【鬼滅の刃】累が憧れていた家族!本当は優しい少年だった!?累が手に入れたかった絆とは?

スポンサーリンク

下弦の伍・累は家族の絆にあこがれていました

自分より弱い鬼を集めて家族ごっこを始めて、那多蜘蛛山に入山してきた多くの人間を殺害していました。

人間だったころはとても体の弱い子供でした。

身体を丈夫にするために無惨から血を分け与えられ、鬼になってしまったのです。

両親は累が人間を喰らっているところを見てしまい・・・・。

累は自ら両親との絆を絶ってしまいました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】十二鬼月「下弦の伍」

十二鬼月とは鬼舞辻無惨の配下で、他とは抜きんでた実力を持っています。

上弦の壱が最も強く、下弦の陸が最弱となりますが、下位が上位に挑む血戦でくらいの変動が起こることもあります。

「数字」は上弦の鬼であれば両目に、下弦の鬼は片目のみに刻まれています。

累はその下弦の伍の位置しています

下弦の伍である累は、鬼滅の刃では珍しい群れをつくっている鬼です。

蜘蛛の巣の模様の入った白い着物を着た、白髪で小柄な男の子。

那多蜘蛛山に住んでいます。

家族の絆というものに自分本位な強いあこがれを抱く鬼。

その願望を満たすため、累は一家の末っ子、他の鬼には父・母・兄・姉といった家族の役割りを演じさせ、疑似家族の関係を築いていました。

しかしその家族関係は累に対する恐怖や支配によって成り立っていました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】累の血鬼術の特徴は?

累の血気術

スポンサーリンク

鋼糸

累自身が使用する能力。

きわめて高い強度の糸を生成し、それを用いて斬撃を放つ。

糸らしく敵を拘束することもできる。

スポンサーリンク

殺目篭 

対象の周囲を篭状に編んだ鋼の糸の中に敵を閉じ込めて、それを縮めることで切り裂く。

ヒノカミ神楽の反動で動けなくなった炭治郎にとどめを刺すべく使用しました。

スポンサーリンク

刻糸牢  

硬度を引き上げた蜘蛛の巣のように編まれた鋼糸を相手に撃ち出し、その身体をバラバラの肉片に切り刻む。

通常の鋼糸を切ること加瀬できた炭治郎の技でも切れないと直感する程の硬度を誇ります。

スポンサーリンク

刻糸輪転

渦のように編まれた再硬度の鋼糸を前方に展開、それを回転させながら無数の鋼糸を放つ。

水柱・冨岡義勇に放ちましたが、水の呼吸の凪ですべて斬られてしまいました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】鬼による偽りの家族構成とは?

累は疑似家族を形成して山で暮らしています

家族とはいえ、その実態は鬼の寄せ集めであり、それぞれが持つ特殊な力も累から分け与えられたものです。

累の家族となるには顔や体を変形し累に似せなければならず、要求に従わないものは拷問を受けたりしています。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】累と炭治郎が直接対決

