スポンサーリンク

最新ネタバレ『呪術廻戦』204-205話!考察!最高な兄ちゃん

スポンサーリンク

芥見下々「呪術廻戦」204話より引用

アメリカ大統領と日本人「保護」の契約をしていたはずの羂索でしたが、突如として結界内に侵入してきました。

そして、その侵入してきた羂索の前に立ちはだかったのが張相です。

張相は羂索が結果内に侵入してきた時に、天元、九十九、張相の3名の内の誰が行くのか作戦会議を立てた際に自身が出ると主張したのです。

張相は命を落としても羂索を殺せればそれでいいという思いと、羂索の呪霊や術式情報を引き出す事で、九十九に繋ぐことが最善だと考えていたからでした。

この思いを聞いた九十九は張相に「死ぬぞ」と進言しますが、張相の気持ちに迷いはありませんでした。

始まった戦いで最初に「穿血」で攻撃したのは張相でしたが、その攻撃を羂索に見事に交わされると呪霊を放たれます。

そして、一進一退の戦いの中で張相は「悠仁に何をさせるつもりだ」と羂索に問います。

羂索は何もさせないと意外な事を口にしますが、全ての元凶は悠仁だと断言しました。

この羂索の言葉を聞き、「お前こそ全ての元凶だ」と張相は怒りを爆発させます。

ですが、余裕を持っていた羂索は下からこっそり這わせていた呪霊に張相を捕らえさせると一方的に袋叩きにし、強化した「低級呪霊」を差し向けたのです。

戦況を見守る天元はこの張相のピンチに九十九の名前を呼びますが、九十九は「まだだ」と言うと張相を見守ります。

張相はダメージを負っていながらも意識はハッキリしており、自身の不甲斐なさに苛立ちを見せていたのです。

弟達を思い心震わせる張相。

「九相図兄弟ファイヤー!!!」と叫ぶと気合で立ち上がります。

張相ですら全く敵わない強さを見せる羂索。

気合で立ち上がりましたが、突破口があるのか、張相の意地に期待したいですね。 

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』204話!のネタバレ 

それでは『呪術廻戦』204話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。 

 

スポンサーリンク

弟の手

「九相図兄弟ファイヤー!!!」と叫び立ち上がる張相は弟たちの力を借りるといいます。

そして、立ち上がった張相の背中には3人の手が添えられていました。

もちろん添えられていた手の正体は亡き弟の壊相と血塗、そして虎杖です。

弟たちの手が張相の背中を押し「頑張れ」と口にすると、張相は涙を滲ませながら「任せろ!」と答えました。

 

スポンサーリンク

新技

3人の弟の頑張れに立ち上がった張相は全力で羂索に向かっていきます。

張相は羂索に初めての攻撃を繰り出そうとします。

その技は自身の血で手を切り、ロケットパンチを出す通称「追尾する血は運河」です。

「追尾する血は運河」を使った張相ですが、羂索にはあまりダメージを与えられず、呪霊を肉壁にして張相の拳を受け、羂索は余裕の表情を見せます。

 

スポンサーリンク

役割

「追尾する血は運河」を受け流された張相が次に繰り出したのが、壊相の極ノ番「翅王」です。

この技は、背中に血の羽を作って、そこから血を飛び散らせるという技です。

これを使い張相は羂索の全方位に血の散弾をぶち込みますが、またもや羂索にダメージを与えられません。

「不発?」と張相の頭をよぎりますが、散弾の形跡が羂索の周りに残っていました。

この事で張相は羂索が何かしたことを確信し、呪霊以外の何かを引き出す「役割」を達成します。

 

スポンサーリンク

九十九登場

張相の技により、「何か」を出さざるを得ず、少し悔しそうな顔をする羂索の前に現れたのが九十九です。

九十九は直ぐに張相に駆け寄ると「最高だぜ、お兄ちゃん!!」と称えます。

そして、当初の作戦通りに「何か」を引き出した張相に代わり、九十九と羂索の戦いが始まります。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ204-205話のまとめ

羂索の圧倒的な強さの前に、一方的な展開となった張相でしたが、「九相図兄弟ファイヤー!!!」と弟達の思いを背負い立ち上がってきました。

そして、張相の背中には弟の壊相と血塗、虎杖が手を添え「頑張れ」と後押しします。

これに「任せろ」と答える張相。

芥見下々「呪術廻戦」204話より引用

すぐに羂索に全力で立ち向かうと「追尾する血は運河」という新技を繰り出します。

ですが、羂索がこれを簡単に受け流すのを見ると、張相は壊相の極ノ番「翅王」を繰り出しました。

この技は、背中に血の羽を作り、そこから血を飛び散らせるという技です。

張相はこれで羂索の全方位に血の散弾をぶち込みますが、これも羂索は簡単に受け流します。

ですが、この時、羂索は呪霊以外の「何か」を使っていたのです。

これを確信した張相は役割を終えました。

そして、このタイミングで現れたのが九十九でした。

張相に「最高だぜ、お兄ちゃん!!」と声を掛け称える九十九。

当初の作戦通りに羂索の呪霊以外の「何か」を引き出した張相に変わり、羂索と対峙する事になります。

果たして羂索との戦いはどんな展開になっていくのか、次週205話を楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』206話!大誤算・・

⇒『呪術廻戦』205話!九十九VS羂索・・

『呪術廻戦』203話!張相の覚悟・・

⇒『呪術廻戦』202話!11月16日0時・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA