大統領との「保護」の契約が成立した時、天元は九十九も「星漿体」について踏み込んだ話をしていました。

それは何故、天元は同化を拒否したのかでした。

天元は拒否した訳ではないと言い、こうなる事は予想できたと返答します。

これを聞いた九十九が激怒している時、何者かが結界内に侵入してきました。

その侵入者はアメリカで契約をしていた羂索でした。

芥見下々「呪術廻戦」202話より引用

そして、その羂索の前に立ちはだかるのが因縁を持った張相です。

羂索は張相に天元はどこだと居場所を聞き出そうとしますが、当たり前のように張相は答えません。

羂索は「終わりの可能性」について映像を見せながら張相に説明し始めたのです。

羂索は自身の探求を交え説明していき、天元と非術師の同化はかなり面白いと言います。

そして、それは果たして本当に面白いのか検証したくなったと説明します。

この話を聞いた張相は身勝手極まりない羂索に、かつてないほどのブチ切れを見せます。

また、新たな展開となった中で激突が決定的な羂索と張相。

次週は一体どうなるのか、203話を楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』204話!最高な兄ちゃん・・

『呪術廻戦』203話!張相の覚悟・・

⇒『呪術廻戦』201話!保護・・

⇒『呪術廻戦』200話!アメリカ・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA