【ハンターハンター】幻影旅団に復讐を誓うハンタークラピカ!クールな戦闘シーンがかっこいい!

スポンサーリンク

クラピカはゴンたちの同期のプロハンターであり、クルタ族最後の生き残りです。

試練を突破し、クルタ族がひっそり暮らす森を出たクラピカを待っていたのはクルタ族の全滅という残酷な知らせでした。

帰る場所を失ったクラピカは仲間の命を奪った幻影旅団への復讐と仲間の目を取り戻すために旅を続けています

自らの命を削る鎖と共に使命に燃えるクラピカについてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】クルタ族の生き残りクラピカ!

クラピカはゴンたちと共にハンター試験をクリアした同期メンバーで、中性的な見た目が特徴的な少年です。

ハンターになった後はマフィアの仕事についています。

クラピカはクルタ族という少数民族の1人です。

クルタ族とはルクソ地方に住む手練揃いの一族で、感情が昂ると瞳が燃えるような深い緋色になるという特異体質を持っています

この瞳は「緋の目」と呼ばれ、その色は「世界七大美色」の一つと評され闇市場で高額で取引きされています…。

更に、緋の眼になると一時的に戦闘能力があがることから「赤い瞳は悪魔の使い」と呼ばれ、差別や偏見の目にさらされてきました

その為、クルタ族は美しい森の奥でひっそりと暮らしていました。

苦しい歴史を辿ってきた背景から、子供は”森の外に出てはいけない”という厳しい掟がありました。

外の世界に憧れるクラピカは、親友のパイロ(目と足が悪い)と共に森の外に出るための試験を受け、見事合格。

晴れてパイロの目を治す医者を探すため、そして世界を見るための旅に出ることになります

しかし、そのたった6週間後…クルタ族128人全員が殺されるという事件が発生してしまうのです。

この時、旅に出ていたクラピカはクルタ族のたった1人の生き残りとなってしまいました

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】クルタ族は幻影旅団によって滅亡させられていた!?

クルタ族は感情が昂ると瞳の色が緋色になるという特異体質を持っていますが、この色が最も深く鮮やかに現れるのは”怒り”の感情とされています。

そして「緋の目」の状態で死ぬと、緋色は褪せずにそのまま残ります。

この特性のためにクルタ族は128全員が酷い状態で殺されていました

家族はそれぞれ向かい合わせに座らせられ、身体中に刃物を刺され生きた状態で首を切られていました。

特に子供に傷が多く無惨な殺され方をしていましたが、これも強い怒りの感情を抱かせるためでしょう…。

殺されたクルタ族の眼球は全て抉り取られていました。

惨殺体の側にはクルタ族を襲ったと思われる賊からのメッセージが記されていました。

「我々は何ものも拒まない だから我々から何も奪うな」

これは流星街の住人のメッセージ。

クラピカは当時12歳なので、この時点で幻影旅団に辿り着いたわけではないでしょう。

深い悲しみと怒りによる執念で残されたメッセージから幻影旅団まで辿り着いたものと思われます。

クラピカは直接対決したウボォーギンからクルタ族惨殺について尋ねています。

ウヴォーギンが「あいつら強かったな」「大仕事だった」と語った事で疑いは確信に変わります。

クルタ族は幻影旅団によって滅亡させられていたのは間違い無いでしょう。

(黒幕がいる、という考察もありますが、幻影旅団の”関与”は揺るがないと思われます。)

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】クラピカは幻影旅団への復讐とクルタ族の緋の目の回収を誓う!

クラピカは仲間を殺された復讐を果たすため、幻影旅団を潰すことと、奪われたクルタ族の緋の目の回収を誓い、旅を続けています

幻影旅団については、ヨークシン編においてウヴォーギンを殺し、クロロを捕獲、更にパクノダを死に追いやり、大きなダメージを与えることに成功しています。

緋の目についても、人体収集家の顔を持つマフィア令嬢ネオンの護衛に入り込み、オークションでの回収に成功しています。

そして今…。

ゴンたちがG.I編やキメラアント編で奮闘している間、クラピカは同胞の緋の目をほとんど集め終えていました。

残る目を持つのはカキン王国の第四王子・ツェリードニヒです。

仲間の目を取り戻すため、クラピカはツェリードニヒが乗るB・W号に乗り込んでいるのです。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】クラピカは非常に仲間想いな性格!?

クラピカが外の世界に行きたかったのは、憧れもありますが親友であるパイロの為が1番でした

外の世界で医者を見つけ、日に日に悪くなっていくパイロの目を治してあげたかったのです。

しかし、幻影旅団の襲撃によりパイロは死に…クラピカの旅の目的も変わってしまいました。

悲しい過去を持つクラピカは、もう2度と仲間を失いたくない、と強く思っていました。

それが決定的になったのはクロロを捕らえた時です。

憎んできた幻影旅団の頭を殺す絶好のチャンスでしたが、クラピカはゴンとキルアを取り戻すためにクロロを殺さずに幻影旅団に返したのです。

クラピカは命をかけるほど使命を大切にしていますが、何よりも優先しているのは今も昔も変わらず”仲間”なのです

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】クラピカは具現化系の念能力者!?主に鎖をモチーフに!?

クラピカは具現化系能力者です。

イズナビのもとで修行していたときに判明します。

クラピカの理想は攻守のバランスに優れた強化系だったようですが…。

イズナビは何を具現化するかは慎重に考えて決めるべきだとアドバイスしましたが、クラピカは即答しています。

「鎖がいい」

具現化系と聞いたとき、クラピカの頭に真っ先に浮かんだイメージが鎖でした。

なぜ鎖なのかを問われたクラピカは迷わず回答しています。

「冥府に繋いでおかねばならないような連中がこの世で野放しになっているからだろう」

念頭に幻影旅団がいることは想像に難くありませんよね。

ちなみにクラピカは具現化系であることを隠すために、普段から実物の鎖も身につけています。(操作系と相手に錯覚させるため)

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】クラピカの念能力チェーンジェイルは能力の対象を旅団のみにする制約と誓約で限界以上の力を発揮!?

クラピカは右手に具現化した5本の鎖で戦いますが、この鎖は指ごとに異なる効果を持っています

中でも「束縛する中指の鎖(チェーンジェイル)」は非常に強力な鎖で、先端に鉤爪がついているの特徴です。

「特定の相手以外に使用しない」という制約と「もしも使用した場合は死ぬ」という誓約を定めたことで通常では考えられないほどの圧倒的な強度と能力を有することができるのです。

チェーンジェイルは捕らえた相手を強制的に「絶」状態にし拘束することができる能力も併せ持っています。

HUNTER×HUNTERの世界では念能力が戦闘の全てと言っても過言ではないため、チェーンジェイルで捕らえた時点でほぼ勝ちが決まるという反則的な強さの能力なのです。

ただし、特定の相手=幻影旅団に限定されるため、使用できるタイミングも限られてきますが。

強化系を極限まで極めたウヴォーギンでも絶状態ではチェーンジェイルから逃れることが出来なかったため、全団員を捕らえることが可能であることが立証されています。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】クラピカの代名詞絶対時間(エンペラータイム)!クルタ族だけに許された特質系能力!?

クラピカの真の強さは「緋の目」発動時のみ特質系に変化する「絶対時間(エンペラータイム)」です。

エンペラータイムはクルタ族特有の特異体質で、念能力を知らないとされるクルタ族が緋の目発動時に非常に強くなるのもこの特異体質が影響しているようです。

エンペラータイムが発動している間は全系統の威力を100%引き出すことが出来ます。

つまり、チェーンジェイル(具現化系能力)を使用しつつ、強化系なみの防御力や回復力を備えることができるのです。

ガチガチの強化系能力者・ウヴォーギンに勝てたのはこのエンペラータイムの力が大きく寄与しました。

絶対的な強さを誇るエンペラータイムですが、その強さゆえに使用後の反動は大きく、ウヴォーギン戦の後は高熱を出して2日寝込むことになりました。

更に暗黒大陸編にてエンペラータイムのもう一つの弱点が判明しています。

クラピカは”エンペラータイムの発動時一秒につき一時間寿命が縮む”という凄まじい制約をかけていたのです。

これは約2時間半で寿命が1年縮み、1日中発動し続けるとそれだけで約10年分もの寿命が失われる計算となります。

クラピカの持つ能力はまさに幻影旅団を倒す為、命をかけた力なのです。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】暗黒大陸編ではゴンに代わる主人公的立場に!?

キメラアント編でゴンさん化し、瀕死の状態から奇跡的に復活した主人公・ゴン。

しかし、その後遺症なのかゴンはオーラが見えない状態になってしまいます

ジンのアドバイスもあり、ゴンはくじら島に戻って自分にできることをすることになります。

事実上のフェードアウト状態のゴンに代わり、主人公的立場に立ったのがクラピカです。

クラピカの旅の目的である、幻影旅団への復讐と、同胞の緋の目を回収することを同時に達成できるのが暗黒大陸編なのです。

ここからの物語はクラピカを中心に進んでいくとこになるでしょう。

幻影旅団との対決、最後に残る同胞の目を持つツェリードニヒの存在…!

冨樫先生自身が幻影旅団とクラピカは死ぬと公言している以上、これがクラピカの最後の戦いとなるかもしれないのです…!

 

スポンサーリンク

まとめ

クラピカは中性的な見た目とクールな性格でファンの中でも人気が高いキャラクターです。

そんなクラピカの過去は壮絶です。

128人の仲間は全員が幻影旅団に惨殺されています。

世界七大美色の一つと謳われる緋の目を持つためにクラピカ以外のクルタ族は目を奪われてしまいました。

クラピカは制約と誓約の力で強力な鎖を生み出し、命がけで復讐と仲間の目を取り戻そうとしているのです。

更にクラピカの代名詞とも言える絶対時間(エンペラータイム)!

自らの寿命をかけた最強の力を駆使し、クラピカは暗黒大陸編で主人公的立場で活躍しています

残る目はカキン王国の第四王子・ツェリードニヒが持っています。

クラピカの最後の戦いから目が離せませんね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です