【終末のワルキューレ】人類代表沖田総司とは?天才と呼ばれたその強さを徹底予想!

スポンサーリンク

人類存続を掛けたラグナロクの戦いに出場する人類代表として沖田総司の名前があります。

別作品のちるらん新選組鎮魂歌では、一番隊組長として強烈な強さで大活躍しています。

そんな沖田総司が、今度は終末のワルキューレのラグナロクの戦いに参戦します。

沖田の魅力と天才剣士と呼ばれたその強さの秘密に少しだけ迫りたいと思います。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】沖田総司は実在した?

沖田総司は、幕末の時代に存在していた人物です。

1842年頃に生まれたと伝えられています。

幼き頃から、後の新選組組長となる近藤勇が経営していた天然理心流の試衛館に入門し、剣の腕を磨き鍛えて行きます。

やがて、近藤とその後入門してきた土方歳三と親睦を深め日々平穏に過ごして行きます。

ある日、江戸幕府の当時将軍であった徳川家茂が上洛し警固する為の浪士組が結成されると知った近藤が浪士組に参加すると決意したことから歯車が回り始めます

沖田は、近藤に従い浪士組に入り活動して行きますが、後に浪士組は紆余曲折を得て消滅の道を辿ります。

そこで近藤は、新選組を結成します。

沖田は、そこで一番隊の組長に昇格します

沖田は、そこから元局長扱いの芹沢鴨の暗殺等を行い行動して行きます。

特に有名なのが、京都の三条木屋町の旅籠に潜伏していた長州・土佐藩等の尊王攘夷派志士が集まっていた池田屋を襲撃し奮戦したとされています。

しかし、吐血し体調が悪化していき肺結核と診断されます。

新選組の仲間達と戦えなくなった沖田は、江戸に戻され療養します。

が、1868年に力尽きて亡くなってしまいます

凄腕の力を持ちながらも、時代に翻弄され病に倒れ世を去った沖田総司は、後の世に名を残し、劇やドラマ等で脚光を浴びて人気になります。

美形で腕の強い優れた剣技を持った天才剣士と言うイメージが多いです。

もし病に伏せずに鳥羽・伏見の戦いや、土方に付いて行き北海道で戦い抜き伝説を残していたんじゃないかなと想像してしまいます。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】沖田総司のプロフィール

沖田総司は、本姓は藤原で、諱は春政、房良で幼名の頃は宗次郎と呼ばれています。

現代の東京都港区の西麻布の辺りに、江戸の白川藩屋敷が江戸時代には存在していてその付近で生まれたと言われています。

新選組に入隊し、幕末の騒乱の時代を駆け抜けて活躍し、若くして病に倒れた剣士です。

北辰一刀流と天然理心流の免許皆伝の持ち主です。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】沖田総司の伝説とは?

沖田総司に伝わる伝説の中で1つ紹介したいと思います。

沖田は、新選組一番隊組長として動乱の京都で活躍する最中、結核となり動けなくなってしまいます

療養する為、江戸にもどった沖田でしたが、容体は悪化し体が更に弱くなって行きます。

そんな最中、沖田が療養する屋敷の庭に黒猫が何度もやってきます。

沖田は、日本刀を持ち出して黒猫を斬ろうとします。

しかし、何度挑戦しても黒猫に逃げられて失敗してしまいます。

沖田は、自分の体の衰えに衝撃を受けて、身の回りを世話してくれる老婆に自分は黒猫を切れなくて悔しいと何度も嘆いたと伝えられています

この話は、捜索なのではないかと言われていますが、当時、黒猫を飼えば労咳が治るという迷信が存在しています

沖田は、病になっても回復し、新選組の仲間達と戦う事を死ぬまで懇願していたと言われています。

意外と沖田が黒猫を飼っていたんじゃないのかと想像すると少し面白い言い伝えだなと思います。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】沖田総司の強さとは?

ちるらん新選組鎮魂歌に出てきた沖田総司は、剣術の強さが相当なものです。

試衛館時代から実践的な稽古をして敵無しで、新選組に入隊し敵対する者を全て倒して行きます。

そんな沖田総司が得意として、敵を葬り去ってきた恐ろしい技があります。

それは、神速の三段突きです。

相手からは、1回しか突いている様にしか見えないですが3回も鋭く素早い速さで迫り、気づいたとしても対応できずに倒されてしまう必殺技です。

ずっと鍛え続けてきて実戦的な技法は、簡単に破られることは無いと思います。

沖田総司の実力がこの技に込められています。

それともう1つ、沖田には強さの秘密があります。

それは、鬼子という特殊な状態になれる事です。

鬼子とは、心臓に3倍の血液を一気に送り出して、全身の筋肉細胞を覚醒させ、超人的に瞬発力を行使できることが出来るようになる沖田のとっておきの能力です。

目も赤く染まり、全身の体温も高温に上昇します。

鬼子化し、目の前に立ちはだかる者を全て斬り倒す圧倒的な力を見せます。

以前の鬼子となった沖田は、理性を完全に無くして殺戮本能のまま動き戦い続けています。

でも、芹沢鴨との死闘で鬼子を上手くコントロールすることが出来るようになりより強さの精度が上がります。

しかし、鬼子は、沖田の身体の心臓に大きな負荷を掛け続けて行き、病気となり命を縮める結果となってしまいます

ただ、亡くなり今度は、病も関係ない世界で戦うので思いっきり暴れる姿を見たいです。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】沖田総司が扱う武器(神器錬成)とは?

