【鬼滅の刃】累が憧れていた家族!人間だった過去が泣ける!本当に累が欲しかった絆とは?

スポンサーリンク

 

十二鬼月の下弦の伍・は家族の絆にあこがれていました

自分より弱い鬼を集めて家族ごっこを始めて、那多蜘蛛山に入山してきた多くの人間を殺害しています。

それには人間だった頃の辛い過去があったのです。

今回は下弦の伍・の血気術、疑似家族の母や姉といった家族構成と声優、鬼舞辻無惨が累をお気に入りとした理由の考察、炭治郎や冨岡義勇との戦いと最期、そして人間だった過去についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】十二鬼月「下弦の伍」

十二鬼月とは鬼舞辻無惨の配下です。

他の鬼からは抜きんでた実力を持っており、上弦の壱が最も強く、下弦の陸が最弱となります。

しかし下位が上位に挑む血戦で位の変動が起こすことも可能です。

位を表す「数字」は上弦の鬼であれば両目に、下弦の鬼は片目のみに刻まれています。

 

はその下弦の伍に位置する鬼です

累は、鬼滅の刃では珍しく群れをつくっています

蜘蛛の巣の模様の入った白い着物を着た、白髪で小柄な男の子。

那多蜘蛛山(なたくもやま)に住んでいます。

家族の絆というものに自分本位な強いあこがれを抱く鬼です。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】累の血鬼術の特徴は?

の血気術は、まるで蜘蛛のようであるのが特徴です。

鋼糸(こうし)

きわめて高い強度の糸を生成し、それを用いて斬撃を放つ。

糸らしく敵を拘束することもできる。

殺目篭(あやめかご) 

対象の周囲を篭状に編んだ鋼の糸の中に敵を閉じ込めて、それを縮めることで切り裂く。

ヒノカミ神楽の反動で動けなくなった炭治郎にとどめを刺すべく使用した。

刻糸牢(こくしろう)  

硬度を引き上げた蜘蛛の巣のように編まれた鋼糸を相手に撃ち出し、その身体をバラバラの肉片に切り刻む。

通常の鋼糸を切ることができた炭治郎の技でも切れないと直感する程の硬度を誇る。

刻糸輪転(こくしりんてん)

渦のように編まれた再硬度の鋼糸を前方に展開、それを回転させながら無数の鋼糸を放つ。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】鬼による偽りの家族構成とは?累の疑似家族を演じた声優は?

累は疑似家族を形成して那多蜘蛛山で暮らしています

家族構成は父・母・兄・姉そして末っ子のです。

 

スポンサーリンク

累の疑似家族構成:末っ子・累

は自身の血を混ぜた液体を飲ませることで、自分の能力の一部を分け与えることができました。

能力を与える代わりに家族になるよう取引をして弱い鬼たちを囲い込みます。

しかし、その家族は実のところ、の恐怖による支配でした。

累の理想とする家族のふるまいができなかったり、累のそばで変身が解けると、痛めつける・知能を奪う・日光にさらすなどの罰を加えるのです。

そんな家族の実態に、累自身も何かむなしさを感じていました。

◆声優は?

アニメ『鬼滅の刃』のの声優は「ハイキュー!!」シリーズ(月島 蛍)、「僕のヒーローアカデミア」(死柄木 弔)で有名な内山昂輝さんです。

 

スポンサーリンク

累の疑似家族構成:母蜘蛛

◆どんな鬼?

本当の姿は子どもの鬼なので、母親役をうまく演じられずに累や父蜘蛛にいじめられていました。

そして、累に怒られることをとても恐れています。

母親役なのに実は子どもであるというギャップのあるキャラクターで一部に人気があるようです。

◆能力は?

糸をつけた相手を操ることができる能力を累からもらいました。

糸をつけられた相手は、その糸をすべて切らない限り逃げることができません。

操る強さと糸の強度は、母蜘蛛との距離が近づくほど強力になります。

遠距離戦に長けた能力ですが、母蜘蛛は幼いためうまく使いこなせていませんでした。

◆最期は?

操り人形を無効化された母蜘蛛は、炭治郎に殺されそうになっていた時にこう思いました。

「死ねば開放される、楽になれる」

そして死を受け入れる姿勢を見せたのです。

それを瞬時に察知した炭治郎は、痛みや苦しみを感じずにとどめを刺せる技「水の呼吸 伍ノ型 干天の慈雨」を用いて母蜘蛛に安らかな死をもたらしました。

母蜘蛛は体が崩れていく中で、炭治郎の優しいまなざしを見て人間時代に自分を思ってくれた人を思い出し、十二鬼月がいることを警告したのでした。

◆声優は?

アニメの声優は「交響詩篇エウレカセブン」(アネモネ)、「コードギアス」シリーズ(カレン)で有名な小清水亜美さんです。

 

スポンサーリンク

累の疑似家族構成:父蜘蛛

◆どんな鬼?

頭が蜘蛛の体のような形をしており、巨大で屈強な体を持ちます。

一人だけ顔が累に似ていません。

強さは十二鬼月を思わせるほどのものがあります。

しかし知能が低いため攻撃が複雑ではありません。

◆能力は?

脱皮をすることでさらに強大化するという厄介な能力です。

この能力のため、炭治郎と伊之助の二人がかりでも倒すことができませんでした。

◆最期は?

炭治郎を吹き飛ばし、伊之助を追い込んだところで、現れた冨岡義勇に水の呼吸・肆ノ型「打ち潮」を放たれて絶命しました。

◆声優は?

アニメの声優は「僕のヒーローアカデミア」(エンデヴァー)を演じた稲田徹さんです。

 

スポンサーリンク

累の疑似家族構成:兄蜘蛛

◆どんな鬼?

累に似た顔に蜘蛛の体をしています。

広範囲に異臭を放っていて、近づくほどに強烈な刺激臭です。

◆能力は?

蜘蛛を使って相手に毒を打ち込むことができます。

毒を打たれた相手は30分ほどで兄蜘蛛と似た容姿で知能のない蜘蛛に変化してしまうのです。

知能がなくなった人面蜘蛛を操ることもできます。

その他に溶解液「斑毒痰(ふどくたん)」を口から相手に吹きかけて、相手を溶かす攻撃もありました。

◆最期は?

善逸に、人面蜘蛛になる毒を打ち込み追い詰めます。

しかし、恐怖のあまり失神した善逸の「雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃・六連」に倒れました。

◆声優は?

アニメの声優は「NARUTO-ナルト-疾風伝」(奈良シカマル)、「弱虫ペダル」(巻島裕介)で有名な森久保祥太郎さんです。

 

スポンサーリンク

累の疑似家族構成:姉蜘蛛

◆どんな鬼?

見た目は累を少し大きくして女の子にしたようなかわいらしい姿です。

しかし、そのかわいい見た目に反して自分さえ良ければよいという、ずる賢さがあります。

そのずる賢さで胡蝶しのぶをだまそうともしました。

◆能力は?

相手を糸で繭にくるんでしまい、その中で溶かしてしまうという血気術を使います。

この能力で最低でも80人は人を食べてきました。

◆最期は?

胡蝶しのぶに追い詰められて命乞いをするものの、しのぶの「何人食べたか」の問いに「5人」と嘘をつきます。

しのぶが「拷問に耐えれば許す」という言葉に姉蜘蛛は逆上して飛びかかり、しのぶに藤の花の毒を打ちこまれて絶命しました。

◆声優は?

アニメの声優は「BORUTO」(秋道チョウチョウ)、「ピアノの森」(一ノ瀬海)で知られる白石涼子さんです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】累は鬼舞辻無惨のお気に入りの鬼だった?

は鬼舞辻無惨のお気に入りの鬼です。

本来は鬼に能力を分けるということは無惨しかできないことなのですが、は無惨のお気に入りのためにそれが許されていたと姉鬼が語っています。

鬼同士が群れることも累だけは許されていました。

無惨はなぜ累を気に入っていたのかは描かれていません。

推測するに、の生い立ちに無惨は感じるものがあったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】累と炭治郎が直接対決

炭治郎は伊之助と父親の鬼と戦っていましたが、炭治郎は鬼に飛ばされてしまいました。

飛ばされた先で累が姉を傷つけているのを目撃した炭治郎。

累は炭治郎に家族との絆がニセモノだと言われて激怒します。

怒れる累の血気術を前にして炭治郎は苦戦しました。

ニセモノという言葉を取り消せば一思いに息の根を止めてあげると累に言われますが、炭治は拒否します。

炭治郎は直接攻撃をするため糸を斬ろうとしますが、日輪刀を折られてしまったのです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】禰豆子が見せた本当の絆

累の糸を斬れない上に攻撃を受けそうになる炭治郎。

ギリギリのところで禰豆子が身を挺して炭治郎を助けました。

その兄妹の姿に累は驚き、そして本当の絆だと感動します。

累は禰豆子が欲しいと言い出し、もちろん断った炭治郎は自分の命を懸けて累と戦いました。

累に追い詰められたことにより開眼した炭治郎のヒノカミ神楽と禰豆子の血鬼術の爆血を連携させて、累の鋼の糸を燃やしたのです。

累の首を切り落としたかに見えました。

しかし累は炭治郎と禰豆子の攻撃が届く前に自分の頸を切っていたので死んでおらず、二人は窮地に追いやられてしまいます

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】義勇によって頚を斬られる

累に追い詰められ、炭治郎の命が尽きようとしているときに、水柱・冨岡義勇が現れました

義勇は水の呼吸で累の血鬼術を無効化して斬りこみ、あっという間に頚を斬り落としたのです

累の体は崩れていきます。

累の首は禰豆子とそれを守ろうとする炭治郎を見ていました。

兄妹の絆を見て、累は死に際に過去を思い出すのでした。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】過去:人間のときは病弱だった綾木累

過去に人間だったころの名前は綾木累

父と母の三人家族でした。

生まれつき身体が弱く、一人でまともに歩くこともできませんでした

家の外に出るだけでも、倒れてしまいました。

そのため走ることもできません。

 

そこに現れたのが鬼舞辻無惨でした。

無惨は「かわいそうに、私が救ってあげよう」と言い、累を鬼の体に変えたのです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】過去:家族の命を奪った累

無惨のおかげで強い体を手に入れた累でしたが、両親は喜びませんでした。

人の命を奪い、喰っているところを目撃した両親は累をとがめます。

そして母は泣き崩れ、父は累を殺そうとしたのです。

累はそれを見て、両親との絆はニセモノだったんだと思いました。

そうして累は自分自身の手で両親の命を奪ったのでした。

両親を殺したとき初めて気づいたのです。

父が累の罪を一緒に背負って、累を殺したら自分も死のうと思っていたことに。

母が死に際に「丈夫な体に産んであげられなくてごめんね」といった、その言葉に含まれる愛情に。

累は自分で「本当の絆」を切ってしまいました

そうして累は毎日父と母が恋しくて、本当の絆を求める鬼になってしまったのでした。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】累は反省し家族の元へ

義勇に頚を斬られた後、炭治郎の優しい手に触れられた時人間だったころの記憶を思いだしました。

全部自分が悪かった。

でも自分は山ほど人を殺した僕は地獄行きだから、父さんと母さんと同じ所へはいけないと後悔します。

その時累の前に父さんと母さんの魂が現れました。

そして、たとえ地獄であっても父さんと母さんは累と同じところに行くよと言ってくれたです。

生きていた時と同じように父と母は微笑みました。

すると累がだんだん人間であった時の姿に戻っていきました

たくさんの涙を流して謝りながら、父と母に抱かれて地獄の炎に焼かれて旅立ちました

 

スポンサーリンク

累くんのまとめ

十二鬼月・下弦の伍として現れた累。

そのかわいらしい風貌と悲しい過去から、鬼滅の刃のファンには「累くん」と呼ばれています。

戦闘能力は炭治郎が今まで戦ってきた鬼の中で飛びぬけて強い鬼でした。

血気術はとてもシンプルですが、とても強く、炭治郎一人では決して勝つことはできなかったでしょう。

最期には義勇に敗れましたが、本当に強かったです。

累が亡くなるとき、炭治郎が寄り添っていたことでだと思いますが、累は自分が人間だったときのことを思い出しました。

累にもとても後悔していた過去があったのです。

累が疑似家族を作る程家族の絆を求めていたのは、人間だったころに家族に対して負い目があったためでしょう。

最期には両親の魂が迎えに来てくれ、地獄であっても一緒に行こうと一緒に地獄の炎に入ってくれたのでした。

最期は親子で一緒にいることができ、両親に謝ることができて、家族の絆を取り戻した累は救われたのだと思いたいです。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒遊郭編とは?これから始まるアニメの放送日や声優も大公開!・・

⇒いい子すぎ!読者を魅了する竈門炭治郎の魅力とは?鬼殺隊に・・

⇒遊郭編の善逸の任務とは?宇髄天元(うずいてんげん)との関・・

⇒魅力が詰まった冨岡義勇外伝!主なあらすじは?義勇の大好物・・

⇒鱗滝左近次は隊士育成のエキスパート!炭治郎も心の強さをを・・

 

スポンサーリンク

関連記事



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です