炭治郎は伊之助と父親の鬼と戦っていましたが、炭治郎は鬼に飛ばされてしまいました。

飛ばされた先で累が姉を傷つけているのを目撃した炭治郎。

累は炭治郎に家族との絆がニセモノだと言われて激怒します。

累の血気術の糸を前にして炭治郎は苦戦します。

ニセモノという言葉を取り消せば一思いに息の根を止めてあげると累に言われますが炭治は拒否します。

直接攻撃をするため糸を斬ろうとしますが、日輪刀を折られてしまいます。

糸を斬れない目攻撃を受けそうになる炭治郎を身を挺して禰豆子が助けるのです。

その兄妹の姿に累は驚き、そして本当の絆だと感動します

禰豆子が欲しいと言い出し、炭治郎は自分の命を懸けて累を追い詰めます。

累との戦いの最中に開眼したヒノカミ神楽と禰豆子の血鬼術の爆血を連携させて、累の鋼の糸を燃やしました。

累の首を切り落としたと思いましたが、累は炭治郎と禰豆子の攻撃が届く前に自分の頸を切っていたので、二人は窮地に追いやられてしまいます

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】禰豆子が見せた本当の絆

下弦の伍の累は炭治郎が今まで戦ってきた鬼の中でもダントツに強かったので、炭治郎は窮地に立たされてしまいます。

そこで禰豆子は炭治郎を庇って累の攻撃を代わりに受けたのです。

身を挺して炭治郎を守った禰豆子を目の当りにした累は彼女を自分のものにしようとします

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】義勇によって頚を斬られる

炭治郎の命が尽きようとしているときに、水柱・冨岡義勇が現れました

義勇は技で累の血鬼術を無効化して、斬りこみあっという間に頚を斬り落としました

累は最後に人間だったころの記憶を思い出し消えていきました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】病弱だった綾木累

人間だったころの名前は綾木累

父と母の三人家族でした。

生まれつき身体が弱く、一人でまともに歩くこともできませんでした

家の外に出るだけでも、倒れてしまいました。

そのため走ることもできません

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】家族の命を奪った累

累が人の命を奪い、人を喰らっていることを知った時、父も母も我が子である累の罪を一緒に背負って、一緒に命を絶とうと思っていました

けれども累は自分自身の手で両親の命を奪い本当の絆を切ってしまいました

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】累は反省し家族の元へ

義勇に頚を斬られた後、炭治郎の優しい手に触れられた時人間だったころの記憶を思いだしました。

全部自分が悪かった。

でも自分は山ほど人を殺した僕は地獄行きだから、父さんと母さんと同じ所へはいけないと後悔します。

その時累の前に父さんと母さんの魂が現れました。

そして、たとえ地獄であっても父さんと母さんは累と同じところに行くよと言ってくれたです。

生きていた時と同じように父と母は微笑みました。

すると累がだんだん人間であった時の姿に戻っていきました

たくさんの涙を流して謝りながら、父と母に抱かれて煉獄の炎に焼かれて旅立ちました

 

スポンサーリンク

まとめ

十二鬼月・下弦の伍といて現れた累。

彼は那多蜘蛛山に住んでいる鬼の一家の末っ子として登場しましたが、家族の絆についてとてもこだわりがある様子でした。

普通にあるはずの絆を恐怖で縛りつけたりしていて炭治郎はおかしいと感じていたのです。

戦闘能力は炭治郎が今まで戦ってきた鬼の中で飛びぬけて強かったのです。

また累は鬼には珍しく群れている鬼で、しかも自分の力を偽ではありますが家族に分け与えることもできたのです。

さすが十二鬼月は強いのだなと思いました。

血気術はとてもシンプルですが、とても強く、炭治郎一人では決して勝つことはできませんでした。

禰豆子にも血気術を使ってもらいましたが、累の方が上手で反対に炭治郎と禰豆子が窮地らに追いやられてしまうほどでした。

最期には義勇に敗れましたが、本当に強かったです。

累が亡くなるとき、炭治郎が寄り添っていたことでだと思いますが、累は自分が人間だったときのことを思い出しました。

累にもとてもつらい過去があったのです。

累は鬼になって家族というものに対するあこがれがとても強かったのですが、疑似家族まで作る程だったのは人間だったころに家族に対して負い目があったからだったようなのです。

累は体がとても弱く一人で歩き回ることもできませんでした。

丈夫になりたくないかと無惨に声をかけられ鬼になった累。

身体は丈夫になったものの、鬼なので人を喰らわなくてはいけません。

ある日両親に人の命を奪って喰らっているところを見られてしまいました。

父も母も嘆き悲しんで、累と一緒に命を絶とうとしました。

そのことを累は親に命を奪われると思ってしまったのです。

累はそのことを思い出して、死ぬ間際に後悔します。

すると両親の魂が迎えに来てくれ、地獄であっても一緒に行こうと一緒に煉獄の炎に入って行ってくれたのです。

最期は親子で一緒に逝くことができてうれしかったのだと思います。

鬼になりたくてなったのではなかったのですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です