沖田総司は、まだラグナロクの試合には出場していないです。

何回戦に神代表と戦うかもまだ不明です。

それに、沖田と共に立ち向かう戦乙女もまだわからないです。

沖田総司の扱う武器は、日本刀です。

多分、愛刀は、業物の菊一文字則宗だと考えられます。

他にも加州清光や大和守安定も所有していたみたいですが、名の轟く刀だったら嬉しいです。

戦乙女は、この沖田の武器に神器錬成して力を貸してくれるはずです。

どんな武器となり、神代表の誰と戦うのかとても興味津々です。

一刻も沖田総司と神器錬成した武器で攻撃していく光景を見たいものです。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】沖田総司と戦う神代表は誰?

沖田総司と戦う神の代表はまだ決まっていないです。

沖田自身もラグナロクの何試合目に出るのかもわかっていないです。

ただ、自分なりに勝手な予測をしてこの神と戦えば面白いかなと個人的意見を述べたいと思います。

まずは、オーディンです。

オーディンは、ロキが釈迦を神を裏切って人類を助けてるのではないかと小競り合いが続いた時に現れて仲裁に来た神です。

この時、沖田は、釈迦側に加勢しています。

オーディンが来て争いは止めて解散となりましたが、オーディンの強さを体感し関わり合いがあります。

オーディンは、黒きオーラを体から放ち、草木を枯れさせる不気味な力を持っています。

まだ実力も未知数のオーディンですが、沖田と戦う事になったら非常に面白いと思います。

個人的に一番、沖田総司と戦って欲しいです。

次にロキです。

ロキも釈迦との争いで、沖田総司と面識があります。

釈迦を憎むロキは、きっと加勢に駆けつけた佐々木小次郎や沖田を快く思っていないはずです。

ロキの力もまだ解明されていませんが、両手の掌から鎖の付いた巨大の鎌の様な武器を出現させます。

そんなロキに立ち向かう沖田の姿も是非見てみたいです。

後は、スサノオです。

日本の神でヤマタノオロチを討伐し、草那藝之大刀を持つ日本神話に名前が必ず出てくる神です。

どんな姿で力を持っているかわからないです。

でも、沖田総司の日本刀とスサノオの持つ草那藝之大刀の斬り合いが見てみたいです。

日本の幕末の天才剣士と日本創世の神との戦い、想像するだけで楽しいです。

予想の範囲ですが、沖田総司であればどんな相手と戦っても大丈夫な気がします。

ラグナロクの戦いを観戦して、自分の全く知らない強い者達が居ることに驚き楽しんでいる光景が見られます。

決して怯まないし、新選組一番隊組長として様々な修羅場も経験していますので、三段突きや鬼子を使い、互角それ以上の戦いぶりを見せてくれることを期待しています

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】沖田総司は神に勝てる?

私は、きっと沖田総司なら神代表に勝てる実力を持っていると思います。

神速の三段突きの技と、鬼子を使用し、戦乙女の神器錬成の力を駆使すれば彼の放つ刃はきっと神に届き勝利を掴むのではないかと思います。

どんな神代表が対戦相手となるのかわかりませんが、きっと成し遂げてくれるはずです。

相手が強者であればきっと燃えてきて奮戦してくれる気がします。

第3回戦に出場した佐々木小次郎も、負け続けて脳内で気が遠くなる程の戦いを行い、千手無双や萬手無双の能力を使い、ポセイドンを倒すことに成功します。

小次郎と同じ剣士の沖田は、努力型の小次郎に対し天才型です。

瞬時に状況や、相手の戦力を読み一撃必殺の斬撃を放つはずです。

沖田総司の戦いは、とても熱い試合になりそうな予感がします。

一刻も速く戦う姿を見たいです。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】沖田総司と近藤勇の関係性とは?

沖田総司と近藤勇の関係は、兄弟の様に強い絆で結ばれた強いものがあったと思います。

ちるらん新選組鎮魂歌では、幼少の頃から試衛館で近藤と共に剣術を鍛えて同じ時を過ごして親交を深めて行きます。

沖田は、近藤が上洛し、将軍を守る為の浪士組に入ると決断した時に付いて行く程です。

その後、浪士組から新選組に変わり近藤と沖田は力の限り戦って行きます。

芹沢鴨との戦いでは、重傷かした土方歳三と鬼子状態に陥り凶暴になった沖田を救う為に実力差のある芹沢に挑み、不利でも己の武を見せて行き沖田自身の鬼子を冷静に操作させるきっかけを作ります。

その後、沖田が労咳となり身体が弱り戦えなくなり、大阪に下るのを拒否した時、近藤が必死に説得し自分の傍にいて欲しいと言われ素直に従う光景を見ると、近藤に心許していたんだなと思います。

お互い亡くなった後は、天界でラグナロクの試合を控室で見る程の親密ぶりです。

釈迦とロキの小競り合いに強い気を感じ取り、近藤と共に無言で釈迦の加勢に入る動作は無駄がないです。

お互いの信頼関係が無いとここまで出来ないと思います。

血は繋がっていませんが、年の離れた兄弟のように見えます。

でも、とても仲良くて見ると微笑ましいです。

ラグナロクの試合に代表として出る沖田を、近藤がどうサポートしていくのか非常に楽しみにしています。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上が沖田総司についての紹介です。

ちるらん新選組鎮魂歌の作中での活躍や強さをそのままに見せつけて、ラグナロクで全力全開でその力を解放し、神代表と渡り合う光景を速く見てみたいです。

神代表が誰になるのかも楽しみです。

神速三段突きと言った天才技と鬼子の能力があるので、もう人類代表の中で戦闘力が最強なんじゃないかなと思います。

ちるらん新選組鎮魂歌では、悲しき結末を迎えましたが、終末のワルキューレでは良き結果を残してもらえたら最高です。

沖田総司の登場に期待大です。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です